毛利氏 (藤原氏)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
毛利氏
家紋
丸に矢筈
本姓 宇多源氏
のちに藤原北家
家祖 三井高久
種別 武家
出身地 近江国愛知郡鯰江荘
主な根拠地 播磨国明石郡、豊後国佐伯
著名な人物 毛利高政
凡例 / Category:日本の氏族


毛利氏(もうりし・藤原氏系)は、宇多源氏佐々木氏嫡流六角氏流)であるが、養家の姓により藤原姓を称する。後に織田家の家臣となり豊後国に2万石で入封した。

歴史[編集]

宇多源氏の末裔で佐々木氏の嫡流にあたる六角満綱の子高久が、藤姓三井乗定の養子となって、近江国愛知郡鯰江荘にあって鯰江姓を称した。鯰江氏は代々六角氏に仕えるが、鯰江定春の代に織田氏に攻められ鯰江城を失うと、同郡内森に移住し森を姓とする。

定春の弟森高次織田信長に仕え、尾張国中島郡に領地を得る。豊臣秀吉が台頭し、中国攻めの総大将となると、高次の子高政はその幕下となって播磨国明石郡に約3,000石を得る。

天正10年、秀吉と中国の毛利氏が講和した際、高政は人質として毛利氏のもとにとどめられた。その折り毛利輝元より毛利姓を与えられ、森姓から改姓した。文禄2年(1592年)に豊後国日田郡玖珠郡2万石を所領する大名となり、関ヶ原の合戦後の慶長6年に豊後国佐伯藩に移封される。以後子孫は佐伯藩主として続いた。

なお、三井財閥当主家三井家の所伝によると、三井家は鯰江氏と同じく三井高久を祖とし、同族にあたるとされる。

系譜[編集]

実線は実子、点線(縦)は養子、点線(横)は婚姻関係。
鯰江氏
 
 
 
森高次
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
毛利重政 毛利高政1 毛利吉安
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
重次 高定 高成2 吉房 吉隆
 
 
 
(7代略)
 
 
 
 
梅園 高信 高直3
 
 
 
 
高重4
 
 
 
 
高久5[1]
 
 
 
 
高慶6[2]
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高通 高能 南部信之 森聚 高丘7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高丘 一高 高標8 花房正応 秋田季済 滝川一貞
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高誠9 小笠原政雍
 
 
 
 
高翰10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高泰11 満姫
 
細川行芬
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高謙12 立則 行真
 
 
 
 
 
 
高範13 行真
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
黒田長和[3]
 
久子 高棟14 毛利高範
 
 
 
 
 
 
定子
 
伏見博英[4]
 
 
 
 
 
 
佳子
 
伏見和夫[5]
 
 
 
 
 
 
文孝15
  1. ^ 豊後森藩主久留島通清の3男。
  2. ^ 豊後森藩主・久留島通清の5男or6男。
  3. ^ 筑前福岡藩主黒田長知の4男。
  4. ^ 伏見宮博恭王の第4王子。
  5. ^ 猪野昇の子。

参考[編集]