大空ゆうひ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
大空祐飛から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
おおぞら ゆうひ
大空 ゆうひ
別名義 大空 祐飛(旧芸名)
生年月日 6月22日
出生地 東京都
身長 170cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 宝塚歌劇、舞台
活動期間 1992年 -
活動内容 1992年:宝塚歌劇団入団
1993年月組配属
2008年花組に異動
2009年宙組に異動、宙組トップスター就任
2012年:宝塚歌劇団退団
2013年 : 芸能活動開始
事務所 エイベックス・マネジメント株式会社
公式サイト 大空ゆうひオフィシャルサイト
主な作品
宝塚歌劇
銀ちゃんの恋
カサブランカ
誰がために鐘は鳴る
備考
宝塚歌劇団卒業生

大空 ゆうひ(おおぞら ゆうひ、6月22日 - )は、日本女優。元宝塚歌劇団宙組トップスター。旧芸名は大空 祐飛(読みは同じ)。

東京都出身。身長170㎝。血液型A型。所属事務所はエイベックス・マネジメント

来歴[編集]

1992年3月、78期生として宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は28番。雪組この恋は雲の涯まで』で初舞台。翌年、月組に配属。

同期生に瀬奈じゅん(元月組トップスター)、貴城けい(元宙組トップスター)、檀れい(元月組・星組トップ娘役、俳優・及川光博夫人)など。

長らく新人公演で2番手役が続いていたが1998年、『WEST SIDE STORY(第一幕)』トニー役で新人公演主演。1999年、中国公演『夢幻花絵巻/ブラボー!タカラヅカ』で初の海外公演に参加し、月組で頭角を現していく。1999年度・宝塚歌劇団年度賞・努力賞受賞。

2001年、初ディナーショー『Selfish』開催。同年、『血と砂』で汐美真帆とともに、バウホール公演初主演。

2002年度・宝塚歌劇団年度賞・努力賞受賞。

2003年、2度目のディナーショー『Spark』開催。

2004年、『THE LAST PARTY』スコット・フィッツジェラルド役でバウホール公演主演。

2005年、3度目のディナーショー『Spark II』開催。

2006年、『ベルサイユのばら星組公演にオスカル役で特別出演。同年、『THE LAST PARTY』(再演)スコット・フィッツジェラルド役で東京芸術劇場公演主演。

2007年、『HOLLYWOOD LOVER』ステファーノ・グランディ役でバウホール公演、日本青年館公演(2008年)主演。同年末、花組への組替えが発表される。2007年度・宝塚歌劇団年度賞・努力賞受賞。

2008年1月26日付で花組へ組替え。2番手男役となる。同年、4度目のディナーショー『SORA-空の奇跡-』開催。

2009年2月27日宙組トップスター就任とそれに伴う組替えが発表される。同年6月16日付で宙組へ組替え。7月6日大和悠河の退団に伴い、宙組トップスター就任。相手役には同じく花組より野々すみ花を迎える。

2009年8月、博多座公演『大江山花伝-燃えつきてこそ-/Apasionado!!II』でトップお披露目。11月、『カサブランカ』宝塚大劇場トップ御披露目公演主演。2009年度・宝塚歌劇団年度賞・優秀賞受賞。

2010年度・阪急すみれ会パンジー賞・男役賞受賞。

2011年、第32回松尾芸能賞・優秀賞を受賞。また、この年の4月に眉月凰が退団したため、最後の78期生となった。

2012年7月1日、『華やかなりし日々』/『クライマックス -Cry-Max-』の東京宝塚劇場公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団。

2013年3月、エイベックス・マネジメントに所属し、芸能活動を開始。

2013年10月、事務所の分社により、エイベックス・ヴァンガードに所属する[1]

2017年2月、芸名を「大空ゆうひ」に改名したことを、公式サイト内のブログでファンに報告した[2]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

月組時代[編集]

花組時代[編集]

  • 2008年5月 - 8月、『愛と死のアラビア-高潔なアラブの戦士となったイギリス人/Red Hot Sea』イブラヒム役
  • 2008年10月、シアター・ドラマシティ、青年館公演『銀ちゃんの恋』倉岡銀四郎役 *主演
  • 2009年1月 - 3月、『太王四神記』-チュシンの星のもとに- ヨン・ホゲ役
  • 2009年5月、全国ツアー『哀しみのコルドバ/Red Hot Sea II』 リカルド・ロメロ役

宙組トップスター時代[編集]

