ラヴィット!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラヴィット!
LOVE it!
ジャンル 帯番組
生活情報番組バラエティ番組
演出 山口伸一郎(総合演出)
司会者 川島明麒麟
田村真子TBSアナウンサー
出演者 本文参照
ナレーター 水田わさび
田中沙耶
ほか
オープニング サンボマスター
「ヒューマニティ!」
エンディング 同上
製作
エグゼクティブ・
プロデューサー
小林弘典
プロデューサー 辻有一
編集 TBSアクト
制作 協力
TBSスパークル
吉本興業
製作 TBSテレビ
放送
放送チャンネルJNN
映像形式リアルタイム字幕放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2021年3月29日 -
放送時間月曜 - 金曜 8:00 - 9:55
放送枠TBSテレビ系列平日午前のワイドショー枠
放送分115分
公式サイト
番組年表
前作グッとラック!
関連番組はなまるマーケット
テンプレートを表示

ラヴィット!』(英語: LOVE it!)は、TBS系列(JNN)で2021年3月29日から毎週月曜日 - 金曜日の8:00 - 9:55(JST)に生放送されている帯番組情報バラエティ番組である。

概要[編集]

2019年9月30日から1年半にわたって放送されたワイドショーグッとラック!』の後継番組で、番組タイトルの「ラヴィット」は「お気に入り」を意味する英語の"Love it"に由来。「日々の買い物や食事、住まい、お出かけ情報など、暮らしが10倍楽しくなるきっかけを届けるライフスタイルバラエティー」という触れ込みで[1]川島明麒麟)と田村真子(TBSテレビアナウンサー)がMCを務める。

ジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』や『王様のブランチ』などを手掛けるTBSテレビコンテンツ制作局[注 1]のバラエティ班が制作する、生活情報番組バラエティ番組を組み合わせた情報バラエティ番組で[2]、川島が所属する吉本興業が制作に協力。各曜日のレギュラー出演者にも、同社から多数のタレントやお笑いタレント(以下「芸人」)を起用している[3]。『グッとラック!』の出演者からは、番組終了の時点でコーナーレギュラーだったギャル曽根が、木曜日のスタジオレギュラー[注 2]として出演している。

原則として、番組終盤(9時51分頃)に放送している定時ニュース(JNN NEWS[注 3]を除いて、本編ではいわゆる「時事ネタ」を扱わない(例外については後述)。

番組開始までの経緯[編集]

TBS系列の平日8・9時台では、テレビ東京を除く他の民放テレビ局と同様にワイドショーが全国に向けて長らく放送されていたが、元来TBS→TBSテレビは日本テレビテレビ朝日フジテレビとは異なり、平日朝のワイドショー制作への参入と撤退を過去に2度、今回で3度にわたって繰り返している。

最初の撤退は平日朝のワイドショーに初参入した『おはよう・にっぽん』の終了から1971年4月期の『モーニングジャンボ』(2度目の参入)開始まで2年半のブランクが出来たことによる。その後、いわゆる「TBSビデオ問題」の余波による再撤退(11年10ヶ月間にわたって放送されていた『モーニングEye』の終了)を経て、1996年9月30日からはワイドショー色を完全に廃した生活情報番組として『はなまるマーケット』(以下『はなまる』)[注 4]を17年半にわたって放送。2014年3月31日から開始した『いっぷく!』でもこの路線を引き継いでいたが、半年後(同年10月改編)から報道・時事問題を中心に扱うようになったことを機に、ワイドショー路線へ回帰(事実上の3度目の参入)。後継番組(2015年4月改編から開始の『白熱ライブ ビビット』シリーズ〈正式な3度目の参入〉→2019年10月改編から開始の『グッとラック!』)もワイドショーとして編成されたが、視聴率の好転につながることはなかった。

最終的にTBSテレビは2020年末に『グッとラック!』の終了と平日朝のワイドショー制作からの再々撤退を決定[4]し、当該時間帯の番組制作を情報制作局[注 1]からコンテンツ制作局へ移管。『はなまる』をモデルとし、コンテンツ制作局で『ジョブチューン』など手掛けるバラエティ班を主体に「(生活)情報バラエティ番組」として当番組の立ち上げに至った。このような経緯から、初代チーフプロデューサーの小林弘典は、制作発表の時点で「ニュースを一切扱わず、ワイドショーのような番組にもしない」という姿勢を示した[5]。初代MCの川島も過去の経験[注 5]から「ニュースとワイドショーには一切出演しない」ことを決めているため、MCへのオファーを受けた際にはマネージャーに「ワイドショーなら絶対に(出演)しない」と返答。TBSテレビ側は「(生活情報だけを扱いつつも)『めちゃくちゃ』バラエティ番組にしてほしい」とオーダーしたものの、MCとしての報道フロアにいる『JNN NEWS』担当アナウンサーとのやり取りの可否を問うと川島は「これをしだすと自分に嘘をつくことになるので出来ない」と即答。「(生活)情報番組のMC」としてではなくあくまでも「バラエティ番組のMC」としてオファーを受諾したという[6]

ちなみに、番組開始前の報道では、仮タイトルとして『SUNNY』[4][2]や『SUNNYです!』[注 6][7]、川島のパートナー(女性MC)としてSHELLY[注 7][8]の名が挙がっていた。

「生活情報を扱う大喜利番組」への転換[編集]

番組の放送開始直後から、クイズ、番組キャラクターのラッピーによる無茶振り、視聴者プレゼントのキーワード等(いずれも後述)が事実上の大喜利へと発展することがお約束と化している(経緯については後述)。川島はMCとして共演者のボケ回答に的確なツッコミを入れてフォローするだけでなく、共演者が進行するコーナーでは自身も回答者としてボケ回答を繰り出す、プレイングマネージャーに近い立場にある[9]

そのため、平日朝に生放送される「生活情報番組」でありながら、出演者(春日俊彰オードリー[注 8]等)や芸能人視聴者(奥森皐月[10][注 9]等)も含め「バラエティ番組」を通り越し「大喜利番組」と認識されることもしばしばあり[11]、「情報番組の皮をかぶった大喜利バラエティ番組」「日本一早い大喜利番組[注 10]」とまで評されている[9]

ツッコミを入れてもフォロー出来ない程明らかにスベった回答、川島or進行担当を不機嫌にさせるような回答、情報番組として不適切と思われる回答、お題に対して川島がNGワードと決めていた回答[注 11]、微妙な空気にさせる回答[注 12]等をした場合には、芸人以外でもその場に起立させられたり、カメラに背を向けさせられたりする等のペナルティを科されることがあり、その采配は川島or進行担当に一任されている。

『水曜日のダウンタウン』とのコラボレーションによるドッキリ企画[編集]

本番組の「大喜利路線」が広く知られるようになったのは、TBSテレビの制作で2021年10月20日に放送された『水曜日のダウンタウン』(以下、『水ダウ』)内の企画「生放送の裏で色々やってましたスペシャル」において、1週間前(13日)に本番組へ「遠隔操作ドッキリ」を仕掛けていたことが明かされてからである。

10月13日の本番組には、ゲストで出演したあのが、クイズコーナーでボケ回答を連発することによって川島や共演者を翻弄した。放送中にはボケ回答がドッキリによるものだったことが明かされなかった[注 13]が、同日夜に放送された『水ダウ』の翌週(20日)放送分の予告において、後述する「大喜利芸人」からの遠隔操作によるものであることが初めて公にされた[12][13]

『水ダウ』では千原ジュニア千原兄弟)が提唱した「『ラヴィット!』の女性ゲストを大喜利芸人軍団が遠隔操作すれば、レギュラーメンバーより笑い取れる説」の検証として、大喜利芸人たちが別スタジオから、生放送中のあのにリモートでボケ回答を指示し、あのはその指示に従って一連のボケ回答を発言するというドッキリを本番組に仕掛けた。別スタジオでの進行役は千原が務め、大喜利回答者にくっきー!野性爆弾、金曜レギュラー)・春日俊彰(オードリー、常連ゲスト)・粗品霜降り明星、ゲスト出演経験あり)・西田幸治笑い飯、決行時点でゲスト出演経験なし)の4人と、川島の相方である田村裕(麒麟、決行時点でゲスト出演経験なし)が参加し、本番組のプロデューサーなどにしか知らされていないという状況だった。

『水ダウ』放送後、ネット上では「声出して笑った」「あのちゃん面白すぎた」「あのちゃんをキャスティングした人すごい」など、企画やあのを称賛するコメントが多く寄せられた[14]

同企画では「チーソーの赤い部分」というボケ回答があったが、その後も本番組内ではしばしば食べ物の大きさを比較する基準(他所ではタバコの箱などが用いられる)に麻雀牌のチーソー(七索)が用いられるという番組スタッフの悪戯が見られる[15]

出演者[編集]

☆は担当期間中TBSテレビの現職アナウンサー

レギュラー出演者[編集]

出典[16][17]
月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
MC (ラヴィット!MC)
川島明麒麟
田村真子
曜日レギュラー
馬場裕之ロバート
ぼる塾[注 14]あんり[注 15]きりやはるか田辺智加
本並健治[注 16]丸山桂里奈夫妻
ビビる大木
若槻千夏
柴田英嗣アンタッチャブル
見取り図盛山晋太郎リリー
矢田亜希子[注 17]
石田明NON STYLE[注 18][注 19]
ニューヨーク嶋佐和也屋敷裕政[注 20]
ギャル曽根
横田真悠[25][注 21]
くっきー!野性爆弾
近藤千尋[注 22]太田博久ジャングルポケット)夫妻[注 23]
東京ホテイソンショーゴたける[25][注 24]
隔週レギュラー  
ミキ昴生亜生
アインシュタイン稲田直樹河井ゆずる[31][注 25]
EXIT兼近大樹りんたろー。[注 26]
宮下草薙草薙航基宮下兼史鷹[注 27]
宮舘涼太Snow Man
佐久間大介(Snow Man)[注 28]
ラヴィット!ファミリー[注 29]
樋口日奈乃木坂46[34] 守屋麗奈櫻坂46[35][36][注 30]
コーナーレギュラー[注 31]
すゑひろがりず[注 32][注 33](三島達矢・南條庄助)
あばれる君[注 34]
井上裕介(NON STYLE)[注 35]
ニュースコーナー(全員☆、2名は隔週)
若林有子[注 36]
渡部峻[注 37]
南波雅俊[注 38] 山形純菜
皆川玲奈
近藤夏子
高野貴裕
赤荻歩

不定期出演者[編集]

レギュラー出演者の他にも多くの芸人が、レギュラー出演者が欠席の場合や「ラヴィット!ファミリー」が不在の曜日などにスタジオ出演、またはロケ企画で進行役として出演している。例として、スタジオ出演で春日俊彰オードリー)、食べ物関係等でおいでやすこがなど、ほぼ準レギュラーのように多く出演するケースも多い。2021年10月より隔週レギュラーのアインシュタイン、コーナーレギュラーのすゑひろがりず・あばれる君についても、レギュラー前にも同様に多くゲスト出演していた。ロケ企画については、ロケ出演が豊富な芸人が重宝される傾向にあり、カミナリU字工事なすなかにし等が多く出演している。

中でも春日は頻繁にスタジオ出演しており、番組開始から僅か3ヶ月の2021年7月19日放送での出演を以て、月曜日から金曜日まで全曜日でのスタジオ出演を果たした[注 39][37]。ゆえに事実上の準レギュラー。その上、同年8月26日・27日に連続出演するなど、全曜日達成以降も出演ペースは変わらず[38]、同年12月1日放送回から「Mr.ラヴィット!」を自称するようになった。但し、春日は一度もロケに参加したことがない。

後述する視聴者プレゼントのキーワード(2021年6月15日放送)で「チャンカワイ」(Wエンジン)が大きな話題になり[注 40][39]、その後チャンカワイが頻繁にロケゲストとして(主に火曜のファッション関連のコーナーに)出演している。こちらも元々ロケ出演が豊富であるため、重宝されている。ただし春日とは逆に、チャンカワイは一度もスタジオに出演したことがない。

コンビ・トリオからピンで出演しているレギュラー出演者についても、その相方・他のメンバーが度々スタジオないしロケでゲスト出演している[注 41]

過去のレギュラー出演者[編集]

ラヴィット!ファミリー[編集]

出演者 曜日 出演期間
小宮璃央[40] 2021年3月29日 - 5月24日
加藤史帆日向坂46[41] 2021年3月30日 - 5月25日
影井ひな[42] 2021年3月31日 - 5月26日
細田佳央太[43] 2021年6月2日 - 7月21日[注 42]
高本彩花(日向坂46)[27] 2021年6月1日 - 7月27日
横田真悠[26][27] 2021年4月1日 - 7月29日[注 43]
松田好花(日向坂46)[45][注 44] 2021年8月2日 - 9月20日[注 45]
ねお[46] 2021年8月10日[注 46] - 9月28日
大友花恋[47][注 47] 2021年8月11日[注 48] - 9月29日

