この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

杏 (女優)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あん
杏
本名 東出 杏
別名義 渡辺 杏(出生名及び旧芸名)
生年月日 (1986-04-14) 1986年4月14日(30歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都
身長 174 cm
血液型 A型
職業 女優ファッションモデル
ジャンル テレビドラマ映画CM
活動期間 2001年 -
配偶者 東出昌大2015年 - )
著名な家族 渡辺謙(父)
南果歩(義母)
渡辺大(兄)
事務所 トップコート
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
サムライ・ハイスクール
泣かないと決めた日
ジョーカー 許されざる捜査官
名前をなくした女神
妖怪人間ベム
平清盛
ごちそうさん
花咲舞が黙ってない
デート〜恋とはどんなものかしら〜
映画
おかえり、はやぶさ
忍たま乱太郎
婚前特急
櫻の園
映画 妖怪人間ベム
プラチナデータ
真夏の方程式
劇場版 タイムスクープハンター

(あん、Anne、1986年4月14日 - )は、日本女優ファッションモデル。本名、東出 杏[1] 旧姓および旧芸名、渡辺 杏(わたなべ あん、Anne Watanabe)[2]東京都出身。サンミュージックブレーンボン・イマージュを経て2008年からトップコート所属。父は俳優の渡辺謙。兄は同じく俳優の渡辺大。夫は同じく俳優の東出昌大

来歴

15歳から集英社発売の女性ファッション雑誌non-no専属モデルとして活動。2005年から海外のプレタポルテコレクションでも活躍しており、アナスイルイ・ヴィトンなどの著名メゾンのコレクションに多数出演している。『News Week誌』の2006年「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれた。

2008年1月号から『Oggi』(小学館)の専属モデル、表紙キャラクター。2012年夏以降は『25ans』(ハースト婦人画報社)の表紙キャラクターに起用されている。2015年5月号を以って『25ans』の表紙キャラクターを卒業した[3]

2007年、『天国と地獄』(テレビ朝日系)で女優デビュー。2009年にはNHK大河ドラマ天地人』に出演し、さらに7月クールの『華麗なるスパイ』(日本テレビ系)で民放の連続ドラマに初出演する。以降は『サムライ・ハイスクール』(日本テレビ系)、『ジョーカー 許されざる捜査官』(フジテレビ系)に出演した。2011年4月クールの『名前をなくした女神』(フジテレビ系)が、連続ドラマでの初主演となる。

2010年11月にはラブソング・カバー・アルバム『LIGHTS』を発売し、長年の夢であったというミュージシャンとしての音楽活動も行っている。

2012年、日本テレビ系の『ぐるぐるナインティナイン』のコーナー「グルメチキンレース・ゴチになります!13」の新メンバーとして初めてバラエティ番組のレギュラーとなった。しかし、成績が振るわず自腹支払金額のランキングにより12月27日の放送でゴチメンバーのクビが決定した。散り際(去るとき)の曲はアン・ルイスの「グッド・バイ・マイ・ラブ」だった[4]

2013年秋から2014年春のNHK連続テレビ小説ごちそうさん』で主演。

2014年4月クールの『花咲舞が黙ってない』は、日本テレビ系の連続ドラマでの初主演となり、2015年7月クールで続編が放送されるなどのヒットを記録。

2015年1月クールの『デート〜恋とはどんなものかしら〜』でフジテレビ系月9ドラマ初主演・ヒロイン役を務める。また、同年9月28日にはスペシャル版『デート〜恋とはどんなものかしら〜2015夏 秘湯』が放送された。

2015年9月7日に発売した『Precious』10月号(小学館)より新・表紙キャラクターに抜擢。同号の発売は杏がかつて活動したニューヨークにて撮影が行われた。同誌の高橋木綿子編集長は、杏を「圧倒的な美麗オーラ」と語っている[5]

2016年11月11日公開の『オケ老人!』で映画初主演。撮影に入る半年以上前から人生初のバイオリンを練習。通常なら2 - 3年かかる基本的なボーイング(弓の扱い)など演奏の基礎をわずか1ヶ月で習得した[6]

私生活

2014年12月26日、スポーツニッポン等は、杏が『ごちそうさん』で共演した俳優の東出昌大と2015年元日に結婚する予定であることを報道した[7]。同日、連名のFAXで結婚を正式発表[8]。2015年1月1日、埼玉県内の市役所に婚姻届を提出した[9]。同年10月4日、東京・港区の愛宕神社で結婚式を行った[10]

