泊駅 (富山県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
泊駅
駅舎
駅舎
とまり - Tomari
入善 (5.2km)
(4.7km) 越中宮崎
富山県下新川郡朝日町平柳字阿原631
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 北陸本線
キロ程 285.2km(米原起点)
電報略号 トマ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
737人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1910年明治43年)4月16日
備考 直営駅
みどりの窓口
プラットホーム

泊駅(とまりえき)は、富山県下新川郡朝日町平柳字阿原にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線である。

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅。駅舎は単式ホームの1番のりば側にあり、ホーム間の移動のために跨線橋がある。

富山地域鉄道部管理の直営駅で、みどりの窓口自動券売機設置駅。駅舎内には待合室と、キヨスクがある。

泊駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先 備考
1 北陸本線 下り 糸魚川直江津方面
2 北陸本線 下り 糸魚川・直江津方面 待避列車のみ
上り 富山金沢方面 待避・始発列車のみ
3 北陸本線 上り 富山・金沢方面
  • 列車運転指令上では、1番のりばが「下り本線」、2番のりばが「中線」、3番のりばが「上り本線」となっている。また、3番のりばの外側には側線が1本あり、工事用車両の留置に使用されている。
  • 1番のりばの接近警報機からは警告音のみが流れ、2・3番のりば接近警報機からは音声が繰り返し流れる。
  • 当駅には特急が一部停車するほか、「おはようエクスプレス」は当駅が始発となる。また、金沢・富山方面からの折り返し列車も設定されている。[1]

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通り[2]

  • 2004年度 : 833人
  • 2005年度 : 793人
  • 2006年度 : 779人
  • 2007年度 : 745人
  • 2008年度 : 759人
  • 2009年度 : 723人
  • 2010年度 : 731人
  • 2011年度 : 743人
  • 2012年度 : 737人

駅周辺[編集]

商店街、住宅街が広がる。

駅前からコミュニティバスの朝日町公共バスが運行されているが、本数は少ない。

歴史[編集]

日東紡績泊事業センターへ続く専用線があったが、この時までに廃止。

2015年春、北陸新幹線の金沢延伸時に当駅を含む北陸本線倶利伽羅駅 - 市振駅がJR西日本から経営分離され、あいの風とやま鉄道の運営下に置かれる予定である。

隣の駅[編集]

※当駅に停車する特急「北越」(一部のみ停車)・「おはようエクスプレス」(平日上りのみ運転、当駅始発)の隣の停車駅は、各列車記事を参照。

西日本旅客鉄道
北陸本線
入善駅 - 泊駅 - 越中宮崎駅

脚注[編集]

  1. ^ なお、2008年3月14日までは名古屋行き特急の設定があった。
  2. ^ 富山県統計年鑑による。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]