油日駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
油日駅
駅舎
駅舎
あぶらひ - Aburahi
柘植* (5.3km)
(2.1km) 甲賀
所在地 滋賀県甲賀市甲賀町上野1453
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 草津線
キロ程 5.3km(柘植起点)
電報略号 アフ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
307人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1959年昭和34年)12月15日
備考 簡易委託駅(出札は券売機のみ)
* この間に大阪支社京都支社境界標あり(当駅から甲賀寄りは京都支社管内)
ホーム

油日駅(あぶらひえき)は、滋賀県甲賀市甲賀町上野にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)草津線である。

概要[編集]

滋賀県最南端の駅である[1]。なお草津線には三重県と滋賀県の県境付近に支社境があり、当駅から草津寄りの各駅は京都支社の管轄となっている。起点の柘植駅を含んだ三重県内の約1.4kmの区間は近畿統括本部亀山鉄道部の管轄となっている(柘植駅の所属線区が関西本線であることも理由)。

駅構造[編集]

草津方面に向かって左側に単式ホーム1面1線を持つ地上駅停留所)。棒線構造のため、柘植行きと草津方面行きの双方が同一ホームに発着する。駅舎は忍者屋敷がモチーフ。

草津駅管理の簡易委託駅であるが、出札窓口の営業は行われておらず、乗車券は自動券売機でのみの購入となっている(同様の方式は北陸本線河毛駅でもみられる)。 列車接近時には「春が来た」をアレンジした接近メロディが接近表示機から流れる。

利用状況[編集]

「滋賀県統計書」によると、一日平均の乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1992年 354[2]
1993年 341[3]
1994年 356[4]
1995年 349[5]
1996年 337[6]
1997年 364[7]
1998年 360[8]
1999年 377[9]
2000年 374[10]
2001年 340[11]
2002年 335[12]
2003年 331[13]
2004年 349[14]
2005年 350[15]
2006年 352[16]
2007年 359[17]
2008年 355[18]
2009年 329[19]
2010年 317[20]
2011年 311[21]
2012年 307[22]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
油日駅   油日線 高嶺・五反田陸橋・長野 青野 甲賀市コミュニティバス 平日運転
  油日線 市河原・滝公民館 甲賀駅北口 甲賀市コミュニティバス 平日運転
油日駅口   油日線 五反田陸橋 青野 甲賀市コミュニティバス 平日1本
  油日線 南田緒野 甲賀駅北口 甲賀市コミュニティバス 平日1本

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
草津線
柘植駅 - 油日駅 - 甲賀駅

脚注[編集]

  1. ^ 滋賀県最北端の駅は近江塩津駅、最東端の駅は柏原駅、最西端の駅は追分駅である。
  2. ^ 平成4年滋賀県統計書
  3. ^ 平成5年滋賀県統計書
  4. ^ 平成6年滋賀県統計書
  5. ^ 平成7年滋賀県統計書
  6. ^ 平成8年滋賀県統計書
  7. ^ 平成9年滋賀県統計書
  8. ^ 平成10年滋賀県統計書
  9. ^ 平成11年滋賀県統計書
  10. ^ 平成12年滋賀県統計書
  11. ^ 平成13年滋賀県統計書
  12. ^ 平成14年滋賀県統計書
  13. ^ 平成15年滋賀県統計書
  14. ^ 平成16年滋賀県統計書
  15. ^ 平成17年滋賀県統計書
  16. ^ 平成18年滋賀県統計書
  17. ^ 平成19年滋賀県統計書
  18. ^ 平成20年滋賀県統計書
  19. ^ 平成21年滋賀県統計書
  20. ^ 平成22年滋賀県統計書
  21. ^ 平成23年滋賀県統計書
  22. ^ 平成24年滋賀県統計書
  23. ^ 天王寺鉄道管理局三十年写真史P227 年表

関連項目[編集]

外部リンク[編集]