2016年1月13日、所属事務所がFAXで、第1子・第2子となる双子の妊娠を発表。その後の活動については、当面の間ドラマや映画などの撮影予定はなく、雑誌『Precious』(小学館)の表紙モデルは続けていくとした[11]5月16日、第1子・第2子となる双子の女児の出産を発表[12]

人物

モデル活動を始めたばかりの頃は父が渡辺謙であることは明かさず、2003年4月までは当時の本名で活動していた。兄の渡辺大が新晋一郎(旧芸名)だった時、雑誌『non-no』にて共演[いつ?]したことがある。青山学院幼稚園青山学院初等部青山学院中等部卒業。堀越高等学校中退。大学入学資格検定に合格している[13]

夫の東出昌大との出会いは、『ごちそうさん』ではなく、杏と東出がモデル時代の2006年にパリコレに出演した際、パリの路上でバッタリ会ったという[14]

趣味・特技・嗜好

小学生の頃は男の子に混じって目黒リトルリーグに所属していた。阪神ファンである父とは対照的に巨人ファンで、東京ドーム阪神甲子園球場始球式を務めた経験がある[15]

幼稚園時代から絵やイラストを描くのが好きだったという。テレビドラマ『華麗なるスパイ』の収録中、自発的に「カレスパ通信」と題した漫画を描いていた。一部が番組公式ブログで紹介されている[16]

日本語の他に英語を話す。英語は独学で、音楽鑑賞が趣味ということもあり、好きな曲の歌詞を勉強に使ったという[17]。パリ・コレクションに出演するために、パリに数ヶ月間ホームステイしていたことがあり、日常会話程度のフランス語もこなす[18]。かつてフランスで活躍した画家、藤田嗣治を尊敬する人物の一人に挙げている[19]

常に本を持ち歩いており、年間120冊程読破するほどの読書好きである[20]。特に歴史本を好んで読み、忘れられない一冊に『雷桜』を挙げている[21]。尊敬する歴史上の人物は新選組永倉新八。いわゆる歴女[22]、主な関心対象は戦国時代から幕末にかけての時代。歴史好きになったのは、渡辺多恵子の漫画『風光る』を読んだことがきっかけ。歴史本を読むばかりでなく、休みの日には史跡神社仏閣めぐりに出歩くことも多い[23][24]2009年ユーキャン新語・流行語大賞で「歴女」がトップ10入りし、杏はその受賞者となった[25]。また、大の漫画好きでもあり、2016年から手塚治虫文化賞朝日新聞社主催)の社外選考委員を務めている[26]

江戸時代の浮世絵おちょこを蒐集している。また、将来の夢の一つに東海道五十三次を踏破することを挙げている[21]

「好きな食べ物は?」の質問に「薬味」と答えるほど香味野菜を好んで食べる。特にネギが大好きでネギの専門誌を愛読。木綿豆腐一丁に浅葱を1把刻んで乗せたり、焼肉を食べる時ネギをご飯の要領で食べる。そのためか風邪をひいたことがほとんどないという。寿司屋に行けば必ずネギトロを食べる[21]。>[27]

趣味は読書の他に旅行ゴルフ登山を挙げている。国内の山を数日間縦走したり海外の山に登りに行ったりしている。

初めて買ったCDはスピッツの「ロビンソン」。

好きな音楽家は、椎名林檎[28]鬼束ちひろ[29]矢井田瞳[30]山崎まさよし[31]浜田真理子[32]広瀬香美斉藤和義など。中学生の頃、椎名林檎に憧れて「歌っていいな」と思うようになった。

「何か楽器が弾けるようになりたい」と強く思うようになり「一番簡単そう」という理由でギターを始める。海外に行く際はマーティンのBackpackerという小型のギターを携行する[33]。また、映画「真夏の方程式」の撮影の際もギターを携行し、撮影の合間に海岸でギターを弾いていたと福山雅治が自らのラジオ番組で紹介していた[34]

交友

デザイナーアナ・スイとは個人的にも仲が良く、一緒に買い物に行くことがある。映画で共演した観月ありさともとても仲が良く一緒に食事にでかけるなどする。海外のコレクションで活躍するモデルのTAO金原杏奈とも仲が良い。

