加古川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
加古川駅*
南口
南口
かこがわ - Kakogawa
兵庫県加古川市加古川町篠原町30-1
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
電報略号 カコ
駅構造 高架駅
ホーム 3面6線
乗車人員
-統計年度-
22,669人/日(降車客含まず)
-2013年-
開業年月日 1888年明治21年)12月23日
乗入路線 2** 路線
所属路線   A   山陽本線JR神戸線
キロ程 39.1km(神戸起点)
大阪から72.2km
東加古川 (3.6km)
(3.3km) 宝殿
所属路線   I   加古川線
キロ程 0.0km(加古川起点)
(2.3km) 日岡
備考 直営駅管理駅
みどりの窓口
加古川線ホームに中間改札有
** このほか高砂線(1984年廃止)
* 加古川線の駅は1915年まで加古川町駅


加古川駅(かこがわえき)は、兵庫県加古川市加古川町篠原町にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)のである。

概要[編集]

加古川市の中心駅であり、当駅の所属線[1]である山陽本線と、当駅を起点とする加古川線との接続駅となっている。山陽本線に関してはアーバンネットワークエリアに属しており、「JR神戸線」の路線愛称設定区間に含まれている。

昭和のころは山陰や九州方面へ向かう急行列車が多数停車していたが、山陽新幹線開業に伴う急行列車廃止後はこの駅に年間を通して停車する優等列車はなくなった。その代わり、1972年3月に姫路駅乗り入れを開始した新快速は設定当初から当駅に停車している。現在停車する優等列車は、臨時特急の「かにカニはまかぜ号」と、特急「はまかぜ号」の一部の臨時停車のみである。

駅長が配置された直営駅であり、管理駅として山陽本線の土山駅東加古川駅宝殿駅曽根駅の4駅と、加古川線のすべての中間駅を管理している。

山陽本線は東は神戸駅まで、西は相生駅までICOCAが利用できる。加古川線はサービスエリア外で使用できないが、乗り換え口に置かれている精算機にて日岡駅西脇市駅の各駅までの乗り越し精算に利用が可能となっている。

駅構造[編集]

2005年3月1日に連続立体交差事業がすべて完成し、高架駅となった。高架化に伴って取り壊された旧駅舎は、1910年に西成線(現在の桜島線)の桜島駅として建てられたものを1919年に移築したものだった。新しい駅舎は加古川の清流と船・さざ波をイメージしてデザインされている。「ビエラ加古川」の入口の上にある時計の部分は、旧駅舎をモチーフとしている。

現在[編集]

北口
JR神戸線側の駅ホーム
改札口

加古川駅
配線図

日岡駅/東加古川駅

6 5 4 3 2 1


STRg STRf
STR ÜWc2 ABZg3
STRq STRlg
ÜWorl
STRg ABZg+1 ÜWc4 STR
STRf ÜWc2 ABZg3 STR
STR
ÜWc2
STR
ÜWo+l
STR ABZg2 ÜWc23 ABZg3
STR STR STR
ÜWo+lr
STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr STR+BSl STR+BSr
ENDEe KRWlf
STR+BSr STR+BSl STR+BSr
ENDEe ÜWol
ÜWol
ÜWc1 ABZg+4 ÜWc1 ABZg+4
ABZg2 ÜWc3 STR
STR2+4
STR ÜWc1 ABZg+4
STRg STRf

宝殿駅

12両編成対応(ホーム長:245 m[2]。)の島式ホーム2面4線、4両編成対応(ホーム長:85 m[2])の島式ホーム1面2線、合計3面6線のホームを持つ高架駅である。

1 - 4番のりばをJR神戸線が、5・6番のりばを加古川線が使用する。1番のりばが下り本線、2番のりばが下り待避線、3番のりばが上り本線、4番のりばが上り待避線となっている。加古川線は5番のりばが本線となっている。

加古川駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1・2   A   JR神戸線 下り 姫路相生方面
3・4 上り 三ノ宮大阪方面 当駅始発は2番のりば
5・6   I   加古川線 - 粟生西脇市方面

上表の路線名は旅客案内上の名称(「JR神戸線」は愛称)で表記している。

通過列車(特急・貨物列車など)は下りは1番のりば、上りは3番のりばを通過する(特急の臨時停車の場合も同様)。

4・5番のりばの西側に加古川線と山陽本線・姫路方面をつなぐ渡り線があり、主に加古川線車両を網干総合車両所へ回送する(またはその逆の)際や工事臨時列車などの運転時に使用される。6番のりばからは、明石方面に出ることができるがほとんど使われておらず、下り線から上り線、6番のりばへの線も敷設されているが、この渡り線もほとんど使われていない。なお、3番のりばは姫路方面への折り返しにも対応している。

当駅から加古川線に乗車する場合、またはJR神戸線・加古川線の相互間の乗り換えを行う場合、乗り換え口にある中間改札を通る必要がある。その際、運賃に不足がある場合・加古川線で無人駅または北条鉄道の証明書で乗車した場合・ICOCA等のICカードで乗車した場合は、乗り換え口で精算を行うことになる。日岡駅西脇市駅間の各駅の場合、のりつぎ精算機にて精算する。新西脇駅谷川駅間の各駅の場合、乗り換え口の駅員対応となる。なお、いずれの場合でもICOCAの残額で精算できる。また、加古川線経由で大阪近郊区間内の迂回乗車を行う場合も、有人窓口でその旨を伝える必要がある。