マンスリーゲスト[編集]

2021年4月から9月までの金曜日には、マンスリーゲストとしてジャニーズ事務所所属のタレントが出演していた。10月以降はSnow Manのメンバーが火曜に出演のため、事実上移行している。

出演者 出演期間
Snow Man[注 49][48] 2021年4月2日 - 4月30日
ジャニーズWEST[注 50][49][50] 2021年5月7日 - 5月28日
河合郁人A.B.C-Z[注 51] 2021年6月4日 - 6月25日
SixTONES[52][注 52][注 53]
田中樹髙地優吾ジェシー
2021年7月2日 - 7月30日
Kis-My-Ft2[53][注 54]
横尾渉宮田俊哉二階堂高嗣千賀健永
2021年8月6日 - 8月27日
ジャニーズWEST[54][注 55]
重岡大毅濵田崇裕神山智洋藤井流星
2021年9月3日 - 9月24日

占い監修[編集]

占い監修については、後述する答え合わせの成績を記載。勝敗と結果は、最終出演までの通算成績。

占い監修 占いの種類 出演期間 勝敗 結果
アポロン山崎 星座占い 2021年5月17日 - 6月30日 18勝15敗 勝ち越し
イヴルルド遙華 2021年7月1日 - 7月30日 8勝13敗 負け越し
シウマ 誕生月占い 2021年8月2日 - 8月31日 13勝6敗 勝ち越し
2021年9月1日 - 9月17日[注 56] 7勝6敗 勝ち越し

ニュース担当[編集]

出演者(全員☆) 曜日 出演期間
篠原梨菜 金(隔週) 2021年4月 - 9月
野村彩也子
山本里菜[注 57] 月(隔週)
喜入友浩

過去のMC代役[編集]

出演者 曜日 出演期間 理由 備考
山本里菜☆[55] 2021年4月26日 田村真子の体調不良 当時、月曜ニュース担当[注 58]
松田好花(日向坂46)[56] 2021年10月25日 田村真子の夏季休暇[注 59] 2021年8 - 9月度月曜ラヴィット!ファミリー。
加藤史帆(日向坂46)[57] 2021年10月26日 2021年4 - 5月度火曜ラヴィット!ファミリー。
守屋麗奈(櫻坂46)[58] 2021年10月27日 当時、水曜ラヴィット!ファミリー。
横田真悠[59] 2021年10月28日 当時、木曜レギュラー。
濵田崇裕(ジャニーズWEST)[60] 2021年10月29日 2021年5月・9月のマンスリーゲストをジャニーズWESTが担当。
男性2人ペアによるMCは番組史上初。

コーナー・企画[編集]

◆は前述の通り「問題」が「お題」とみなされ大喜利状態が発生するコーナー・企画。

タイムテーブル[編集]

タイムテーブル (2021年10月以降)
時刻 コーナー
概ね 8:00 - 8:25 頃 オープニング
(放送当日の出来事・記念日に因んだお気に入りの物を、1人1人紹介)
概ね 8:25 - 9:00 頃 ラヴィット!ランキング
概ね 9:00 - 9:50 頃 曜日別コーナー
概ね 9:50 - 9:53 頃 最新のニュース(JNN NEWS)
概ね 9:53 - 9:55 エンディング
(翌日・翌週月曜の企画紹介、ゲストの出演番組告知等)

本番組のタイムテーブルは生放送を前提に製作しているため、コーナーの開始時間が異なったり、コーナーが前後に交互する場合がある。開始当初の2週間程度は「ラヴィット!ランキング」が冒頭で、その後に曜日別コーナーの編成だった。その後も曜日別コーナーと「ラヴィット!ランキング」の時間が入れ替わったり、不定期コーナーが挟まれる場合がある。

全曜日放送[編集]

  • ラヴィット! ランキング◆
    • 番組開始第1週のみ、タイトルが「プロのお気に入り教えます! ラヴィット! ランキング」で固定だった。以後は、食べ物を扱う場合は「プロが選ぶ1番おいしいモノは? ラヴィット! ランキング」。食べ物以外の場合(文房具玩具日用品、生活雑貨など)は「プロのお気に入り教えます! ラヴィット! ランキング」として放送される。
    • スーパーマーケットコンビニエンスストアファミリーレストラン等に並ぶ膨大な商品を超一流の料理人3人 - 5人が商品を全て食べたり、テーマに関連したプロや専門家が吟味して、1人1商品につき10点満点で採点していき、番組独自のランキングを作成して発表していく。ただし食べ物の場合は、商品が30種類を超えるような場合も多く全てを食べることは難しいため、売上上位の商品[注 60]、商品開発担当がお勧めする15 - 20商品程度に絞り込んで、これらの中から料理人が採点する。
    • スタジオではレギュラー出演者やゲストが、当日のランキングに関する賞品[注 61]や、VTRで登場した商品やアレンジレシピの試食を賭けたクイズが行われることがある。いずれの場合も前述の通り大喜利状態が発生する。
      • 事前に候補となる20種類程度の商品が例示されている場合は、1位と思う商品をフリップに書いて予想するコーナーがある。番組開始当初は全曜日で実施していた。以下のようなお約束の展開があり、これらが発生する水曜や金曜は継続して予想が行われている。それ以外の曜日は、予想が発生しない生活雑貨などのランキングに充てることが多い。
        • 水曜のリリーが、何かしらの予想を回答に混ぜる。
          • 2021年11月までは、競馬の予想風に、本命と大穴の2商品を挙げて回答していた(競馬予想風の専用フリップが用意されている)。なお、仮に大穴予想が1位になった場合には正解とは認められないため賞品もなしとなる[注 62]
          • 2021年12月からは、他の出演者同様に1つの商品予想に戻したが、その商品が1位になった場合のBGMの曲名を予想するようになった。
        • 金曜の東京ホテイソンが、(候補となる商品やランキングのジャンルとは関係ない)有名な企業・ブランド・商品のロゴ・書体をもじった回答を行う(いわゆる「書体ボケ」)。
        • 金曜のくっきー!が、候補となる商品名から連想した、オリジナルのキャラクターを生み出して回答する。ただし殆どの場合、元々の商品名から相当に改変されているため、元ネタとなった商品名が分からずに川島が聞き返すこともしばしばある。
      • ランキング途中のクイズは挙手制で解答する(後述する曜日別コーナー内でも行われる)。
    • 日によっては、3人の料理人・プロがそれぞれベスト3を選ぶ場合や、3つのジャンルに分けてそれぞれでベスト3を選ぶ形式をとる場合もある。この場合は1位が複数あり、候補となる商品も例示されないため、スタジオでの1位予想は行わない。
    • 日によっては、ランキングの途中で番外編(当日のランキングと同ジャンルだがスーパーやコンビニでは買えないようなお取り寄せグルメを紹介、ランキングした商品を使ったアレンジレシピ・利活用法など)が挟まれる場合がある。中でも前述のおいでやすこがによる『ラヴィット! 暮らしのキッチン便り』(アレンジレシピを、こがけんが実際に調理)など、定番になっているものもある。
    • 日によっては、プロの料理人が作ったアレンジレシピ料理・プロが1つのテーマに沿って選んだグルメをスタジオで試食し、スタジオ内の出演者投票で1位を決めることもある。この場合は「ラヴィット!ランキング」を名乗らずに、「美食家たちの絶品!プレゼングルメNo.1決定戦!」のタイトルで放送される場合もある。
    • コーナー主旨の関係上、毎回特定の企業やブランドの商品を取り上げる為、レギュラー出演者が同業他社のCMに出演している等の諸事情(大人の事情)が発生する場合があった(番組開始当初の、2021年4月のみ)[61][62]。その場合は、該当者本人が1位の商品の予想の辞退を表明した後、コーナー中はトークなどには参加せず見学のみ(ラッピーの無茶振りも無し)となり、出演者全員による試食も該当者のみ行わない[注 63]。また、1位の商品の予想の辞退を表明した後に該当者がこのコーナーのみ退席する場合もある[注 64]
  • 最新のニュース(JNN NEWS
    • 最新のニュースを報道フロアから伝える。ニュースの前に担当アナウンサーをMCの田村真子がフルネームで呼び出してから、ニュースが始まる形式を採用している。ニュースのテロップなどはJNN NEWSのテロップを使用している(JNNのウォーターマークあり)が、マスター送出の時刻表示は本番組のカスタム表示(後述の通り、実際にはネット局による)をそのまま使用している。
    • 川島は前述の通り、報道フロアにいる担当アナウンサーとスタジオにいる自身の間でニュースに関するやり取りをしただけでも「ニュースとワイドショーには一切出演しない」という自身のポリシーに抵触すると考えているため、そのやり取りは勿論担当アナウンサーの呼び出しも含め一切関与しない。
    • 後述のとおり、臨時ニュースがあった場合にはこちらのニュースをカットすることもある。

曜日別コーナー[編集]

週替わり(概ね隔週)でいずれかを放送。不定期で、これらのコーナーで紹介されたグッズなどが視聴者プレゼントとなることがある。応募にはTwitterアカウントが必要で番組公式Twitterをフォローのうえ、出演者の1人が発表したキーワードを加えて応募用ツイートを引用リツイートする形式で応募する。このキーワードについても大喜利状態が発生し、当日の放送内で特徴的だった発言を切り取ったものもあれば、当日の放送内容とは全く関係のない内容が飛び出すこともある(前述の「チャンカワイ」等)[39]。そのため、日によってはこうしたインパクトの強いキーワードがトレンド上位になることもある[63][64]

月曜日

  • 丸山桂里奈 スーパーの達人への道! → 丸山桂里奈 激安女王への道! → 丸山桂里奈 爆買い女王への道!
    • 訪れる店舗について知り尽くした達人が、丸山や毎回異なる進行役と共にロケに赴き、知っているようで知らないその店の本当の凄さを伝授していく。
    • 番組開始から2021年5月24日まではスーパーマーケットを対象としていたが、同年6月14日からは対象がスーパーマーケット以外にも拡大されるため、タイトルが「激安女王への道」に変更された。更に同年9月6日放送でスーパーでの無料商品が登場したことで、これ以上の激安商品が見つからなくなったため、同年10月4日からはタイトルが「爆買い女王への道」に変更された。
  • ぼる塾の芸能界スイーツ部◆
    • 2021年5月31日より放送[65]。田辺が部長、あんり・きりやが部員となり、SNSで話題のスイーツが本当においしいのかを、週替わりのゲストと共に実際に作ったり、スイーツを扱う店舗でロケを行ったりする。略して「BGS」(Borujyuku no Geinokai Sweets bu)。
    • このコーナー中はぼる塾が進行するため、川島はぼる塾の席に座って回答者側として参加する。
  • 100均グッズで全て解決!初めての〇〇!
    • 2021年11月22日より放送。本並・丸山夫妻による、100円ショップ(100均)で買えるグッズの活用法を紹介するコーナー。タイトルの「〇〇」にはその日行うものが記載されており、初回放送では100均グッズを使ったデイキャンプを行った。

火曜日

  • プロは何買う!? 憧れモデルと人気スタイリストが本気で選んでみました
  • プロは何着る!? あるあるお悩み解決コーデ
    • いずれも、一流モデルと人気スタイリスト、デザイナーがお笑いコンビと共にロケに赴き、ユニクロH&M等の衣料品店でどのような商品を選ぶのかを紹介していく。「プロは何着る!? あるあるお悩み解決コーデ」は2021年9月から開始しており、特定のシチュエーションや体型カバーなどのお悩み解決の要素が加わっている。
    • 2021年10月からは「プロは何着る!? あるあるお悩み解決コーデ」の一部回で、芸能人夫婦のコーディネイト対決として、夫とファッションのプロが、妻のコーディネイトで競う企画も放送されている。
    • 多くの場合、チャンカワイ、アインシュタイン、アルコ&ピースが進行を担当しており、アルコ&ピースが進行する場合は「アルコ&ピースのプロは何着る!? あるあるお悩み解決コーデ」として放送される。2021年9月までは宮下草薙が火曜隔週レギュラーのためこのコーナーも担当していた。
    • 番組開始当初から2021年9月14日までは火曜日のみこのコーナーだけが毎週放送されており、ほぼ隔週でコーナーが変わる他の曜日とは異なっていた。
  • プロがお悩み解決! プチプラ変身メーク!
    • 2021年9月21日より放送。芸能人のメーク(化粧)に関するお悩みを、プチプラ(ドラッグストアで購入できるようなもの等)を使ってプロがメーク術を披露するもの。
  • あなたのために試していきます お試しSnow Man!
    • 2021年11月2日より放送[66]。10月より火曜レギュラーとなった宮舘・佐久間(Snow Man)による、美容法や最新フィットネスなどといった最新トレンドをゲストとともに体験してお試しするコーナー。略して「#ためスノ」。

