本多康重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

本多 康重(ほんだ やすしげ、天文23年(1554年)- 慶長16年3月22日1611年5月4日))は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将大名三河岡崎藩初代藩主。広孝系本多家初代。

本多広孝の長男。母は東条松平義春の娘。正室は大垣藩主・石川家成の娘。子に康紀(長男)、紀貞(三男)、重世(四男)、娘(諏訪頼水正室)、娘(飛鳥井雅庸室)、娘(堀利重正室)、娘(遠藤慶勝正室)ら。通称は彦次郎。官位は従五位下、豊後守。

生涯[編集]

撰要寺の本多家の墓。右から康重、子の康紀、孫の忠利の墓。静岡県指定史跡(撰要寺墓塔群)[1]

永禄5年(1562年)、元服し主君の徳川家康から片諱を与えられる。永禄12年(1569年)、掛川城攻めにて初陣を果たした。元亀元年(1570年)の姉川の戦いや天正3年(1575年)5月の長篠の戦いに参加し、特に長篠の戦いにおける鳶巣山の戦いで武田軍に左股を撃たれながらも活躍し、その時の弾は生涯にわたり抜けなかったとまで伝わっている。

天正5年(1577年)、家督を継ぐ。小田原征伐後に家康が関東に移されると、三河田原城より上野白井藩に移され2万石を与えられた。関ヶ原の戦い後の慶長6年(1601年)には三河岡崎藩に5万石を与えられた。

慶長16年(1611年)3月22日、58歳で死去し、跡を長男の康紀が継いだ。墓所は静岡県掛川市横須賀の撰要寺

脚注[編集]

  1. ^ 県指定文化財 史跡”. 掛川市. 2013年11月19日閲覧。