蒲原氏徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

蒲原 氏徳(かんばら うじのり、生年不明 - 永禄3年5月19日1560年6月12日))は、戦国時代武将今川氏の家臣。駿河国蒲原城主。蒲原満氏の子。

蒲原氏は今川氏の庶流。今川範国の三男・氏兼の次子である頼春を祖とする。

天文5年(1536年)、父・満氏が死去すると家督を継ぎ、蒲原城主となる。その後、今川氏第11代当主・今川義元に仕え、天文18年(1549年)の安城合戦で大将を務め戦功を上げたが、永禄3年(1560年)の桶狭間の戦いで戦死した。

関連作品[編集]

映画