奥田中学校前駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
奥田中学校前駅
奥田中学校前駅構内
奥田中学校前駅構内
おくだちゅうがっこうまえ
- Okudachugakomae -
(0.9km) 下奥井
所在地 富山県富山市永楽町32
所属事業者 富山ライトレール
所属路線 富山港線
キロ程 1.1km(富山駅北起点)
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
開業年月日 2006年(平成18年)4月29日

奥田中学校前駅(おくだちゅうがっこうまええき)は、富山県富山市永楽町にある富山ライトレール富山港線

富山ライトレールの前身のJR西日本富山港線から転換されるに当たり設置された4つの新駅のうちの1つで、廃止となった富山口駅を代替する役割を担う。当駅とかつての富山口駅とは、永楽町交差点を経由するルートで約700mの距離がある。また、新設された併用軌道区間と旧・富山港線を転用する専用軌道区間(法手続上は鉄道事業法に基づく第一種鉄道事業線の鉄道線路)の境界駅ともなっている。

駅構造[編集]

  • 相対式ホーム2面2線で、西側のホームが下り用1番線、東側が上り用2番線となっており、早朝と夜間を除いて列車の交換が行われる。駅は市道綾田北代線の北側にあり、当初の線路敷地のほか西側を拡張して用地を確保している。
1 富山港線 越中中島城川原蓮町岩瀬浜方面
2 富山港線 富山駅北方面
  • 富山駅北駅方には、南北に延びる旧富山港線と東西に延びる併用軌道区間(富山ライトレール線)との実質的な境界があり、ホームから延びる2線が西にカーブしながら市道綾田北代線の路肩に差し掛かり、カーブを終えて道路の中央に到達してから分岐器で合流する。
  • 岩瀬浜駅方は、直線の上り線に下り線が接近していく途中で越原割踏切を通過して、その先のスプリングポイントで合流する。
  • 駅の西側に変電設備があるほか、1番線の北側に0キロポストが設置されており、この地点が併用軌道区間と第一種鉄道事業線との正式な境界になる。
  • 併用軌道区間への出発信号機は、本来の上り用2番線のほか、下り用1番線にも開業当初から設置されており、併用軌道区間だけの折り返し運転も想定されている模様である。
  • 市道綾田北代線の拡幅に合わせて、当駅から八田橋までの併用軌道区間を複線化する計画が富山市より発表されており、当駅構内の下り線、および永楽町交差点と八田橋との中間には、これに備えた分岐器が当初から設置されている。なお永楽町交差点は県道30号線(通称・富岩街道)との交差点で当駅の約250m西にあり、八田橋はいたち川に架かる橋で当駅の約400m西にある。
  • 廃駅になった薬専校前停留場は当駅北側踏切を挟んだ左側にあった。

駅周辺[編集]

歴史[編集]

  • 2006年(平成18年)4月29日 - 富山ライトレール開業と同時に開設。

隣の駅[編集]

富山ライトレール
富山港線
インテック本社前停留場 - 奥田中学校前駅 - 下奥井駅

関連項目[編集]