水曜日

  • 見取り図の安くてウマくて〇〇な店◆
    • 2021年6月2日より放送。見取り図が東京近郊の安くてウマい店にロケに行く。大抵の店は、外観・内装が奇抜、店主のキャラが濃い、メニューが個性的(大盛り・デカ盛りメニューだらけ、メニュー数が多すぎる)、本業とは全く関係ないメニューが人気[注 65]などといった、一癖も二癖もある店がほとんどである。試食後、その店に対して見取り図がキャッチフレーズ(タイトルの「〇〇」を埋める言葉)を複数考えて、気に入ったキャッチフレーズを店主に選んでもらう。
    • このコーナー中は見取り図が進行するため、川島は見取り図の席に座って回答者側として参加する。このコーナーでのクイズは、リリーがロケ中に奇抜な行動をとることがよくあるため、一体何をしたのかが出題されることが多い。
  • すゑひろがりずの最新東京見聞録
    • 2021年10月13日より放送。古風な芸風であるすゑひろがりずとは正反対な、最新の東京のトレンドを紹介する。紹介後、訪れた店を題材にした俳句を披露する。
  • 旬の食材いただきます! あばれる食堂
    • 2021年10月27日より放送[67]。あばれる君やゲストが旬の食材がある場所でロケを行い、地元ならではの旬の食材を使った料理を堪能する。

木曜日

  • 一流グルメ芸能人 絶品お取り寄せ!
    • 2021年6月10日より放送。リビング風のセットにいるギャル曽根・芸人・一流シェフのところに、ある芸能人が実際によくお取り寄せするグルメが4種類届くので、それを試食。その上で、顔が隠され声も変えられているその芸能人が誰かを予想する。最初は名字のイニシャルしか表示されないが、3つ目のお取り寄せ辺りで声が通常の声になる等徐々に答えに近づいていく。
  • ニューヨーク不動産
    • 2021年8月12日より放送[68]。嶋佐の新居探しという名目で、東京近郊の物件をいくつか訪問する。訪問した住宅では、嶋佐が実際に住むという仮定でミニドラマを行うのがお約束。それぞれについて、嶋佐が「住む」「KEEP」「住まない」のいずれかを判定するが、毎回最後にはいかにもその物件で決まりそうな雰囲気の演出(嶋佐の生い立ちを紹介するVTR、パチンコのリーチのような演出)をするのがお約束だった。結果的には2021年10月14日放送で実際に住む物件をスタジオで発表し、一旦はコーナー終了した[69]
    • 2021年10月28日から12月9日は「シーズン2」として[70]、新居への引っ越しやインテリアの調達などをテーマにしたリニューアルを行った。12月9日の引っ越し完了を以って、シーズン2および嶋佐の引っ越しは完結した。今後は、嶋佐以外の別の芸能人の引っ越し支援という形でコーナーは継続される。
  • ノンスタハウジング
    • 2021年12月2日より放送。2人の新築住宅検討という名目で、住宅展示場を訪れて最新の住宅事情を紹介する。「ニューヨーク不動産」同様に、実際に住む仮定でミニドラマを行っている。ただし「ニューヨーク不動産」と異なり、その住宅を買う買わないの判定は行わない。

金曜日

  • ラヴィット!HOUSE → 太田&近藤夫妻のDIY企画 → 太田&近藤夫妻のDIY企画 ラヴィットハウス
    • 太田・近藤夫妻によるDIYのコーナー。まずはDIYを行うスケルトンハウスの選定から開始され、結果として静岡県熱海市にある住宅を夫妻が購入した[71]。その後はこの住宅をDIYにより改装するプロジェクトが進行していた。
    • しかし、2021年7月に熱海市内で令和3年7月伊豆山土砂災害が発生したため、その後は事実上のコーナー休止状態となっていた[注 66]。同年8月6日にタイトルを「太田&近藤夫妻のDIY企画」とタイトルを改めた上で、9月まではDIYで家具などを作る内容に一時的に変更していた。同年10月15日放送で、熱海の土砂災害の件に言及した上で、およそ4ヶ月ぶりの熱海でのDIY再開となった。
  • 週末おでかけ企画 バーチャルファミリーの休日
    • 2021年8月13日より放送。家族で週末に楽しめるスポットでロケを行う。タイトルの「バーチャルファミリー」にあるとおり、出演者は家族に見立てた構成となっており、父親役となる芸人、母親役となる女性タレントまたは芸人(野呂佳代、フワちゃん等)、子供数人というメンバーとなっている。なお、父親役の芸人がコンビで出演する場合は、父親役以外のもう1人は叔父役として参加する。
  • 開運関連企画
    • 2021年9月17日より放送。開運などに関係するプロ等と共に、パワースポットを巡ったり、プロが実際に行っている開運につながる行動などを取り上げた企画。初回は、当時「きょうの占い いきなり答え合わせ!」を担当していたシウマがロケに参加した。過去には「ラヴィットハウス」でも、稀に開運関連の企画を行うことがあった。
  • EXITのあなたの街のご褒美ランチ図鑑
    • 2021年12月3日より放送。EXITが、ある街にロケに行き、働く女性にインタビューを実施。そこで、その街お薦めのご褒美ランチ(高めの値段のランチ)とエピソードを聞き出し、EXITが気に入ったお店を紹介するか、気になるエピソードを持っている女性を連れてランチを食べに行く。ランチのお代は、EXITが自腹で女性の分も支払う。

過去のコーナー[編集]

数が多いため、伸縮型メニューで表記。

特記事項[編集]

視聴率[編集]

初回(2021年3月29日)の世帯視聴率は2.7%(以下の視聴率データはビデオリサーチによる関東地区での調査結果)で、『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系列)の10.6%、『スッキリ』(日本テレビ系列)の8.8%、当番組と同時に開始した『めざまし8』(フジテレビ系列)の6.2%を大きく下回った[76]。翌30日放送分では2.1%[77]を、4月1日放送分では1.8%をマーク[78]。『マスターズゴルフ』の生中継の延長によって放送時間を短縮した(詳細後述)4月9日放送分では過去最低の1.1%[79]、12日放送分では過去最高の5.6%を記録した[80][注 73]。その後も、関東地区の世帯平均視聴率は2%前後で推移している[81]

ちなみに、TBSテレビでは2021年4月改編から、番組編成のメインターゲットに「新ファミリーコア」(4 - 49歳の世代)を設定。社長の佐々木卓やチーフプロデューサーの小林弘典は、この方針に沿って、世帯視聴率に依拠した放送業界や他メディアの通説とは異なる見解を示している。佐々木は同年4月28日の定例社長会見で、個人視聴率で全般に苦戦していることを認めつつも「新ファミリーコア」の視聴率に反応が出始めていることへ言及。「新ファミリーコア」に含まれるF1層(女性20 - 34歳)の視聴率で民放2位を記録する日が会見の前日までにあったことを踏まえて、「企画のブラッシュアップを絶えず繰り返しながら、『新しい朝のバラエティ番組』として定着することを目指す」と述べたうえで、ニュースショーやワイドショーの要素を排除する方針を変えないことを明言した[82][83][84]

また、当番組と『めざまし8』を取り上げた『朝日新聞』文化面の特集記事(2021年7月5日付朝刊)では、小林が「(新ファミリーコアより上の年代の視聴者によく見られていた『グッとラック!』より)世帯視聴率が下がることを覚悟しつつ、視聴者のメインターゲットを『グッとラック!』より20 - 30歳程度若返らせた。もちろん、今後は(取材を受けた2021年6月の時点)より多くの視聴者に見ていただきたいのだが、少なくともメインターゲットの視聴率は上昇の傾向にある」と語っていた[81]。この記事が出た時期には、ファミリーコア世代の視聴率に相当する「コア視聴率」で『モーニングショー』に肉薄している[85]

TBSテレビでは、2021年10月1日(金曜日)から平日早朝の番組編成を大幅に変更したうえで、当番組の前枠に『THE TIME,』を編成している。『THE TIME,』の編成は、当番組の放送枠を組み込む前提で2部構成番組として放送することや、当番組を存続させながら当番組の放送開始時間を遅らせることが一時報じられていたが、実際には放送開始時刻を前番組の『あさチャン!』より早い5時20分に設定する一方で、当番組については放送時間を変えずに存続している[86]。編成部企画総括(当時)の福田健太郎は、改編記者発表(7月16日)の際に「(視聴者には)『THE TIME,』で1日の出来事などを見ていただいた流れで、バラエティーテイストの番組(『ラヴィット!』)も楽しく見ていただきたい。『30代から40代の女性には徐々に浸透しているな』と感じてはいるが、(関係者が)期待するような結果(視聴率)がまだまだ出ていないことも実感しているので、(改編の前に控えている)夏休みなどで非常に多くの方に見ていただけるよう、さまざまな施策を打っていきたい」と述べていた[87]。現に、東京2020オリンピック開催期間中の2021年7月下旬には、「テーマパークWEEK」(21 - 23日および26・27日)や「動物スペシャル」(30日)といった夏休み特別企画を放送[88]。オリンピック閉幕週の8月9 - 13日には、MCの川島が当番組スタジオからの生中継を通じて「脳シャキ!30秒クイズ」(『あさチャン!』にて7時53分 - 57分頃に放送されていた脳トレクイズ)へ参加した。この期間には、世帯視聴率が一時3%台にまで上昇している[89]

2021年10月以降は、視聴率が上記の全国ネット番組ばかりか『韓流プレミア』(テレビ東京が関東ローカル向けに編成している韓国ドラマの再放送枠で8:15開始)を下回る日がある[90]一方で、前述した「遠隔操作ドッキリ企画」が『水曜日のダウンタウン』で明かされた直後には再び3%台に上昇。同月27日(水曜日)放送分では、番組開始から最も高い3.4%にまで到達した[91]

時事ネタへの対応と大喜利化の経緯[編集]

当番組が大喜利路線へ舵を切ったきっかけは、前述した2021年4月12日放送分において、本番直前まで生中継されていたマスターズ・トーナメントで松山英樹が優勝したことに出演者がほぼ言及しなかったことにある。

当日の出演者には丸山桂里奈(元女子サッカー選手)[注 74]以外のアスリート経験者がおらず、MCの川島もゴルフに詳しくないことから、スタッフは当初の予定通りに番組を進行することを示唆。実際の放送でもオープニングで川島からこの件をいきなり振られた丸山が困惑しながらも一言コメントするだけにとどめた。この対応と丸山のコメントを巡り視聴者からの批判が番組側に殺到したため、川島とスタッフは無理をしてまで番組内で時事ネタを扱おうとする姿勢を止め、生活情報をも「ネタ」、更に言えば「お題」として出演者同士で大喜利を展開する姿勢に徹することに川島曰く「踏ん切りがついた」。「たとえオリンピックの開催中でも、大谷翔平ロサンゼルス・エンゼルス)が『すごいこと[注 75]』をしても、番組内ではほぼ触れない」という方針を固めた[92]

大喜利路線へ舵を切ってからは、時事ネタはオープニングで触れる程度で、以下のような事例でも一度触れた後はその時事ネタを扱わない(『JNN NEWS』の際はこの限りではないが、前述の通り川島が一切関与しない)。

2021年7月27日放送分
当日出演していた岩崎恭子が(1992年のバルセロナオリンピックで)「今まで生きてた中で、一番幸せです」と発言した日であるというオープニングトークの前振りとして、前日に行われた東京2020オリンピックの映像を流した。但しその後は原則通り、一切東京2020オリンピックのネタを扱わなかった[93]

その一方で、「非常に明るい」話題であり、かつ出演者が番組進行に割り込むことが出来る程に容易に言及出来る時事ネタであれば、当該出演者の割り込み発言をトリガーとして以下の通り大々的にその時事ネタを扱う事例も存在する。これは裏を返せば、どんなに「明るい」時事ネタであろうとも出演者による言及が困難であれば前述した松山の事例通り当番組内ではほぼ扱われないことをも意味する。

