まもなくかなたの

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

まもなくかなたの原題 :Shall We Gather at the River?) は賛美歌のひとつ。「まもなくかなたの」 とは、歌詞初行の文言である。

概要[編集]

原歌は、1864年バプテスト教会のアメリカ人聖職者、ロバート・ローリー (w:Robert Lowry (hymn writer), 1826年-1899年) によって作詞・作曲された。新約聖書ヨハネの黙示録第22章で預言されている 「新しいエルサレム」 (神の都) での再会に期待する内容であり、葬儀の場で歌われることがある。

日本へは明治初期に導入され、『流水天にあり』 との訳詞で歌われた。現在の訳詞は口語体の歌詞で、JASRACへの届け出 (作品コード: 080-6196-3) によれば中田羽後1896年-1974年) 名義である。訳詞の著作権は存続している。

原詞詞名(初行)
Shall we gather at the river?
曲名(チューンネーム)
BEAUTIFUL RIVER (『聖歌』 による。歌集によって異なる)
ミーター
Irregular

所収[編集]

日本の代表的な賛美歌集である日本基督教団 『讃美歌』・『讃美歌21』 には載っておらず、福音派の諸歌集に掲載されている。

影響[編集]

  • 日本では、曲の一部を借用した『タバコやの娘』(作詞:園ひさし、作曲:鈴木静一)が1937年(昭和12年)、岸井明平井英子の歌で大ヒットした。「向こう横町の煙草屋の、可愛い看板娘……」の歌詞で歌われている。その替え歌で、俗謡『たんたんたぬき』も広く歌われた。曲は広く一般に知られ、家電量販店ビックカメラや、大阪のカメラ店カメラのナニワアース製薬のアースゴキブリホウ酸ダンゴ コンクゴキンジャムなどの CMソングにも替え歌で使用されている。また、アニメ「Gilgamesh」内でも歌われている。
  • これらの替え歌は、賛美歌「まもなくかなたの」の冒頭部分のメロディーが同じであることから、この賛美歌の替え歌と勘違いした記述があるが、日本中で歌われ大ヒットした『タバコやの娘』の替え歌である。
  • 映画「ワイルドバンチ」(1969年、サム・ペキンパー監督)の冒頭において、ワイルドバンチ一味と彼らを追う賞金稼ぎとの銃撃戦に巻き込まれる禁酒団体が演奏しているのが、この曲である。

参考書籍[編集]

  • 安田寛 『唱歌と十字架 : 明治音楽事始め』 音楽之友社、1993年、106頁-111頁。ISBN 4276212529

外部リンク[編集]