COBALT HOUR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
COBALT HOUR
荒井由実スタジオ・アルバム
リリース 1975年6月20日
録音 1975年3月1日4月25日
ジャンル J-POP
時間 36分26秒
レーベル EXPRESS
プロデュース 村井邦彦
川添象郎
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1976年度年間5位(オリコン)
荒井由実 年表
MISSLIM
1974年
COBALT HOUR
1975年
YUMING BRAND
1976年
COBALT HOUR 収録の シングル
  1. ルージュの伝言
    リリース:1975年2月20日
テンプレートを表示

COBALT HOUR』(コバルト・アワー)は、荒井由実(ユーミン)の3枚目のオリジナルアルバム。オリジナルは1975年6月20日東芝EMIからリリースされた(LP:ETP-72071、CT:ZA-1555・ZT25-325)。一時期、音源の原盤権の都合でアルファレコードより発売された事もある(CD:35XA-7・32XA-123・34A2-30・ALCA-465・ALCA-9031・ALCA-5243、LP:ALR-4004、CT:ALC-504)。2000年4月26日LPのブックレットを復刻し、バーニー・グランドマンによるデジタルリマスタリングで音質を大幅に向上したリマスタリングCD(TOCT-10713)をリリース。2005年3月10日よりPC配信された。

解説 [編集]

  • ジャケットのイラストはペーター佐藤によるもの。ジャケットには「YUMING 」と書いてあるが、明らかに「G」はあとで付け足したと思われる。

収録曲[編集]

Side A[編集]

  1. COBALT HOUR
    歌詞に出てくる「ベレG」はいすゞ自動車の乗用車、ベレットGTのことである。首都高速1号横羽線を通って湘南横須賀を通るルート。歌詞にも「Shonan」も出てくる。
    カバー:NOKKO(1999年)、クレイジーケンバンド(2002年)、高野千恵(2009年)
  2. 卒業写真
    ハイ・ファイ・セットがシングルでリリースし、大ヒットした。卒業シーズンの定番曲だが、実際には卒業した後のことを歌った曲である。
    カバー:(楽曲参照)
  3. 花紀行
    金沢浅野川をイメージした曲。
    カバー:平川地一丁目村上ゆき(2006年)
  4. 何もきかないで
    5枚目のシングル「ルージュの伝言」B面。
    カバー:岡崎友紀(1975年)、小野リサ(2013年)
  5. ルージュの伝言
    5枚目のシングル。1989年宮崎駿監督のアニメ映画『魔女の宅急便』にも使用された。元々はシングルではB面になる予定だったが、松任谷正隆の提案でA面として発売された。また、本人曰く、作詞は30分で完成したという。1991年TBS系の同名のドラマシリーズにてドラマ化された(第18話、主演は賀来千香子)。
    カバー:岡崎友紀(1975年)、手塚さとみ(1976年)、川島なお美(1982年)、つじあやの(2008年)、柴咲コウ(2011年)

Side B[編集]

  1. 航海日誌
    歌詞は航海日誌ではなく「後悔日誌」となっている。また本人いわく、死生観みたいなものを曲に込めているとのこと。
    カバー:ティン・パン・アレー(1977年)
  2. CHINESE SOUP
    軽快な外見とは裏腹に中身はユーミン曰く、「女の持っている無意識な残酷性とか、ぬるい頽廃みたいなものが書きたかった」との事。そのせいか新井素子の小説『ひとめあなたに…』(「世田谷 由利子――あなたの為にチャイニーズスープ」が該当、双葉社刊)の調理シーン(カニバリズムを示唆)に登場人物の鼻歌で使用されている。メロディは京王線に乗っている時に思いついたものでユーミン曰く「電車のリアズム」との事。2007年フジテレビ系「ママが料理をつくる理由」挿入歌。1991年TBS系『ルージュの伝言』にてドラマ化された(最終話、主演は宮崎萬純)。
    カバー:吉田美奈子(1975年)、桃井かおり(1994年)、原田知世(2002年)、手嶌葵(2008年)
  3. 少しだけ片想い
    コーラス・アレンジは山下達郎、女声は吉田美奈子。後に6枚目のシングル『あの日にかえりたい』のB面へシングルカットされた。
    カバー:岡崎友紀(1975年)、三木聖子(1976年)
  4. 雨のステイション
    「ステイション」はJR青梅線西立川駅を歌っていて、西立川にはこの歌の記念碑も建てられ、2006年には駅の発車メロディにも採用された。本人いわく、この歌での雨は、どちらかというとシトシトした雨のイメージらしい。
    カバー:ハイ・ファイ・セット(1977年)、heaco(2000年)
  5. アフリカへ行きたい
    のちにユーミンはパリ・ダカールラリーを観戦した。ラストの飛行機のSEは1曲目の『COBALT HOUR』の冒頭に繋がる。


  • 作詞・作曲 : 荒井由実 編曲 : 松任谷正隆

参加ミュージシャン[編集]

  • エレクトリック・ベース:細野晴臣
  • エレクトリック・ギター、アコースティックギター:鈴木茂
  • ドラム:林立夫
  • アコースティック・ピアノ、フェンダー・ローズ・ピアノ、クラヴィネット、モーグ・シンセサイザー、ハモンドオルガン:松任谷正隆
  • パーカッション:斉藤ノブオ
  • ハーモニカ:松田幸一
  • フィドル:松任谷愛介
  • バリトン・サックス:原田忠幸
  • トランペット:福島てるよし、篠原国俊
  • トロンボーン:新井英治& his fellows
  • ストリングス:玉野嘉久& his fellows
  • フルート:山田やすひろ、早樫じゅんじ、相馬充
  • ハープ:今道美樹子
  • コーラス:ハイ・ファイ・セット吉田美奈子大貫妙子山下達郎伊集加代子

外部リンク[編集]