蜂須賀家政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
蜂須賀 家政
Statue of Hachisuka Iemasa at Tokushima central park in Tokushima city.jpg
徳島中央公園徳島城跡)にある家政の銅像(1965年建立)
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄元年(1558年
死没 寛永15年12月30日1639年2月2日
改名 一茂、家政、秋長、蓬庵(号)
別名 彦右衛門(通称)、阿波の古狸(渾名)
戒名 瑞雲院殿蓬庵常僊大居士
墓所 興源寺徳島県徳島市
官位 従五位下阿波守
幕府 江戸幕府御伽衆
主君 織田信長豊臣秀吉秀頼徳川家康
秀忠家光
氏族 蜂須賀氏
父母 父:蜂須賀正勝
母:大匠院(まつ、松)[1]
兄弟 家政奈良姫賀島長昌室)、糸姫黒田長政室)
正室:生駒家長の娘・慈光院(ヒメ)
至鎮即心院池田由之室)、阿喜姫井伊直孝室)、実相院松平忠光室)

蜂須賀 家政(はちすか いえまさ)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将大名蜂須賀正勝の子。父の代わりに阿波国の大名に任じられて徳島藩祖となる。

生涯[編集]

秀吉の家臣時代[編集]

蜂須賀家政生誕地碑(愛知県江南市宮後町)

永禄元年(1558年)、蜂須賀正勝の長男として、尾張国丹羽郡宮後村(現在の愛知県江南市)の宮後城に生まれる。織田信長、次いで羽柴秀吉に仕え、秀吉が織田信長の命令で行った中国毛利攻めには黄母衣衆として父と共に従軍した。

天正10年(1582年)、信長が本能寺の変明智光秀に討たれると、秀吉に従って山崎の戦いに参加した。天正11年(1583年)の賤ヶ岳の戦いに参加し、天正12年(1584年)に播磨佐用郡内に3,000石を与えられた。

天正13年(1585年)の紀州征伐など、秀吉の天下統一における戦争に従軍し、戦功を挙げた。雑賀攻めの後に行なわれた四国攻めでは、阿波木津城攻め、一宮城攻めなどで武功を挙げた。四国攻め後、その戦功により秀吉は正勝に対して阿波一国を与えようとしたが、正勝は秀吉の側近として仕える道を選んで辞退し、秀吉はやむなく家政に阿波を与えたという。こうして家政は天正14年(1586年)に阿波18万石の大名となり、同年1月2日、従五位下阿波守に叙任する。

一宮城の城主となり、その後徳島城を築城した。一説に阿波踊りは、城が竣工した折、家政が城下に「城の完成祝いとして、好きに踊れ」という触れを出したことが発祥ともいう。

天正15年(1587年)、九州征伐に参加し、日向高城攻めで功を挙げる。天正18年(1590年)の小田原征伐における伊豆韮山城攻めでは福島正則と共に先鋒を務め、武功を挙げた。

文禄元年(1592年)からの朝鮮出兵には、文禄の役・慶長の役の2度とも出陣する。特に慶長2年(1597年)の南原城の戦い蔚山城の戦いでは救援軍の一端を担い、浅野幸長を助け出すという武功を挙げた。ところが、戦線縮小を主張する石田三成らにかえってこの戦闘行為を非難され、預かっていた蔵入地を没収される懲罰を受けた。

関ヶ原[編集]

慶長3年(1598年)に秀吉が死去し、慶長4年(1599年)に前田利家が死去すると、福島正則や加藤清正、浅野幸長らとともに三成を襲撃しようと蜂起したり(資料によっては、この襲撃に家政は参加していないとするものもある)、子の至鎮徳川家康の養女の縁組を結ぶなど、典型的な武断派・親家康大名として活動している。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、西軍から親徳川の姿勢を糾弾され高野山へ追放されたが、家康の上杉景勝征伐に同行させていた至鎮は関ヶ原の本戦で東軍として参加して武功を挙げたため、戦後に家康から所領を安堵された。しかし自身は家督を至鎮に譲り、蓬庵と号して隠居した。

江戸時代[編集]

興源寺の墓所(徳島県徳島市下助任町)

慶長19年(1614年)から始まった大坂の陣では、豊臣方からの誘いに「自分は無二の関東方」と称して与力を拒絶するとともに、駿府城の家康を訪ねて密書を提出している。冬・夏の陣で嫡男の至鎮が戦功を挙げたため、戦後に蜂須賀家は淡路一国を与えられ、25万7,000石に加増された。

元和6年(1620年)に至鎮が夭折した後は、幼くして襲封した嫡孫・忠英の後見を江戸幕府から命じられ、忠英が成人する寛永6年(1629年)まで政務を取り仕切り、藩政の基礎を築いた。

戦国以来の長老として、第3代将軍徳川家光の側に御伽衆として出仕することもあったという。寛永15年(1638年)12月30日に81歳で死去。

平島記によると、寛永元年(1624年)に平島公方家に平島館の家屋修理資材を下賜している[2]と言う。

人物[編集]

系譜[編集]

関連作品[編集]

小説

脚注[編集]

  1. ^ 三輪五郎左衛門吉高または益田太郎右衛門持正の娘。
  2. ^ 平島公方史料集p.428
  3. ^ 渭水聞見録』による。