テレビドラマ『キルトの家』で共演し夫婦役を演じた三浦貴大とは、子供の頃から家族ぐるみの付き合いがあり、幼馴染である[35]

他には映画『真夏の方程式』で共演した吉高由里子とも仲が良く、互いに「由里ちゃん」「杏ちゃん」と呼び合っている。

出演

テレビドラマ

映画

舞台

ドキュメンタリー・情報番組

音楽番組

バラエティ番組

ラジオ

吹き替え

アニメ映画

CM

その他

ミュージック・ビデオ

主なショー

パリ・コレクション (2006年初出演)
ニューヨーク・コレクション
ミラノ・コレクション
  • Maurizio Pecoraro
  • AIGNER
  • Antonio Maras
東京コレクション

ディスコグラフィ

アルバム

書籍

  • 杏のふむふむ(2012年6月、筑摩書房) - エッセイ集。『Webちくま』連載(2009年7月 - 2011年7月)および書き下ろし。
  • 往復書簡、今どこですか?(2013年2月、新潮社) - エッセイ集。小澤征良との共著。

写真集

  • IRODORI (撮影:蜷川実花、2007年4月、角川マガジンズ)

受賞

  • 第49回FEC(日本ファッションエディターズクラブ)インターナショナル・モデル・オブ・ザ・イヤー賞(2005年)
  • VOGUE NIPPON Women of the Year 2006受賞(2006年)
  • ELLE STYLE AWARDS 2007 MODEL OF THE YEAR受賞(2007年)
  • 第25回ベストジーニスト協議会選出部門受賞(2008年)
  • 「BVLGARI Brilliant Dream Award 2009」受賞(2009年)
  • 第64回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(2010年)
  • 第71回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 助演女優賞(2012年)
  • エランドール新人賞受賞(2012年)
  • 東京ドラマアウォード 助演女優賞(2012年、『妖怪人間ベム』)
  • 第80回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 主演女優賞(2014年、『ごちそうさん』)[52]
  • 第23回橋田賞新人賞(2015年)[53]
  • 第52回ギャラクシー賞テレビ部門個人賞(2014年度、『花咲舞が黙ってない』『クロハ~機捜の女性捜査官~』『デート~恋とはどんなものかしら~』の演技)[54][55]

