朧月夜 (歌曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

『朧月夜』(おぼろづきよ)は童謡唱歌文部省唱歌。作詞高野辰之、作曲岡野貞一

歌詞[編集]

  1. 菜の花畠に、入日薄れ、
    見わたす山の端(は)、霞ふかし。
    春風そよふく、空を見れば、
    夕月かかりて、にほひ淡し。
  2. 里わの火影(ほかげ)も、森の色も、
    田中の小路をたどる人も、
    蛙(かはづ)のなくねも、かねの音も、
    さながら霞める朧月夜。

楽曲解説[編集]

1914年大正3年)『尋常小学唱歌 第六学年用』に初出。検定教科書が用いられるようになった1948年昭和23年)から小学校6年生の音楽教科書において採用され、平成以降も取り上げられている[1]

詩は1番2番とも脚韻を踏み、各行4+4+3+3音で構成されている。特に2番の「も」音の繰り返しが音楽的である。初めの2行に視覚的描写を置き、第3行で体性感覚聴覚に言及し、最後の1行で締める起承転結の一種ともなっている。岡野はこれに弱起で始まる3拍子のリズムをあてはめている。

高野は長野県豊田村(現在の中野市)に生まれ、隣の飯山市で小学校の教師をやっていた時期があった。その時に飯山市で見た菜の花畑が印象に残り、この歌を作るきっかけになったと言われている[要出典]。しかし、岡野が作曲し、高野が作詞したとする説には、学術的には疑問点も多い。(詳しくは岡野貞一を参照。)

ポップスの歌手では、1986年には矢野顕子がビデオ『BROOCH』で、1998年には槇原敬之カバー・アルバム『Listen To The Music』で、2004年には元の詩にさらに詩を加える形で、中島美嘉マライア・キャリーが録音を発表した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「大人のための教科書の歌」 70頁。

参考文献[編集]