銀座カンカン娘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
銀座カンカン娘
左がお春役の笠置シヅ子、右がお秋役の高峰秀子
監督 島耕二
脚本 中田晴康、山本嘉次郎
製作 青柳信雄
出演者 高峰秀子笠置シヅ子灰田勝彦
音楽 服部良一
撮影 三村明
配給 東宝
公開 1949年8月16日
上映時間 69分
製作国 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

銀座カンカン娘』(ぎんざカンカンむすめ)は、東宝が配給、新東宝が製作した日本の映画のタイトルであり、その映画の主題歌である。映画は1949年8月16日に公開された。

あらすじ[編集]

落語家の新笑は、現在は引退し妻のおだいと子供たちと、ささやかな生活を送っていた。しかし、その一家のもとへ居候として入ってきたのが新笑が昔世話になった恩人の娘のお秋と、お秋の親友のお春だった。

明朗快活な性格の2人だが、朝から歌を唄いおだいは次第にイライラしていく。新笑の甥の武助は、会社の合唱隊を組織して歌に精進し、お春は声楽家、お秋は画家と3人とも芸術家になるべく意欲を燃やしていた。

しかし、現実は厳しく文無しの娘たちは絵の具もピアノも買う事が出来ずにいた。だからといって、いつまでもブラブラ遊んでいる訳にもいかない。そんな中、お秋が職を探しに出かけようとすると、おだいに飼っていた犬のポチを捨ててきてくれと頼まれる。ポチを連れたお秋が捨て場をウロウロしているととある映画会社のロケ隊に出会い、しかもなんとその撮影にポチと一緒に出て欲しいという話になり、一日だけエキストラとしてカメラの前に立つこととなった。

撮影は進行するが、女優の山田が池に放り込まれる事となった。というのも山田がお秋をエキストラに使う事に承知しなかったのだ。そこで代役を立てる事となり、お秋は早速お春を呼び代行させた。

二人は出演料として1000円という大金を手にし、しかもそのエキストラの撮影で知り合った白井哲夫の世話でバーで歌う事となり、歌手の道を歩んでいく。

キャスト[編集]

「カンカン」の意味[編集]

「カンカン」とは山本嘉次郎の造語であり、当時の売春婦の別称「パンパンガール」に対して「カンカンに怒っている」という意味が込められている。これは1947年に発売された『星の流れに』と同じ意味合いであり、戦後の暗い世相を嘆いた山本の心の叫びであった(CD集「懐古・昭和歌謡」曲目解説書(解説:森島みちお)より)。

高峰秀子が「カンカン娘ってどういう意味なんですか?」と作曲の服部と作詞の佐伯に尋ねたところ、二人とも知らなかったという逸話がある[要出典]

主題歌[編集]

銀座カンカン娘
高峰秀子シングル
A面 銀座カンカン娘
B面 わが夢わが歌(灰田勝彦
リリース 1952年
規格 シングル
ジャンル 流行歌
レーベル ビクター
作詞・作曲 佐伯孝夫(作詞)
服部良一(作曲)
テンプレートを表示

銀座カンカン娘(ぎんざカンカンむすめ)は1949年4月に発売された高峰秀子のシングル。作詞:佐伯孝夫、作曲:服部良一。発売元はビクターエンタテインメント

概要[編集]

1949年(昭和24年)4月ビクターレコードから発売。レコード売上は1952年時点で42万枚(ビクター発表)[1]

4番の歌詞に商標である「カルピス」という語句(商標名)が入っていることから、NHKの放送番組では3番でフェードアウトされるケースが多い。

後年、ダディ竹千代&東京おとぼけCATS(アルバム『Dead Stock』収録)、ドリーム・ガールズ(シングル。1987年発売)、井上陽水(アルバム『UNITED COVER』収録)やスターダストレビュー(アルバム『STARS』に収録)など、多くの歌手によってカバーされた。

PE'Zも、アルバム『日本のジャズ -SAMURAI SPIRIT-』でカバーしている。

ゴスペラーズも、アルバム『服部良一 〜生誕100周年記念トリビュート・アルバム〜』でカバーしている。

桑田佳祐サザンオールスターズ)も2013年のAAAイベント『昭和八十八年度!第二回ひとり紅白歌合戦』でカバーしている。

1977年の映画「幸福の黄色いハンカチ」で、高倉健らが通りかかる町で、若い男女が子供たちの前でこの歌を歌っているシーン面がある。歌・演奏は、当時の統一劇場のメンバー。

また、2000年代に入り「銀座4丁目のXG」と言うタイトルで放映されたヒュンダイ・XG(日本仕様車)のCMにこの曲のアレンジ版が使われていた。

2012年10月31日から、東京メトロ銀座線銀座駅発車メロディとして使用されている。

収録曲[編集]

  1. 銀座カンカン娘
    作詞:佐伯孝夫、作曲・編曲:服部良一
  2. わが夢わが歌(歌:灰田勝彦
    作詞:佐伯孝夫、作曲・編曲:服部良一

映像遺産としての価値[編集]

いわゆるプログラムピクチャーである本作だが、以下のような貴重な映像が含まれている。

  • ラストで昭和の大名人である古今亭志ん生 (5代目)が元帳(替わり目)を演じており、口演映像がほとんど残っていない志ん生の高座姿を偲ばせる貴重な記録となっている。また、途中に独りで疝気の虫を稽古するシーンもある。
  • 高峰秀子の他に笠置シヅ子、岸井明、灰田勝彦らこの時代を代表するエンターティナーが劇中で主題曲を歌っており、四人四様の銀座カンカン娘を聴く事ができる。

脚注[編集]

  1. ^ 丘十四夫『歌暦五十年』全音楽譜出版社、1954年。

外部リンク[編集]