森下典子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森下 典子(もりした のりこ、1956年5月3日[1] - )は、日本のエッセイスト日本文藝家協会会員。

概要[編集]

神奈川県出身。精華小学校、横浜雙葉中学校・高等学校、日本女子大学文学部国文学科卒業。

週刊朝日』のコラム執筆を経て、1987年その体験を記した『典奴(のりやっこ)どすえ』を出版。それ以後、ルポ、エッセイなどを執筆している。

著書[編集]

  • 『典奴(のりやっこ)どすえ(1987年、角川書店/1990年、角川文庫
  • 『典奴ペルシャ湾を往く』(1988年、文藝春秋
  • 『典奴の日本遊覧』(1991年、文藝春秋)
  • 『恋はまだ始まったばかり』(1992年、大和書房
  • 『典奴のぷるっときた話』(1993年7月、立風書房
  • 『デジデリオラビリンス―1464・フィレンツェの遺言』(1994年、集英社/『デジデリオ』2000年、集英社文庫)『前世への冒険―ルネッサンスの天才彫刻家を追って』(改題、加筆し再編集したもの)
  • 日日是好日-「お茶」が教えてくれた15のしあわせ-』(2002年、飛鳥新社/2008年、新潮文庫
  • 『いとしいたべもの』(2006年、世界文化社)のち文春文庫
  • 『ひとり旅の途中』(2007年、幻冬舎
  • 『いっしょにいるだけで』(2011年、飛鳥新社)『猫といっしょにいるだけで(2014年、新潮文庫)
  • 『こいしいたべもの』(2017年、文春文庫)
  • 『好日日記-季節のように生きる-』(2018年、PARCO出版)
  • 『好日絵巻-季節のめぐり、茶室のいろどり-』(2020年、PARCO出版)

森下典子を演じた人物[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.467

外部リンク[編集]