武庫川団地前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
武庫川団地前駅
駅舎
駅舎
むこがわだんちまえ
- Mukogawadanchi-Mae -
◄HS-52 洲先 (0.6km)
所在地 兵庫県西宮市上田東町
駅番号 HS-51
所属事業者 阪神電気鉄道
所属路線 武庫川線
キロ程 1.7km(武庫川起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線(実質は1面1線)
開業年月日 1984年昭和59年)4月3日
備考 無人駅

武庫川
団地前駅
配線図

洲先駅

STR
STRrg ABZrf
eSTR+BSr STR+BSl
eENDEe+BSer ENDEe+BSel BUILDING

武庫川団地前駅(むこがわだんちまええき)は、兵庫県西宮市上田東町にある阪神電気鉄道武庫川線である。同線の終着駅

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を持つ地上駅だが、使用されていない西側のホームは施錠されていて、立ち入ることができず、当該線路の場内出発信号機も設置されていない。このため、実際は改札口のある東側ホームのみの片面1面1線しか使用されていない。

自動券売機自動改札機自動精算機を備えているが、基本的に終日無人駅である。

発着する電車はすべて武庫川行きである。

のりば
ホーム 路線 行先
東側 武庫川線 武庫川方面
西側 武庫川線 未使用

駅周辺[編集]

武庫川団地鳴尾浜流通団地)の最寄り駅である。

以下の施設は当駅から距離があり、徒歩で約15分程度。甲子園駅からの路線バスでもアクセスできる。

バス路線[編集]

阪神バス
駅から徒歩1分未満の位置に「武庫川団地駅前」停留所がある(停留所名は「武庫川団地前駅」でも「武庫川団地前駅前」でもない)。高須東線の末端部ループの一方通行区間内で、しかも武庫川団地および高須東エリア内を過ぎた位置であり、バスはすべて阪神甲子園方面へ向かうため、武庫川線から乗り換える意味はあまりない。同じ目的地へアクセスするのであれば、阪神甲子園からバスに乗車する方が本数も多く利便性が高い。
高須東線 阪神甲子園・JR甲子園口方面行き(曜日・時間により経由地に相違あり)

歴史[編集]

付記[編集]

  • 1943年(昭和18年)11月21日に武庫川駅 - 洲先駅間が開業した際の洲先駅がほぼこの武庫川団地前駅の位置に相当する。洲先駅は1948年の運転再開時に現在に近い位置に移転したが、旧ホーム跡は長らく残されていた。
  • 開業後ほどなくして未成線であった今津出屋敷線と結ぶべく、洲先駅先より尼崎市内に位置する前大浜までの間が戦時中に建設され、旧ホーム跡より武庫川土手を上る築堤や、武庫川に架橋するための橋脚が設置されたがすぐに終戦を迎え、建設目的を逸したため建設は中断。築堤と橋脚は長らく放置されたが、築堤は後述する武庫川車両工業の工場建設のために、橋脚は1990年前後まで残されていた。
  • 昭和30年代には、隣接して武庫川車両工業の工場が立地するようになった。同工場は阪神の電車を製造していて、新車は同工場から武庫川線経由で阪神本線に搬入されていた。のちに同工場が市内の鳴尾浜に移転したため、旧ホーム跡を含む留置線は撤去され、更地となっていた。
  • ようやく、1984年に旧線路敷を復活する形で武庫川団地前駅まで延伸することになったが、それまで旧線路敷には三線軌条が工場跡の更地(旧洲先駅ホーム跡)まで残されていた。

隣の駅[編集]

阪神電気鉄道
武庫川線
洲先駅 (HS-52) - 武庫川団地前駅 (HS-51)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]