草笛美子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
くさぶえ よしこ
草笛 美子
草笛 美子
1934年の『トウランドット姫』での草笛(左)と小夜福子(右)
本名 朽木 綱子
生年月日 (1909-08-31) 1909年8月31日
没年月日 (1977-10-29) 1977年10月29日(68歳没)
出生地 日本の旗鳥取県
職業 女優
ジャンル 宝塚歌劇団映画演劇
活動期間 1927年 - 1977年
著名な家族 草笛雅子(姪)

草笛 美子(くさぶえ よしこ、1909年8月31日[1] - 1977年10月29日)は、日本の女優で、元宝塚歌劇団娘役のタカラジェンヌ宝塚歌劇団卒業生

本名は朽木 綱子。鳥取県出身。宝塚歌劇団時代の愛称はくっちゃん(由来は本姓の「朽木」より)。草笛雅子

略歴[編集]

  • 1940年、宝塚歌劇団を退団。
  • 退団後は、藤原歌劇団へ入団するほか、女優としても活動、映画にも多く出演している。また、自分の劇団も創設している。
  • 1977年10月29日、68歳で没した。
  • 2014年、宝塚歌劇団創立100周年を記念して設立された『宝塚歌劇の殿堂』の最初の100人のひとりとして殿堂入り。

逸話[編集]

宝塚歌劇団時代の主な舞台出演[編集]

  • モン・パリ』(花組)(1927年9月1日 - 9月30日、宝塚大劇場
  • 『モン・パリ』(雪組)(1928年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場)
  • シンデレラ』- シンデレラ(花組)(1929年10月1日 - 10月31日、宝塚大劇場)
  • 『ブロードウェイ』(花組)(1930年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
  • 『パリゼット』(宝塚大劇場)
  • 『セニョリータ』(月組)(1931年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
  • 『ローズ・パリ』(1931年、宝塚大劇場)
  • 『サルタンバンク』(月組)(1932年2月1日 - 2月29日、宝塚大劇場)
  • 『巴里ニューヨーク』(花組)(1933年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
  • 花詩集』(1933年、宝塚大劇場)
  • トウランドット姫』- トウランドット(月組)(1934年3月26日 - 4月30日、宝塚大劇場)
  • 『トウランドット姫』- トウランドット(花組)(1934年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
  • 『青春』(月組)(1934年11月1日 - 11月30日、宝塚大劇場)
  • 『美しき千萬長者』(月組)(1935年2月1日 - 2月28日、中劇場
  • 『愛と企み』(雪組)(1935年7月1日 - 7月31日、宝塚大劇場)
  • 『アルペン・ローゼ』(花組)(1936年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
  • 『佐保姫』『サーカス』(星組)(1937年2月7日 - 2月21日、中劇場)
  • 『歌へモンパルナス』(星組)(1937年9月1日 - 9月30日、宝塚大劇場)
  • 忘れじの歌』(星組)(1938年1月1日 - 1月31日、宝塚大劇場)
  • 『スヰート・メロディ』(星組)(1938年5月1日 - 5月31日、宝塚大劇場)
  • 三つのワルツ』- ファンニ/イヴェット/イレーヌ(花組)(1938年8月1日 - 8月31日、宝塚大劇場)
  • アメリカ公演(1939年)
  • 『我等の旅行記』(月組)(1939年8月26日 - 9月24日、宝塚大劇場)

主な映画出演[編集]

  • 『水滸伝』 - 翠蓮 役(1942年、東映
  • 『歌ふ狸御殿』- きぬた 役(1942年、大映
  • 『女のたたかひ』(1943年、大映)
  • 春爛漫狸祭』- 満壽妃(1948年、大映)
  • 『トンチンカン八犬伝』(1953年、東宝
  • 『愁日記 前篇高原の巻 後篇渦潮の巻』(1955年、松竹
  • 『第二の恋人』(『オリーブ地帯』より)(1955年、松竹)
  • 『かりそめの唇 前篇たそがれの過失 後篇幸福の岸』(1955年、松竹)
  • 『弥次喜多漫才道中』(1955年、東宝)
  • 『白い橋』(1956年、松竹)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1933年1月、154号
  2. ^ 『歌劇』、宝塚少女歌劇団、1935年3月、180号、P18、P19

外部リンク[編集]