  • 2009年8月、博多座公演 『大江山花伝-燃えつきてこそ-/Apasionado!!II』茨木童子役 *トップ就任披露公演
  • 2009年11月 - 2010年2月、『カサブランカ』リチャード(リック)・ブレイン役  *大劇場トップ御披露目公演
  • 2010年3月、シアター・ドラマシティ公演、日本青年館公演『シャングリラ・水之城』空(ソラ)役
  • 2010年5月 - 8月、『TRAFALGAR-ネルソン、その愛と軌跡-/ファンキー・サンシャイン』 ホレーショ・ネルソン
  • 2010年9月、全国ツアー公演『銀ちゃんの恋』倉岡銀四郎役
  • 2010年11月 - 2011年1月、『誰がために鐘は鳴る』ロバート・ジョーダン役 
  • 2011年3月、シアター・ドラマシティ公演『ヴァレンチノ』ルドルフ・ヴァレンチノ役 *日本青年館公演は東北地方太平洋沖地震の影響により中止
  • 2011年5月 - 8月、『美しき生涯-石田三成 永遠の愛と義-/ルナロッサ-夜に惑う旅人-』石田三成役 
  • 2011年8月13日 - 19日、日本青年館公演『ヴァレンチノ』 ルドルフ・ヴァレンチノ役 
  • 2011年10 - 12月、『クラシコ・イタリアーノ-最高の男の仕立て方-/NICE GUY!!-その男、Yによる法則-』サルヴァトーレ・フェリ役 
  • 2012年2月、中日劇場公演『仮面のロマネスク/Apasionado!!II』ヴァルモン子爵役
  • 2012年4月 - 7月、『華やかなりし日々/クライマックス』ロナウド・フィリップス役 *退団公演

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

ディナーショー[編集]

テレビドラマ[編集]

その他[編集]

  • 宝塚プルミエール(WOWOW、2013年4月〜2014年3月) ナビゲーター
  • スレアミューズ 宝塚☆スタートーク(2013年7月2日〜2013年8月24日) [6]
  • 興福寺創建1300年記念「国宝 興福寺仏頭展」展覧会場の音声ガイド・ナビゲーター[7]白鳳の貴公子イメージキャラクター[8]、東京藝術大学大学美術館(東京・上野)、2013年9月3日(火)〜2013年11月24日(日)。
  • 新印象派-光と色のドラマ(英文名称:Neo-Impressionism, from Light to Color)会場の音声ガイド・ナビゲーター[9]、あべのハルカス美術館(大阪)2014年10月10日(金)〜2015年1月12日(月・祝)、東京都美術館(東京)2015年 1月24日(土)〜2015年3月29日(日)。
  • 「ルノワール展」会場の音声ガイド[10]国立新美術館(東京)2016年 4月27日(水)〜2016年8月22日(月)。
  • 講座 表現者ノマド シリーズ(朝日カルチャーセンター 新宿教室、住友ビル地下1階住友ホール、2014年7月11日第一回目は児玉明子と、2014年11月7日第二回目は荻上直子と、2015年3月2日第三回目は美内すずえと、2015年12月9日第四回目は平野啓一郎と) 講師

受賞歴[編集]

  • 2009年度・宝塚歌劇団年度賞・優秀賞
  • 2010年度・阪急すみれ会パンジー賞・男役賞
  • 2011年・第32回松尾芸能賞・優秀賞

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “エイベックス、AMG事業の一部を会社分割し新会社3社を設立”. Musicman-NET (エフ・ビー・コミュニケーションズ). (2013年8月27日). http://www.musicman-net.com/business/28442.html 2013年11月4日閲覧。 
  2. ^ 元宝塚宙組トップ・大空祐飛が「大空ゆうひ」に改名 - ORICON NEWS
  3. ^ “音楽朗読劇「冷蔵庫のうえの人生」大空祐飛、大野いとが母と娘に”. ステージナタリー. (2016年4月17日). http://natalie.mu/stage/news/183711 2016年4月18日閲覧。 
  4. ^ “リーディングドラマ「ラヴ・レターズ」にTOSHI-LOW出演”. 音楽ナタリー. (2016年7月5日). http://natalie.mu/music/news/193458 2016年7月6日閲覧。 
  5. ^ “miwa×六角精児×大空祐飛 「紅白が生まれた日」 出演者発表第二弾!”. (2015年1月26日). http://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/8000/208068.html 2015年1月26日閲覧。 
  6. ^ “スレアミューズ 宝塚☆スタートーク”. (2013年6月20日). http://b.nestle.co.jp/entertain/tv2/takarazuka/chapter.html?ch=2ch&cat=00302ch9&chap=nc10369923 2013年7月2日閲覧。 
  7. ^ “「国宝 興福寺仏頭展」音声ガイド・ナビゲーター”. (2013年8月20日). http://butto.exhn.jp/voice/ 2013年9月3日閲覧。 
  8. ^ “「国宝 興福寺仏頭展」白鳳の貴公子イメージキャラクター”. (2013年8月20日). http://butto.exhn.jp/times/chara/index.html 2013年9月3日閲覧。 
  9. ^ “新印象派-光と色のドラマ”. (2014年8月1日). http://neo.exhn.jp/audio/ 2014年10月10日閲覧。 
  10. ^ “オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展”. (2016年4月4日). http://renoir.exhn.jp/audio/ 2016年4月4日閲覧。 

外部リンク[編集]