吉村武彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

吉村 武彦(よしむら たけひこ、1945年 - )は、日本歴史学者明治大学文学部史学地理学科教授。専門は日本古代史。

経歴[編集]

  • 1945年 朝鮮大邱に生まれる
  • 1968年 東京大学文学部国史学科卒業
  • 1973年 同大学院人文科学研究科博士課程中退
  • 1973年 東京大学文学部助手
  • 1975年 千葉大学教養部講師
  • 1977年 千葉大学助教授
  • 1989年 千葉大学教授
  • 1990年 明治大学文学部教授
  • 1997年 「日本古代の社会と国家」で東京大学文学博士
  • 1998年 第4回茗水クラブ学術奨励賞を受賞。

著書[編集]

  • 『日本の歴史③ 古代王権の展開』 (集英社、1991年)
  • 『日本古代の社会と国家』 (岩波書店、1996年)
  • 『古代天皇の誕生』 (角川選書、1998年)
  • 『日本社会の誕生―日本の歴史〈1〉』(岩波ジュニア新書、1999年)
  • 聖徳太子』(岩波新書、2002年)
  • 『古代史の新展開』(新人物往来社、2005年)
  • 『ヤマト王権―シリーズ日本古代史〈2〉』(岩波新書、2010年)
  • 『女帝の古代日本』(岩波新書、2012年)

共編著[編集]

  • 『古代を考える 継体・欽明朝と仏教伝来』 (吉川弘文館、1999年)
  • 安田常雄)『日本史研究最前線 現在、日本史の中になにがみえてきたか』 (新人物往来社、2000年)
  • 大塚初重)『古墳時代の日本列島』 (大月書店、2003年)
  • 『律令制国家と古代社会』(塙書房、2005年)
  • 『古代史の基礎知識』(角川選書、2005年)
  • 都城 古代日本のシンボリズム 飛鳥から平安京へ 山路直充共編 青木書店 2007.3

外部リンク[編集]