真駒内駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
真駒内駅
駅出入口
駅出入口
まこまない
Makomanai
◄N15 自衛隊前 (1.7km)
所在地 札幌市南区真駒内17番地[1]
駅番号 N16[2]
所属事業者 札幌市交通局
所属路線 札幌市営地下鉄南北線
キロ程 14.3km(麻生起点)
駅構造 高架駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
13,922人/日(降車客含まず)
-2016年度[3]-
開業年月日 1971年昭和46年)12月16日
テンプレートを表示

真駒内駅(まこまないえき)は、北海道札幌市南区真駒内17番地[1]にある札幌市交通局札幌市営地下鉄南北線である。駅番号N16[2]

本項では、当駅の北側にあった定山渓鉄道の真駒内駅についても記述する。

札幌市営地下鉄の真駒内駅[編集]

概要[編集]

札幌市営地下鉄南北線の北24条駅〜真駒内駅間開通と同時に設置された駅であり、開業以来南北線の南側の終点としての役割を果たしている[1]1972年(昭和47年)に開催された札幌オリンピックでは、当駅がメイン会場への最寄り駅として利用された[1]

南北線の南平岸駅〜真駒内駅間は、定山渓鉄道線の廃止後に札幌駅が買収した廃線跡の用地にシェルター付きの高架線として建設された。定山渓鉄道の真駒内駅よりも南側に位置し、当駅南側の待避線は定山渓鉄道の緑ヶ丘停留所の跡地である。

真駒内はアイヌ語の「マク、オマ、ナイ(背後にある川の意)」が由来で、川の名がそのまま地名となったといわれている[1]

駅スタンプは真駒内駅のイニシャルMの中に真駒内屋外競技場(真駒内セキスイハイムスタジアム)が描かれている。印面には命名権を抜いた「真駒内オープンスタジアム」と記されている[1]

歴史[編集]

  • 1971年昭和46年)12月16日 - 札幌市営地下鉄南北線の北24条駅〜真駒内駅間開業に伴い、設置。開業当初の到着電車の折り返し方法は、1番ホームに到着した電車が回送車として南側の留置線に入り、2番ホームに入線する方式だった。
  • 1996年平成8年)11月1日 - 到着電車の折り返し方法が麻生方の転轍機から空いているホームに入り、ホーム上で折り返す方式に変更。
  • 1996年(平成8年)〜1999年(平成11年) - 駅構内大規模改良工事に伴い、ホーム南側にエスカレーターと南改札口を設置。
  • 2005年(平成17年)7月1日2006年(平成18年)11月30日 - 麻生方の転轍機工事のため、一時的に到着電車の折り返し方法を当駅南側の留置線で折り返す方式に変更。
  • 2006年(平成18年)1月26日 - 駅番号 (N16) を設定[2]
  • 2013年(平成25年)3月2日 - 可動式ホーム柵が稼働開始[4][5]

駅構造[編集]

1面2線島式ホームの高架駅。駅舎は南北に細長い。2階にはホームがあり、1階には券売機・北改札口・南改札口があるほか、北海道キヨスク運営の売店とセブン-イレブンサンクスから転換)・定期券販売所・真駒内バス発着場が設置されている[6]。バス路線については後述する

開業当初は1番ホームが降車専用ホーム、2番ホームが乗車専用ホームとして区別されており、麻生方面から1番ホームに到着した電車が回送列車として南側の留置線まで引き上げ、2番ホームに入線する形で折り返していた。1996年(平成8年)11月1日からは麻生方の転轍機から空いているホームに入り、ホーム上で直接折り返す方式に変更されている。ただし、麻生方の転轍機が工事のため使用停止されていた2005年(平成17年)7月1日〜2006年(平成18年)11月30日は、開業当初の折り返し方法が使用された。

ホームと改札口間にはエレベーターが設置されている。また、南北線の地上駅では唯一上下両方向のエスカレーターが設置されている(南改札口)[6]。駅の出入口は西側にのみ設置されている。開業当初は改札口は北側の1ヶ所のみだったが、1996年(平成8年)〜1999年(平成11年)に大規模改良工事を行い、ホーム南側にエスカレーターと南改札口が完成した。先に存在した改札口は北改札口となり、売店や切符売り場・トイレなども移転し、南側にもバスの待合室が設置された。南北線の駅では唯一切符売り場と改札口に発車標がある。

のりば

1・2 ■ 南北線 大通さっぽろ麻生方面

利用状況[編集]

札幌市交通局によると、2016年度の1日平均乗車人員13,922人[3]

年度 1日平均
乗車人員
出典
1998年 16,627 [7]
1999年 16,151 [7]
2000年 15,927 [7]
2001年 15,509 [7]
2002年 15,428 [7]
2003年 15,144 [7]
2004年 15,150 [7]
2005年 15,592 [7]
2006年 15,604 [7]
2007年 15,353 [7]
2008年 15,337 [7]
2009年 14,627 [7]
2010年 14,358 [7]
2011年 14,470 [7]
2012年 14,505 [7]
2013年 14,591 [3]
2014年 14,305 [3]
2015年 13,876 [3]
2016年 13,922 [3]

駅周辺[編集]

西から見た駅(2016年9月)

駅の東側には南北に伸びる丘陵があり、人家はない。南側には盛り土の上にコンクリートで覆われた留置線があり、その先には定山渓鉄道線の廃線跡が道路沿いの細長い林になって伸びている。

