高嶋政宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「髙嶋政宏」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
たかしま まさひろ
髙嶋 政宏
本名 髙嶋 政宏
生年月日 (1965-10-29) 1965年10月29日(51歳)
出生地 日本の旗 日本 東京都世田谷区
身長 185 cm
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル 舞台・テレビドラマ・映画
活動期間 1987年 -
配偶者 シルビア・グラブ2005年 ‐ )
著名な家族 高島忠夫(父)
寿美花代(母)
高嶋政伸(弟)
高嶋弘之(叔父)
高嶋ちさ子(従妹)
事務所 東宝芸能
公式サイト 東宝芸能によるプロフィール
主な作品
テレビドラマ
純ちゃんの応援歌
同窓会
山岳救助隊・紫門一鬼
ストロベリーナイト
S -最後の警官-
映画
トットチャンネル
BU・SU
ゴジラvsメカゴジラ
ヤマトタケル
舞台
レ・ミゼラブル
エリザベート

髙嶋 政宏(たかしま まさひろ、1965年10月29日 - )は、日本俳優である。東京都世田谷区出身。成城学園中学校高等学校成城大学法学部卒業。身長185cm、体重78kg。東宝芸能所属。父は高島忠夫、母は寿美花代。弟は高嶋政伸。妻は女優のシルビア・グラブ

略歴[編集]

幼少時は東京と神戸の祖父母のところと半々の生活だった[注 1]

成城学園中学校高等学校を経て、成城大学法学部在学中の1987年、映画『トットチャンネル』で俳優デビュー。同作及び映画『BU・SU』での演技により第61回キネマ旬報ベスト・テン新人男優賞や第42回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞、第30回ブルーリボン賞新人賞、第11回日本アカデミー賞新人俳優賞、第12回報知映画賞新人賞などを受賞。テレビドラマでは『純ちゃんの応援歌』で人気を得るが、1993年の『同窓会』が世間に強烈なインパクトを残し、自身も役の幅を広げる。

以降、『山岳救助隊・紫門一鬼』シリーズや『レ・ミゼラブル』、『ヤマトタケル』などで活躍。

両親・弟と東宝芸能に所属している。

私生活では、2000年のミュージカル『エリザベート』初演での共演をきっかけに交際していた女優シルビア・グラブ2005年に結婚[2]。シルビアの誕生日である7月17日に婚姻届を提出し、7月30日ハワイマウイ島にて挙式した[3]

趣味[編集]

3歳から駅弁が好き。高校から大学までアメフト部に所属していた。アオメキバタンを雛から育てている。スカパー!旅チャンネルのファン[4]

熱烈なロック通[編集]

幼いころにキッスの影響を受けてから無類のロック好きである。CDも5000枚以上所持していると言われ、キッスのアイテムを300点以上保持している。歌手としてCDを出していた時期があり、その際に自身のシングル「こわれるくらい抱きしめたい」のB面でキング・クリムゾンの楽曲「スターレス」をカヴァーしたり、ロックバンドでベースを演奏していたこともある(最初はエレキギターをやりたかったが、父親に「不良になる」と却下された)。

テレビ東京『ROCK FUJIYAMA』に出演した際には、プログレッシブ・ロック(前述のキング・クリムゾンに代表される音楽ジャンル)に対する愛を語り、その意外性が話題となった。その番組ではロックの話をする際に、内容があまりにもマニアックなものもあったため、鮎貝健SHELLYを始めとする共演者でさえも誰も話題についていけないほどで、キング・クリムゾンの楽曲名とかけた「スターレス髙嶋」と呼ばれ、非ミュージシャンながらも『ROCK FUJIYAMA』に3度の出演を果たし、番組最多出演ゲストとなった。その関係で、番組初登場後のあまりの反響ぶりから、キング・クリムゾンのベストアルバム『濃縮キング・クリムゾン』(en:The Condensed 21st Century Guide to King Crimson)の国内盤ライナーノーツを担当した。また、うつ病を患って入院し、回復しつつあった病床の父・忠夫の前で「スターレス」を歌ったことも告白したことがある。

