ゴン太君のつどい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ゴン太君のつどい
イベントの種類 音楽系イベント
通称・略称 ゴン太君
ゴン太くんのつどい
正式名称 サザンオールスターズ 年越しライブ '00-'01 「ゴン太君のつどい」
開催時期 2000年12月27日28日30日31日
会場 横浜アリーナ
主催 キョードー横浜
企画制作 アミューズ
最寄駅 新横浜駅
駐車場
サザンオールスターズ 年越しライブ '00-'01 「ゴン太君のつどい」
サザンオールスターズ の 年越し・ツアー
場所 横浜アリーナ
初日 2000年12月27日
最終日 2000年12月31日
公演数 全4公演
サザンオールスターズ ツアー 年表
サザンオールスターズ 茅ヶ崎ライブ
(2000年)
サザンオールスターズ 年越しライブ '00-'01 「ゴン太君のつどい」
(2000年)
サザンオールスターズ SPECIAL LIVE IN 建長寺
2003年

サザンオールスターズ 年越しライブ '00-'01 「ゴン太君のつどい」』(さざんおーるすたーず としこしらいぶぜろぜろ-ぜろいち「ごんたくんのつどい」)は、サザンオールスターズ2000年12月27日から12月31日まで、横浜アリーナで行った年越しライブである。間の12月29日にはライブを行っていない。

解説[編集]

2000年12月に行われた年越しライブ。タイトルのゴン太君とはNHK教育番組できるかな」に出てくるマスコットキャラクター「ゴン太くん」のことである。また、44枚目のシングル曲「TSUNAMI」がこの年の日本レコード大賞に受賞したためライブを開催した横浜アリーナからTBSのスタジオまでメンバーが駆けつけた[1]。また、リードギター大森隆志が活動を休養(後に脱退)していたため、事実上初のメンバー5人でのライブとなった。

演奏曲[編集]

曲順 発売年
1 メリケン情緒は涙のカラー 1984年
2 ネオ・ブラボー!! 1991年
3 希望の轍 1990年
MC
4 真夏の果実 1990年
5 女神達への情歌 (報道されないY型の彼方へ) 1989年
6 OH, GIRL (悲しい胸のスクリーン) 1990年
7 逢いたくなった時に君はここにいない 1990年
8 BLUE HEAVEN 1997年
9 Moon Light Lover 1996年
10 慕情 1992年
11 唐人物語 (ラシャメンのうた) 1998年
12 夏の日のドラマ 1999年
13 よどみ萎え、枯れて舞え 1984年
14 ゆけ!!力道山 1993年
15 欲しくて欲しくてたまらない 1985年
16 Computer Children 1985年
17 イエローマン〜星の王子様〜 1999年
18 私の世紀末カルテ 1998年
19 この青い空、みどり 〜BLUE IN GREEN〜 2000年
20 HOTEL PACIFIC 2000年
21 匂艶The Night Club 1982年
22 勝手にシンドバッド 1978年
23 ボディ・スペシャルII 1983年
24 マンピーのG★SPOT 1995年
25 みんなのうた 1988年
アンコール
1 虫歯のブルース 〜 インディアン狂想曲 (12月31日のみ) 2000年
2 太陽は罪な奴 1996年
3 LOVE AFFAIR 〜秘密のデート〜 1998年
4 TSUNAMI 2000年
  • 12月27日公演では6番〜8番の曲の演奏順が異なっている[2]
  • 12月27日公演でのみ「TSUNAMI」演奏後「歓喜の歌」が歌われた[3]

参加ミュージシャン[編集]

サザンオールスターズ
サポートメンバー

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ サザンオールスターズ BIOGRAPHY 2000 SOUTHERN ALL STARS OFFICIAL SITE
  2. ^ 2003年発売 『サザンオールスターズ パーフェクトデータブック』
  3. ^ 2003年発売 『サザンオールスターズ パーフェクトデータブック』

外部リンク[編集]