小山作之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
小山作之助

小山 作之助(こやま さくのすけ、文久3年12月11日1864年1月19日) - 昭和2年(1927年6月27日)は、日本の教育者作曲家日本教育音楽協会会長(初代)。

略歴[編集]

文久3年12月11日(1864年1月19日)新潟県中頸城郡大潟町(現在の上越市)に生まれる。小学校を卒業した後は石油事業をしていた父の仕事を手伝い夜は高田の塾に通う生活をしていた。

1880年(明治13年)家人に無断で上京、築地大学へ入学する。英語数学を学び1883年(明治16年)2月、文部省音楽取調所に入学する。小山は「品行方正学術優等」とされたため卒業まで一ヶ月六円の手当てを支給された。1887年(明治20年)、音楽取調所は東京音楽学校と改名され小山は卒業後も研究生として残り教授補助となった。小山は学生の指導、音楽の研究や作曲に非常に熱心であったという。1897年(明治30年)には教授となったが6年後、1903年(明治36年)に同校を退職した。退職後はかつての教え子の面倒を見たり文部省唱歌の作曲をするなどしていた。1904年(明治37年)には山葉楽器の顧問となる。また多数の音楽学校の創設、運営にも関わるなど多方面で活躍した。

しかし、1927年(昭和2年)6月、東京で狭心症のため死去する(享年65)。小山の作曲は唱歌、童謡軍歌校歌など非常に多岐に亘りまた「作曲者不詳」として発表したものもあるため小山がその生涯の中で作曲した曲が何曲ほど在るのかは不明である。

エピソード[編集]

  • 滝廉太郎の才能を早いうちに見出した人間であるとされる。

主な作品[編集]

  • 漁業の歌(作詞:小池友七
  • 敵は幾万(作詞:山田美妙斎
  • 夏は来ぬ(作詞:佐佐木信綱
  • 日本海軍(作詞:大和田建樹
  • 春の心(作詞:佐佐木信綱
  • 教育勅語唱歌 (作歌・武島又次郎) 明治33年
  • 海事教育 航海唱歌 下巻 (作歌・大和田建樹) 明治33年
  • 地理教育 東京唱歌 (作歌・武島又次郎) 明治33年
  • 菅公の歌 (作歌:中邨秋香) 明治34年
  • 日本文典唱歌 (作歌・大和田建樹) 明治34年
  • 春夏秋冬 花鳥唱歌 (本元子名) (作歌・大和田建樹) 明治34年
  • 国民教育 忠勇唱歌1 楠公父子 (本元子名) (作歌・大和田建樹) 明治34年
  • 東京府民 公徳唱歌 (作歌:大和田建樹) 明治35年
  • 満州・西比利亜 地理唱歌 (本元子名) (作歌・高須治輔) 明治37年
  • 舷舷相摩 (作歌・中邨秋香) 明治37年 「戦捷軍歌」収録
  • 国民唱歌 日本海軍 (作歌・大和田建樹) 明治37年
  • 地理歴史教育 東京名所唱歌 (作歌・大和田建樹) 明治40年

関連項目[編集]

出典[編集]