手原駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
手原駅
駅舎
駅舎
てはら - Tehara
石部 (5.1km)
(4.0km) 草津
所在地 滋賀県栗東市手原三丁目1-30
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 草津線
キロ程 32.7km(柘植起点)
電報略号 テハ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
2,943人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1922年大正11年)11月5日
備考 業務委託駅
POS端末設置
駅舎
改札口(改札機更新後)
貴生川側より望む
草津側より望む

手原駅(てはらえき)は、滋賀県栗東市手原三丁目にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)草津線である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持ち、列車交換が可能な地上駅。駅舎は旧東海道沿いの入り母屋造りをイメージした三角屋根の橋上駅舎である。橋上駅舎化された際に、ホーム2面ともにエレベーターを設置。このうち、草津方面行きホームのエレベーターは、外部(駅前ロータリー⇔コンコース)との共用となっている。ホーム間は跨線橋で行なう。

草津駅が管理し、ジェイアール西日本交通サービスが駅業務を受託する業務委託駅である。窓口での発券はPOS端末によって行われるが、早朝・深夜は無人となる。ICOCA利用可能駅(相互利用可能ICカードはICOCAの項を参照)。

手原駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
1 草津線 上り 貴生川柘植方面
2 草津線 下り 草津京都方面

利用状況[編集]

「滋賀県統計書」によると、一日平均の乗車人員は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1992年 1,853[1]
1993年 1,965[2]
1994年 2,058[3]
1995年 2,149[4]
1996年 2,177[5]
1997年 2,193[6]
1998年 2,219[7]
1999年 2,245[8]
2000年 2,238[9]
2001年 2,257[10]
2002年 2,196[11]
2003年 2,218[12]
2004年 2,266[13]
2005年 2,337[14]
2006年 2,416[15]
2007年 2,504[16]
2008年 2,571[17]
2009年 2,499[18]
2010年 2,629[19]
2011年 2,817[20]
2012年 2,943[21]

駅周辺[編集]

バス路線[編集]

乗り場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
手原駅   済生会病院線 栗東市役所・済生会病院・コミュニティセンター葉山 守山駅東口 近江鉄道 平日朝1本
  16 済生会病院・下鈎 栗東駅東口 帝産湖南交通
16 東宝ランド・北の山・西住宅 コミュニティセンタ-金勝 帝産湖南交通
  草津駅・手原線 栗東工業団地前・栗東駅東口・湖南平団地 草津駅 くりちゃんバス 土休日運休
葉山循環線
治田循環線
  済生会病院前 くりちゃんバス 土休日運休
葉山循環線 葉山東小学校前・今土公民館前・コミュニティセンター葉山 済生会病院前 くりちゃんバス 土休日運休
草津駅・手原線 市役所前 なごやかセンタ- くりちゃんバス 土休日運休
治田循環線 市役所前・なごやかセンタ-・リバティヒル下戸山・栗東運動公園・手原駅 済生会病院前 くりちゃんバス 土休日運休
市役所前・栗東運動公園・リバティヒル下戸山・なごやかセンタ-・手原駅 済生会病院前 土休日運休
手原駅口   草津伊勢落線 済生会病院・治田 草津駅 滋賀交通 昼運転
治田 草津駅 朝夕運転
  草津伊勢落線 葉山・伊勢落 石部駅 滋賀交通

歴史[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
草津線
石部駅 - 手原駅 - 草津駅

※沿線自治体の間では、当駅と草津駅の間に新駅を建設する構想があるが、同駅と接続する東海道新幹線南びわ湖駅の建設が中止されたため、実現性は低い。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]