沼津城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
logo
沼津城
静岡県
沼津城本丸址(沼津市大手町、中央公園)。周囲の石は、付近で工事の際に発見された、三枚橋城の石垣に使われていたもの。
沼津城本丸址(沼津市大手町、中央公園)。周囲の石は、付近で工事の際に発見された、三枚橋城の石垣に使われていたもの。
城郭構造 梯郭式平山城
築城主 水野忠友
築城年 安永6年(1777年
遺構 石垣
位置 北緯35度5分56秒
東経138度51分34秒
光長寺辻之坊山門(沼津市岡宮)。右側に山門の由来が記された札が見える。

沼津城(ぬまづじょう)はかつて駿河国駿東郡(現在の静岡県沼津市大手町)にあった日本の城。別名観潮城

概要[編集]

安永6年(1777年)に、水野忠友が2万石で沼津に城地を与えられ、廃城後荒れていた三枚橋城の跡地に築城。梯郭式平山城で狩野川に隣接して本丸、その北西に二の丸三ノ丸が造られていた。天守に相当する三層の櫓を本丸に建て、二の丸に御殿を置いた。最終的には、水野家8代の5万石の城下町として栄えた。

一時期沼津兵学校が置かれたものの、明治5年には東京に移転し、明治6年廃城令を待たずして破却されることになった。敷地は民間に払い下げられ、度重なる大火や道路の新設、堀の埋め立て等を経て、城郭は失われた。現在は大手町という地名が残るだけであるが、本丸跡は中央公園として整備され「沼津城本丸址」の碑が建つ。ここまでほぼ完全に破壊された城も珍しいといわれるが、数少ない現存する遺構として、市内の光長寺辻之坊山門が、城門(中庭門とも)が移築されたものと伝えられている。また、市内香貫の民家に奥座敷があったとの事だが、現在では取り壊されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]