酒井忠勝 (出羽国庄内藩主)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
酒井 忠勝
時代 安土桃山時代後期から江戸時代前期
生誕 文禄3年(1594年
死没 正保4年10月17日1647年11月13日
別名 小五郎
墓所 山形県鶴岡市
官位 従四位下 宮内大輔
主君 徳川秀忠家光
越後国高田藩主→信濃国松代藩主→出羽国庄内藩
氏族 酒井氏(左衛門尉系)
父母 父:酒井家次、母:榊原政吉の娘
兄弟 忠勝直次忠重勝吉了次忠時政時
正室:鳥居忠政の娘
忠当忠俊忠恒忠貫忠盛忠直忠解忠興山名恒豊、娘(伊達宗純正室)、娘(溝口重雄継室)、娘(松平忠利正室のち滝川具孝室)

酒井 忠勝(さかい ただかつ)は、江戸時代初期の大名である。越後高田藩主、信濃松代藩主を経て、出羽庄内藩の初代藩主となった。

生涯[編集]

文禄3年(1594年)、酒井家次の長男として生まれる。元服した際には主君徳川秀忠より偏諱を拝領し、忠勝と名乗った。

慶長14年(1609年)1月23日、宮内大輔に任じられる。元和4年(1618年)3月、父・家次の死去により24歳で家督を相続した。しかし、相続後間もない元和5年(1619年)3月に越後高田藩10万石から信濃松代藩10万石に移封されている[1]。それから3年後の元和8年(1622年)6月7日に最上義俊が改易されたのに伴い、出羽庄内藩13万8,000石[2]に加増され、移封された。

庄内に入部後は交通の要衝・酒田の亀ヶ崎城に代えて、大宝寺氏が拠点としていた鶴ヶ岡城を居城と定めている。しかし亀ヶ崎城も存続を許され、小藩としては異例となる2城を持つことになった。忠勝は居城とした鶴ヶ岡城の整備に努めたが、完成するのは孫の忠義の代となった。

入部直後の検地では表高よりも実高を大幅に増やすことに成功した反面、過酷な徴税につながり、鶴ヶ岡城の普請などもあって、領民の逃散につながっている。特に寛永11年(1634年)には、遊佐郷の大肝煎であった高橋太郎左衛門が幕府に直訴しており、藩政は揺らぐ一方であった。

忠勝晩年の寛永19年(1642年)となって、改易され忠勝に預けられていた弟の忠重が、忠勝に嫡男忠当を廃嫡させ、忠重の子忠広に庄内藩を継承させようとする、酒井長門守一件が起きている。この時、筆頭家老高力喜兵衛らを追放されており、忠当も廃嫡されかかっている。しかし、廃嫡となる前の正保4年(1647年)10月17日に、忠勝が死去したため、老中松平信綱の裁定により、忠当が家督を相続している。

注釈[編集]

  1. ^ 交代で、松代10万石の松平忠昌が越後高田25万石に移封。
  2. ^ 入部後に忠勝の弟直次の遺領を編入するなどして、最終的には14万石となっている。