情報ライブ ミヤネ屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
情報ライブミヤネ屋から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
情報ライブ ミヤネ屋
ジャンル 帯番組 / 情報ワイドショー番組
演出 中田大介(総合演出)
出演者 宮根誠司
林マオ(読売テレビアナウンサー
オープニング Pax Japonica Groove「Pianophonic」(2015年3月30日 - )
エンディング こちらを参照。
製作
プロデューサー 大田良平、高井望、岡﨑亮他
田中雅博(CP
制作 読売テレビ
放送
映像形式 リアルタイム字幕放送(2014年10月1日 - )
音声形式 2011年9月以前:モノラル放送
2011年10月以降:モノステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
公式サイト
関西ローカル時代(第1シリーズ)
放送期間 2006年7月31日 - 2006年9月1日
放送時間 平日15:49 - 17:50
放送分 121分
関西ローカル時代(第2シリーズ)
放送期間 2006年9月4日 - 2007年9月28日
放送時間 平日15:50 - 17:50
放送分 120分
一部地域除くネット番組時代、全国ネットワーク時代(第1シリーズ)
放送期間 2007年10月1日 - 2008年9月26日
放送時間 【月 - 木】13:55 - 16:43
【金曜日】13:55 - 16:50
放送分 【月 - 木】168分、【金曜日】175分
全国ネットワーク時代(第2シリーズ)
放送期間 2008年9月29日 -
放送時間 平日13:55 - 15:50
放送分 115分

特記事項:
2007年10月1日よりネット局増加。2008年3月31日から地上波で第1部をネットワークセールス化。2011年4月4日以降は通常時に地上波全局でフルネットとなり、2014年9月29日からは第1部第2部の枠切りがなくなり、全編ネットワークセールス枠に転換。同年9月26日までの間、局によっては、不定期に第2部を臨時非ネットとする場合があった(まれに第1部も別途ネット返上することがあった)。
テンプレートを表示

情報ライブ ミヤネ屋』(じょうほうライブ ミヤネや)は、読売テレビの制作で、2006年7月31日から、月曜日から金曜日の午後に生放送されている情報番組ワイドショーで、宮根誠司冠番組。略称や新聞テレビ欄での表記タイトルは『ミヤネ屋』。

放映開始当初は関西ローカルであったが、2007年10月1日放送分より日本テレビテレビ信州を除いた系列局2008年1月7日よりテレビ信州、同年3月31日放送分より日本テレビ、2014年1月6日放送分より日テレNEWS24[注 1] とネット局を拡大。ハイビジョン制作2011年10月3日からモノステレオ放送

概要[編集]

2005年11月11日から2006年7月28日までの毎週金曜日に、関西ローカルで生放送していた激テレ★金曜日帯番組に発展させたもので、司会は引き続き宮根が担当。ただし、祝日や年末年始における特別番組の放送、『Fun!BASEBALL!!』(プロ野球中継[注 2]高校サッカーなどのスポーツ中継、『NNN報道特別番組』の編成などの場合に、放送休止ないしは放送時間が短縮される場合がある。

記者会見の中継などニュース映像について、日テレNEWS24のものを使用する場合がある。

当初は『激テレ』の流れで一般視聴者(女性のみ)によるスタジオ観覧を行っていたが、後に放送スタジオが読売テレビ(第2代目社屋)第2スタジオから第3スタジオに変更になった。

2007年10月改編にて、『ザ・ワイド』の後継として編成するため放送時間を変更し、開始当初は関東・長野以外の全国各地で放送されることとなった。

2019年9月2日からは読売テレビ第3代目社屋の第1スタジオに移転。

番組と宮根の歴史[編集]

開始までの経緯[編集]

読売テレビが、夕方に帯のローカル番組を設置するのは、1990年9月に終了したバラエティ番組ざまぁKANKAN!』以来約16年ぶり。その当時、関西地区では夕方の生放送はバラエティ番組が多くを占めた。

読売テレビも属する日本テレビ系列の地方局は、『どさんこワイド』(札幌テレビ)の成功をきっかけに、『OH!バンデス』(ミヤギテレビ)、『テレビ宣言』(後の旬感テレビ派ッ!テレビ派)(広島テレビ)や『めんたいワイド』(福岡放送)などの番組がスタートしていったが、読売テレビは『火曜サスペンス劇場』の再放送を長年『サスペンス傑作劇場』として放送し続けてきた[注 3]

