全日本スピードスケート選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

全日本スピードスケート選手権大会は、日本スケート連盟が主催するスピードスケートの大会である。開催地は持ち回りで、通常毎年12月に2日間に渡って開催される[1]1929年に第1回が開催された歴史のある大会である。

オリンピック世界スピードスケート選手権ワールドカップ等国際大会の日本代表選考会も兼ねて行われる。

別名「オールラウンド選手権」とも呼ばれるように、この大会に勝つためには短距離から長距離までをコンスタントにこなす能力が求められる。

総合得点算出と順位決定方法[編集]

1人の選手が距離の異なる4種目を滑り、そのタイムをポイント化し、合計得点で総合優勝を争う。競技順に、男子では500m、5000m、1500m、10000m、女子では500m、3000m、1500m、5000mの4種目を行う。得点は、500mがタイムそのまま、それ以外の種目ではゴールタイムを500m換算のうえ(たとえば5000mならばタイム÷10を)加算していく。4種目の合計得点が少ないほど上位となる。

最終種目への出場について[編集]

規程により、最終種目(男子10000m、女子5000m)に出場できるのはそれぞれ12名である。その際の選抜方法は、以下の通り。

  1. 3種目終了時点で、総合得点順位リストとそれまでの最長距離種目(男子5000m、女子3000m)での順位リストを比較。
  2. どちらのリストでも12位以内に入っている選手は無条件で選抜される。
  3. 12人に満たない場合、どちらのリストに限らず順位が若い順に選抜していく。同順位では、総合得点順位リストを優先。

歴代開催地および男女総合優勝者[編集]

