H1N2亜型

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
H1N2亜型
Flu und legende color c.jpg
インフルエンザウイルスの3Dモデル図
分類(ウイルス)
: 第5群(1本鎖RNA -鎖)
: Incertae sedis
: オルトミクソウイルス科
Orthomyxoviridae
: A型インフルエンザウイルス属
Influenzavirus A
: A型インフルエンザウイルス
Influenza A virus
亜型 : H1N2亜型
subtype H1N2
学名
Influenza A virus subtype H1N2

H1N2亜型A型インフルエンザウイルスの一種。近年、人間の間でパンデミックを起こしている。

H1N1、H1N2、H3N2は現代人間に流行するインフルエンザウイルスとして知られている。本種は他の種に比べ大きな疾患を起こさない。他種のインフルエンザ活動と結びついて増加することは珍しくない。

H1N1とH3N2の遺伝子再集合によって生まれたと考えられている。ウィルスのヘマグルチニンが近年流行しているH1N1ウィルスと近似しており、ノウラミニターゼはH3N2ウイルスに似ており、H1N1、H3N2の両方に効果を持つ季節性インフルエンザ用のワクチンはH1N2型に対しても一般のインフルエンザ同様の効果を持っている。

歴史[編集]

A(H1N2)は2001年から2002年の流行期にカナダアメリカアイルランドラトビアフランスルーマニアオマーンインドマレーシアシンガポールなど北半球に広範に確認され、2001年5月31日にインドで起こったのが最初である[1]

2002年の2月6日にはジュネーブの世界保健機関と英国の公的健康研究機構は英国、イスラエル、エジプトで人間からA(H1N2)が同定されたことを報告している

2001年から2002年のA(H1N2)ウィスコンシン系統は近年流行しているH1N1とH3N2の遺伝子再集合に起因している可能性が考えられるようになった。

2010年12月から2011年1月にかけて中国の6つの市において19種類のH1N2ウイルスが確認された。しかし、ウイルスは広範に広がらなかった。19人が死亡し、1000人を超える人が現在も罹患している。

脚注[編集]

[ヘルプ]

資料[編集]

外部リンク[編集]