みかんの花咲く丘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

みかんの花咲く丘(みかんのはなさくおか)は、第2次世界大戦の終戦直後に生まれた、日本を代表する童謡の名作の1つとして知られる。1946年8月25日に発表された。作詞は加藤省吾、作曲は海沼實による。レコードは、井口小夜子が吹き込んだ物(1947年7月・キングレコード)と、川田正子が吹き込んだ物(1947年・日本コロムビア)がある。

解説[編集]

1946年8月25日、NHKのラジオ番組『空の劇場』で東京内幸町の本局と静岡県伊東市立西国民学校を結ぶ、ラジオの「二元放送」が行われることになった。放送前日の8月24日の昼過ぎになっても依頼作品が仕上がらずに悩んでいた作曲家の海沼實のもとへ、音楽の月刊雑誌「ミュージック・ライフ」編集長の加藤省吾が、川田正子の取材のため、海沼が滞在していた川田宅を訪ねてきたという。海沼は加藤に急な事情を説明し、自らが歌詞の内容を示唆しながら加藤に1番と2番歌詞を作らせ、そこに加藤が自作の3番を書き加えて、20~30分で歌詞を完成させた。

それから海沼はGHQで詞の検閲を受け、検印を受けるとすぐに伊東行きの列車に乗り、列車の中で作曲して車窓にみかん畑が現れる国府津駅付近でやっと着想した。そして伊東線の宇佐美駅付近でこの歌を書きあげた。翌8月25日の放送に間に合わせた。人気絶頂の童謡歌手川田正子の歌唱で放送された歌は日本全国に大反響を呼び、『みかんの花咲く丘』は、日本を代表する童謡作品となって、現在にいたるまで広く歌い継がれている。

この曲の題名については以下の秘話がある。海沼と加藤が題名を決めようとする際、「静岡」から真っ先にイメージしたタイトルは「みかんの歌」であった。しかし時期的にも「リンゴの唄」(並木路子霧島昇)が大ヒットしており、二人にとって旧知のサトウ・ハチローから「二番煎じ」と嫌味を言われないよう「リンゴが“実”ならみかんは“花”でいこう」と、タイトルを「みかん咲く丘」→「みかんの花咲く丘」と試行錯誤した様子について、加藤自身が著書で語っている。

加藤省吾と海沼實の2人によって作られた童謡として、「すずらんの花咲く丘」という曲もある。なお、『みかんの花咲く丘』を最初に歌った川田正子は、2006年1月22日に71歳の生涯を閉じたが、彼女の所属した音羽ゆりかご会の演奏活動と、その会長である三代目海沼実らによる童謡普及活動によって、これらの名作は今なお広く愛唱されている。

なおモデルとなった静岡県伊東市宇佐美の亀石峠には、この「みかんの花咲く丘」の歌碑が建っている。また地元を走るバス会社・東海自動車バスガイドは入社するとまず、この歌の指導を受けるという。

ラジオ中継の前日、放送番組関係の一行は伊東市岡にあったニューかにやホテルに投宿した、ニューかにやホテルは後に聚楽に買収され、現在は伊東ホテル聚楽となっている。 そのため伊東ホテル聚楽は「みかんの花咲く丘のホテル」と称し、敷地内にも歌碑が設置されている。

2003年、2004年3月にTBS愛の劇場枠で放送された新・天までとどけ4、5の主題歌(唄・栞)に使われた、ドラマの舞台は西伊豆町である。

Jリーグ愛媛FCの応援ソングになっており、選手入場時にサポーターが歌う。

関連項目[編集]