大衆音楽取締法違反

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大衆音楽取締法違反
イベントの種類 音楽系イベント
通称・略称 大衆音楽
やっぱりアイツはクロだった!
正式名称 大衆音楽取締法違反 "やっぱりアイツはクロだった!" 実刑判決2月まで
開催時期 1984年10月25日 - 1985年2月6日
会場 神奈川県民ホール
宇都宮市文化会館
群馬県民会館
サンシティ越谷市民ホール
北見市民会館
旭川市民文化会館
釧路市民文化会館
青森市文化会館
秋田県民会館
岩手県民会館
鹿児島県文化センター
熊本市民会館
宮崎市民会館
大分文化会館
島根県民会館
倉敷市民会館
京都会館
静岡市民文化会館
豊橋勤労福祉会館
四日市市文化会館
山形県県民会館
郡山市民文化センター
神戸国際会館
松山市民会館
高知県立県民文化ホール
高松市民会館
鳴門市文化会館
千葉県文化会館
八王子市民会館
山梨県立県民文化ホール
長野県県民文化会館
黒部市YKK体育館
金沢市観光会館
福井市文化会館
徳山市文化会館
広島郵便貯金会館
福岡サンパレス
北海道厚生年金会館
大阪城ホール
愛知県体育館
仙台市体育館
新潟県民会館
日本武道館
企画制作 アミューズ
大衆音楽取締法違反 "やっぱりアイツはクロだった!" 実刑判決2月まで
サザンオールスターズ の ツアー
場所 神奈川県民ホール
宇都宮市文化会館
群馬県民会館
サンシティ越谷市民ホール
北見市民会館
旭川市民文化会館
釧路市民文化会館
青森市文化会館
秋田県民会館
岩手県民会館
鹿児島県文化センター
熊本市民会館
宮崎市民会館
大分文化会館
島根県民会館
倉敷市民会館
京都会館
静岡市民文化会館
豊橋勤労福祉会館
四日市市文化会館
山形県県民会館
郡山市民文化センター
神戸国際会館
松山市民会館
高知県立県民文化ホール
高松市民会館
鳴門市文化会館
千葉県文化会館
八王子市民会館
山梨県立県民文化ホール
長野県県民文化会館
黒部市YKK体育館
金沢市観光会館
福井市文化会館
徳山市文化会館
広島郵便貯金会館
福岡サンパレス
北海道厚生年金会館
大阪城ホール
愛知県体育館
仙台市体育館
新潟県民会館
日本武道館
初日 1984年10月25日
最終日 1985年2月6日
公演数 全50公演
サザンオールスターズ ツアー 年表
少年マガジンプレゼンツ 熱帯絶命!ツアー夏 「出席とります」
(1984年)
大衆音楽取締法違反 "やっぱりアイツはクロだった!" 実刑判決2月まで
(1984年 - 1985年)
縁起者で行こう
(1984年)

大衆音楽取締法違反』(たいしゅうおんがくとりしまりほういはん)は、サザンオールスターズ1984年10月25日から翌1985年2月6日までの間、43か所の会場で50公演を行ったツアーライブである。

解説[編集]

Tarako」の撮影後に行われたツアーライブ。ツアー開催期間中の大晦日には年越しライブ『縁起者で行こう』が行われた。

演奏曲[編集]

曲順 発売年
1 今宵あなたに 1978
2 よどみ萎え、枯れて舞え 1984
3 メリケン情緒は涙のカラー 1984
MC
4 あっと言う間の夢のTONIGHT 1984
5 1984
6 女のカッパ 1984
7 シャボン 1984
8 奥歯を食いしばれ 1979
9 東京シャッフル 1983
10 匂艶 THE NIGHT CLUB 1984
11 ALLSTARS' JUNGO 1983
12 赤い炎の女 1983
13 恋の女のストーリー 1981
14 涙のアベニュー 1980
15 星降る夜のHARLOT 1983
16 Tarako 1984
17 祭りはラッパッパ 1984
18 開きっぱなしのマッシュルーム 1984
19 Big Star Blues (ビッグスターの悲劇) 1981
20 マチルダBABY 1983
21 ミス・ブランニュー・デイ (MISS BRAND-NEW DAY) 1984
22 JAPANEGGAE 1984
ENCORE
En1 ボディ・スペシャルII (BODY SPECIAL) 1983
En2 夕方 Hold On Me 1984
En3 Dear John 1984

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]