1 - 4番のりば(JR神戸線ホーム)の自動放送は2006年10月に「JR京都・神戸線運行管理システム」対応型放送に変更されているが、5・6番のりば(加古川線ホーム)の自動放送は固定音声のままとなっている。遅延表示はJR神戸線には出るが、加古川線では表示されない。

電車接近メロディーメリーさんのひつじ草競馬である。

南口前には2007年に但陽信用金庫から創業80周年記念として寄贈された彫刻「水の記憶/源流」(生形貴春作)が設置されている。

連続立体交差事業[編集]

「JR山陽本線等加古川駅付近連続立体交差事業」として駅を含む山陽本線( 2,377 m ) 、加古川線( 953 m )の高架化および気動車区の移転が行われた[3]。事業費は285億円とされた[3]。これの付帯事業として、「JR加古川橋梁改築事業」および駅周辺の区画整理事業が行われた[3]

推移[編集]

1999年に高架化工事が着工される前はJR神戸線(山陽本線)が2面3線、高砂線と加古川線が1面2線(高砂線廃止後は加古川線のみが1面2線使用)の計3面5線で、1番のりばが単式、2 - 5番のりばが島式であった。

高架工事着工前の加古川駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 JR神戸線 下り 姫路相生方面 待避列車は2番のりば
2・3 上り 三ノ宮大阪方面 2番のりばは当駅始発のみ
4・5 加古川線 - 粟生西脇市方面

JR神戸線と加古川線のホームの間にもホームなしの線路が敷設されており、付帯設備として加古川気動車区を備えるなど、広大な構内を持っていた。加古川線の列車の夜間滞泊も設定されていた。

1985年3月13日までは2番のりばは使われておらず、1990年3月9日までは姫路方面の大半が1番のりばに停車していた。

戦時中、1937年に開設された旧陸軍神野弾薬庫(現在の加古川刑務所)への爆弾や兵員を運ぶための延長3kmの引き込み線があった。加古川線・高砂線と一部線路を共用し、高砂線分岐地点より若干北側で加古川線と分岐していた。線路跡はほぼ道路に転用されており、緩やかなカーブから線路が引かれていたことを連想することができる。また、用水路に架かる橋には、専用線時代の橋を流用・改造して使用している。戦後に加古川刑務所となったためか、加古川刑務所専用線と呼称される場合もある。弾薬庫や工場など9棟が放置されていたが、2007年1月に加古川市によって解体・撤去された。

連続立体交差事業の進行に伴い北側の仮線に切り替えられてからは、同じ3面5線ではあるものの、すべてのホームが島式とされ、JR神戸線上り本線が4番のりば、加古川線が5・6番のりばになり、2・3番のりば(当駅で特急・新快速を待避する姫路方面の普通列車および当駅折り返しの大阪方面の列車が使用していた)が同じ線路を共用していた。また、高架工事の支障となる加古川鉄道部厄神駅付近に移転した。

ダイヤ[編集]

JR神戸線[編集]

日中時間帯は新快速と普通(西明石駅から快速)が1時間あたりそれぞれ4本(普通の2本は当駅折り返し)の合計8本が停車する。平日朝ラッシュ時は新快速・普通(西明石駅から快速、舞子駅・垂水駅・須磨駅は通過)・当駅始発の各駅停車[4]がそれぞれ8分間隔で発車する。夕方ラッシュ時は当駅止まりはなく、新快速が7分半間隔で停車する。

深夜(平日は23時台、土曜・休日は22時台)にも当駅折り返し列車が設定されている。

基本的に新快速は1・3番のりば、普通は2・4番のりばを使用する。深夜時間帯(大阪方面で21時以降、姫路方面では23時以降)は、普通と新快速が約10分間隔で運転されており、相互接続は行われない。

各駅停車の運転区間は当駅までである。

加古川線[編集]

日中は厄神駅までと西脇市駅までの列車が交互に1時間あたり2本運行され、平日の朝夕には粟生駅止まりも運行されている。

大阪方面とは新快速と4分で接続している。

駅周辺[編集]

駅前広場とヤマトヤシキ

バス路線[編集]

3番乗場(かこバス)
プリンセスロード号(神姫バス)

全て神姫バスの路線。かこバスは加古川市コミュニティバス。1 - 5番乗場は駅南口にある。プリンセスロード号は当駅前に乗り入れる唯一の長距離便である。2012年6月15日からは関西国際空港行リムジンバスも駅北口に乗り入れ開始した。