第5回大会までは男子のみの開催。また第6回・第7回大会の女子は2種目のみの実施であった。

年度 開催リンク 男子総合優勝 得点 女子総合優勝 得点
第1回 1929 八戸 木谷徳雄 222.002
第2回 1930 諏訪湖 大沢義一 220.230
第3回 1931 蓼の海 《暖気のため中止》
第4回 1932 日光細尾 李聖徳 214.038
第5回 1933 鴨緑江 金正淵 215.620
第6回 1934 日光細尾 金正淵 204.648 滝三七子 113.593
第7回 1935 日光細尾 安達和男 210.558 江島八重子 112.060
第8回 1936 諏訪湖 雀龍振 211.140 江島八重子 239.776
第9回 1937 札幌 雀龍振 209.422 江島八重子 236.200
第10回 1938 蓼の海 泉山貞義 211.073 中川キヨ 234.786
第11回 1939 八戸 朴潤哲 211.145 汾陽泰子 238.183
第12回 1940 苫小牧 片倉昌男 215.109 坂本キヨ 174.050
第13回 1941 八戸 《中止》
第14回 1942 榛名湖 広川孝昌 209.465 縄手満喜子 170.567
1943~1945年度は開催されず
第15回 1946 八戸 《総合順位なし》
第16回 1947 盛岡高松池 菅原和彦 219.752 佐藤千栄子 192.490
第17回 1948 蓼の海 《暖気のため中止》
第18回 1949 苫小牧 佐藤恒夫 211.397 佐藤千栄子 242.587
第19回 1950 日光細尾 青木正則 218.448 長野富子 239.930
第20回 1951 日光細尾 矢口久広 211.818 渡辺公子 240.290
第21回 1952 須川湖 五味芳保 205.878 渡辺公子 235.877
第22回 1953 蓼科湖 尾崎繁樹 202.828 佐々木邦子 236.947
第23回 1954 日光細尾 五味芳保 204.822 高見沢初枝 243.123
第24回 1955 蓼の海 加藤惣衛門 200.700 高見沢初枝 212.067
第25回 1956 阿寒湖 加藤惣衛門 262.800 高見沢初枝 216.950
第26回 1957 蓼の海 《総合順位なし》 浜文恵 238.483
第27回 1958 美鈴湖 《総合順位なし》
第28回 1959 蓼の海 松本充雄 192.568 潤間十世子 213.616
第29回 1960 網走湖 江刺忠 201.300 鷹野靖子 221.113
第30回 1961 軽井沢 石幡忠雄 189.175 鷹野靖子 206.367
第31回 1962 軽井沢 新保鋭 193.422 長久保初枝 210.400
第32回 1963 軽井沢 江刺忠 190.358 有賀秋子 207.317
第33回 1964 軽井沢 石幡忠雄 188.838 斎藤幸子 200.650
第34回 1965 軽井沢 富原俊雄 188.755 鷹野靖子 201.460
第35回 1966 軽井沢 伊藤清美 188.810 鷹野靖子 208.884
第36回 1967 軽井沢 石幡忠雄 181.962 有賀秋子 200.416
第37回 1968 瑞浪 石幡忠雄 185.682 斎藤幸子 201.733
第38回 1969 苫小牧 大塚博文 190.235 斎藤幸子 203.338
第39回 1970 真駒内 根本茂行 190.240 小池里美 197.134
第40回 1971 浅間 伊藤清美 178.388 斎藤幸子 184.583
第41回 1972 伊香保 根本茂行 180.382 菅原真理子 194.167
第42回 1973 盛岡 根本茂行 180.382 村上由紀子 200.667
第43回 1974 八戸 内藤修 182.630 邨中正子 198.833
第44回 1975 伊香保 伊藤清美 182.113 中道悦子 191.267
第45回 1976 盛岡 山本雅彦 178.215 中道悦子 195.600
第46回 1977 軽井沢 中村範一 174.061 長屋真紀子 189.017
第47回 1978 八戸 戸田博司 175.889 加藤美善 187.530
第48回 1979 富士急 清水康弘 175.173 八重樫裕子 181.907
第49回 1980 八ヶ岳 宮坂雅昭 173.312 石井和恵 191.981
第50回 1981 盛岡 竹下正範 173.964 橋本聖子 182.963
第51回 1982 盛岡 竹下正範 173.541 橋本聖子 187.372
第52回 1983 八戸 篠原雅人 172.926 橋本聖子 188.207
第53回 1984 浅間 今村俊明 170.260 橋本聖子 180.510
第54回 1985 富士急 黒岩宗久 171.450 橋本聖子 178.116
第55回 1986 帯広 青柳徹 168.472 橋本聖子 185.597
第56回 1987 浅間 青柳徹 165.667 橋本聖子 177.709
第57回 1988 伊香保 青柳徹 167.103 橋本聖子 178.635
第58回 1989 八戸 青柳徹 169.940 橋本聖子 182.259
第59回 1990 釧路 青柳徹 170.458 橋本聖子 183.455
第60回 1991 茅野 青柳徹 166.228 上原三枝 181.572
第61回 1992 盛岡 糸川敏彦 167.481 橋本聖子 180.895
第62回 1993 伊香保 小竹直喜 164.793 橋本聖子 176.527
第63回 1994 釧路 白幡圭史 168.753 上原三枝 180.895
第64回 1995 苫小牧 白幡圭史 165.240 上原三枝 178.721
第65回 1996 長野 白幡圭史 159.517 上原三枝 173.473
第66回 1997 長野 白幡圭史 155.966 上原三枝 170.191
第67回 1998 八戸 野明弘幸 161.906 田畑真紀 175.442
第68回 1999 釧路 白幡圭史 161.874 田畑真紀 174.120
第69回 2000 伊香保 白幡圭史 158.158 田畑真紀 169.125
第70回 2001年12月15日-16日 長野 白幡圭史 155.236 田畑真紀 166.471 [2]
第71回 2002年12月14日-15日 八戸 野崎貴裕 161.719 田畑真紀 172.554 [3]
第72回 2003年12月13日-14日 苫小牧 宮崎今佐人 163.976 田畑真紀 174.016 [4]
第73回 2004年12月17日-19日 帯広 牛山貴広 163.317 石野枝里子 174.060 [5]
第74回 2005年12月20日-22日 長野 牛山貴広 156.473 田畑真紀 165.444 [6]
第75回 2006年12月16日-17日 釧路 平子裕基 164.145 田畑真紀 180.605 [7]
第76回 2007年12月16日-18日 盛岡 平子裕基 159.589 石野枝里子 172.777 [8]
第77回 2008年12月17日-18日 伊香保 平子裕基 158.938 石野枝里子 171.276 [9]
第78回 2010年2月20日-21日 帯広 中村奨太 160.100 菊池彩花 170.824 [10]
第79回 2010年12月18日-19日 釧路 中村奨太 163.404 穂積雅子 175.181 [11]
第80回 2011年12月17日-18日 八戸 平子裕基 162.742 石澤志穂 175.429 [12]
第81回 2012年12月15日-16日 長野 三輪準也 155.493 穂積雅子 165.421 [13]
- 2013年12月27日-29日 長野 ソチオリンピック代表選考会のため欠番扱い [14]
第82回 2014年12月20日-21日 帯広 ウィリアムソン師円 153.163 高木菜那 164.410 [15]
第83回 2015年12月22日-23日 長野 ウィリアムソン師円 153.576 穂積雅子 163.890 [16]
第84回 2016年12月20日-21日 帯広 ウィリアムソン師円 153.379 高木美帆 162.431 [17]
第85回 2018年2月3日-4日 八戸 土屋 陸 168.907 歸山 麻衣 182.886 [18]

