有間川駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
有間川駅
駅舎(2013年11月)
駅舎(2013年11月)
ありまがわ - Arimagawa
名立 (4.2km)
(3.4km) 谷浜
所在地 新潟県上越市大字有間川字平浜1075
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 北陸本線
キロ程 343.8km(米原起点)
電報略号 リマ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
34人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1947年昭和22年)7月1日*
備考 無人駅
* 1946年昭和21年)9月1日に有間川仮乗降場として開業。
構内(直江津側から富山方を見る)。左に富山方面、右に直江津方面の列車が発着する。(2005年12月)

有間川駅(ありまがわえき)は、新潟県上越市大字有間川字平浜にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)北陸本線である。

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅分岐器絶対信号機を持たないため、停留所に分類される。駅舎に接するホームに直江津方面の列車が発着し、反対側のホームには富山方面の列車が発着する。跨線橋はなく2つのホームは直江津方にある構内踏切(警報機・遮断機つき)で連絡している。

駅舎は木造平屋建てである。糸魚川地域鉄道部管理の無人駅であり、駅舎内の待合所には各種窓口が塞がれ掲示板となっているほか、ほとんど何もない。また、自動券売機は設置されていない。駅構内には旅客用のトイレは設置されていないほか、周辺にも公衆便所はない。

ホームには駅舎のほかに構内踏切から直接外に出るものや富山方面ホームから直接駅舎とは反対側に出るものなど多数の出入口がある。駅舎から国道に出ると細い坂道をしばらく下らなければならないことから、これらの出入口の方が利便性は比較的高い。

ホームは北陸本線複線化のさい海岸沿いに作られた。現在の駅からは、日本海とは国道を隔てて少し離れているが、駅施設は比較的高い位置にあり、駅舎出口から望むことができる。

2012年4月1日現在、JR西日本管内の駅で最も北に位置する駅となっている(隣の谷浜駅は同社管内の駅で最も東に位置する駅となっている)[1]

有間川駅プラットホーム
ホーム 路線 方向 行先
駅舎側 北陸本線 下り 直江津方面
反対側 北陸本線 上り 富山金沢方面
  • 案内上ののりば番号は設定されていない(のりば番号標はなく、駅掲示時刻表にも番号は記載されていない)。
  • 各ホームの接近警告機からは警告音とともに、LED部分に列車到着の旨が表示される。

利用状況[編集]

1日の平均乗車人員は以下の通りである(出典:上越市統計要覧)。

  • 52人(2003年度)
  • 41人(2004年度)
  • 50人(2005年度)
  • 48人(2006年度)
  • 43人(2007年度)
  • 37人(2008年度)
  • 29人(2009年度)
  • 29人(2010年度)
  • 33人(2011年度)
  • 34人(2012年度)

駅周辺[編集]

上越市有間川にある駅で、有間川漁港も近い。直江津方面ホームのあちこちにある出入口から、坂を下って海側を走る国道8号に出ることができる。

  • 有間川漁港
  • くわどり湯ったり村(桑取温泉) - 駅から桑取川に沿って約8km上った所にある。
  • 上越市立潮陵中学校
  • 上越市立谷浜小学校
  • 国道8号

路線バス[編集]

有間川駅前バス停

  • 頸城自動車 31系統(名立線)
  • 頸城自動車 32系統(能生~名立~労災病院線)
    • 能生案内所行き/谷浜駅前・直江津駅南口経由労災病院行

歴史[編集]

1902年明治35年)に北陸線敷設の測量が始まったのち、鉄道の到来が現実のものとなりつつあった時期には、長浜(谷浜)に停車場を設けることが既に決定しているとの情報が流れた。このため、有間川住民は駅の設置を鉄道当局に約束させるべく運動を展開したが、鉄道当局は「先行している長浜駅(仮称、のち谷浜駅として開業)と有間川は4kmと全国に例のない短区間であること」「駅を設置するために必要な土地の確保が難しいこと」の2点を挙げて難色を示した。

次に住民たちは陳情を行うが、これも功を奏することなく終わった。1944年昭和19年)、最後の手段として住民は運輸通信省次官の長崎惣之助に面接陳情したが、当時は太平洋戦争大東亜戦争)のさなかであり、また長崎も駅設置の陳情などに応える余裕がなかったこともあって結局、駅の設置は実現しなかった。

戦後、周辺の村の協力も得て行われた長年にわたる陳情の熱意が通じ、新潟鉄道局の正式な認可を得たことから、1946年(昭和21年)に仮乗降場として開業、翌年には正式な駅に昇格した。

往時の営業実績の一例として、1961年(昭和36年)における営業実績は、1年間の乗客数は112,195人、降客数109,302人、旅客収入3,150,217円、貨物収入2,700,155円と記録されている。

1969年(昭和44年)、当時の国鉄は厳しい世論にさらされていたこともあり、北陸本線の複線電化事業が完成した段階で徹底した合理化を行うこととなったが、駅業務も対象となったため、沿線住民は首長を先頭に反対運動を起こした。また、国鉄労働組合もこれに呼応して立ち上がるなど大きな社会問題へと発展していったが、結局1970年(昭和45年)に無人駅となった。

沿革[編集]

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
北陸本線
名立駅 - 有間川駅 - 谷浜駅

脚注[編集]

  1. ^ データで見るJR西日本2012(西日本旅客鉄道)P.83

関連項目[編集]

外部リンク[編集]