2021年11月19日放送分
スタジオからクイズ企画を放送中に、メジャーリーグ(MLB)で(大谷が当時所属していたエンゼルスが加盟している)アメリカン・リーグの2021年シーズンMVPを決める記名式の記者投票で、大谷が(日本人メジャーリーガーとしては初めて1位票で満票を獲得した末に)MVPへ選ばれた旨のJNNニュース速報が入った。当日の出演者の1人で、かねてから大谷のファンを公言している兼近大樹EXIT)は、この速報のテロップをモニター映像で目にした瞬間「大谷選手が今MVP取りました!」と発言(この時点で番組進行への割り込みが発生)。この発言を受け川島はクイズの進行を中断し「おめでとう、大谷選手!(MVPの獲得を)待ってました!」と拍手しながら「満票(でMVPに選ばれた)ということが素晴らしいですね」とのコメントで大谷を祝福した。
上記の方針に反するかのような川島の祝福振りに対しては、兼近と同じくスタジオへ出演していた太田博久ジャングルポケット)が「このような(スポーツ関連の)速報を拾う(本編で触れる)ことがあるんですね?」との疑問を呈したものの、川島は「これ(大谷のMVP獲得)はめでたいことなんで拾いましょう」とコメント。太田が川島のコメントを訝しみながら(中断の前に出題していた)クイズへの答えをいち早く出したため、川島が「(日本ばかりかMLBの本場・アメリカでも)国民が(大谷のMVP獲得の一報で)喜んでる時に、何(どうして)1人でクイズ(を再開)してるんですか?」とのツッコミを入れる事態に至った[94]

スタジオ[編集]

番組開始から2021年9月24日(金曜日)までは『グッとラック!』で使用していたDスタジオにスタジオセットを組んでいた。しかし、Nスタジオから放送していた『あさチャン!』が9月30日(木曜日)で終了することや、後継番組の『THE TIME,』(翌10月1日スタート)がDスタジオを使用することが決まっていたため、9月27日(月曜日)から当番組のセットをNスタジオに移動[95]。Dスタジオには、9月30日までの4日間のみ『あさチャン!』、10月1日から『THE TIME,』のセットを配置している。

『THE TIME,』のエンディングでは、『あさチャン!』時代の「脳シャキ!30秒クイズ」(前述)と同様に、川島が当番組本番前のNスタジオから中継で出演。Dスタジオで『THE TIME,』の司会を務める安住紳一郎(月 - 木曜日、TBSテレビアナウンサー)/香川照之(金曜日)を相手にクロストークを毎日展開している[96][注 76]

番組キャラクター[編集]

ラッピー
声 - 田中沙耶
左耳が折れた明灰色のウサギのキャラクターで、「ラビット」と番組名の『ラヴィット!』をかけている。
前述の通り、芸人・アイドルなど関係なく、あらゆる場面で無茶振りを仕掛けて大喜利状態を引き起こすのが特徴。
仕掛ける無茶振りは、芸人には主にランクインした商品などに因んだ一発ギャグ・面白エピソード・大喜利など、アイドルには主にアイドルらしいかっこいい・かわいい決めゼリフやポーズなど。この他に芸人・それ以外問わず食レポ[注 77]も振っている。いずれも5秒 - 10秒(大抵は7秒)と短い時間で行わなくてはならないため、面白い回答が浮かばなかったり、食レポで食べ終わらなくとも、コメントを返して変な状態に陥れることもある。
中でも水曜の盛山に対する無茶振りが多く、番組名物ともなっている[9]。盛山に対してお題を出し、(スタジオでのウケが良かったとしても)盛山がスベる前提でラッピーが「うーん」と言い、他の芸人[注 78]に同じか似たお題を出すという流れが定番となっている。一例として、盛山に「2050年に流行る〇〇は?」というお題を出し、その後「2051年に流行る〇〇は?」というお題を出すというパターンがある(〇〇は同じ言葉で、「ラヴィット!ランキング」で登場した商品などが入る)。
2021年10月からは、試食をかけた「公平な」ルーレットも登場している。しかし「公平」とは名ばかりであり、MCの田村[注 79]を除いた女性出演者に当たることが極めて高い。徐々にこうした忖度がエスカレートし、最初から女性出演者のルーレットの当たる枠が大きい、そのとばっちりで一部出演者はルーレットの枠から最初から外されている(特に水曜の盛山)など明らかに不公平になっている。
2021年8月18日のスピンオフでは着ぐるみも登場、その大きさに視聴者を驚かせている。

テーマ曲[編集]

重大ニュース・特別番組放送時の対応[編集]

  • TBSテレビは、例年4月の上 - 中旬にオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブアメリカ合衆国)で4日間開催されるマスターズ・トーナメントの日本国内向けテレビ中継(『マスターズゴルフ』)を、金曜日から翌週の月曜日にかけて深夜 - 早朝帯(いずれも日本時間)に全国ネットで実施している。松山英樹がアジア出身選手として初めて優勝した2021年の第85回大会では中継時間の延長が相次いだため、当番組を以下のように短縮している。
    • 1日目であった4月9日(金曜日)には、生中継を20分延長したことに伴って、8時20分 - 9時55分の短縮放送で対応した[79]
    • 最終日であった4月12日(月曜日)は8時20分 - 9時55分の短縮放送で対応する予定だった[98]。しかし、松山が単独トップで終盤のラウンドに臨んだところ、本来の当番組放送開始時刻(日本時間の8時00分頃)に松山の優勝が決まった。TBSテレビでは最終日の中継で例年設定している延長オプションを行使しながら、優勝者に1年間貸与される「グリーンジャケット」の贈呈式、松山による優勝者スピーチ、松山へのインタビューを完全生中継。その影響で中継が50分延長されたため、当番組の本編を8時50分から開始後[80][99]、「ラヴィットランキング」の10 - 6位をスタジオから口頭のみで紹介する措置を講じた。ただし、編成上は当初の予定に沿って、8時20分から『ラヴィット!』として放送。8時20分に画面右上に「字幕」テロップが表示され、TBSテレビと一部のネット局では、当番組仕様の時刻表示や、通常は当番組内で放送するライオン生コマーシャルなどを中継に挿入した[注 80]。この際、『ラヴィット!』本編では丸山にコメントさせた後は予定通りに進行するという対応が批判の対象となり、前述の通り『ラヴィット!』の大喜利路線を決定的なものとした。
  • 2020東京オリンピックの開催期間中(2021年7月21日 - 8月8日)には、TBSテレビ放送分の全国ネット向け競技中継を8時00分から組んでいた平日(7月28日・8月3日 - 5日)に、当番組を全編にわたって休止した[100]。中継枠が9時00分から設定されていた7月30日(金曜日)には、当番組の放送枠を8時台の1時間のみに短縮したうえで、前述した「動物スペシャル」を生放送。
  • ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平がMVPを獲得した件については前述。
  • 2021年12月3日は、9:28頃の「EXITのあなたの街のご褒美ランチ図鑑」コーナー放送中に紀伊水道を震源とする最大震度5弱の地震が発生したため、9:37 - 9:40頃に毎日放送(MBSテレビ)から地震に関するニュースに切り替え。地震の影響が大きいMBSテレビでは、そのまま当番組を飛び降りの形で地震に関するニュースを放送した。MBSテレビ以外では「EXITのあなたの街のご褒美ランチ図鑑」コーナーを再開したが、放送時間の都合上、通常の9:50頃のJNNニュースはカットされた。
  • 年末年始の特別番組編成時の処置並びに、当番組の年末または大晦日特大号有無については、現時点で未定。

ネット局[編集]

『ラヴィット!』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送時間(JST 備考
関東広域圏 TBSテレビ(TBS) TBS系列 月曜 - 金曜 8時00分 - 9時55分 制作局
北海道 北海道放送(HBC)
青森県 青森テレビ(ATV)
岩手県 IBC岩手放送(IBC)
宮城県 東北放送(TBC)
山形県 テレビユー山形(TUY)
福島県 テレビユー福島(TUF)
山梨県 テレビ山梨(UTY)
長野県 信越放送(SBC)
新潟県 新潟放送(BSN)
静岡県 静岡放送(SBS)
富山県 チューリップテレビ(TUT)
石川県 北陸放送(MRO)
中京広域圏 CBCテレビ(CBC)
近畿広域圏 毎日放送(MBS)
鳥取県島根県 山陰放送(BSS)
岡山県・香川県 RSK山陽放送(RSK)
広島県 中国放送(RCC) [注 81]
山口県 テレビ山口(tys)
愛媛県 あいテレビ(ITV)
高知県 テレビ高知(KUTV)
福岡県 RKB毎日放送(RKB)
長崎県 長崎放送(NBC) [注 82]
熊本県 熊本放送(RKK)
大分県 大分放送(OBS)
宮崎県 宮崎放送(MRT)
鹿児島県 南日本放送(MBC)
沖縄県 琉球放送(RBC)

ネット局では時刻表示を実施しているが、番組送出(ネット送出)を実施しないTBS系列の時刻表示運用ルールから各局別のローカル送出で実施している。このため、TBSテレビと同一の番組専用カスタム表示で時刻表示を実施している局もあれば各局ごとの通常フォントによる独自の時刻表示を実施している局もあり、カスタム表示を実施している局でも時刻切り替わり時のラッピーのアニメーションが有ったり無かったりする。また、TBSテレビと一部ネット局では天気ループ表示(ローカル送出)も実施している。

見逃し配信[編集]

平日朝の生放送番組では珍しく、2021年11月1日(月曜日)放送分から、放送済み動画の見逃し配信サービスをTVerで本放送当日の19:00から1週間限定で実施している。川島は、このサービスの開始が発表された同年10月29日に、自身のTwitter公式アカウントを通じて「(当番組が)完全にバラエティ(番組)だと認識された証拠です!!」とのツイートを発信した[101][102]

スタッフ[編集]

