北畠家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
北畠家
家紋
竜胆
割菱
本姓 村上源氏中院庶流
家祖 北畠雅家
種別 公家
武家
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
陸奥国多賀霊山浪岡
伊勢国多気御所(霧山城
伊勢国大河内城
伊勢国田丸城
伊勢国松ヶ島城
著名な人物 北畠親房
北畠顕家
北畠晴具
北畠具教
北畠信意
支流、分家 浪岡氏(武家)
伊勢大河内氏(武家)
木造氏(武家)
滝川氏(武家)(武家)
坂内氏(武家)
田丸氏(武家)
星合氏(武家)
岩内氏(武家)
藤方氏(武家)
波瀬氏(武家)
有馬北畠氏(武家)
凡例 / Category:日本の氏族
織田信長黒印状/高島町歴史民俗資料館蔵(織田信長が北畠氏の粛清を行った際に、協力した地元国人衆らに出した感状)

北畠家(きたばたけけ、または北畠)は、公家の一つ、後に伊勢戦国大名ともなった氏族。

村上源氏の流れを汲む名門で、その子孫である中院雅家が洛北の北畠に移ったことから「北畠」を名乗り、代々和漢の学をもって天皇に仕えたという。

概要[編集]

鎌倉・室町時代[編集]

鎌倉時代末期に北畠親房が出て、後醍醐天皇建武の新政を支え、後醍醐没後には南朝の軍事的指導者となり、南朝の正統性を示す『神皇正統記』を記した。親房の長男北畠顕家は、父とともに義良親王(後の後村上天皇)を奉じて奥州鎮定に赴き、建武政権から離反した足利尊氏京都から追い、次弟の北畠顕信とともに南朝勢力として足利方と戦った。親房の三男北畠顕能が伊勢国司となったことが、伊勢の北畠氏の起源と言われている。室町時代に入っても伊勢で独自の勢力を持ち、その支配形態は国司体制を維持するいわば公家大名というべきようなものであった。

伊勢北畠氏からは大河内氏、木造氏、坂内氏、田丸氏、星合氏、岩内氏、藤方氏、波瀬氏の諸氏が分かれ出て、それぞれ御所と称された。 木造御所は北畠庶流の筆頭であったが、木造御所の官位は北畠宗家・多芸御所を上回ることもあり、度々宗家と対立した。その為、田丸御所・坂内御所・大河内御所の三家が北畠三御所となり、なかでも大河内氏は筆頭とされ、宗家が絶えたときは、これを継ぐ立場にあった。

奥州・津軽には、北畠顕家の子孫説や北畠顕信の子孫説、または顕家(又は顕信)の子孫が入婿となったとされる北畠庶流が浪岡御所として存在した。 詳細は浪岡氏を参照。

戦国・安土桃山時代[編集]

戦国時代に入ると北畠晴具と晴具の子・具教が現われて戦国大名化し、長野工藤氏を従えるなど勢力を拡大、最盛期を迎えた。
しかし具教の子・具房の代になると、伊勢国は度々織田信長の侵攻を受けるようになり、北畠家の旗下であった神戸氏長野工藤氏が次々織田家に乗っ取られていった。

1569年永禄12年)、織田信長の侵攻を受け、信長の次男・織田信雄北畠具房の養子とし、かつ先代・具教の娘・雪姫(千代御前)の婿に迎えるという織田家に有利な形で講和することとなった。信雄は1575年天正3年)に北畠家の家督を相続する。この時、木造氏の当主は具教の実弟・木造具政であったが、織田家に内通している。

1576年(天正4年)、三瀬御所に隠居していた具教が信長の命により信雄の放った刺客により館を急襲され、四男・徳松丸、五男・亀松丸と共に暗殺される(三瀬の変)。次男・長野具藤、三男・北畠親成は田丸御所にて、大河内教通波瀬具祐岩内光安坂内具義と共に殺害され、坂内御所においては坂内具房、霧山御所においては城代・北畠政成、及び波瀬具通が殺害された。具房はその身柄を滝川一益に預けられ、安濃郡河内に3年間幽閉された後、1580年(天正8年)1月5日京都で死去した。これら一連の信長の行動により北畠家は名実ともに織田家によって乗っ取られた。

1582年(天正10年)6月、信長が本能寺の変で死去すると、備後に逃れていた具教の実弟・北畠具親が伊勢五箇篠山城に戻り再挙するが落城、後に蒲生氏のもとに客臣として迎えられた。変後の清洲会議にて、信雄は織田家の後継者になろうと画策し、織田姓に復したため、伊勢国司家としての北畠家は滅亡した。

また、木造氏、田丸氏、神戸氏、星合氏等、諸流の一部は信雄の家臣となるなどして生き永らえ、その後、一部は旗本となった。また、明治時代には村上源氏の嫡流である久我建通の四男通城が北畠姓を名乗り、親房を祀る霊山神社の宮司となっている。

歴代当主[編集]

  1. 北畠雅家(1215年 - 1274年)
  2. 北畠師親(1244年 - 1315年)
  3. 北畠師重(1270年 - 1322年)
  4. 北畠親房(1293年 - 1354年)
  5. 北畠顕能(1326年? - 1383年?)
  6. 北畠顕泰(1361年? - 1414年)
  7. 北畠満雅(1382年? - 1429年)
  8. 北畠教具(1423年 - 1471年)
  9. 北畠政郷(1449年 - 1508年)
  10. 北畠材親(1468年 - 1518年)
  11. 北畠晴具(1503年 - 1563年)
  12. 北畠具教(1528年 - 1576年)
  13. 北畠具房(1547年 - 1580年)
  14. 北畠具豊(1558年 - 1630年)

系譜[編集]

北畠氏家臣[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]