小山作之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小山作之助

小山 作之助(こやま さくのすけ、文久3年12月11日1864年1月19日) - 昭和2年(1927年6月27日)は、日本の教育者作曲家日本教育音楽協会初代会長。

略歴[編集]

文久3年12月11日(1864年1月19日)新潟県中頸城郡大潟町(現在の上越市大潟区)潟町に生まれる。16歳で小学校を卒業した後、石油事業をしていた父の仕事を手伝うため高田町(のちの高田市、現在の上越市)へ移り住み、夜は漢学塾に通う生活をしていた。

1880年(明治13年)家人に無断で上京、大学予備門を経て築地大学(現在の明治学院大学)へ入学する。英語数学を学び1883年(明治16年)2月、文部省音楽取調所に入学し、伊沢修二に師事。小山は「品行方正学術優等」とされたため卒業まで一ヶ月六円の手当てを支給された。1887年(明治20年)、音楽取調所はのちに東京音楽学校(現在の東京芸術大学)に改組され、小山は首席で卒業した後も、校長となった伊沢に引き続き研究生として師事し、教授補助として教壇に立った。小山は学生の指導、音楽の研究や作曲に非常に熱心で、教え子にはのちに作曲家となる滝廉太郎らもおり、才能を見出した小山が滝にドイツ留学を勧めたとも伝えられる。1897年(明治30年)には教授となったが6年後、1903年(明治36年)に同校を退職した。退職後はかつての教え子の面倒を見ていたほか、47歳の時には文部省唱歌の編纂委員となり、作曲や他の委員の指導などにあたった。1904年(明治37年)には山葉楽器(現在のヤマハ)の顧問となる。また多数の音楽学校の創設、運営にも関わるなど多方面で活躍した。

しかし1927年(昭和2年)6月、東京の自宅で執筆中に倒れ、狭心症のため死去する(享年65)。

「日本音楽教育の母」とも謳われる小山の作曲は唱歌、童謡軍歌校歌など非常に多岐に亘り、総作曲数は1000曲を越えるといわれる。また唱歌は当時の国策下で「作者不詳」として発表されたものが多く、小山が生涯実際に作曲した正確な曲数は未だ不明である。

エピソード[編集]

  • 郷里の上越市大潟区では、小山の生前の功績を称える活動が続けられている。母校の後身にあたる上越市立大潟町中学校には小山の胸像と『夏は来ぬ』の歌碑が建立されているのをはじめ、『夏は来ぬ』の唄い出しにある卯の花(ウツギ)は旧大潟町の花に制定されていた。市の大潟区総合事務所管内では毎年7月から9月にかけての3か月間、防災行政無線の午後5時の時報として『夏は来ぬ』が演奏されている。また2003年(平成15年)からは毎年7月に、市が主催する「卯の花音楽祭」が開催されている。
  • 2015年(平成27年)3月14日に開業する北陸新幹線上越妙高駅では、新幹線ホームの発車メロディとして『夏は来ぬ』が採用される。

主な作品[編集]

  • 漁業の歌(作詞:小池友七
  • 敵は幾万(作詞:山田美妙斎
  • 夏は来ぬ(作詞:佐佐木信綱
  • 日本海軍(作詞:大和田建樹
  • 春の心(作詞:佐佐木信綱
  • 教育勅語唱歌 (作歌・武島又次郎) 明治33年
  • 海事教育 航海唱歌 下巻 (作歌・大和田建樹) 明治33年
  • 地理教育 東京唱歌 (作歌・武島又次郎) 明治33年
  • 菅公の歌 (作歌:中邨秋香) 明治34年
  • 日本文典唱歌 (作歌・大和田建樹) 明治34年
  • 春夏秋冬 花鳥唱歌 (本元子名) (作歌・大和田建樹) 明治34年
  • 国民教育 忠勇唱歌1 楠公父子 (本元子名) (作歌・大和田建樹) 明治34年
  • 東京府民 公徳唱歌 (作歌:大和田建樹) 明治35年
  • 満州・西比利亜 地理唱歌 (本元子名) (作歌・高須治輔) 明治37年
  • 舷舷相摩 (作歌・中邨秋香) 明治37年 「戦捷軍歌」収録
  • 国民唱歌 日本海軍 (作歌・大和田建樹) 明治37年
  • 地理歴史教育 東京名所唱歌 (作歌・大和田建樹) 明治40年

関連項目[編集]

出典[編集]