  • ナレーター:水田わさび田中沙耶(毎日)、元吉有希子(月・火・金曜日、木曜日担当の回あり)、庄司宇芽香[103](水・木曜日)、山田真一(水曜日)、乃村健次(水曜日、不定期)、岩井証夫(木・金曜日、不定期)
  • 構成:中野俊成[104](毎日)、高倉俊祐(月曜日)、一場麻美(火曜日)、寺田智和(水曜日)、安部裕之(木曜日)、アリエシュンスケ(金曜日)
  • TM:鈴木博之
  • TD:大蔵聡、斉(齊)藤美由紀、井上久徳、水崎雄太、宮下政人【日替り】(大蔵・斉藤・宮下→CAMの回あり)
  • CAM:山本竜也、高橋昴太郎、梶谷美保、廣岡達之、渡邊紘也、徳武正裕、柳田智明、髙城潤、中里子、高村勇樹【日替り】(山本・梶谷・廣岡→TDの回あり)
  • VE:吉田崇、平子勝隆、宮本民雄、吉田悦記、久保澤知史、深澤愛梨、對間敏文、三島拓哉、木野内洋、則竹香、宇都宮勝、江川英男、佐藤希美、湊里美(実)、岩佐博、酒井克巨、沖田裕貴【日替り】
  • 音声:平川圭史、藤井勝彦、藤井忍、伊藤璃子、斉藤宏司、深田瑠美子、小岩英樹、和田良介【日替り】
  • 照明:上村和重、遠藤和俊、渋谷康治、今井尚人、山本和宏、佐々木秀仁、公文大輔、高木(太田)亘、鹿島雄司【日替り】
  • 編集:TBS ACT(2021年4月1日〜、旧 TBS-TEX東通
  • 音効:山川史男(月曜日)、石川眞土(火曜日)、芦田功(水曜日)、吉川裕也(木曜日)、湊航史(金曜日)
  • CG:ThekingMaker、前川恭平、竹内美恵、八木真一郎、岩屋朝仁
  • 美術プロデューサー:岡嶋正浩
  • デザイナー:西出衣織
  • 美術制作:鈴木直美、水落沙羅
  • 装置:武井恵美
  • 操作:篠原丈裕、遠藤瞬
  • 電飾:大平絵梨子、岩田苑子
  • 装飾:川原栄一
  • アクリル装置:渡邊卓也
  • 植木装飾:藤田国康
  • メイク:アーツ
  • リサーチ
  • 協力:日音、スタジオコーディー、東京オフラインセンター(毎日)、ビーホネスト(金曜日)
  • 編成:寺田淳史、川口佳太
  • 宣伝:林遼二、多賀名千尋、山岡将成
  • TK:後藤リカ(月曜日)、窪田賢子、立石望美(火曜日、週替り)、三浦涼子(水・金曜日)、木村エリカ、桑島晴美(木曜日、週替り)
  • デスク:石関幸子
  • AD
    • 毎日:清水萌加(2021年3月・10月~)
    • 月曜日:大塚萌絵(TBS SPARKLE、ディレクターの回あり)(毎週)、三浦浩輝、厚東那昂、濱田菜奈、葉山和可奈、揖斐風花、小早川浩希、深澤陽(TBS SPARKLE)、伏見祐希、福田千寛、河本彩希、原田麻衣子、枝廣実沙、鈴木琴音、青山礼、中野恕(TBS SPARKLE)、上嶋菜緒、長妻凜、藤田純奈、石川珠美、新垣優歌、蛭田健斗、吉田柾、寺内美羽、鈴木大雅、高橋爽、高原尚吾、今野愛美(週替り)
    • 火曜日:松本莉緒、松田竜宏、冨田みのり、稲田優、森本侑希、佐藤輝、成井綾、滝本しずく、西城亜未、柏木育穂、木田絵梨香、奥原沙織、森将秀、田浦悠太郎
    • 水曜日:青山満也、不二孝順、井上佳奈子、小島未帆、岡崎沙彩香、藤中湧也、中村千紘、井上周斗、太田貴昭、水谷文香、吉田恵、小張頌太、星隼也、河野初音、浅野壮太(週替り)
    • 木曜日:庵坂裕和、宮本惠太・大谷駿(TBS SPARKLE)、青木萌夏、游育慈、笹和音、千場はるな、遠藤流星、大島菜々、濱中勇人、谷中安菜、竹之内快、高橋亜美、大野尋輝、天童祐人、金濱恒太、渡辺亮太、八島小龍姫、簾田尚平、塩谷夏海、中島彩友(週替り)
    • 金曜日:以西開(以前は毎日)、三宅孝司、両角響夏、窪田将大、永井輝海、田中あま奈、本田芽里那、小山武義、下畑夏乃、村上宏子、林美穂、松本唯奈(毎週)、倉邉玲夢、津曲ゆめ、久野佑(週替り)
  • 制作進行:阿部佑哉(木曜日のみフロア)
  • フロア:松島大悟(東阪企画)、渡辺樹、井上翔太(週替り)
  • プロデューサー補
    • 毎日:吉田沙織、増田楓
    • 月曜日:大川幸子、広重衣織
    • 火曜日:木村真菜、海老原沙季、山﨑保奈美、青山恵理香
    • 水曜日:佐藤絵理、本間佑香、後藤清美(週替り)
    • 木曜日:古舘由美子、大賀ゆかり
    • 金曜日:山本敦美、飯塚ゆり、中塩仁美、兼平孔明
  • 協力プロデューサー:鈴木一慶・林真凜(吉本興業)
  • ディレクター
    • 月曜日:丸谷水希(ダイジョブス)、奥住洸介(東京フィルメディア)、小島淳一、齋藤考年・桑村洋史・喜納葵・木村亮太郎・伏貫健介・尾川徹・野田裕司(TBS SPARKLE)、山口佳識、上田健太、大内優介、岸岡亮、大村健介、宮内佑弥、鈴木大二郎、國井三穂、西田周平、前川侑也(クラシリオン)、寺下洋平(週替り)
    • 火曜日:小林恵美、安岡温彦、伊藤高史・大塚朋之(デージカンパニー)、瀬戸亘、平田恭崇(Oidooon、水曜日担当の回あり)、高野綾香、早田翔、阿部裕一郎、酒井翔太、奥山雄太郎、坂本圭亮、大塚太智、渡辺健吾、柏田雄二、池田竜、西岡奈美、柳瀬寿明、宮本大輔、梅野良祐(FAT TRUNK)、海江田裕也、神野正義、小澤博之、伊東知香(週替り)、瀧本卓、栗山真、黒岩稔輝(毎週)
    • 水曜日:吉行俊介・牛久英雄・渡邊(邉)智哉・澤田尚樹(TWS)、永井雄一、居垣寿典(SALANG)、大竹正裕(火曜日担当の回あり)、内山凌、江橋純一、岸翔太郎・川並敏英(fmt)、片岡伸幸、高橋幸子、渡部修平、奥村奈美、小澤雄一、三宅康仁(ATTA)、河野亮、岡真夕、松崎秀峰、小木曽克典、佐藤秀樹、三上昭人、吉原達也、安永亮介(週替り)
    • 木曜日:北川剛大(TBS SPARKLE)、渡辺直哉、中山暢浩・小林正志(使)・山崎剛行・平野晃司・岩木伸次・新宅未央・松本凌(TBS SPARKLE)、中村元紀、鷹中亮介、土屋豪広(クリーク・アンド・リバー社)、藤森達也、中間拓郎(モンスターフォース)、北川泰之、槇雄介、津田恭平、境太資、宮田智久(typhoon film)、岡部大五郎、出井文明、吉原崇弥、有田直美(ダイジョブス)、小久保麻里、渡辺晴香、坂本篤、真鍋正孝、吉田雅司(THE WORKS)、神野基彦(DFE)、西岡伊吹、鈴木大介、冨居(井)亮平、下村健郎、金子佳苗、三浦総太(三浦→以前はAD)、濱口賢治、田中慶(LOGIC)、甲斐康道、加藤大輝、妹尾篤志、岡本裕太、武木田一馬(WAONZ)、本間大助、土屋佳弘、中島考志、須田岳未、齋藤裕弘、葛島若菜、阪口悠希、須藤将太、大本佳佑、守屋愛子、鶴田哲朗(オラフズ)、木島雄大、萬俊之、宮口景子(週替り)、樋口康平(毎週)
    • 金曜日:流郷敏隆、上原太志、香西康位、塩谷暁充、水野剛寿、杉田愛美、大前健太(以前はAD)(毎週)、大塚麻衣、恒川亜美、遠藤卓哉(フォーミュレーションI.T.S.)、後藤琢磨(NONぷれ)、氏家綾香、芝俊明、藤野智光(うずまき)、岡部剛、中沖嵩博、阿部真哉、片山裕達、鶴丸瑛子(ZION)、児山昌平(グレート・スコット)、村松茂樹、川村元昭、小杉菜穂子(小杉→以前は担当プロデューサー→一時離脱)、関根欧介、久保田奈津子、徳田季里(徳田→一時離脱→復帰)(週替り)
  • 演出:新井康孝(TBS SPARKLE)、東功一朗(以前は火曜日ディレクター)、勝田拓也、床波芳孝、神尾祐輔
  • 担当プロデューサー
    • 毎日:山家稔貴、上原一節、梶川里紗、黄地久美子、安永洋平、松原拓也/大山達俊、山根孝之
    • 月曜日:吉村剛弘(TBS SPARKLE)
    • 火曜日:山本希恵(デージカンパニー)、福島千紘
    • 水曜日:菱田悠(TWS)、古田洋二(fmt)、吉田弓恵(週替り)
    • 木曜日:鈴木貴晴(TBS SPARKLE)
    • 金曜日:神田祐子(オフィス神天)(毎週)、高野徹、長瀬徹(ZION)、名田雅哉(officeDA-NA) (週替り)
  • 総合演出:山口伸一郎(TBS SPARKLE)
  • プロデューサー:辻有一
  • エグゼクティブプロデューサー:小林弘典(2021年10月21日~、同月20日まではチーフプロデューサー)
  • 制作協力:TBS SPARKLE、デージカンパニー、TWSfmt東阪企画/吉本興業
  • 制作:TBSテレビコンテンツ制作局制作1部
  • 製作著作:TBS

過去のスタッフ[編集]

  • TM:山下直
  • 美術制作:落合竜司
  • フードコーディネーター:伊藤佳明、川添真未
  • リサーチ
    • 木曜日:トロリー(初週のみ月曜も担当)
  • 編成:三浦萌
  • AD
    • 毎日:小宮佑一朗
    • 火曜日:伊藤明日香、川邊優衣、小原未来、朝永新菜、新田空瑠海、平井俊範、永野司、森本愛彩
    • 水曜日:砂川博康
    • 木曜日:山田真友子(TBS SPARKLE)、伊藤玲未、和田もも子、木場万尋、周旋、谷口真央、水野帆彗、塩賀智紀、大村まこ、下宮愛梨
    • 金曜日:齋藤朱里、柴田彩良、宮原雅
  • フロア:中出到
  • ディレクター
    • 月曜日:水口健司(シオプロ
    • 金曜日:福島伸浩、安藤愛
  • 演出:岩本啓助、小西憲太郎(TBS SPARKLE)
  • 担当プロデューサー
    • 水曜日:須藤景子(TWS)

スピンオフ[編集]

