真駒内屋外競技場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
真駒内セキスイハイムスタジアム
Makomanai Sekisui Heim Stadium
Makomanai Open Stadium.jpg
施設情報
所在地 札幌市南区真駒内公園3番1号
位置 北緯42度59分46秒
東経141度20分34秒
座標: 北緯42度59分46秒 東経141度20分34秒
開場 1970年
所有者 北海道
運用者 北海道体育文化協会(指定管理者[1]
建設費 13億6,000万円
旧称
真駒内オープンスタジアム
使用チーム、大会
主な大会
全日本スピードスケート選手権大会[2]
札幌オリンピック
札幌マラソン
1986年アジア冬季競技大会
北海道マラソン
第44回国民体育大会(はまなす国体)
1990年アジア冬季競技大会
1991年冬季ユニバーシアード
TOYOTA BIG AIR
ジャパンカップスピードスケート競技会
収容能力
17,324人
(メインスタンド:7,562人(ロイヤルボックス席125人、車いすスペース36席)、バックスタンド:9,762人)
アクセス
じょうてつバス「真駒内競技場前」バス停下車 徒歩2分、「上町1丁目」バス停下車 徒歩10分
札幌市営地下鉄南北線真駒内駅から徒歩30分
施設外観(2007年8月)

真駒内屋外競技場(まこまないおくがいきょうぎじょう)は、札幌市南区にある競技場。正式名称は北海道立真駒内公園屋外競技場。北海道セキスイハイムがネーミングライツ(命名権)を取得し、名称が真駒内セキスイハイムスタジアム(まこまないセキスイハイムスタジアム)になっている。

沿革[編集]

北海道立真駒内公園にあり、北海道道82号西野真駒内清田線を挟んで真駒内セキスイハイムアイスアリーナ(真駒内屋内競技場)がある。1972年(昭和47年)の『札幌オリンピック開会式及びスピードスケート競技に使用し、国立の競技場として建設した。周囲の景観に配慮して人工的な施設はなるべく緑の中に埋めており、冬の季節風(モンスーン)に対応するため北東から東西に走る軸線上に施設を配置している[3]

夏期はテニスフットサルのコート、冬期はスケート場として開放しており、トレーニング室も開放している。また、各種イベントにも使用しており、『北海道真駒内花火大会』などが開催されている[4]

沿革[編集]

施設[編集]

  • 敷地面積:約46,000 m²
  • 1970年(昭和45年)12月1日竣工
  • 構造:鉄筋コンクリート造、地上2階建(1階:5,119.83 m²、2階:2,072.84 m²、その他:343.00 m²)
  • アリーナ面積:15,900.00 m²
  • スタンド面積:18,770.20 m²
  • 各種競技
  • 会議室(5室)
  • 更衣室(男女各2室)
  • シャワー室(男女各3室)
  • サーキットトレーニング室

大会実績[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 協会の沿革”. 北海道体育文化協会. 2016年11月14日閲覧。
  2. ^ a b c 冬のスポーツ, p. 81.
  3. ^ 施設と技術 | 第6節 営繕事業の技術 (PDF)”. 北海道開発局のあゆみ60年. 北海道開発局 (2011年). 2016年11月14日閲覧。
  4. ^ 北海道真駒内花火大会”. 2016年11月15日閲覧。
  5. ^ ネーミングライツの決定について(総務部総務課FMG)”. 北海道. 2016年11月14日閲覧。
  6. ^ 異風景編 五輪マーク”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2015年2月6日). 2016年11月14日閲覧。
  7. ^ 北海道FM導入基本方針に基づく取組みについて (PDF)”. 北海道. 2016年11月14日閲覧。
  8. ^ 北海道立真駒内公園屋内・屋外競技場におけるネーミングライツ契約を再更新しました。”. 北海道. 2016年11月14日閲覧。
  9. ^ 北海道立真駒内公園屋内競技場及び屋外競技場ネーミングライツ契約の更新について”. 北海道. 2016年11月14日閲覧。
  10. ^ 北海道ロードレース”. 2016年11月15日閲覧。
  11. ^ さっぽろトリム&ラン”. 2016年11月15日閲覧。
  12. ^ 日刊スポーツ豊平川マラソン”. 2016年11月15日閲覧。
  13. ^ 真駒内マラソン”. 2016年11月15日閲覧。

参考資料[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]