CANDY CANDY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CANDY CANDY
きゃりーぱみゅぱみゅシングル
収録アルバム ぱみゅぱみゅレボリューション
B面 でもでもまだまだ
ちょうどいいの(extended mix)
リリース 2012年4月4日
規格 マキシシングル
デジタル・ダウンロード
ジャンル エレクトロニカ/J-POP
レーベル unBORDE
作詞・作曲 中田ヤスタカ
プロデュース 中田ヤスタカ
ゴールド等認定
チャート最高順位
きゃりーぱみゅぱみゅ シングル 年表
つけまつける
(2012年)
CANDY CANDY
(2012年)
ファッションモンスター
(2012年)
テンプレートを表示

CANDY CANDY」(キャンディー・キャンディー)は、きゃりーぱみゅぱみゅの2作目のシングル曲。2012年4月4日ワーナーミュージック・ジャパンから発売された。

前作と同じく中田ヤスタカが手がけた表題曲は、レトロさを感じさせるイントロと歌い出しから始まり[2]トイピアノを思わせる柔らかく[3] やや切なげな音色に乗せて[4] 年頃の微妙な乙女心を[5] スイートに寄せた歌声で歌い[3]、無機質で[4] キャッチーな[2]サビにつなげて、それまでのきゃりーの作品には無かったキュートな余韻を引き出している[3]

収録曲[編集]

(全作詞・作曲・編曲:中田ヤスタカ)

  1. CANDY CANDY [3:50]
  2. でもでもまだまだ [4:11]
  3. ちょうどいいの(extended mix) [4:23]

初回限定盤(フォトブック仕様)と通常盤の2形態で発売された。

ミュージック・ビデオ[編集]

「もし昔の歌番組にアイドルのきゃりーぱみゅぱみゅが出演したら[5]」というストーリー性を重視した[7]1980年代をコンセプトとしたものになっている[8]。まず冒頭で、ドジっ娘アイドルの[7] きゃりーが食パンを咥えながら、とある高級住宅街を全力疾走してゆく[9](これが「遅刻」の暗示だというのは日本人の共通認識である[5])。そのステージ衣装のままきゃりーは歌番組のスタジオに飛び込み、ステージが始まる。次いでリハーサルの間、きゃりーはお面をつけた影武者のダンサーにステージを任せて休憩に入るが、本番が始まっても影武者がステージから降りないのにキレて[5]、影武者にドロップキックを喰らわせる。ここが最大の見せ場だと監督の田向は述べている[5][8]

ビデオの企画段階で、きゃりーは田向に「ザ・ベストテンっていいよね〜」と[7]、この80年代を代表する歌番組に出ていた岡田奈々河合奈保子のようなことをやりたいと伝えた[5]。(きゃりーは音楽好きの父親から当時のアイドルについてよく聞かされていた[10]。)これに従いまず、きゃりーの衣装は本人の希望をかなり取り入れて[5]、上は赤いスパンコールセーラー服、下はデザイナーが丸10日かけ苦心して作ったというウレタン素材の立体的なスカート、頭にはやはりウレタン素材の巨大リボンという[9]、「ミンキーモモクリィミーマミなんかの80年代の魔女っ娘アイドル」風にデザインされ[7]、スタジオの舞台装置も歌番組らしさが出るよう組まれた[5]。時折登場するマスコット風のタマネギは、「ザ・ベストテン」で司会をつとめ、その髪型から「タマネギ頭」で知られる黒柳徹子をイメージしたものである[5][11]。他にも機関銃を乱射するシーンが「セーラー服と機関銃」のパロディであるなど、80年代を意識したネタが配されている[5]。見せ場のドロップキックのシーンは難度が高かったが、きゃりーの運動神経の良さに助けられ、すんなり成功した[5]。また、このシーンで挿入される劇画調のイラストは、監督の田向がさいとう・たかをの絵を参考に描き下したものである[12]

このミュージックビデオの撮影には25時間を要した[7][8]。スタッフ、出演者は次の通り。

カバー曲[編集]

インドネシアの人気バンド Pee Wee Gaskins英語版 はきゃりーぱみゅぱみゅのファンを公言しており、2013年にこの曲のカバー曲を発表した[13]

こぼれ話[編集]

サビとリズムが、オウム真理教の宗教歌の一つ『尊師マーチ』に似ていると話題になり、Youtubeニコニコ動画に動画が多数投稿された。

脚注[編集]

  1. ^ 有料音楽配信認定作品一覧 2013年5月(日本レコード協会)
  2. ^ a b 安田謙一 (2012年). “CANDY CANDY/きゃりーぱみゅぱみゅ”. TSUTAYA online. 2014年8月7日閲覧。
  3. ^ a b c 山本純 (2012年). “きゃりーぱみゅぱみゅ「CANDY CANDY」”. Billboard JAPAN. 2014年8月7日閲覧。
  4. ^ a b きゃりーぱみゅぱみゅ / CANDY CANDY”. CDJournal. 音楽出版社 (2012年). 2014年8月7日閲覧。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m 今度のきゃりーぱみゅぱみゅは80年代アイドル! 田向潤監督による「ザ・ベストテン」風のMV「CANDY CANDY」”. white-screen.jp. WhiteScreen (2012年4月3日). 2013年7月28日閲覧。
  6. ^ “きゃりぱみゅ、レギュラー出演のトーク番組でED曲も歌う”. ORICON STYLE. (2012年3月26日). http://www.oricon.co.jp/news/confidence/2009098/full/ 
  7. ^ a b c d e f g h きゃりー新曲「CANDY CANDY」PVで80'sドジアイドルに”. ナタリー. ナターシャ (2012年3月14日). 2013年7月28日閲覧。
  8. ^ a b c きゃりーぱみゅぱみゅ、新曲「CANDY CANDY」ミュージックビデオついに解禁”. INMUSIC. フルサイズイメージ (2012年3月15日). 2013年7月28日閲覧。
  9. ^ a b きゃりーぱみゅぱみゅ、新曲「CANDY CANDY」MVついに解禁!”. CDJournal. 音楽出版社 (2012年3月15日). 2014年8月7日閲覧。
  10. ^ きゃりぱみゅ告白 黒柳徹子から影響”. デイリースポーツ (2013年7月15日). 2013年7月28日閲覧。
  11. ^ きゃりーぱみゅぱみゅ:おそろい衣装で「徹子の部屋」初出演 PVでタマネギ頭を参考に”. 毎日jp. 毎日新聞社 (2013年7月15日). 2013年7月28日閲覧。
  12. ^ タナカヒロシ (2014年7月1日). “全MVを作る田向潤が語る、きゃりーぱみゅぱみゅの才能って? (4/4)”. CINRA.NET. 2014年8月7日閲覧。
  13. ^ インドネシアのPee Wee Gaskins、大ファンを公言する きゃりーぱみゅぱみゅの「CANDY CANDY」をカバー”. POWERPOP ACADEMY. THISTIME (2012年8月31日). 2013年7月28日閲覧。

外部リンク[編集]