花笠まつり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

花笠まつり(はながさまつり)は、スゲ笠に赤い花飾りをつけた花笠を手にし、「花笠音頭」にあわせて街を踊り練りあるく日本のである。山形県内など数か所で開催されているが、例年8月山形市で行なわれる「山形花笠まつり」が広く知られている。戦前から行われている東北三大祭りに戦後から始まり広まった「山形花笠まつり」と「盛岡さんさ踊り」を加えた5つの祭りを東北五大祭りと呼ばれる事もある。

起源[編集]

花笠まつりで歌われる「花笠音頭」の起源は諸説あるが、大正中期に尾花沢で土木作業時の調子あわせに歌われた土突き歌が起源といわれており[1]昭和初期にこれが民謡化され「花笠音頭」(またの名を「花笠踊り唄」といわれる)となった。また、1963年昭和38年)パレード用に振り付け、蔵王夏祭りとして始める。

また踊りについては、菅で編んだ笠に赤く染めた紙で花飾りをつけたものを景気づけに振ったり回したりしたのが発祥といわれている。

踊りの種類[編集]

花笠まつりの振り付けは、山形県内各地域別に約10種類存在していた。

1963年(昭和38年)、それらの振り付けが一本化され「正調花笠踊り -薫風最上川-」が制定された。以降、これが標準的な振り付けとされたが、紅花摘みの作業唄からとったとされる、その楚々とした踊りの動作のため、主に女性が踊り手の中心となった。

1999年平成11年)、「正調花笠踊り -蔵王山暁光-」が、「薫風最上川」に並ぶ標準振り付けとして制定された。豪快な動作を取り込んでいるところが特徴であり、これにより男性の踊り手の増加に寄与したと言われる。

また、「おばなざわ花笠まつり」で踊られているいわゆる「笠回し」で参加する団体も多い。笠回しには5つの流派がある。

花笠踊りが行われる主な祭り[編集]

以下の祭り以外にも、様々なイベントで踊られる。

正調花笠踊り
奉納行事
その他
  • 7月下旬 山形県尾花沢市 「花笠YOSAKOIまつり」(場所:尾花沢市役所そば)

山形花笠まつり[編集]

2002年

山形市で開催される花笠まつりは「山形花笠まつり」と呼ばれる。例年8月5日6日7日の3日間開催され、パレードは文翔館正面から南西方向に伸びる県道19号山形山寺線および国道112号七日町商店街ほか)で開催される。

元々山形市の伝統行事は、山形藩初代藩主である最上義光を祭る義光祭(きごうさい)であった。山形新聞・山形交通(ヤマコー)の社長で事実上の山形県の最高実力者であった服部敬雄が、山形県内で比較的伝統的な踊りを夏期観光の目玉として売り出すことを提唱し、1963年(昭和38年)に「蔵王夏まつり」のイベントの1つとして「花笠音頭パレード」が始まった。その後、1965年(昭和40年)から「山形花笠まつり」として独立し、現在に至る。

服部の影響下のマスコミ(山形新聞山形放送)による大宣伝、バス会社による花笠見物を売り出す団体旅行の募集や旅館・ホテルのあっせんといった服部らの努力により、花笠まつりは以前と比べれば全国的な知名度を上げた。しかし、山形新聞、山形交通グループ企業で花笠まつりに関する諸権利をほとんど独占していることから、観光客が地元商店街に落とした金をほとんど吸い上げるとも批判されている。

祭り期間中ゲストとして歌手が呼ばれ、山車行列をするが、服部が陣取る貴賓席の前に来ると、ゲストは山車から降りて服部に頭を下げて挨拶することが恒例であった。今日でも、同まつりを「服部まつり」や「山新まつり」と揶揄する者もいる。

団体によっては小学生以下の少女が厚化粧で参加する。

またJR山形駅では、1~4番線に「花笠音頭」の発車メロディが採用されている。

作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ きてけらっしゃい おばなざわ「花笠まつり」
  2. ^ 『山形県知事による県産農産物の店頭PR活動』実施のお知らせ(サミット ニュースリリース 2006年6月7日)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]