帝紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

帝紀(ていき)とは、歴代の天皇あるいは皇室系譜類、あるいはそれらをまとめた分野のこと。また特に『古事記』や『日本書紀』以前に存在したと考えられている日本歴史書の一つ『帝紀』を指すが、古くに散逸して現在には伝わっていない。

概要[編集]

681年天武天皇10年)より天智天皇2子の川島皇子忍壁皇子勅命により編纂し、皇室の系譜の伝承を記したという。『旧辞』と共に天武天皇稗田阿礼暗誦させたといい、のちに記紀の基本史料となったという。

一般に、『帝紀』の内容は皇統譜であると考えられている。しかし異説も多く、

  • 『古事記』の中・下巻を指すという説
  • 特定の書物を指すのではなく皇室の系譜の伝承を記した書物全般を帝紀と呼ぶとする説
  • 書物になっていない天皇の系譜に関する伝承も帝紀と呼ばれるとの説
  • 『帝紀』『旧辞』は別々の書物ではなく一体のものだったとする説

などがある。

また『帝紀』は一般に、

などと同じものであると考えられている。

ただし、「年紀」を意味する「紀」の文字を含む『帝紀』『帝王本紀』『先紀』と、「紀」の文字を含まない『日嗣』等は分けて考えるべきだとする説もある[1][2]。また、一定の条件を満たす複数の書物ないしは文書の総称である普通名詞としての「帝紀」と、特定の時点で編纂された特定の書物を示す固有名詞としての『帝紀』は明確に区別すべきだとする説もある[3]。さらに、ほとんどの場合に『帝紀』と『旧辞』が並記されることなどから、これらは組み合わせることを前提にしており、二つの史書を組み合わせた日本独自の歴史叙述の形態が存在する可能性も指摘されている[4]

一方、古代天皇の称号には、居住した宮の名を冠して呼ぶほか、陵墓の所在地を冠して呼ぶときもあり、このことから関西大学の薗田香融は、帝紀とは名を羅列した単なる系図ではなく、「陵墓の所在地と陵墓名も記載され、そこに亡くなった年代・年齢も記されていたもの」と推測し、東京大学の井上光貞も同じ考えであると述べる[5]

いずれにしても、『帝紀』が重要視されたことは天武天皇が殯宮において帝皇日嗣が読み上げられたことからもわかる。

参考文献[編集]

出典[編集]

  1. ^ 矢嶋泉『古事記の歴史意識』歴史文化ライブラリー260、吉川弘文館、2008年9月1日。 ISBN 978-4-642-05660-1
  2. ^ 神野志隆光『古事記の達成 その論理と方法』東京大学出版会、1983年9月。 ISBN 4-13-080032-9
  3. ^ 遠山美都男「根拠に乏しい『帝紀』『旧辞』の成立年代」『日本書紀は何を隠してきたか』洋泉社新書y035、洋泉社、2001年7月21日、pp. 196-204。 ISBN 4-89691-549-6 もとは「『帝紀』『旧辞』を復元する」として「歴史読本」1999年4月号、新人物往来社に掲載
  4. ^ 倉西裕子「『日本式紀伝体』は存在した - 二本の史書を一対とする編纂記述様式」『記紀はいかにして成立したか - 天の史書と地の史書』講談社選書メチエ、講談社、2004年6月10日、pp. 46-59。 ISBN 4-06-258101-1
  5. ^ 『「古事記」と「日本書紀」の謎』 学生社 (4刷)1994年(初刷1992年) pp.110 - 111 ISBN 4-311-41016-6

関連項目[編集]