菅和三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

菅 和三郎(すが わさぶろう、1917年または1918年 - 2010年6月28日[1])は、元雄勝町議会議員。秋の宮いちご生産出荷組合組合長や、湯沢市いちご生産集出荷組合組合長などを歴任。現在の自由民主党総裁内閣総理大臣である菅義偉父親である。

概説[編集]

第二次世界大戦末期、満鉄職員として当時満州国の首都だった通化市で日本の降伏を迎える。

引き揚げ後、郷里の秋ノ宮で農耕に従事。「秋の宮いちご」のブランド化に成功。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ 菅義偉衆院議員の父、菅和三郎さんが死去” (日本語). 日本経済新聞 電子版 (2010年6月29日). 2020年9月14日閲覧。