2021年8月18日の番組放送直後より、「真夏の夜のParaviスピンオフ」企画の一環として『真夏の夜のラヴィット!』がParaviで配信開始された(序盤のみTVerでも期間限定で無料配信)。曜日レギュラーの見取り図、ニューヨーク、ミキが招集され、本編のセルフパロディ企画で無茶振りをされたり、ラッピー[注 83]との大喜利対決を行なった[105]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b かつてTBSグループには現TBSテレビの発足前にTBSのテレビ番組制作を分社化していた過去があり、それを突き合わせるとコンテンツ制作局はTBSテレビの旧社名である娯楽番組部門「TBSエンタテインメント」に、情報制作局はTBSエンタテインメントに合併された情報番組部門「TBSライブ」に該当する部署。
  2. ^ レギュラー出演はギャル曽根だけだが、芸人中心の構成であるため、井上裕介NON STYLE、終了当時水・木曜レギュラー)、フワちゃん(終了当時金曜レギュラー)が度々ゲストで当番組に出演している。
  3. ^ 前番組『グッとラック!』では「最新ニュースラック!」のタイトルで、アシスタントのTBSテレビアナウンサー(基本として若林有子)がメインスタジオからストレートニュースを3項目伝えていた。当番組ではTBSテレビ報道局内のニューススタジオから放送する『JNN NEWS』として、若林を含む同局のアナウンサーが日替わりで出演している。なお、『はなまる』時代は「はなまるニュース」と称し、当初こそメインスタジオを使用していたが、のちにニューススタジオへ移行、さらに本編とは切り離した構成へと変えていった。『いっぷく!』以降は再び本編内に組み込み、かつメインスタジオから進行していた。
  4. ^ NHK総合テレビの『生活ほっとモーニング』を参考に開始。後継番組としての『あさイチ』の放送開始(2010年4月)に際しては、スタッフの一部がNHKに引き抜かれた。
  5. ^ 直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ)にパネリストとして出演していた(2015年3月30日の番組開始から2018年3月30日までの木曜日)際にワイドショー等は不向きだと痛感したことに起因する。
  6. ^ 「麒麟です!」(川島が麒麟として漫才を披露する際の自己紹介の口上)にちなんだ名称。ちなみに、川島は麒麟でも田村(田村裕)とコンビを組んでいる。
  7. ^ スターダストプロモーション所属のタレント。
  8. ^ 2021年7月29日(28日深夜)放送分の『あちこちオードリー』(テレビ東京)に川島がゲスト出演した際、春日は「(MCが)川島でなかったらあんなにボケられない」と語った[6]
  9. ^ 奥森は自身の連載で本番組を「情報番組ではなくガチ大喜利番組」「(情報番組なのに)ニュースの要素が1ミリもない」と断じている。
  10. ^ この評は川島がかつてNHK R1の『すっぴん!』への出演時に担当していた「日本一早い!大喜利コーナー」に起因する。
  11. ^ 2021年12月7日放送で、岩下の新生姜ミュージアム栃木県栃木市)の自動販売機で販売されている商品を当てるクイズに対して、当日のゲストであるオカリナ(おかずクラブ)が「しょうがないダジャレ」と回答。これが川島が考えていたNGワードであるとして起立対象となった。
  12. ^ 序盤から正解に近い回答(これ以上ボケることが出来ない、所謂「ボケ殺し」状態に陥る)、芸人以外による天然ボケ回答、前の回答者が言った回答をもう一度言ってしまう、等。なお本来はあくまでクイズであるので、正解した場合は商品獲得となるため、仮に最初に正解したとしても微妙な空気にはなるもののペナルティの対象にはならない。
  13. ^ 放送中に明かすと『水ダウ』のネタバレとなってしまうため。
  14. ^ 酒寄希望は育児のため活動縮小中。
  15. ^ 2021年5月10日は前週金曜日からの発熱の影響で回復傾向ではあるが大事を取り番組を欠席し[18]、きりや・田辺のみが出演した。
    また、あんりはPCR検査を受け結果が陰性であったことも発表した[18]
  16. ^ スケジュールの都合で、スタジオ初出演は2021年4月5日放送分からとなった(初回のVTR企画には丸山と共に登場している)[19]
  17. ^ 2021年8月13日()はゲストとして出演。
  18. ^ 『グッとラック!』では、相方の井上裕介が水・木曜にレギュラー出演していた。なお、井上は2021年7月22日放送の「テーマパークWEEK」でVTR出演し、番組初登場。同年8月12日放送ではスタジオにも初登場し、石田とのコンビ出演を果たした。後に同年12月2日に、2人による新コーナー「ノンスタハウジング」が開始したため、井上もコーナーレギュラーとして出演することになった。
  19. ^ 2021年4月15日放送分は前日から訴えていた体調不良のため欠席し[20]PCR検査の結果、同月21日に自身が新型コロナウイルス感染症に感染していることが判明[21]。療養により22日も欠席となり、29日放送分に復帰した[22]
  20. ^ 2021年6月17日は、屋敷が新型コロナウイルス感染症感染者の濃厚接触者と判定されたため、大事をとり嶋佐も含め両名が番組を欠席[23]。代役としてすゑひろがりず(三島達矢・南條庄助)が出演した。また、この日行われた「激うまレシピ選手権」には、木曜代表として屋敷が料理を披露することになっていたが欠席のため、屋敷と親交があるという南條が、屋敷が披露する予定だったレシピを再現する形で調理を行った。
    翌週24日は嶋佐のみスタジオ出演に復帰し、屋敷は欠席(事前収録の「一流グルメ芸能人 絶品お取り寄せ!」には、両名とも出演)。
    翌週7月1日は、屋敷が復帰予定であったが、新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応による発熱により大事を取り欠席[24]。嶋佐のみの出演となった。
  21. ^ 2021年10月21日より出演。
    同年4月1日 - 7月29日までは「ラヴィット!ファミリー」として同曜日に出演(7月22日はVTR出演)[26][27]
  22. ^ 2021年10月1日放送では、自身の子供の運動会への参観のため欠席[28]。太田のみの出演となった。
  23. ^ 2021年5月7日は関係者に体調不良者が出たことから、大事をとり番組を欠席[29]。代打で当時隔週レギュラーの東京ホテイソンが先週に引き続き出演。
    これに伴い、東京ホテイソンと同じく隔週レギュラーのEXITがこの日が初めて当番組内で共演することとなった。
    同年8月13日は、関係者に新型コロナウイルス感染症の陽性者が出た関係で家族でPCR検査を受け陰性であったものの、念のため欠席した[30]
  24. ^ 番組開始 - 2021年10月1日までは隔週出演。
    2021年6月15日()はゲストとして出演。
    2021年7月9日は、「ラヴィット! 何コレ!?クション」の問題の1つとして、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンからの生中継(同月23日放送の「テーマパークWEEK」のロケ)で、小杉竜一ブラックマヨネーズ)と共に出演。スタジオの代打として、同じ事務所で先輩のカミナリが出演した。
  25. ^ レギュラー就任前にゲスト出演経験あり。
  26. ^ 裏番組の『めざまし8』には、月1回の木曜日にスペシャルキャスターとして出演(2021年9月までは月1回月曜日に出演)[32]
  27. ^ 番組開始 - 2021年9月までは火曜隔週レギュラー。
  28. ^ 佐久間が2021年10月5日より、宮舘が同月12日より隔週交互に出演[33]。それぞれ4月にはマンスリーゲストとしての出演経験あり。なお、厳密には「ゲスト」としての表記・紹介となっている。
  29. ^ 原則3か月間の出演(2021年9月までは、原則2か月間)。
  30. ^ 2021年8月12日 - 9月30日は木曜ラヴィット!ファミリーとして出演(東京2020オリンピック中継の影響で8月5日は番組休止のため、同月12日からの出演)。同年10月6日より水曜に移動の上続投。
  31. ^ コーナーがあるときのみ出演。
  32. ^ 2021年10月13日より、後述するコーナーレギュラーとして不定期出演。就任前にもゲスト出演経験あり。
  33. ^ 2021年10月9日放送の『オールスター感謝祭』では、本来のレギュラーであるニューヨーク・丸山・ミキ・見取り図に加えて、当番組代表として出演した(他にマヂカルラブリーもう中学生も該当)。なお、同日時点ではコーナーレギュラーとしての出演は発表されていなかった。一方で同じく当番組に複数回出演経験のある錦鯉、フワちゃん等は当番組代表とは記載されていなかった。なお、川島は裏番組の『シブヤノオト』(NHK G)の生放送のため、感謝祭には生出演していない。
  34. ^ 2021年10月27日より、後述するコーナーレギュラーとして不定期出演。就任前にも、主に『アイ・アム・冒険少年』の番宣目的でゲスト出演経験あり。
  35. ^ 前述のとおり、2021年12月2日より「ノンスタハウジング」が開始したため、コーナーレギュラーとして不定期出演。
  36. ^ 『グッとラック!』から続投。
    2021年9月30日までは木曜日(隔週)を担当
  37. ^ 2021年4月27日・6月8日・7月13日は火曜日を担当。
  38. ^ 2021年10月21日は木曜日を担当。また、同月19日放送では「渡部峻」と誤ってクレジットされていた。
  39. ^ 出演順は以下の通り。
    5月6日(木曜日)→5月18日(火曜日) →5月28日(金曜日)→6月16日(水曜日)→7月19日(月曜日
  40. ^ ビビる大木が発表したものであり、当日がチャンカワイの誕生日であったことに因んだキーワード。ただし、当の本人は当日はおろか、これまで当番組に出演したことはなかった。
  41. ^ 金曜レギュラーのくっきー!の相方であるロッシーのみ、当番組への出演経験がない。一方、川島の相方である田村は前述の通り『水ダウ』の企画で当番組にドッキリを仕掛けた。
  42. ^ 2021年7月28日は東京2020オリンピック中継に伴う番組休止日のため、21日放送分で出演終了となった。
  43. ^ 「ラヴィット!ファミリー」は原則2か月間であるが、横田は4か月間出演した。なお、2021年7月22日ではVTR企画のみに出演し、スタジオには同じくVTR企画で共演した大友花恋が出演した[44]
  44. ^ 日向坂46のメンバーが「ラヴィット!ファミリー」を務めるのは、同年4 - 5月期の加藤史帆(火曜日)、同年6 - 7月期の高本彩花(火曜日)に続き、3期連続3人目。なお、メンバーによる月曜日の「ラヴィット!ファミリー」就任は初めて。
  45. ^ 2021年9月27日は【日向坂46 アリーナツアー「全国おひさま化計画 2021」】の福岡公演のため、20日の放送をもって出演終了となった。
  46. ^ 東京2020オリンピック中継に伴い8月3日は番組休止のため、同月10日からの出演。
  47. ^ 2021年7月22日放送分でVTR・スタジオ出演経験あり[44]。また、VTRで同年4月 - 7月まで木曜ファミリーとして出演していた横田真悠と共演している[44]
  48. ^ 当初は8月4日より出演予定だったが、東京2020オリンピック中継が急遽編成されたために番組休止となり、同月11日からの出演となった。
  49. ^ 毎週、2人交代での出演。
    4月2日:深澤辰哉ラウール
    4月9日:向井康二目黒蓮
    4月16日:岩本照渡辺翔太
    4月23日:佐久間大介阿部亮平
    4月30日:深澤辰哉・宮舘涼太
  50. ^ 毎週、2人交代での出演。
    5月7日:重岡大毅中間淳太
    5月14日:濵田崇裕小瀧望
    5月21日:神山智洋藤井流星
    5月28日:桐山照史・濱田崇裕
  51. ^ 2021年4月29日放送でゲスト出演経験あり[51]。なお、河合は金曜日は本来『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』(CBCテレビ)のレギュラー出演のため愛知県名古屋市にいるのだが、当該期間は東京都新型インフルエンザ等緊急事態宣言発令中だった(『ゴゴスマ』は、東京都内にあるCBCテレビ東京支社(千代田会館)からのリモート出演)。なお、6月25日出演時には解除されていたため、当番組終了後の4時間の間に東京から名古屋に移動し、『ゴゴスマ』にも名古屋から出演した。
  52. ^ 田中・ジェシーは2021年4月16日放送でゲスト出演経験あり。
  53. ^ 毎週、2人交代での出演。
    7月2日:田中・ジェシー
    7月9日:ジェシー・髙地
    7月16日:田中・髙地
    7月23日:ジェシー・髙地
    7月30日:田中・髙地
  54. ^ 舞祭組の4人であるが、グループ表記は「Kis-My-Ft2」のみ。毎週、1人が出演。
    ※出演日一覧
    横尾:8月6日
    宮田:8月20日
    二階堂:8月13日
    千賀:8月27日
  55. ^ 毎週、1人が出演。
    濱田:9月3日
    神山:9月10日
    藤井:9月17日
    重岡
    :9月24日
  56. ^ 2021年9月20日以降はシルバーウィーク関連の特別企画、10月改編による出演者の異動・卒業・初回挨拶等に時間を割くため、コーナー自体が休み。ただし占い自体は行われており、9月30日まで番組公式Instagramにて公開されていたが、10月1日以降はそれも停止されたため、事実上のコーナー終了となった。
  57. ^ 2021年7月1日は木曜日を担当。
  58. ^ なお、当日のニュースコーナーは金曜日担当の篠原梨菜が務めた。
  59. ^ 父親衆議院選挙出馬の関係も兼ねる。
  60. ^ これに加えて、今後発売予定の新商品を数種類加える場合がある。
  61. ^ 番組開始当初の1,2ヶ月は、ラッピーがデザインされたタンブラーが商品であったが、後に「ランクインした商品すべて」「ランクインした商品の中から詰め合わせセット」という形になった。
  62. ^ 2021年11月17日放送分では大穴予想が実際に1位になったが、この際に相方の盛山および矢田の審議・異議申し立てにより正解とは認められなかった(正規のルールで1位予想を的中した、すゑひろがりず三島のみ正解となった)。
  63. ^ 2021年4月20日放送分の加藤史帆が該当[62]
  64. ^ 2021年4月9日放送分のEXITが該当[61]
  65. ^ 銭湯なのにピザが有名、和菓子店なのにラーメンが有名など。
  66. ^ 番組内では時事ネタを扱わない観点から、当時その件については特に言及されていなかった。
  67. ^ 実際に2021年6月14日 - 18日の週に行われた「どんぶり」対決では、月曜代表の馬場と火曜代表の高本が28点で同点となったが、このルールにより調理時間がより短かった馬場が優勝となった。
  68. ^ 同じ星座・誕生月で複数人いる場合は、じゃんけんで代表者1人を選出。ただし、当日ゲストないし期間限定の出演者(ラヴィット!ファミリー、マンスリーゲスト)、レギュラーでもサイコロを投げたことがない・久しく投げてない場合には、その人に譲ることもある。
  69. ^ 当日の「ラヴィット! ランキング」、または曜日別コーナーで紹介された食品やグッズの詰め合わせ。なお、当日とりあげた内容が激安商品(特に月曜)・ファッション関連(特に火曜)だった場合には、当日の内容とは関係ない別の商品となることもある。当たりならば出演者全員で山分けとなるが、はずれの場合はスタッフ行きとなる(食品の保存期間の問題などから)。ドラマ出演者がゲストの場合には、当たりならばそのドラマ現場に対する差し入れという形をとることもある。
  70. ^ 更には、そのアイテムがラッキーカラーの色になっているものを用意することもある。
  71. ^ 開始して1週間は、『ごきげんよう』(フジテレビ)で使われたような大きさのサイコロであったが、「ラッキーアイテムを持ちながらだと、大きさ的に投げづらい」「メディシンボール並みに重く、転がらずに滑っていくだけ」等の問題点があり、成績がさらに悪化した。そのため、6月7日からは小さいサイズのサイコロに変更され、これまで用意されていたラッキーアイテムも廃止された。
  72. ^ ダイエット中はスタジオ内で試食ができなかったため、その分の金額を貯金しており、1,590円が貯まっていた。その金額と同額か、数倍(最大100倍)になるチャンスを賭けたサイコロであったが、結果的に1倍(現状維持)の1,590円獲得となった。
  73. ^ 実際には8:20 - 8:50の時間帯を含めた平均視聴率で、この時間帯に限れば12.1%を記録していたが、『マスターズゴルフ』生中継の延長オプションが行使されていたことに留意されたい。
  74. ^ 丸山はサッカー日本女子代表(なでしこジャパン)として2011 FIFA女子ワールドカップで優勝した経験がある。
  75. ^ 具体的には大谷がMLBの公式戦で何らかの新記録を出すことを指す。MVP獲得についてはそれ以上の出来事とみなされただけでなく兼近の発言がトリガーとなったため、例外として大々的に扱われた。
  76. ^ ただし東北放送では、『THE TIME,』終盤の20分間(7時40分 - 8時00分)を『あさチャン!』時代から『ウォッチン!みやぎ』(宮城ローカル番組)に差し替えているため、上記のクロストークも放送されない。
  77. ^ 芸人に対して面白コメントを要求したり、芸人以外にも「先輩らしく」などとハードルを上げていくこともある。
  78. ^ リベンジという形で再度盛山に振ったり、稀に芸人以外に振ることもある。2021年10月6日放送では、この日のゲストの武田真治がこの流れで振られている。
  79. ^ 川島を含めたMC2名で1枠になっている。
  80. ^ このため、グリーンジャケットの贈呈式・松山による優勝者スピーチ・松山へのインタビューは、編成上『ラヴィット!』の放送枠内で中継された。
  81. ^ 2021年8月6日は『広島平和記念式典』の生中継を8:00 - 8:30に放送したため、30分遅れの8:30 - 10:25に時差ネットで放送された。
  82. ^ 毎年10月7日の長崎くんち中継が平日と重なる場合の当番組の放送については現時点で未定。ただし、2021年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で奉納踊りが中止となったが、当日の対応については現時点では不明。
  83. ^ 実際は影武者となったMCの川島が回答。