なお、同番組ではマイケル・シェンカー・グループイエスAC/DCの来日公演を観た話をして、マーティ・フリードマンROLLYと共にこれら3バンドの曲をベースを弾きながらセッションした。

1989年にはのちにCOSA NOSTRAを結成する桜井鉄太郎とともにユニット「Real Pop Organizers」を結成。アルバム『R.P.O』をリリースしている。

また、2007年5月26日には『ROCK FUJIYAMA』以外で初めて、「スターレス髙嶋」名義でJ-WAVEの『東京REMIX族』への出演も果たしている。同番組でも、ロックへの愛を熱く語ったことはもちろんだが、プログレ初心者の中川翔子から「初心者にお勧めは?」と聞かれ、「やっぱりクリムゾンの『レッド』ですかね!!」と答え、山田五郎には「『宮殿』からじゃダメなんだ? うら若き乙女に『レッド』からいかせるなんて…」と突っ込まれた。[5]

パンク・ロックニュー・ウェイヴのファンでもあり、好きなバンドにセックス・ピストルズXTCテレヴィジョンワイヤーを挙げている。

音楽と人1994年8月号のインタビューにおいては更に日本のニューウェーブバンドにも触れており突然ダンボールフリクション不正療法などのバンド以外にもグレイトフル・デッドザ・バンドイーグルスドゥービー・ブラザーズなどアメリカンロックも挙げておりインタビュアーの市川哲史をして「(記事中のバンドの解説は)あまりにも膨大なので説明不能。すまん。」と注釈を付けるほどの知識を有している。

2008年2月10日には、舞台『ベガーズ・オペラ』に出演のため滞在していた大阪市で、ポリス大阪ドーム公演にも足を運んだ。

鹿児島通[編集]

自他共に認める「鹿児島通」である。年に何度もプライベートで来訪しており、穴場に関しては地元の観光関係者が舌を巻くほどの詳しさである。その一部は2008年3月『はなまるマーケット』の「はなまるカフェ」に出演した際に自身より紹介されていた。また近年は鹿児島が舞台の映画に地元民の役柄で出演する事も多く流暢な唐芋普通語を披露している。さらに地元の人も知らないラーメン屋やさつま揚げ屋など詳細な鹿児島通には地元の人も驚く。映画「チェスト」での鹿児島弁は事前に鹿児島に入り、地元住民を焼酎を酌み交わしながら覚えた。鹿児島人にも「高嶋さんの鹿児島弁は完璧だ」と役者魂を出した。

通販[編集]

20年来の通販フリーク。ついつい通販で購入してしまう

エピソード[編集]

中学時代に同級生とバンドを結成。同級生のツテでライブハウスで前座を勤める。ギャラは飲食代。 ビジーフォーの前座もしたが、高島忠夫の息子とは周囲は知らず、後にモト冬樹と共演した際に言って驚かれる。 叔父のような音楽関係職を希望しており、権利の勉強のため大学は法学部。一時期弁護士を目指していた。 大学の文化祭でモデル事務所にスカウトされる。パーティスナップが雑誌に載り、今の事務所東宝より声がかかり在学中にデビュー。 弟政伸は政宏の付き人を一年やり、政宏の紹介で役を射止めデビューした。

大野智は夜中に呼び出して来てくれるという。

2010年3月からアデランスの「アデランスは誰でしょう?」の第2弾CMに新庄剛志八嶋智人と共に出演。正解は高嶋で、頭の真ん中の頭頂部までをさかやきの様に剃り上げ、まるで落ち武者のような髪型で登場した。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

バラエティ番組ほか[編集]

