桜緋紗子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桜 緋紗子(さくら ひさこ、1914年3月15日 - 2002年3月20日)は、日本の女優、元宝塚少女歌劇団娘役スター。宝塚退団後、新派を経て引退。その後仏門に入り小笠原日凰(おがさわら にちおう)と名乗る尼僧となった。戦前の表記は櫻緋紗子

広島県広島市大手町(現在の中区大手町)生まれ。本名=小笠原不二子、旧姓名=神崎。宝塚時代の愛称はカンちゃん

来歴・人物[編集]

父親は毎日新聞広島支局の記者だったが、小学校の時大阪に転勤。1926年、中学からは女学部が新設された帝塚山学院帝塚山学院中学に進学。しかし阪東妻三郎がアメリカのユニバーサル映画と提携して設立した「阪妻立花ユニヴァーサル聯合会社」の宣伝部長に父が迎えられたため、京都に移り精華高等女学校(現京都精華女子高校)に転校した。嵯峨野の自宅の隣に片岡千恵蔵プロが建ち、部屋の窓から俳優の姿が見えたという。

1929年、叔父に勧められ女学校を中退して憧れていた宝塚音楽歌劇学校へ入校。宝塚歌劇団19期生1930年4月、宝塚少女歌劇団花組の生徒として『春のをどり』で初舞台を踏む。

同期生には神代錦園井恵子らがいて、寄宿舎で同室となった園井とは特に仲が良かった。春日野八千代葦原邦子一期上の上級生にあたる。芸名「桜緋紗子」は吉野山で見て感動した小倉百人一首紀友則の句「久方の 光長閑けき 春の日に 静心無く 花の散るらむ (ひさかたの ひかりのどけき はるのひに しづごころなく はなのちるらむ)」に由来。

いい役に恵まれず4年が過ぎるが1933年11月、岸田辰彌に『プリンセスナネット』の主役に抜擢される。草笛美子の急病による降板で廻ってきたチャンスを掴んだ。1934年星組に編入され『ラッキー・エール』のメリーを演じた後、『アルルの女』で男役スター・葦原邦子と組んでベルタを演じ、情熱的な瞳と可憐な雰囲気の娘役として売り出し、『憂愁夫人』で再び葦原と組んでヒロイン・サラーを演じ圧倒的な人気を獲得した。

その後『おゝハリエット』のハリエット、『飛鳥乙女』の阿佐香、『フロラ行状記』のフロラなどで華麗な舞台姿を見せ1937年声楽専科に加えられ堀正旗演出の『黎明』で小夜福子とコンビを組み、『忘れじの歌』のジェイン、『スヰート・メロディ』のコンスタンチナ、『レッドホット・アンド・ブルウ』のグロリア、『白鳥の死』のケーテなど、カンちゃんの愛称で宝塚のプリマドンナとして一時代を築いた。

しかし将来舞台女優として生きたいという希望があって1940年3月、宝塚を退団し新生新派入り。これにあたり川口松太郎水谷八重子らの尽力があった。同年明治座『平和な物語』で初舞台、また新興キネマの『晴小袖』や『国姓爺合戦』など映画にも出演した。その後新派の後援者と結婚し新派を退くが1年で離婚。心機一転、知人の紹介で日本橋にあった呉羽航空機(現三菱ふそうバス製造)に就職、支社長秘書となる。戦後は有楽町洋裁店で働く。

再開された宝塚の越路吹雪淡島千景乙羽信子久慈あさみらが桜の名を聞き店に立ち寄った事で、銀座四丁目に共同で宝塚ファン向けのブロマイド土産物を扱う「カトレア」を開店。カトレアは当時桜が好きだったの花から名付けたものだが、東京では初めての店名であったという。宝塚グッズは売れに売れ店は大盛況であったが、商売抜きに宝塚生徒とファンの集いや、現役生徒と卒業生の合同公演を企画するなどで利益は出なかった。

しかし愛する宝塚のため、宝塚卒業生の会「宝友会」を結成した。宝塚OGは結束が固く退団後も交友が続き、現在も年1回開かれる「宝友会」総会には数千人が集うという。1951年自動車事故に遭い足を骨折、これを機に店は畳む。NHKラジオドラマで復帰後、本流と新生が合流した新派にも復帰。1961年フリーとなりNHK大河ドラマ花の生涯』や『赤穂浪士』などに出演。1965年2月、人生の不安感から芸能界を引退、50歳で仏門に入ると発表すると大騒ぎとなった。

鎌倉長勝寺で剃髪、得度式を行い「小笠原法佳」となり元箱根・日輪寺で尼僧生活の後、「小笠原英法」と改め滋賀県近江八幡市の山頂にある日蓮宗唯一の門跡尼寺瑞龍寺に入る。執事長となり以降37年間、訪れる人々の人生相談などに応じその名を知られた。

2002年3月20日、慢性心不全により逝去。著書に自伝『愚女一心』白川書院(1971年9月)がある。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

参考文献[編集]

モデル小説[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]