1番乗場
加古川サティ前経由、福里・明石駅
加古川サティ前経由、土山駅南口行
加古川サティ前経由、甲南加古川病院行
加古川サティ前・幸生病院経由、甲南加古川病院行
加古川サティ前・県立加古川医療センター経由、甲南加古川病院行
水足経由、母里行
水足経由、上新田北口行
水足経由、加古川営業所行
2番乗場
市役所経由、安田東行
市役所経由、北在家行
3番乗場
市役所・長砂経由、東加古川駅行(かこバス)
水道局前・鶴林寺経由、別府行(かこバス)
水道局前・鶴林寺・別府経由、海洋文化センター行(かこバス)
市役所・稲屋・尾上の松駅経由、尾上公民館行(かこバス)
4番乗場
加古川西団地方面加古川駅行[循環]
備後・大崎経由、高砂行
備後・大崎経由、播磨町駅
5番乗場
都台行
細工所北口行
東神吉小学校行
東神吉小学校前経由ウェルネスパーク行
平津・加古川市民病院・宝殿駅北口経由、西牧行
平津・加古川市民病院・宝殿駅北口・加古川運動公園経由、西牧行
平津・宝殿駅経由、鹿島神社
北口
中津経由、新神野行
中津経由、加古川営業所行
中津経由、県立加古川医療センター行
中津・県立加古川医療センター・甲南加古川病院経由、神野駅行
東京(渋谷新宿行き)(プリンセスロード号[5]
関西国際空港行(リムジンバス)(神姫バス、関西空港交通南海バスが運行)
神戸三田プレミアム・アウトレット行(神姫バス)
神戸三田プレミアム・アウトレット経由、関西記念墓園行(神姫バス) ※不定期運行
神戸製鋼所加古川製鉄所通勤バス(一般客乗車不可)

その他[編集]

深夜特急バス「はくろムーンライト号」(毎週 木・金曜日のみの運行) [6]
  • 下り:JR大阪駅前 - 三宮東急イン前 - 明石国道2号線沿い・旧ダイエー前 - 西明石駅前東加古川駅前加古川駅前 - JR姫路駅OS前
    • 以前運行していた大阪線・神戸線の運行を見直しての運行再開。

※ 加古川駅前は、下りのみ通過と毎週(木・金)のみ運行。

利用状況[編集]

2013年度の1日あたりの平均利用者数(乗車人員)は22,669人である。これはJR西日本の駅では第43位である[7]

「加古川市統計書」(加古川市総務部総務課・編)及び「兵庫県統計書」によると、年間乗車人数及び1日あたり乗車人員は以下の通りである。

年度 年間
乗車人数
左記の内
定期利用者
一日平均
乗車人員
1998年 8,169千 5,503千 22,380
1999年 7,964千 5,358千 21,760
2000年 7,747千 5,213千 21,223
2001年 7,605千 5,149千 20,835
2002年 7,502千 5,132千 20,555
2003年 7,609千 5,196千 20,789
2004年 7,614千 5,215千 20,861
2005年 7,675千 5,241千 21,026
2006年 7,876千 5,386千 21,579
2007年 7,950千 5,430千 21,721
2008年 7,999千 5,488千 21,915
2009年 7,919千 5,531千 21,697
2010年 7,961千 5,569千 21,810
2011年 8,033千 5,613千 21,949
2012年 22,174
2013年 22,669

歴史[編集]

改札口正面にあるビエラ加古川入口
  • 2005年(平成17年)
    • 3月1日 - 連続立体交差事業がすべて完成、4番のりばの使用開始。
    • 3月27日 - 商業施設「ビエラ加古川」がオープン。駅レンタカー営業開始[8]
    • 11月7日 - かにシーズンに限り、特急「はまかぜ」1往復が停車するようになる[9]
  • 2008年(平成20年)3月20日 - 駅北西に、JR加古川駅西NKビルがオープン。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
  A   JR神戸線(山陽本線)
新快速
西明石駅 - 加古川駅 - 姫路駅
普通(西明石駅以東は快速となる列車を含む)
東加古川駅 - 加古川駅 - 宝殿駅
  • 運行区間の全駅に停車する普通列車(7両編成)は当駅発着で、東加古川駅方面のみの運転。
  I   加古川線
加古川駅 - 日岡駅

かつて存在した路線[編集]

日本国有鉄道
高砂線
加古川駅 - 野口駅

駅弁[編集]

加古川駅独自の駅弁はないが、姫路駅同様にまねき食品えきそば店があり、弁当も売っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『停車場変遷大事典 国鉄・JR編』JTB 1998年
  2. ^ a b 東播都市計画都市高速鉄道、JR山陽本線等(加古川駅付近)連続立体交差事業、兵庫県・加古川市・西日本旅客鉄道(株)加古川駅高架工事パンフレットより
  3. ^ a b c 「第19回全国街路事業コンクール」の結果について (PDF) 都市と交通 通巻70号、日本交通計画協会
  4. ^ 1991年3月15日までは日中時間帯にも運行されており、1997年8月31日までは1日2本のみであった。こちらも普通と案内する。
  5. ^ [1]、プリンセスロード号案内
  6. ^ [2]、はくろバス案内
  7. ^ JR西日本[ http://www.westjr.co.jp/railroad/digest/#ridership 上位50駅の乗車人員(平成25年度1日平均)]
  8. ^ JR時刻表 2005年3月号
  9. ^ カニ列車で行こう(平成17年10月27日)加古川市

関連項目[編集]

外部リンク[編集]