板倉氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
板倉氏
家紋
九曜巴
本姓 清和源氏足利氏流
家祖 渋川義顕
種別 武家
華族子爵
出身地 下野国足利郡足利庄
板倉
主な根拠地 備中国
三河国
著名な人物 板倉勝重
板倉勝該
板倉勝静
支流、分家 安中藩主家武家
福島藩主家武家
庭瀬藩主家武家
凡例 / Category:日本の氏族

板倉氏(いたくらし)は、日本氏族の一つ。通し字は「勝」「重」

渋川義顕足利泰氏の次男)を源に辿る。義顕は当初は足利庄の板倉の地を領して本貫とし、板倉二郎と称した。義顕はのち上野国渋川荘を有して渋川氏の祖となっているが、その後裔と伝えるのが江戸時代の板倉氏である。

九州探題を世襲した備後渋川氏の重臣に板倉氏があり、渋川義鏡代官板倉頼資の名がみえる。

三河の板倉氏は、義鏡の子孫で三河に流れた板倉頼重が祖とされ、頼重・好重父子は深溝松平氏に仕える。頼重の孫が、のちに京都所司代になり、大名に取り立てられた板倉勝重である。勝重の父板倉好重1561年善明提の戦いで戦死、さらに1581年には高天神城の戦いで板倉家の家督を継いでいた弟の定重が戦死。このため勝重が還俗し、家康に仕えると吏僚として活躍した。

江戸時代には、勝重に始まる備中松山藩の他、上野安中藩陸奥福島藩備中庭瀬藩などいくつかの分家を出し、幕末に至る。 また、板倉勝重妻[1]は先夫中島重次の子を連れて再婚し、その子・重好を勝重の養子とした。後に実父の家系を再興し、交代寄合旗本中島與五郎家[2]の祖となった。

なお板倉氏は室町期半ばの系譜に不自然なところもあると指摘されていて本当に渋川氏の流れかどうかあやふやな点もある。 また義鏡の子孫は別に残っており、記録などから実際には鎌倉時代末期に分かれた庶流と見られている。

系譜[編集]

凡例 太線は実子、細線は養子、数字は何代目かを指す。 *は 同一人物
 1 = 宗家(関宿藩伊勢亀山藩鳥羽藩→伊勢亀山藩→備中松山藩)
 ① = 重形系板倉家(安中藩泉藩相良藩→安中藩)
[1] = 重昌系板倉家(深溝藩三河中島藩烏山藩岩槻藩坂木藩福島藩)
(1) = 重宣系板倉家(高滝藩庭瀬藩)

                         板倉頼重
                           ┃
                          好重
                      ┏━━━━╋━━━━━━━━━━━┓
                     忠重   勝重1宗家)      定重
     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┻━━━━━━━━━┳━━━┓
    重昌[1](重昌系板倉家)                     重宗2  重大
     ┃                        ┏━━━━━━┫   ┃
    重矩[2]                      重形    重郷3 *重冬
   ┏━┻━━━━━━━━━┳━━━━┓      (重形系板倉家)   ┃
   ┃           ┃    ┃         ┃      ┃
  重良          重種[3]  娘             娘      重常4
   ┃           ┃     ┃         ┃      |
  重宣(1)         重寛[4] 高木正陳       重同   *重冬5
(重宣系板倉家)       ┃    ┃         ┃      ┃
   ┃           ┃    ┃         ┃      ┃
  重高(2)         重泰[5] *勝里        勝清    重治6
   ┃           |           ┏━━╋━━━┓  ┃
  昌信(3)        *勝里[6]        *勝矩 勝意 勝暁勝澄7
   ┃           ┣━━━━┓         |      ┣━━┳━━━┳━━┓
  勝興(4)         勝任[8]  勝承[7]      *勝尚   *勝行 勝政10 勝従9 勝武8
   ┣━━━━━━┓         |       ┏━┻━┓    ┏━━┫
  勝志(5)    勝喜(6)      *勝行[9]     勝殷 勝明 *勝尚 勝晙11
     ┏━━━━╋━━━━┓    |                     ┃
    勝氐(7) 勝資(8)  勝貞(9)勝矩[10]                勝職12
               |    ┃                    |
              勝成(10) 勝長[11]                勝静13
               |    ┃                    |
              勝全(11) 勝俊[12]                勝弼14
               |    ┣━━┓
              勝弘(12) 勝弘 勝顕[13]
                       ┃
                      勝己[14]
                       ┃
                      勝達[15]

脚注[編集]

  1. ^ 粟生永勝女。
  2. ^ 三河国渥美郡大崎607石