隅田八幡神社人物画像鏡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
隅田八幡神社人物画像鏡

隅田八幡神社人物画像鏡(すだはちまんじんじゃじんぶつがぞうきょう)は、和歌山県橋本市に所在する隅田八幡神社が所蔵する5 - 6世紀頃製作の銅鏡。鏡背の48字の金石文は、日本古代史、考古学、日本語史上の貴重な資料である。国宝に指定されている[1]

概要[編集]

古代日本において大王号を記す金石文としては稲荷山鉄剣銘江田船山鉄刀銘があり、この人物画像鏡も大王号がいつ頃から使われたのかを知る手懸かりになるものである。また、いつヤマトの王が大王と称されるようになったかを解明する手懸かりになるものの一つとして注目される。

隅田八幡神社の人物画像鏡は青銅製で径19.9cm。近世の地誌類にもこの鏡についての記載がある[2]ことから、古い時代に出土したものであることは確かだが、正確な出土年代や出土地は定かでない。鏡背は円形の鈕を中心に、内区には古代中国の伝説上の人物である東王父・西王母(とうおうふ・せいおうぼ)など9名の人物を表し、その周囲には半円形と方形からなる文様帯、その外側には鋸歯文(きょしもん)を表し、周縁部には漢字48字からなる銘を左回りに鋳出する。

この鏡の原鏡(母鏡)となった画像鏡は、大阪府八尾市郡川車塚古墳、同藤井寺市長持山古墳京都府京田辺市のトツカ古墳、福井県若狭町西塚古墳、東京都狛江市亀塚古墳などで、同型鏡または踏み返し鏡が知られている。しかし、手本となった鏡と本鏡とでは、東王父、西王母を中心として描かれた文様がすべてが逆に鋳造されている。

銘文と読み下し[編集]

  • 癸未年八月日十大王年男弟王在意柴沙加宮時斯麻念長寿遣開中費直穢人今州利二人等取白上同二百旱作此竟
  • (大意)癸未(きび、みずのとひつじ)の年八月十日大王年、男弟王が意柴沙加(おしさか)の宮におられる時、斯麻が長寿を念じて開中費直(かわちのあたい)、穢人(漢人)今州利の二人らを遣わして白上同(真新しい上質の銅)二百旱をもってこの鏡を作る。

銘文の解釈[編集]

「大王」の「大」、「男弟王」の「男」をはじめとして、必ずしも釈読の定まらない文字が多く、銘文の内容についても異説が多い。

  • 「癸未年」がいつに当たるかについては多くの説があるが、西暦443年とする説、503年とする説が有力である。
  • 443年とすると、倭王済が宋に使いを遣わして「安東将軍倭国王」の称号を得た年であるから、大王は、允恭天皇を指すものと解釈できる。また、意柴沙加宮は忍坂大中姫(おしさかのおおなかつひめ)皇后と何らなの関係があるとみられる。男弟王は誰であるまだ分かっていない。
  • 地名の固有名詞が音がなで意柴沙加宮(おしさかのみや)、人名は、斯麻(しま、人名)、開中費直(かわちのあたい、河内直『百済本記』云、加不至(カフチ))、今州利などの二人の名が記されている。
  • 「日十」を「日下」と読み日下大王、即ち大草香皇子のことではないかとの説もある。(森浩一
  • 503年説においては、当時倭国と緊密な外交関係をもち、大陸の文物を大量に輸出していた百済武寧王(在位:502年 - 523年)のが「斯麻王」であることから、鏡の作者「斯麻」を武寧王と推定する解釈が有力である。

脚注[編集]

  1. ^ 国宝指定名称は「人物画鏡」である。鏡は東京国立博物館に寄託されている。
  2. ^ 1838年(天保9年)刊『紀伊国名所図会』が文献における初見(森岡隆 p.271)。

出典・参考文献[編集]

  • 『週刊朝日百科』「日本の国宝 40」、朝日新聞社、1997
  • 森岡隆「隅田八幡神社人物画像鏡」(書学書道史学会編『日本・中国・朝鮮 書道史年表事典』、萱原書房、新版2007年(初版2005年))ISBN 978-4-86012-011-5

関連項目[編集]