  • でたらめ天使(1990年4月 - 9月、フジテレビ)
  • サンデーピアス(1990年10月 - 1991年3月、TBS)
  • ヒットパレード'90s(1990年10月19日 - 1991年3月29日、フジテレビ) - 司会
  • ひるおび!(2009年4月 - 2009年9月、TBS) - 木曜レギュラー
  • THE 料理王(2010年2月2日・11月5日) - 総合司会
  • 洋楽倶楽部80's(2010年3月11日 - 2012年8月26日、NHK) - 司会
  • コントの劇場 〜The Actors' Comedy〜(2014年5月23日、NHKBSプレミアム)
  • 髙嶋政宏の旅番長 / カンボジア縦断トゥクトゥク旅(2013年、旅チャンネル)
    • 激走のスリランカ編(2014年)
    • 熱風!アジア縦断編(2015年)
  • ざっくりまとめました〜まさかのピンチ解決マニュアル!?〜 (2016年3月24日、フジテレビ)

映画[編集]

オリジナルビデオ[編集]

1995年

  • 野獣 地獄からの生還 - 主演

舞台[編集]

ラジオ[編集]

CM[編集]

PV[編集]

テレビアニメ[編集]

2005年

劇場アニメ[編集]

1997年

2009年

ディスコグラフィ[編集]

全てのシングル、アルバム共に現在は廃盤

シングル[編集]

  1. 胸が痛い(1992年)
  2. 誰よりも(1992年)
  3. 泣きやまないで(1992年)
  4. こわれるくらい抱きしめたい(1993年)

アルバム[編集]

  1. 高嶋政宏〜British Green〜(1992年)
  2. KINGDOM MAN(1993年)
  3. ZERO(1994年

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 阪神・淡路大震災では、の実家が全壊したと『阪神・淡路大震災から15年 神戸新聞の7日間 〜命と向き合った被災記者たちの闘い〜』撮影に当たって明かした[1]
  2. ^ 新庄剛志八嶋智人と競演。第63回広告電通賞で3賞受賞「テレビ広告電通賞」「最優秀賞(新聞流通・ファッション部門)」「キャンペーン賞」。

出典[編集]

  1. ^ 「阪神・淡路大震災から15年 神戸新聞の7日間〜命と向き合った被災記者たちの闘い〜」神戸新聞関連ページ
  2. ^ ““妻”は早くも高島ファミリー!高嶋政宏、婚約会見”. ZAKZAK. (2004年12月14日). http://www.zakzak.co.jp/gei/2004_12/g2004121408.html 2016年5月13日閲覧。 
  3. ^ “高嶋ファミリー大喜び!…高嶋政宏が結婚”. サンケイスポーツ. (2005年7月21日). オリジナル2006年2月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060202081651/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200507/gt2005072101.html 2016年5月13日閲覧。 
  4. ^ 2011年10月3日放送のネプ大リーグでのコメント
  5. ^ 東京REMIX族
  6. ^ “月9「信長協奏曲」に藤木直人らの出演が決定!”. ウォーカープラス. (2014年9月21日). http://news.walkerplus.com/article/50561/ 2014年9月21日閲覧。 
  7. ^ 東山紀之、テレ朝“水9”刑事ドラマ枠初登場 豪華共演者にうれしい悲鳴”. ORICON (2015年5月25日). 2015年5月25日閲覧。
  8. ^ 中川大志、ドラマ『監獄学園』主人公に決定 出演者に柄本時生、山崎紘菜ら”. ORICON (2015年9月5日). 2015年9月26日閲覧。
  9. ^ Hey!Say!JUMP・中島裕翔、異色刑事役に挑戦 演出は堤幸彦監督”. ORICON STYLE (2015年10月19日). 2015年10月20日閲覧。
  10. ^ キャスト プロフィール”. 映画『信長協奏曲』 公式サイト. 2016年1月23日閲覧。
  11. ^ J-CASTトレンド
  12. ^ “雪の女王”. トムス・エンタテイメント. http://www.tms-e.co.jp/search/introduction.php?pdt_no=129 2016年5月6日閲覧。 

外部リンク[編集]