出典[編集]

  1. ^ “麒麟・川島 TBS「グッとラック!」後番組MC起用発表「声も腰も低く低く頑張ります」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2021年2月1日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/02/01/kiji/20210201s00041000003000c.html 2021年2月1日閲覧。 
  2. ^ a b “「麒麟」川島 新たなTBS“朝の顔”抜てき!3月終了「グッとラック!」後番組MC決定”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2021年1月7日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/01/07/kiji/20210106s00041000420000c.html 2021年1月7日閲覧。 
  3. ^ 麒麟川島MC、朝の新番組にEXIT、ミキ、見取り図、ニューヨーク、宮下草薙ら出演”. お笑いナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年3月14日). 2021年3月14日閲覧。
  4. ^ a b “TBS、平日午前のワイドショー枠“撤退” 「グッとラック!」3月終了”. SANSPO.COM (サンケイスポーツ). (2020年12月14日). https://www.sanspo.com/geino/news/20201214/geo20121405020001-n1.html 2020年12月14日閲覧。 
  5. ^ TBS朝8時に新バラエティ「ニュース、ワイドショーを一切扱いません」”. マイナビニュース. マイナビ (2021年2月1日). 2021年9月27日閲覧。
  6. ^ a b 【エンタがビタミン♪】麒麟・川島が貫いた「ワイドショーは絶対やらない」 バラエティ番組MCとして『ラヴィット!』を引き受ける”. TechInsight (2021年8月5日). 2021年11月3日閲覧。
  7. ^ “立川志らくが「グッとラック!」3月終了をナマ発表 小倉智昭を引き合いに…”. 東京スポーツ (東京スポーツ). (2021年1月29日). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2679945/ 2021年2月24日閲覧。 
  8. ^ TBS「グッとラック!」後番組の司会に麒麟・川島とSHELLYが内定”. 文春オンライン. 文藝春秋 (2021年1月6日). 2021年3月31日閲覧。
  9. ^ a b c 井上マサキ (2021年6月23日). “「ラヴィット!」情報番組の皮をかぶった“大喜利バラエティ”で光る麒麟・川島のMC”. WEBザテレビジョン. KADOKAWA. 2021年7月1日閲覧。
  10. ^ 奥森皐月 (2021年9月30日). “我々は「大喜利」から逃げられない。奥森皐月が勧める“大喜利ライフ”の心得”. QJWeb. とうこう・あい. 2021年10月2日閲覧。
  11. ^ 『ラヴィット!』まるで大喜利番組? 麒麟・川島の絶妙な采配「大喜利チャンスだと思わないでください」”. 日刊サイゾー. サイゾー (2021年7月13日). 2021年7月15日閲覧。
  12. ^ 「ラヴィット!」あのちゃん珍回答の黒幕は「水ダウ」 麒麟・川島も困惑”. デイリースポーツ. 神戸新聞社 (2021年10月14日). 2021年10月15日閲覧。
  13. ^ あの、『ラヴィット』大喜利無双の背景に『水ダウ』 次回予告に視聴者衝撃”. しらべぇ. NEWSY (2021年10月14日). 2021年10月22日閲覧。
  14. ^ 『ラヴィット!』珍回答の裏側に『水ダウ』 「あのちゃん面白すぎた」「腹痛い」と反響”. クランクイン! (2021年10月21日). 2021年10月27日閲覧。
  15. ^ 「ラヴィット!」で「水ダウ」チーソー再び 麒麟・川島震え上がる「恐っ!」”. デイリースポーツ (2021年11月9日). 2021年12月4日閲覧。
  16. ^ TBS『ラヴィット!』ぼる塾、EXITら曜日レギュラー17組発表 ジャンポケ太田&近藤千尋は夫婦で出演”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年3月14日). 2021年5月26日閲覧。
  17. ^ "「麒麟」川島明がMCのTBS系「ラヴィット!」に ミキ、見取り図、EXITら17組がレギュラー決定". スポーツ報知. 報知新聞社. 14 March 2021. 2021年3月14日閲覧
  18. ^ a b ぼる塾・あんり 「ラヴィット!」欠席 先週金曜日に発熱 PCR検査は陰性も大事とり”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2021年5月10日). 2021年5月13日閲覧。
  19. ^ 本並の姿なく…丸山桂里奈「サッカー行っちゃった」”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2021年3月29日). 2021年4月5日閲覧。
  20. ^ 体調異変のノンスタ石田、ラヴィット欠席 ネット心配の声…ブログで「病院行く」と”. デイリースポーツ online. 神戸新聞社 (2021年4月15日). 2021年4月30日閲覧。
  21. ^ ノンスタ石田も新型コロナ感染 相方・井上に続き 井上発熱翌日13日のPCR検査は陰性「まさか」”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2021年4月21日). 2021年4月30日閲覧。
  22. ^ コロナ回復のノンスタ石田、療養中「マジで半泣き」したワケ 「ラヴィット!」3週ぶり出演”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2021年4月29日). 2021年4月30日閲覧。
  23. ^ ニューヨーク嶋佐「闇スロットに…」コロナ濃厚接触の相方不在をボケて謝罪”. マイナビニュース (2021年6月14日). 2021年6月17日閲覧。
  24. ^ 7月1日のツイートより
  25. ^ a b アインシュタイン&横田真悠「ラヴィット!」新レギュラーメンバーに決定”. モデルプレス. ネットネイティブ (2021年9月27日). 2021年9月27日閲覧。
  26. ^ a b 注目の女性タレント・横田真悠、「ラヴィット!」木曜担当に決定 モデルに女優と活躍”. ENCOUNT. Creative2 (2021年3月25日). 2021年3月25日閲覧。
  27. ^ a b c 日向坂46・高本彩花、6〜7月の「ラヴィット!ファミリー」火曜担当に決定|M-ON! MUSIC NEWS” (日本語). www.m-on-music.jp (2021年6月1日). 2021年6月1日閲覧。
  28. ^ 近藤千尋、子どもの運動会で「ラヴィット!」欠席”. ナリナリドットコム (2021年10月2日). 2021年10月30日閲覧。
  29. ^ 近藤千尋&ジャンポケ太田夫妻が「ラヴィット!」欠席 知人の体調不良で大事をとり”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2021年5月7日). 2021年5月13日閲覧。
  30. ^ 太田博久&近藤千尋夫妻、13日の「ラヴィット!」欠席を報告 PCR検査家族全員陰性も「念のため」”. スポーツ報知. 報知新聞社 (2021年8月12日). 2021年8月13日閲覧。
  31. ^ アインシュタインが「ラヴィット!」火曜レギュラーに”. お笑いナタリー. ナターシャ (2021年9月27日). 2021年9月27日閲覧。
  32. ^ EXIT 「めざまし8」で「ラヴィット!」ポーズ 兼近もビックリ?”. デイリースポーツ online. 神戸新聞社 (2021年4月26日). 2021年11月3日閲覧。
  33. ^ Snow Man 佐久間大介&宮舘涼太、バラエティで重宝される理由 『ラヴィット!』でも弾ける笑顔と絶妙な笑いのセンス”. Real Sound (2021年10月18日). 2021年10月19日閲覧。
  34. ^ “樋口日奈『ラヴィット!』月曜レギュラーに決定”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年10月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2208845/full/ 2021年10月1日閲覧。 
  35. ^ 櫻坂46の守屋麗奈、今日からTBS朝番組「ラヴィット!」木曜レギュラーに”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年8月12日). 2021年8月12日閲覧。
  36. ^ 櫻坂46守屋麗奈『ラヴィット!』レギュラー続投 木曜→水曜へチェンジ”. ORICON NEWS. オリコン株式会社 (2021年9月30日). 2021年9月30日閲覧。
  37. ^ オードリー春日『ラヴィット!』グランドスラム達成 告知なしで登場「ラヴィットゥース!」”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年7月19日). 2021年7月21日閲覧。
  38. ^ オードリー春日“ラヴィット!全曜日出演”2周目突入”. ナリナリドットコム. Narinari.com (2021年8月26日). 2021年8月26日閲覧。
  39. ^ a b “チャンカワイ、ビビる大木の“トレンド入り”プレゼントに「嬉しかったです」”. デイリースポーツ. (2021年6月16日). https://www.daily.co.jp/gossip/2021/06/16/0014419617.shtml 2021年6月23日閲覧。 
  40. ^ 小宮璃央:“キラメイレッド”が朝の帯番組初レギュラー 「お茶の間を盛り上げられるように頑張ります」”. MANTANWEB. MANTAN (2021年3月22日). 2021年3月22日閲覧。
  41. ^ 日向坂46加藤史帆、TBS朝の新バラエティ「ラヴィット!」ファミリーに決定(コメントあり)” (日本語). 音楽ナタリー. ナターシャ. 2021年3月22日閲覧。
  42. ^ TikTok日本No.1・景井ひな、TBS『ラヴィット!』水曜レギュラー決定 “SNSスター”を異例抜てき”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年3月24日). 2021年3月24日閲覧。
  43. ^ “「ドラゴン桜」“健太”反響の細田佳央太「ラヴィット」6〜7月水曜に加入!自身初の帯番組レギュラー”. スポーツニッポン. (2021年5月31日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/05/31/kiji/20210530s00041000755000c.html 2021年5月31日閲覧。 
  44. ^ a b c TBS『ラヴィット!』 [@tbs_loveit] (2021年7月21日). "🐰#ラヴィット!緊急告知! 夏休み特別企画☀ 5曜日連続テーマパークSP🎢 明日は #USJ🌏 豪華メンバーが人気アトラクションを一挙紹介✨注目エリア #スーパーニンテンドーワールド も! #ノンスタ井上 #横田真悠 #大友花恋 #ブラマヨ小杉 #東京ホテイソン #SixTONES#髙地優吾 あさ8時から☀" (ツイート). Twitterより2021年8月2日閲覧
  45. ^ 日向坂46の松田好花、TBS系「ラヴィット!」月曜レギュラーに”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2021年8月2日). 2021年8月2日閲覧。
  46. ^ ねお『ラヴィット!』火曜レギュラー決定”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年8月9日). 2021年8月20日閲覧。
  47. ^ 大友花恋、初の帯番組レギュラー決定「ラヴィット!ファミリー」水曜担当に”. WEBザテレビジョン. KADOKAWA (2021年8月2日). 2021年8月2日閲覧。
  48. ^ Snow Man:TBS「ラヴィット!」の4月金曜ゲストに 毎週ペアで出演「朝から皆さんに元気を」”. MANTANWEB. MANTAN (2021年3月29日). 2021年3月29日閲覧。
  49. ^ @tbs_loveit (2021年4月30日). "「ジャニーズWEST」マンスリーゲスト告知…" (ツイート). Twitterより2021年4月30日閲覧
  50. ^ ジャニーズWEST、『ラヴィット!』5月金曜ゲストに 朝の帯番組に初挑戦”. マイナビニュース. マイナビ (2021年4月30日). 2021年4月30日閲覧。
  51. ^ @tbs_loveit (2021年4月28日). "📣🐰 明日の #ラヴィット !は…" (ツイート). Twitterより2021年5月31日閲覧
  52. ^ SixTONESジェシー&高地&田中『ラヴィット!』金曜マンスリーゲスト 毎週ペアで登場”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年6月25日). 2021年6月25日閲覧。
  53. ^ キスマイ横尾&宮田&二階堂&千賀『ラヴィット!』8月金曜ゲスト 週替りで1人登場”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年7月30日). 2021年7月30日閲覧。
