東富山駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東富山駅*
駅舎(2011年9月)
駅舎(2011年9月)
ひがしとやま - Higashi-Toyama
**富山 (6.6km)
(4.9km) 水橋
富山県富山市東富山寿町三丁目17-53
所属事業者 あいの風とやま鉄道
日本貨物鉄道(JR貨物)
所属路線 あいの風とやま鉄道線
キロ程 48.2km(倶利伽羅起点)
金沢から66.0km
米原から242.6km
電報略号 ヒト
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
1,419人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1908年明治41年)11月16日
備考 業務委託駅
* 1950年に東岩瀬駅から改称。
** この間に富山貨物駅(当駅から3.9km先)がある。

東富山駅(ひがしとやまえき)は、富山県富山市東富山寿町三丁目にある、あいの風とやま鉄道日本貨物鉄道(JR貨物)あいの風とやま鉄道線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線と島式ホーム1面2線、合計2面3線のホームを持つ地上駅である。このほか数本の側線も有している。単式の1番のりば側に駅舎があり、互いのホームは跨線橋で連絡している。

JR西日本北陸本線時代末期は、富山地域鉄道部が管理し、ジェイアール西日本金沢メンテックが駅務を受託[2]する業務委託駅であった。あいの風とやま鉄道の経営移管後も業務委託駅の形態は維持されたが[3]みどりの窓口は経営移管に合わせて営業を終了した。

かつてはキヨスクがあったがのちに閉店し、自動販売機のみが設置されている。

のりば[編集]

のりば 路線 方向 行先[4] 備考
1 あいの風とやま鉄道線 下り 魚津糸魚川方面  
2 あいの風とやま鉄道線 下り 魚津・泊・糸魚川方面 一部の列車
上り 富山金沢方面
3 あいの風とやま鉄道線 上り 富山・金沢方面  
  • 2015年3月14日時点で、2番のりばを使用する定期旅客列車は、1日につき上下1本ずつである[4]
  • 列車運転指令上では、1番のりばが「下り本線」、2番のりばが「中線」、3番のりばが「上り本線」となっている。

貨物取扱[編集]

JR貨物の駅は車扱貨物の臨時取扱駅となっているが、貨物列車の発着は無い。貨物の荷役設備は特に設けられておらず、専用線も当駅には接続していない。

かつては、不二越東富山事業所や大協石油岩谷産業の油槽所へ続く専用線があったが、1990年代までにすべて廃止された。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである[5]

年度 一日平均
乗車人員
2004年 1,477
2005年 1,492
2006年 1,470
2007年 1,439
2008年 1,402
2009年 1,328
2010年 1,340
2011年 1,354
2012年 1,419
2013年

駅周辺[編集]

工場が多く立地しているが、住宅も多い。駅勢圏人口(駅から半径2km範囲の人口)が県内では高岡駅富山駅に次いで多い26,400人である[要出典]

路線バス[編集]

駅前の広場に路線バスは乗り入れていない。なお、近隣のバス停として、駅西側の県道172号産業道路)にある「中田」バス停および、駅北側の国道415号にある「東富山駅口」バス停があり、それぞれ徒歩約5分程度である。

その他[編集]

  • 北陸新幹線の工事に伴い、富山駅にある在来線保守基地が当駅に移転する予定である。
  • 冬季にはストーブが設置される。
  • 天候が良ければ駅から立山連峰が一望できる。

隣の駅[編集]

あいの風とやま鉄道
あいの風とやま鉄道線
富山駅 - 東富山駅 - 水橋駅
※当駅と富山駅の間には、日本貨物鉄道貨物駅である富山貨物駅がある。

脚注[編集]

  1. ^ 『JR時刻表』1992年11月号・12月号
  2. ^ 営業エリア(会社案内) - ジェイアール西日本金沢メンテック(2013年11月23日閲覧)
  3. ^ あいの風とやま鉄道 利用の手引き - あいの風とやま鉄道(2015年3月16日閲覧)
  4. ^ a b 東富山駅発車時刻表 - あいの風とやま鉄道(2015年4月14日閲覧)
  5. ^ 富山県統計年鑑による。
[ヘルプ]

関連項目[編集]