脚注[編集]

  1. ^ 但し第78回は2010年2月に開催。
  2. ^ 第70回全日本スピードスケート選手権大会(全日本スケート連盟リザルトページ)”. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月21日閲覧。
  3. ^ 第71回全日本スピードスケート選手権大会(全日本スケート連盟リザルトページ)”. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月21日閲覧。
  4. ^ 第72回全日本スピードスケート選手権大会(全日本スケート連盟リザルトページ)[リンク切れ]
  5. ^ 第73回全日本スピードスケート選手権大会(全日本スケート連盟リザルトページ)”. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月21日閲覧。
  6. ^ 第74回全日本スピードスケート選手権大会(全日本スケート連盟リザルトページ)”. 2005年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月21日閲覧。
  7. ^ 第75回全日本スピードスケート選手権大会(全日本スケート連盟リザルトページ)”. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月21日閲覧。
  8. ^ 第76回全日本スピードスケート選手権大会(全日本スケート連盟リザルトページ)”. 2008年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月21日閲覧。
  9. ^ 第77回全日本スピードスケート選手権大会(全日本スケート連盟リザルトページ)”. 2009年1月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月21日閲覧。
  10. ^ 第78回全日本スピードスケート選手権大会(全日本スケート連盟リザルトページ)”. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月21日閲覧。
  11. ^ 第79回全日本スピードスケート選手権大会(全日本スケート連盟リザルトページ)”. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月21日閲覧。
  12. ^ 第80回全日本スピードスケート選手権大会(全日本スケート連盟リザルトページ)”. 2015年9月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月21日閲覧。
  13. ^ 第81回全日本スピードスケート選手権大会(全日本スケート連盟リザルトページ)”. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月21日閲覧。
  14. ^ ソチオリンピックスピードスケート日本代表選手選考競技会(全日本スケート連盟リザルトページ)”. 2017年12月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月21日閲覧。
  15. ^ 第82回全日本スピードスケート選手権大会(全日本スケート連盟リザルトページ)”. 2016年3月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月21日閲覧。
  16. ^ 第83回全日本スピードスケート選手権大会(全日本スケート連盟リザルトページ)”. 2016年5月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月21日閲覧。
  17. ^ 第84回全日本スピードスケート選手権大会(全日本スケート連盟リザルトページ)”. 2017年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月21日閲覧。
  18. ^ 第85回全日本スピードスケート選手権大会(全日本スケート連盟リザルトページ)”. 2018年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年4月21日閲覧。

関連項目[編集]