  54. ^ ジャニーズWESTのメンバーが日替わりで毎週金曜「ラヴィット!」に登場”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2021年8月27日). 2021年9月27日閲覧。
  55. ^ TBS田村真子アナ「ラヴィット!」復帰「体調不良で大事をとって」と説明”. 日刊スポーツ. 日刊スポーツ新聞社 (2021年4月27日). 2021年4月30日閲覧。
  56. ^ ラヴィット! 朝のトークで松田&丸山が号泣 川島「ブルートゥースで繋がってるの?」”. デイリースポーツ. 株式会社デイリースポーツ (2021年10月25日). 2021年10月25日閲覧。
  57. ^ 日向坂46・加藤史帆、生放送中に“謎の言動”で驚きの声「水曜日のダウンタウン!」” (日本語). クランクイン! (2021年10月26日). 2021年10月27日閲覧。
  58. ^ TBS『ラヴィット!』 [@tbs_loveit] (2021年10月27日). "/#はみ出しラヴィット!🐰\ OA直後の #櫻坂46 #守屋麗奈 さんを直撃🎵🎤 本日の感想は??👀 明日の #ラヴィット!もお楽しみに🐰 #れなぁ #緊張 #ありゃりゃりゃ #食パン #ぴょんぴょん #名前とんだ? #愛想笑い? #お疲れ様でした!" (ツイート). Twitterより2021年10月30日閲覧
  59. ^ TBS『ラヴィット!』 [@tbs_loveit] (2021年10月28日). "/#はみ出しラヴィット!🐰\ OA直後の #横田真悠 さんを直撃🎵🎤 本日の感想は??👀 明日の #ラヴィット!もお楽しみに🐰 #ど緊張 #早く終わって欲しい #発表会 #ふしぎ発見 #読まなきゃ #ムチャブリ #今日のこと覚えてない #あの席に戻りたい #お疲れ様でした!" (ツイート). Twitterより2021年10月30日閲覧
  60. ^ TBS『ラヴィット!』 [@tbs_loveit] (2021年10月29日). "/#はみ出しラヴィット!\ OA直後の #ジャニーズWEST #濵田崇裕 💜さんを直撃🎵🎤 本日の感想は?? 来週の #ラヴィット!もお楽しみに🐰 #終わったぁ #ど緊張 #顔がカチカチ #ほぼ麒麟 #水を #琵琶湖 #句読点 #どうぞ! #360度 #またお待ちしています!" (ツイート). Twitterより2021年10月30日閲覧
  61. ^ a b EXIT「ラヴィット!」放送中に退席 ピザのクイズ中「大人の事情」”. デイリースポーツ online (2021年4月9日). 2021年4月9日閲覧。
  62. ^ a b 『ラヴィット』日向坂46が“大人の事情”で見学に! 制作陣に批判「配慮が無い」”. まいじつ. 日本ジャーナル出版 (2021年4月21日). 2021年4月21日閲覧。
  63. ^ “誰がわかるん!?宮下兼史鷹がトレンド入り「いつの間に柱になりました?」”. 日刊スポーツ. (2021年9月28日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202109280000240.html 2021年9月30日閲覧。 
  64. ^ “「ラヴィット!涙の最終回」 やっぱりトレンド入り 相席スタート山添がぶち込む”. デイリースポーツ. (2021年11月2日). https://www.daily.co.jp/gossip/2021/11/02/0014811385.shtml 2021年11月9日閲覧。 
  65. ^ miyabi (2021年5月31日). “【エンタがビタミン♪】ぼる塾・田辺『ラヴィット!』新企画“芸能界スイーツ部”で「亀梨くんが食べてくれると思って頑張ります!」”. Techinsight. メディアプロダクツジャパン. 2021年11月3日閲覧。
  66. ^ 宮舘涼太&佐久間大介『ラヴィット!』で初冠コーナー『お試しSnow Man!』放送開始”. オリコン (2021年10月31日). 2021年11月2日閲覧。
  67. ^ TBS『ラヴィット!』 [@tbs_loveit] (2021年10月26日). "明日の #ラヴィット!は… / 新企画「あばれる食堂」! #あばれる君 #アルピー平子 #ギャル曽根 #小倉優子 が旬の食材を食べ尽くし🐟 さらに! 超一流和食料理人が選ぶふりかけランキング! \ お楽しみに🐰" (ツイート). Twitterより2021年10月30日閲覧
  68. ^ ニューヨーク嶋佐、1Kからタワマンへ!? 「ラヴィット!」で本気の引っ越し企画”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 2021年10月30日閲覧。
  69. ^ ニューヨーク嶋佐「今日引っ越し先を決める!」“リアル家探し”ついに最終回”. マイナビニュース. マイナビ (2021年10月13日). 2021年10月30日閲覧。
  70. ^ TBS『ラヴィット!』 [@tbs_loveit] (2021年10月27日). "明日の #ラヴィット!は… / 「ニューヨーク不動産」シーズン2! 嶋佐のリアル"家具"探しは、まさかの展開に…!? さらに! 絶景カフェ ランキング! #なすなかにし #本田仁美 #カミナリ #香音 が驚きの景色に大興奮✨\ スタジオには #そいつどいつ も! 明日の代理MCは!? お楽しみに🐰" (ツイート). Twitterより2021年10月30日閲覧
  71. ^ 近藤千尋、熱海に“別荘”を購入 「ガチだから」契約の様子をYouTubeで公開”. WEBザテレビジョン. KADOKAWA (2021年6月11日). 2021年11月3日閲覧。
  72. ^ TVでた蔵(2021-4-14)
  73. ^ カズキ (2021年4月1日). “「値段見極めクイズ!」でやっと生活情報バラエティーの構えに”. J-CASTテレビウォッチ. ジェイ・キャスト. 2021年4月1日閲覧。
  74. ^ 一ツ石 (2021年4月20日). “横浜流星は悩んで「正解」 雑貨の値段あてクイズ(ラヴィット!)”. J-CASTテレビウォッチ. ジェイ・キャスト. 2021年4月20日閲覧。
  75. ^ TBS「SDGsウィーク」第2弾 木村佳乃・バナナマン・山之内すず・安住アナが大使に”. ORICON NEWS. oricon ME (2021年3月12日). 2021年9月29日閲覧。
  76. ^ “朝の情報番組、新年度の初回視聴率で明暗分かれる”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2021年3月30日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202103300000295.html 2021年3月30日閲覧。 
  77. ^ “麒麟・川島明MCの「ラヴィット!」2回目は視聴率2.1% 初回から0.6ポイント減”. スポーツ報知 (スポーツ報知). (2021年3月31日). https://hochi.news/amp/articles/20210331-OHT1T50072.html 2021年3月31日閲覧。 
  78. ^ “TBS「ラヴィット!」1日は1.8% 番組最低を記録”. デイリースポーツ (デイリースポーツ). (2021年4月2日). https://www.daily.co.jp/gossip/2021/04/02/0014205372.shtml 2021年4月2日閲覧。 
  79. ^ a b 9日の「ラヴィット!」は1.1%で番組ワースト 「マスターズ」で20分遅い開始”. デイリースポーツ. 株式会社デイリースポーツ (2021年4月12日). 2021年4月12日閲覧。
  80. ^ a b マスターズ延長効果?TBS「ラヴィット」最高視聴率”. Sponichi Annex. 株式会社スポーツニッポン新聞社 (2021年4月12日). 2021年4月12日閲覧。
  81. ^ a b 朝のテレビを変えたコア視聴率 「バッシングしないで」”. 朝日新聞デジタル (2021年7月5日). 2021年7月5日閲覧。
  82. ^ 次世代起用でSMAPの再現を期待か TBSが図る起死回生の一手”. FRIDAY (2021年3月3日). 2021年4月28日閲覧。
  83. ^ TBS、「ラヴィット!」不振も「今後も『ニュースなし、ワイドショーなし』の方針は変わりません」”. スポーツ報知 (2021年4月28日). 2021年4月28日閲覧。
  84. ^ TBS社長「あさチャン!」MC夏目三久と有吉弘行の結婚祝福 MC後任や今後の編成は未定”. スポーツニッポン (2021年4月28日). 2021年4月28日閲覧。
  85. ^ 松本人志発言で注目「コア視聴率」を調べたら…人気番組『モーニングショー』の苦境が浮かび上がった!”. Smart FLASH (2021年7月18日). 2021年7月18日閲覧。
  86. ^ 麒麟・川島明がイライラ爆発 低迷「ラヴィット!」で企画にダメ出しも”. 東京スポーツ (2021年7月1日). 2021年7月6日閲覧。
  87. ^ TBS『ラヴィット!』浸透への手応え 夏休みに向けて「いろんな施策打っていきたい」”. ORICON NEWS (2021年7月16日). 2021年7月19日閲覧。
  88. ^ TBS「ラヴィット!」で夏休み特別企画 21日から「テーマパークWEEK」を放送”. スポーツニッポン (2021年7月20日). 2021年7月20日閲覧。
  89. ^ 打ち切り説もあったTBS「ラヴィット!」評判V字回復の意外 なぜ風向きが変わったのか?”. 日刊ゲンダイ (2021年8月15日). 2021年8月15日閲覧。
  90. ^ 朝の韓国ドラマが『ラヴィット!』より高視聴率…民放最下位でも光るテレ東の別次元の戦法”. Business Journal. サイゾー. p. 2 (2021年5月13日). 2021年10月30日閲覧。
  91. ^ TBS安住紳一郎アナ『THE TIME』爆上げ視聴率「6%」受けと『水曜日のダウンタウン』遠隔あのちゃん絶大効果で急上昇『ラヴィット』がついに「韓流ドラマを倒した」!”. 日刊大衆. 双葉社 (2021年10月29日). 2021年10月30日閲覧。
  92. ^ 麒麟・川島明が「ラヴィット!」“大喜利路線”徹底を決めた“あの批判騒動””. アサ芸プラス. 徳間書店 (2021年8月16日). 2021年10月10日閲覧。
  93. ^ “「ラヴィット!」でついに五輪映像流れる トークの前振り?川島「笑いの金メダルを」”. デイリースポーツ. (2021年7月27日). https://www.daily.co.jp/gossip/2021/07/27/0014537605.shtml 2021年8月6日閲覧。 
  94. ^ “ニュース扱わない「ラヴィット!」、大谷MVP速報に湧く”. ナリナリドットコム. (2021年11月19日). https://www.narinari.com/Nd/20211168720.html 2021年11月21日閲覧。 
  95. ^ 平日の帯番組であれば基本的に平日はセットをそのスタジオに常設することが多いが、Nスタジオは報道専用スタジオであり、報道番組のセットが常設されていることから、毎日そのセットの内側にこの番組のセットを建て込み、番組終了後に撤収するという流れが毎日繰り返されている。
  96. ^ 安住アナ&香川照之「THE TIME,」 おじさんの照れ笑いに麒麟・川島が“ダメ出し””. ENCOUNT. Creative2 (2021年10月1日). 2021年11月3日閲覧。
  97. ^ サンボマスター、朝番組のテーマソングを初めて担当”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2021年3月28日). 2021年3月28日閲覧。
  98. ^ ラヴィット! 日本でいちばん明るい朝番組 MC麒麟・川島明&田村真子アナ 2021年4月12日 (月) あさ 8時20分〜”. TBSテレビ (2021年4月12日). 2021年4月15日閲覧。
  99. ^ 松山優勝で「ラヴィット!」は50分遅れで放送開始 丸山桂里奈が珍祝福”. デイリースポーツ. 株式会社デイリースポーツ (2021年4月12日). 2021年4月12日閲覧。
  100. ^ ON AIR オンエア情報”. 東京2020オリンピック. TBSテレビ. 2021年7月23日閲覧。
  101. ^ 『ラヴィット!』11・1からTVerで配信 朝の生番組では異例 川島明「完全にバラエティと認識された証拠」”. ORICON NEWS (2021年10月29日). 2021年10月29日閲覧。
  102. ^ 朝の生放送「ラヴィット!」11月1日放送分からTVerで配信開始”. お笑いナタリー (2021年10月29日). 2021年10月29日閲覧。
  103. ^ https://twitter.com/aoni_official/status/1376140875990851587” (日本語). Twitter. 2021年3月31日閲覧。
  104. ^ 「グッとラック!」より続投。
  105. ^ ラヴィット!:Paraviでスピンオフ「真夏の夜のラヴィット!」配信 ラッピーVS見取り図盛山の対決も”. まんたんウェブ. 株式会社MANTAN (2021年8月18日). 2021年8月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

TBS系列 平日 8:00 - 9:55枠・午前の情報バラエティ番組枠
前番組 番組名 次番組
グッとラック!
(2019年9月30日 - 2021年3月26日)
【ここまでワイドショー番組】
ラヴィット!
(2021年3月29日 - )
【ここから情報バラエティ番組】
-