B型インフルエンザウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
B型インフルエンザウイルス
分類(ウイルス)
: 第V群(ss-RNA)
: オルソミクソウイルス科
Orthomyxoviridae
: B型インフルエンザウイルス属
Influenzavirus B
: B型インフルエンザウイルス
Influenza B virus

B型インフルエンザウイルス(ビーがたインフルエンザウイルス、Influenzavirus B)とはオルソミクソウイルス科のB型インフルエンザウイルス属に属する唯一の種である。

B型インフルエンザはヒトアシカ亜目のみに感染して[1]インフルエンザを引き起こす。構造的に類似して共に抗原連続変異遺伝子再集合が認められるA型インフルエンザウイルスと比較してB型インフルエンザのパンデミックが発生しないのは宿主域が狭いためであると考えられている[2][3][4]

脚注[編集]

  1. ^ Osterhaus AD, Rimmelzwaan GF, Martina BE, Bestebroer TM, Fouchier RA (2000). “Influenza B virus in seals”. Science 288 (5468): 1051–3. PMID 10807575. 
  2. ^ Hay AJ, Gregory V, Douglas AR, Lin YP (2001). “The evolution of human influenza viruses”. Philos. Trans. R. Soc. Lond., B, Biol. Sci. 356 (1416): 1861–70. doi:10.1098/rstb.2001.0999. PMID 11779385. 
  3. ^ Matsuzaki Y, Sugawara K, Takashita E, Muraki Y, Hongo S, Katsushima N, Mizuta K, Nishimura H (2004). “Genetic diversity of influenza B virus: the frequent reassortment and cocirculation of the genetically distinct reassortant viruses in a community”. J. Med. Virol. 74 (1): 132–40. doi:10.1002/jmv.20156. PMID 15258979. 
  4. ^ Lindstrom SE, Hiromoto Y, Nishimura H, Saito T, Nerome R, Nerome K (1999). “Comparative analysis of evolutionary mechanisms of the hemagglutinin and three internal protein genes of influenza B virus: multiple cocirculating lineages and frequent reassortment of the NP, M, and NS genes”. J. Virol. 73 (5): 4413–26. PMID 10196339.