犬インフルエンザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
A型インフルエンザウイルス
分類(ウイルス)
: 第V群(ss-RNA)
: オルソミクソウイルス科
: A型インフルエンザウイルス属

犬インフルエンザ(: canine influenza)はイヌ科動物におけるインフルエンザイヌインフルエンザとも表記される。

概要[編集]

犬インフルエンザは馬インフルエンザの原因となるH3N8亜型のようなA型インフルエンザウイルスのいくつかの亜型を原因とし、2004年に報告された。イヌはこのウイルスにこれまで曝露したことがないために自然免疫を持たない。それゆえ、個体間に急激に伝播する。犬インフルエンザはいくつかの地域のイヌの集団にエンデミックを引き起こす可能性がある。犬インフルエンザの罹患率は高いが、致死率は低い[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Media Briefing on Canine Influenza”. CDC (2005年9月26日). 2007年4月21日閲覧。