われは海の子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みんなのうた
われは海の子
歌手 ひばりヶ丘少年少女合唱団
作詞者 文部省唱歌
作曲者 同上
編曲者 溝上日出夫
映像 実写
初放送月 1968年8月9月
再放送月 なし
テンプレートを表示

われは海の子」(われはうみのこ)は、文部省唱歌のひとつ。2007年(平成19年)に日本の歌百選に選出されている。

初出である1910年発行の文部省尋常小学読本唱歌』におけるオリジナルの曲名は「われは海の子」(p.3:目次)、または「我は海の子」(p.64-67:本文 )となっている。作詞者・作曲者ともに不詳。ただし宮原晃一郎(本名、宮原知久)(1882年 - 1945年)の娘と芳賀矢一1867年 - 1927年)の義理の娘は、それぞれ自分の父あるいは義父が作詞者だと信ずると述べた。また宮原の原作を芳賀が改作したとする説もある[1]

歌詞[編集]

『尋常小学読本唱歌』所収の歌詞は以下のとおり。

一、
我は海の子白浪の
さわぐいそべの松原に
煙たなびくとまやこそ
我がなつかしき住家なれ。

二、

生まれてしほに浴して
浪を子守の歌と聞き
千里寄せくる海の氣を
吸ひてわらべとなりにけり。

三、

高く鼻つくいその香に
不斷の花のかをりあり。
なぎさの松に吹く風を
いみじき樂と我は聞く。

四、

丈餘のろかい操りて
行手定めぬ浪まくら
百尋千尋海の底
遊びなれたる庭廣し。

五、

幾年こゝにきたへたる
鐵より堅きかひなあり。
吹く鹽風に黑みたる
はだは赤銅さながらに。

六、

浪にたゞよふ氷山も
來らば來れ恐れんや。
海まき上ぐるたつまきも
起らば起れ驚かじ。

七、

いで大船を乘出して
我は拾はん海の富。
いで軍艦に乘組みて
我は護らん海の國。 

『尋常小学読本唱歌』(1910年)より[編集]

歌詞の変遷[編集]

1910年(明治43年)に『尋常小学読本唱歌』に発表された。敗戦後7番の歌詞は国防思想や軍艦が登場するという理由でGHQの指示により教科書から削られた。1947年以降、小学校では3番まで教えられている。2007年(平成19年)に「日本の歌百選」に選ばれた。

作詞者[編集]

永年作詞者は不詳とされていたが、1989年5月に宮原晃一郎の一人娘の典子が、この歌詞は宮原が小樽新聞記者当時の1908年文部省新体詩懸賞に応募し、佳作当選した「海の子」という詩が元になったと主張した[2]。この主張に基づき、歌詞のモチーフとなった海は宮原が生れ育った鹿児島県の鹿児島湾(錦江湾)だとして、湾に面する鹿児島市祇園之州町の「祇園之州公園」に歌碑が建てられた。しかし実際には宮原が作詞者であるという直接的な証拠が示されたことはなく、錦江湾がモチーフになったという根拠は全くない。一方、芳賀の義理の娘は、芳賀が育ったのも福井の海の近くだったことから、そこがモチーフになっている可能性もあるのではないかと述べた。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 読売新聞文化部『唱歌・童謡ものがたり』岩波書店、1999年、123-124頁。ISBN 4000233408
  2. ^ 『唱歌・童謡ものがたり』123頁。