駅の西側は平岸通に面しており[1]、南区役所をはじめとする公共施設や大規模な団地が整った郊外タウンとなっており[1]、地下鉄のシェルターに張り付くように団地群(五輪団地)が形成されている。近くの真駒内川右岸の平地のほか、左岸の丘の上まで住宅地が造成されている。当駅の南側に広がる北海道立真駒内公園は1972年(昭和47年)の札幌オリンピックでメイン会場となった[1]。商業施設への規制が厳しい地域であるため、駅周辺に目立った商業施設は少なく、大きな商業施設はここからバスで10分ほどの五輪大橋周辺に集中している。

バス路線[編集]

真駒内バス発着場

路線は2018年4月1日現在。併設された「真駒内バス発着場」のほか、周辺路上にバス停留所が設置されている。10~14番のりばはバス発着場内・17~19番のりばは路上停留所にあり降車専用となっている。一部のバスのりばにはのりば番号が付与されていない。

バス発着場発着路線[編集]

  • 5番のりば
    • じょうてつ
      • 南4・南54・南84 真駒内線 南町4丁目行
  • 6番のりば
    • 北海道中央バス
      • 南81 西岡線 澄川駅前西岡3条11丁目経由)・澄川南小学校前行(澄川通経由)
    • じょうてつ
      • 南98 藻岩山手線 道路管理事務所行(川沿1条1丁目経由)
  • 7番のりば
    • じょうてつ
      • 南90 中の沢線 中の沢行(川沿1条1丁目経由)
      • 南97 北の沢線 山水団地前行(川沿1条1丁目経由)
  • 8番のりば
    • じょうてつ
      • 南95 藻岩線 硬石山行・石山1条6丁目行(川沿1条1丁目経由)
  • 9番のりば
    • じょうてつ

路上停留所発着路線[編集]

路上停留所発着路線(のりば番号なし)[編集]

  • 北海道中央バス
    • スキーバス ニセコアンヌプリ行(ニセコひらふ・ニセコヒルトンビレッジ経由 冬季期間のみ運行)
  • じょうてつ
    • 札幌ドームシャトルバス 札幌ドーム行(大規模イベント開催時のみ運行)
    • スキーバス 藻岩山スキー場行(冬季期間のみ運行)
  • 道南バス
    • 札幌洞爺湖線 洞爺湖温泉行(定山渓・ルスツリゾート経由)
    • マウンテンライナー(スキーバス) ニセコアンヌプリ行(ニセコひらふ・ニセコヒルトンビレッジ経由 冬季期間のみ運行)

隣の駅[編集]

札幌市交通局 札幌市営地下鉄
■ 南北線
自衛隊前駅 (N15) - 真駒内駅 (N16)

定山渓鉄道の真駒内駅[編集]

真駒内駅
まこまない
Makomanai
所在地 北海道札幌市南区
所属事業者 定山渓鉄道
所属路線 定山渓鉄道線
キロ程 6.4km(東札幌起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面2線
開業年月日 1920年大正9年)4月1日
廃止年月日 1969年昭和44年)11月1日
テンプレートを表示

概要[編集]

定山渓鉄道の真駒内駅は、現在の地下鉄南北線自衛隊前駅と真駒内駅の中間地点に設置されていた。当時の真駒内の集落は豊平川岸の真駒内下町(現在の真駒内本町に相当)にあり、現在の地下鉄真駒内駅周辺に相当する地区は開けていなかった。駅はこの町に近くなるように置かれたのだが、その下町との間には官営の真駒内種畜場が広がっており、設置時に駅周辺に人家は一つもなかった。戦後は、進駐軍が牧場を接収し、キャンプ・クロフォードを設営した[8]

歴史[編集]

駅構造[編集]

はじめは板張りのホームだけだったが、後に駅舎と駅員の家が建てられた。定山渓鉄道は単線だったが、この駅は列車の行き違いのために上下線のホームと中線を備え、さらに貨物線を加えて4本の線路を持った。

隣の駅[編集]

定山渓鉄道(廃止)
定山渓鉄道線
慈恵学園停留所 - 真駒内駅 - 緑ヶ丘停留所
地下鉄真駒内駅の位置に近いのは真駒内駅でなく緑ヶ丘停留所である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 真駒内駅の設置当初、澄川駅慈恵学園停留所緑ヶ丘停留所は未開業であった。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 地下鉄駅情報(南北線) (PDF)”. 札幌市交通事業振興公社. 2016年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月26日閲覧。
  2. ^ a b c 地下鉄駅のナンバリング(番号)表示を実施いたしました。(2006年1月26日更新)”. 札幌市交通局 (2006年1月26日). 2006年2月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月31日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 札幌の都市交通データ(2017年版) 4.地下鉄 (1)地下鉄駅別乗車人員経年変化(1日平均) (PDF)”. 札幌市. 2018年8月27日閲覧。
  4. ^ 南北線可動式ホーム柵の設置について(2013年3月2日更新)”. 札幌市交通局 (2013年3月2日). 2013年7月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月26日閲覧。
  5. ^ ホームドアの設置状況>札幌市南北線”. 国土交通省. 2016年2月12日閲覧。
  6. ^ a b 駅構内図 南北線 真駒内駅 (N16) (PDF)”. 札幌市交通局. 2018年8月26日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o 札幌の都市交通データ(2014年版) 4.地下鉄 (1)地下鉄駅別乗車人員経年変化(1日平均) (PDF)”. 札幌市. 2014年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月26日閲覧。
  8. ^ 岡田利夫 『戦中戦後20年 北海道木材・林業の変遷』 152頁 北海道林材新聞刊 昭和63年6月10日刊

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • 札幌市教育委員会編『札幌の駅』(さっぽろ文庫11)、北海道新聞社、1979年。
  • 谷代久恵『真駒内物語』、北海道新聞社、2002年10月。ISBN 4-89453-232-8