その他

脚注・出典

[ヘルプ]
  1. ^ ♯171 東出杏...年賀状で実感!”. 杏のAnytime Andante. ニッポン放送 (2015年1月11日). 2015年1月25日閲覧。
  2. ^ “杏&東出昌大、元日婚!朝ドラ「ごちそうさん」夫婦役が本物に”. サンケイスポーツ. (2014年12月26日). http://www.sanspo.com/geino/news/20141226/mar14122604000001-n3.html 2015年1月6日閲覧。 
  3. ^ 杏、2年半表紙の「ヴァンサンカン」卒業 夫・東出昌大との2ショット表紙も”. News. モデルプレス (2015年3月25日). 2015年3月25日閲覧。
  4. ^ 今年の“クビ”が決定 ぐるナイ「ゴチになります!」”. NEWS. モデルプレス (2012年12月27日). 2015年5月7日閲覧。
  5. ^ 杏「Precious」新表紙キャラクターに抜擢 編集長が美貌を絶賛”. News. モデルプレス (2015年9月3日). 2015年9月3日閲覧。
  6. ^ 杏、映画初主演 驚愕のバイオリン演奏披露”. News. モデルプレス (2015年10月10日). 2015年10月10日閲覧。
  7. ^ “杏&東出昌大が元日結婚!春には挙式・披露宴 熱愛発覚から1年”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2014年12月26日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/12/26/kiji/K20141226009522740.html 2014年12月26日閲覧。 
  8. ^ 東出昌大&杏、結婚を正式発表〈コメント全文〉”. Life. モデルプレス (2014年12月26日). 2014年12月27日閲覧。
  9. ^ “杏&東出昌大、埼玉で婚姻届提出!東出の実家に2年連続“帰省””. サンケイスポーツ. (2015年1月1日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150101/mar15010105030002-n1.html 2015年1月1日閲覧。 
  10. ^ “愛宕神社で杏、東出昌大が挙式 渡辺謙、南キャン・山ちゃんら出席”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2015年10月5日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20151005-OHT1T50014.html 2015年10月5日閲覧。 
  11. ^ “杏 双子おめでた!夏に出産予定、所属事務所「静かに見守って」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2016年1月14日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/01/13/kiji/K20160113011854390.html 2016年1月14日閲覧。 
  12. ^ “杏、双子女児を出産「立派な子に育て上げたい」 東出昌大がパパに”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年5月16日). http://www.oricon.co.jp/news/2071769/full/ 2016年5月16日閲覧。 
  13. ^ #128 いつか「狩りガール」に!?”. 杏のAnytime Andante. ニッポン放送. 2016年6月18日閲覧。
  14. ^ “東出、杏との「運命の出会い」語っていた”. 日刊スポーツ. (2014年1月6日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140106-1240145.html 2015年8月22日閲覧。 
  15. ^ ““野球少女”杏「0点」始球式”. デイリースポーツ. (2009年7月17日). オリジナル2009年12月17日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091217100000/http://www.daily.co.jp/gossip/first_ball/2009/07/18/0002136737.shtml 2015年5月7日閲覧。 細川真里 (2013年4月10日). “パパは熱烈ファン!杏は虎の守護霊!?”. Sponichi Annex. http://www.sponichi.co.jp/baseball/yomimono/toraban/kiji/K20130410005580760.html 2015年5月7日閲覧。 
  16. ^ 最終回”. 華麗なるスパイ. 日本テレビ (2009年9月24日). 2015年5月7日閲覧。
  17. ^ モデル杏が英語力を独学で身につけた方法”. 英語力.biz (2015年12月26日). 2016年6月18日閲覧。
  18. ^ 女優・杏を好きになってしまう5つの魅力”. music.jp (2016年2月15日). 2016年9月23日閲覧。
  19. ^ 大エルミタージュ美術館展 世紀の顔・西欧絵画の400年「展覧会テーマソング、杏に決定!」”. 日本テレビ. 2016年9月23日閲覧。
  20. ^ 好感しかない!杏のような「ナチュラル美女」になる4つの習慣”. woman excite (2016年4月8日). 2016年6月18日閲覧。
  21. ^ a b c 日経マガジン2011年7月17日号「17SECRETS」インタビューより
  22. ^ “杏:筋金入りの“歴女”ぶりでナビゲーターに 熱愛報道には言及せず WOWOW「幻の写楽 発見!」”. 毎日jp (毎日新聞社). (2009年5月31日). オリジナル2009年12月4日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20091204135945/http://mainichi.jp/enta/geinou/graph/200905/31_2/index.html 
