久米氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

久米氏(くめし)は、日本氏族の一つ。

久米直[編集]

古代日本における軍事氏族の一つで、『新撰姓氏録』によれば高御魂(タカミムスビ)命の8世の孫である味耳命(うましみみのみこと)の後裔とする氏と、神魂(カミムスビ)命の8世の孫である味日命(うましひのみこと)の後裔とする氏の2氏があった。久米部(「くめべ」と読む。来目部とも表記することもある)の伴造氏族。

日本書紀』神代下天孫降臨章1書には、大伴氏の遠祖の天忍日命が、来目部の遠祖である大来目命(天久米命)を率いて瓊瓊杵尊を先導して天降ったと記されており、『新撰姓氏録』左京神別中の大伴宿禰条にも同様の記述がある。このことから、久米・久米部は大伴氏の配下にあって軍事的役割を有していたと考えられている。

ただ、『古事記』には天忍日命と天津久米命の2人が太刀・弓矢などを持って天孫降臨に供奉したとあり、大伴氏と久米氏を対等の立場として扱っており、両氏の関係を考える上で一つの問題点となると思われる。

また、神武天皇東征説話に見える来目歌、戦闘歌舞の代表といえる久米舞は、久米氏・久米部の性格を考える上で重要である[1]

久米臣[編集]

大和国高市郡久米郷より起こる。春日氏の傍流[1]

尾張国の久米氏[編集]

尾張氏の流れ。氷上神社祠官なりという[2]

武蔵国の久米氏[編集]

武蔵国入間郡久米庄より起こる。本姓平氏とする村山氏の流れという[3]

常陸国の久米氏[編集]

常陸国久慈郡久米郷より起こる久米氏あり。本姓源氏家系清和源氏の一家系 河内源氏の流れを汲む佐竹氏の一門。佐竹義治の子 義武を祖とし、山入義継のために討たれるという[4]

なお、幕末水戸藩家老 安島帯刀の妻は久米新七郎長重の女であり、久米氏との間に御三卿筆頭 一橋徳川家中老たる長女、水戸藩定江戸小姓 立原朴二郎妻となる二女、安島七郎太郎信義安島七郎三郎などの子があった[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b 太田亮著、上田萬年、三上参次監修『姓氏家系大辞典 第2巻』(角川書店、1934年)2158頁参照。
  2. ^ 太田亮前掲書(角川書店、1934年)2159頁参照。
  3. ^ 太田亮前掲書(角川書店、1934年)2160頁参照。
  4. ^ 太田亮前掲書(角川書店、1934年)2160頁、2161参照。
  5. ^ 財団法人水府明徳会彰考館蔵『水府系纂』第45巻8.5丁、145丁参照。

参照文献[編集]

  • 太田亮著、上田萬年、三上参次監修『姓氏家系大辞典 第2巻』(角川書店、1934年)
  • 財団法人水府明徳会彰考館蔵『水府系纂』第45巻8.5丁、145丁

関連項目[編集]