保科正光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
保科 正光
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄4年(1561年
死没 寛永8年10月7日1631年10月31日
改名 甚四郎[1](幼名)→正光
戒名 信厳道義大宝寺[1]
墓所 長野県伊那市高遠町の建福寺
東京都港区虎ノ門の天徳寺
官位 従五位下、肥後[1]
幕府 江戸幕府
主君 武田勝頼徳川家康秀忠家光
下総多胡藩主→信濃高遠藩
氏族 保科氏
父母 父:保科正直、母:跡部氏
兄弟 正光正重正貞北条氏重栄姫黒田長政継室)、安部信盛正室、貞松院(小出吉英正室)、加藤明成正室
正室真田昌幸の娘
養子:正重正貞左源太保科正之

保科 正光(ほしな まさみつ)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将大名下総多胡藩主、後に信濃高遠藩の初代藩主となる。

生涯[編集]

永禄4年(1561年)、甲斐武田氏の家臣・保科正直の長男[1]として生まれる。天正10年(1582年)の武田氏滅亡後は、勝頼の人質になっていたのを井深茂右衛門重吉によって救出されて徳川家康に従い[1]高遠城を預かった。天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦い天正18年(1590年)の小田原征伐にも参加し[1]、家康の関東入部に伴って下総国多胡に1万石の領地を与えられた[1]。天正19年(1591年)の九戸政実の反乱鎮圧にも参加し[2]、天正20年(1592年)からの文禄・慶長の役においても家康に従って肥前名護屋城に在陣した[2]

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、東軍に属して遠江浜松城を守備する[3][2]。戦後2ヶ月ほどは越前北之庄城に城番して法興寺の寺規定め、貢租の収納方法を定めるなど内政に尽力した[3]。その功績により、戦後の11月に旧領に戻されて高遠藩2万5,000石を立藩する[3][2]。慶長8年(1603年)2月に森忠政の川中島領を預かり、松代城飯山城の城番を担当した[4]。慶長11年(1606年)の江戸城石垣普請や、慶長16年(1611年)の江戸城堀普請などでも功績を挙げた[4][2]

慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では、徳川方として淀城を守備し[4][2]、慶長20年(1615年)の大坂夏の陣では天王寺の戦いで武功を挙げ首級14を得たが、自らも槍傷3ヶ所、鉄砲傷1箇所を得た[5]。このため、秀忠から祖父正俊や父正直に劣らぬ武功を受け継いだと賞賛されている[5]

元和2年(1616年)には越後三条城城番を務めている[2]。その後も慶長10年(1605年)と元和3年(1617年)の秀忠上洛、元和9年(1623年)と寛永3年(1626年)の秀忠・家光上洛に供奉し、秀忠の日光社参にも供奉した[4]。また秀忠上洛の際、天皇と中宮の二条城行幸・行啓に勤仕した[4]

元和3年(1617年)、江戸幕府第2代将軍・徳川秀忠の庶子で、秘匿されて武田信玄の娘の見性院に預けられていた幸松丸(後の保科正之)を養子として迎え、その養育に当たった。元和4年(1618年)には秀忠の上洛に従った功績として、筑摩郡に5,000石を加増されて[2]3万石の大名となる。元和6年(1620年)には大坂城[2]、元和9年(1623年)には伏見城番を務めた[2]

寛永8年(1631年)10月7日に死去した[2]。享年71[2]

正光には養子として弟の正貞を迎えていたが、正貞とは不仲であったために(一説には正之に遠慮して申し出たとも)廃嫡し、同じく弟で養子の正重も早世したため、遺言[注釈 1]で家督は正之に継がせている[2]

正室は真田昌幸の娘であるが、慶長15年(1610年)10月に早世している[6]

人物[編集]

信仰心の厚い人物で、城内にあった諏訪神社を庶民が参拝できないからとして城外に移したり、多古の樹林寺の中にあった観音を模造して、同じ名前の寺を建ててそこに納めたりしている。秀忠からの信任は特に厚く、そのため正之の養育係を任されたとされる。養子の正之は正光の恩を忘れず、松平姓を名乗ることを許されても、終生保科姓を通し続けている。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 遺言では養子左源次も廃嫡するが、左源次に十分な手当をするように命じている。

引用元[編集]

  1. ^ a b c d e f g 阿部『戦国人名事典コンパクト版』、P688
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 阿部『戦国人名事典コンパクト版』、P689
  3. ^ a b c 長谷川『シリーズ藩物語、高遠藩』、P15
  4. ^ a b c d e 長谷川『シリーズ藩物語、高遠藩』、P16
  5. ^ a b 長谷川『シリーズ藩物語、高遠藩』、P17
  6. ^ 柴辻俊六 著『人物叢書‐真田昌幸』吉川弘文館、1996年、p.82

参考文献[編集]