  23. ^ 歴史読本 2015年7月号 p.174 - 178
  24. ^ 杏や永作博美など女性の間で神社仏閣巡る「御朱印」ブーム到来”. NEWS ポストセブン (2014年6月10日). 2016年6月18日閲覧。
  25. ^ 2009年の『新語・流行語大賞』、年間大賞は「政権交代」〜トップテンには「こども店長」も”. オリコンCSランキング. オリコン (2009年12月1日). 2013年5月26日閲覧。
  26. ^ 杏さん、手塚治虫文化賞選考委員に「マンガは人生の友」,朝日新聞,2016年2月25日
  27. ^ 杏や永作博美など女性の間で神社仏閣巡る「御朱印」ブーム到来”. NEWS ポストセブン (2014年6月10日). 2016年6月18日閲覧。
  28. ^ 杏「小躍りしちゃう」原作×主題歌コラボに喜び語る”. モデルプレス (2015年5月9日). 2016年6月18日閲覧。
  29. ^ #157 テレカ...知ってる!?”. 杏のAnytime Andante. ニッポン放送. 2016年6月18日閲覧。
  30. ^ #11 プレゼント”. 杏のAnytime Andante. ニッポン放送. 2016年6月18日閲覧。
  31. ^ 杏、憧れの山崎まさよしとの初対面に感激ラブソング・カヴァー集で歌手デビュー”. オリコン (2012年3月8日). 2016年6月18日閲覧。
  32. ^ 杏、ラブソング・カヴァー集で歌手デビュー”. BARKS (2010年9月6日). 2016年6月18日閲覧。
  33. ^ 週刊朝日 2010年9月3日号 p.52~56「マリコのゲストコレクション(531)」
  34. ^ ギリギリBOX復活!!”. 福山雅治のオールナイトニッポンサタデースペシャル・魂のラジオ. ニッポン放送 (2013年6月26日). 2016年6月18日閲覧。
  35. ^ 女優の杏、幼なじみの三浦貴大と夫婦役でキスシーンも!?「また別の作品で共演したいです」とにっこり!”. シネマトゥデイ (2012年1月16日). 2013年5月26日閲覧。
  36. ^ 杏、“月9”初主演で前髪バッサリ「イメチェンしました」”. ORICONSTYLE (2014年11月28日). 2014年11月28日閲覧。
  37. ^ Wお帰り!杏、腸炎乗り越え仕事復帰&主演連ドラがSPで半年ぶり復活”. SANSPO.COM (2015年8月30日). 2015年8月30日閲覧。
  38. ^ 佐々木希×菅田将暉×市原隼人×杏×木村佳乃ら!中村倫也主演作に主役級キャスト集結”. シネマトゥデイ (2015年6月30日). 2015年6月30日閲覧。
  39. ^ 杏、映画初主演 驚愕のバイオリン演奏披露”. News. モデルプレス (2015年10月10日). 2015年10月10日閲覧。
  40. ^ “杏さん、初舞台・初ミュージカルの「ファントム」で熱唱 - ステージレビュー”. asahi.com (朝日新聞社). (2010年11月3日). http://www.asahi.com/showbiz/stage/spotlight/OSK201011030032.html 2016年6月14日閲覧。 
  41. ^ どんなときも。」を槇原敬之、堂本ブラザーズバンドとコラボレーション。これが、テレビでの歌初披露となる。建さんの掲示板 MD report 110510 若葉の頃”. フジテレビ. 2011年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年5月31日閲覧。
  42. ^ このコラボレーション終了の瞬間が同番組瞬間視聴率ランキング第5位で12.0%だった。2014年8月24日放送#617「持ってる奴は誰だ!? 瞬間最高視聴率ベスト20”. 新堂本兄弟. フジテレビ. 2015年5月7日閲覧。
  43. ^ 「どんなときも。」を堂本光一・槇原敬之とコラボレーション。
  44. ^ “映画『エクソダス:神と王』日本語版で杏がモーゼの妻役に”. http://cinema.pia.co.jp/news/165824/60666/ 2014年12月17日閲覧。 
  45. ^ 杉浦日向子原作のアニメ映画「百日紅 〜Miss HOKUSAI〜」主演は杏”. コミックナタリー (2015年1月20日). 2015年1月20日閲覧。
  46. ^ 家庭電器事業のイメージキャラクターを「杏」に統一”. ニュースリリース. 三菱電機 (2013年8月22日). 2015年5月8日閲覧。
  47. ^ 松竹梅白壁蔵「澪」スパークリング清酒 TVCM「澪・誕生」篇”. ニュースリリース. 宝酒造 (2013年10月1日). 2015年5月8日閲覧。
  48. ^ ライオン「世代臭」消す洗剤、CMに杏さん起用”. SankeiBiz (2014年9月23日). 2014年9月24日閲覧。
  49. ^ ユニクロ、杏と世界で活躍する女性が服へのこだわりを語る新CM「洗練されたウール」篇とメイキングを動画公開!”. navicon (2014年9月23日). 2014年9月28日閲覧。
  50. ^ 「ザ・パークハウス 中之島タワー」始動 (pdf)”. ニュースリリース. 三菱地所レジデンス (2015年2月24日). 2015年5月8日閲覧。
  51. ^ 星野源、本人出演ユーキャンCM曲歌う”. ORICON STYLE (2015年12月9日). 2015年12月9日閲覧。
  52. ^ 「第80回記念スペシャル 発表! ザテレビジョンドラマアカデミー賞」、『ザテレビジョン』第20巻19号(2014年5月16日号)、KADOKAWA2014年5月16日、 6-12頁。
  53. ^ 杏が橋田賞新人賞を受賞”. スポーツ報知 (2015年4月4日). 2015年6月3日閲覧。
  54. ^ 第52回ギャラクシー賞入賞作品一覧”. 放送批評懇談会. 2015年6月3日閲覧。
  55. ^ 杏、ギャラクシー賞個人賞!フジ「デート」などの演技評価”. SANSPO.COM (2015年5月26日). 2015年6月3日閲覧。

外部リンク