大沼公園駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
大沼公園駅
大沼公園駅舎(2011年8月)
大沼公園駅舎(2011年8月)
おおぬまこうえん - Ōnuma-Kōen
H68 大沼 (1.0km)
(3.7km) 赤井川 H66
所在地 北海道亀田郡七飯町字大沼町85番地8
駅番号 H67
所属事業者 JR logo (hokkaido).svg北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 函館本線(本線)
キロ程 28.0km(函館起点)
電報略号 ヲマ(改称前:大沼駅)
オエ(改称後:大沼公園駅)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1907年(明治40年)6月5日
備考 業務委託駅
みどりの窓口 有
大沼公園駅
おおぬまこうえん - Ōnuma-kōen
(1.5km) 大八湾
所属事業者 大沼電鉄
所属路線 大沼電鉄線
キロ程 0.0km(当駅起点)
開業年月日 1929年(昭和4年)1月5日
廃止年月日 1945年(昭和20年)6月1日
備考 不要不急線指定による廃止。

大沼公園駅(おおぬまこうえんえき)は、北海道亀田郡七飯町字大沼町にある北海道旅客鉄道(JR北海道)函館本線駒ヶ岳回り・本線)のである。駅番号H67電報略号オエ

快速アイリス」と特急「北斗」・「スーパー北斗」(下り1・15・17号、上り14・16・18号を除く)が停車し、朝には上り当駅始発が1本のみ設定されている。

歴史[編集]

1976年の大沼公園駅と周囲約1km範囲。下が函館方面。下から右へカーブして向かうのは砂原支線鹿部・森方面。 国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

駅構造[編集]

大沼公園駅ホーム(2008年8月)
改札口(2008年8月)

単式ホーム1面1線を有する地上駅。そのほかホームの無い側線を1線有する。この側線は留置線[2]であり、大沼駅発着の列車が待機している場合があるが、乗降はできない。また当駅での列車交換もできない[注 1]

のりば
1 函館本線 (上り) 函館方面
(下り) 長万部東室蘭苫小牧南千歳札幌方面

大沼駅管理(夜間連絡先は森駅)の業務委託駅ジェイ・アールはこだて開発委託、早朝夜間駅員不在)となっている。

駅舎は構内の東側(旭川方面に向かって右側)に位置し、ホーム中央部分に接している。改築されつつ以前からの形状を維持した、重厚感があるレトロな雰囲気の建物である[3]。また、トイレを有する。

駅舎にはみどりの窓口(8時30分から18時10分まで)、自動券売機、駅レンタカー営業所(5月1日から10月31日までの季節営業)、はこだて開発売店(旧キヨスク、5月から10月までの季節営業。ただし現在は無期限休業中)がある。

「紅葉が映える水郷の駅」と記載された[2][3]わたしの旅スタンプ[4]が設置されている。

駅名の由来[編集]

当駅近隣の観光地(国定公園)名より。

利用状況[編集]

  • 1981年度(昭和56年度)の1日乗降客数は208人[4]
  • 1992年度(平成4年度)の1日乗降客数は442人[2]

駅周辺[編集]

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道(JR北海道)
函館本線
特急「北斗」・「スーパー北斗」(一部)
五稜郭駅 (H74) - 大沼公園駅 (H67) - 森駅 (H62)
快速「アイリス
七飯駅 (H71) ← 大沼公園駅 (H67) ← 森駅 (H62)
普通
大沼駅 (H68) - 大沼公園駅 (H67) - 赤井川駅 (H66)

かつて存在した路線[編集]

大沼電鉄
大沼電鉄線
大沼公園駅 - 大八湾駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 道内の特急停車駅のうち、旅客乗降用のホーム及び線路が一本しかない駅は、当駅と稚内駅宗谷本線の終着駅)のみである。

出典[編集]

  1. ^ “連結子会社2社の合併に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 北海道旅客鉄道, (2014年2月28日), https://www.jrhokkaido.co.jp/press/2014/140228-2.pdf 2014年3月1日閲覧。 
  2. ^ a b c 書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館1993年6月発行)40ページより。
  3. ^ a b 書籍『北海道鉄道駅大図鑑』(著:本久公洋、北海道新聞社2008年8月発行)15ページより。
  4. ^ a b c d e 書籍『国鉄全線各駅停車1 北海道690駅』(小学館1983年7月発行)25ページより。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]