関一政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
関 一政
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄7年(1564年
死没 寛永2年10月20日1625年11月19日
改名 四郎(幼名)→一政
官位 長門
幕府 室町幕府江戸幕府
主君 織田信長豊臣秀吉秀頼徳川家康秀忠
伊勢亀山藩主→伯耆黒坂藩
氏族 伊勢関氏
父母 父:関盛信、母:蒲生定秀の娘
兄弟 一政盛吉
正室蒲生賢秀の娘
養子氏盛

関 一政(せき かずまさ)は、安土桃山時代から江戸時代前期にかけての武将大名。伊勢亀山藩主。後に伯耆黒坂主。

生涯[編集]

関盛信(万鉄)の次男。父と共に織田信長豊臣秀吉に仕え、天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いに参加した。

その後、父から家督を譲られ、秀吉の命で蒲生氏郷与力大名となって九州征伐小田原征伐に参加し、天正18年(1591年)の九戸政実討伐で功績を挙げたため、氏郷が会津に大領を得ると、白河城を与えられることとなった。

慶長元年(1596年)、従五位下長門守に叙任され、豊臣姓を下賜された。(「柳原家記録」(村川浩平「天正・文禄・慶長期、武家叙任と豊臣姓下賜の事例」『駒沢史学』80号、2013年))。

慶長3年(1598年)、信濃国飯山3万石へ移封され、同時に豊臣氏直轄領であった川中島の代官にも任じられた。慶長5年(1600年)、美濃国多良へ移封された。

同年の関ヶ原の戦いでは、当初は西軍に属して尾張国犬山城を守備したが、後に東軍に寝返り、本戦では井伊直政隊に属して功を挙げた。戦後、この戦功が認められて関氏の故地である伊勢亀山に復帰を許された。

慶長16年(1611年)、伯耆国米子中村一忠が無嗣断絶で改易されたため、その後を受けて伯耆黒坂5万石に移封されている。慶長19年(1614年)、大坂冬の陣では京橋口攻めを担当し、翌年の大坂夏の陣でも京橋口を攻めて首級52を挙げるなどの活躍を見せた。

元和4年(1618年)、家中内紛のため改易された。だが、養子の氏盛(弟勝蔵盛吉の長男)が近江蒲生で5000石を与えられ、家名存続は許された。

参考文献[編集]

  • 三ツ村健吉註訳『勢州軍記 上』三重県郷土資料刊行会、1984年
  • 三ツ村健吉註訳『勢州軍記 下』三重県郷土資料刊行会、1987年