2005年11月、前身『激テレ★金曜日』の放送を開始し、司会に2004年3月に朝日放送(現:朝日放送テレビ)を退社した宮根を起用。

2006年、6月30日に早朝のローカル情報番組『ゲツキン!』が終了したことに伴い『激テレ』の放送拡大が決まった。読売テレビの報道局、制作スポーツ局、編成局が一丸となって制作し、スタッフ確保のために『ゲツキン!』の出演アナウンサーやスタッフの一部が本番組にも携わることになった。放送拡大に先立ち、7月16日未明に裏番組FNS26時間テレビ』(フジテレビ系列。関西では関西テレビで放送)打倒をコンセプトにプレ番組を深夜から早朝にかけて生放送。スタジオ内に設けられた大掛かりな流し素麺を食べる等、深夜番組ならではの企画が多数用意された。

関西ローカル時代[編集]

『激テレ』の後継番組として、2006年7月31日に放送開始。

宮根は番組開始に先立ち日本テレビタワーに赴き、放送第1回では『午後は○○おもいッきりテレビ』(2007年9月末終了)司会のみのもんたとの対談の模様を、第2回では『ザ・ワイド』(同じく2007年9月末で終了)の草野仁との対談を放送。宮根がみの・草野と共演した番宣用スポットCM「マダムの午後はよみうりテレビ!」も制作された。

前身『激テレ★金曜日』と同様に、直前に放送されていた『ザ・ワイド』が終了した後、CM(ステーションブレイク)を挟まず15:49からスタート。2006年9月4日からは15:50からの1分遅れでの放送開始に変更、15:49からの1分間はCMがある訳ではなく『きょうのミヤネ屋』と題した放送予告のVTRが流したため、実質15:49からのスタートに変わりはなかった(番宣や新聞のラテ欄、開始時間などでは全て15:50に統一した)。

2005年3月27日で終了した『週刊トラトラタイガース』の流れを汲んだプロ野球阪神タイガース応援コーナーも本番組内で「トラトラR」のタイトルで放送されていた。

本番組が全国放送になったことで、読売テレビでの夕方のローカルワイド番組は、2009年3月30日からの『かんさい情報ネットten!』まで1年半空白となった。

放送時間拡大・全国放送へ移行[編集]

2007年9月28日、読売テレビと日本テレビとの共同制作番組だった『ザ・ワイド』(13:55 - 15:50)が放送を終了。10月1日からこれまでの15:50 - 17:50の放送時間を2時間繰り上げ、『ザ・ワイド』の開始時刻と同じ13:55 - 16:43の約3時間の放送となった(金曜日のみ後続の『Newsリアルタイム』が17:00からとなっているため、7分長い16:50までとなっていた)。

NNS系列各局からネット希望の声が上がり、読売テレビのみで放送していた本番組は、この日より読売テレビを含めて26局[注 4] で放送を開始した(ネットセールスでの特別番組が編成された場合は短縮か休止)。ただし、中京テレビ[注 5] は1週間前の2007年9月24日から、山梨放送[注 6]福岡放送[注 7] では編成上の都合から翌週の9日からネットを開始した。

稀に自社制作の情報番組や通販番組他局の番組を放送する局への配慮から、14:55に飛び降り点が設けられている(かつては15:48:30にもこれがあった。2008年9月29日以降、通常時は15:48:30で番組終了)。『NNN報道特別番組』や(主に祝日に)日本テレビ或いはNNS系列制作の特別番組を放送する場合は、番組の放送時間を短縮することがある。特別番組の放送時間帯によっては番組を休止する場合もある(詳しくは後述)。

系列局が在阪局の午後番組をネットするのは2006年3月まで西日本のFNS系列にネットしていた関西テレビ[注 8] 以来のこととなる(それ以前にも朝日放送〈現:朝日放送テレビ[注 9]毎日放送[注 10] も、関西発のワイドショーを西日本ブロックと東北地方の一部でネットしていた時代がある。読売テレビ制作のワイドショーで他局にネットしている番組は他に『なるトモ!』がある)。

『ザ・ワイド』以前に放送されていた『2時のワイドショー』→『Beアップル2時!』の枠も本番組に衣替えされている。『ザ・ワイド』の番組開始の頃は日本テレビと読売テレビがそれぞれに製作コーナー枠があったが、後に1995年春頃に折しのオウム真理教関連事件の報道に時間を割いたことから自然と読売テレビのコーナーがフェードアウトのような形で事実上廃止され、共同制作でありながら事実上日テレの単独製作であった。2004年に読売テレビ主導になったものの内容にはほとんど変わりがなかったため、実質読売テレビ発の全国ネットによる主婦向け午後ワイドは12年ぶりの再開となった形である[注 11]

関西ローカルの番組だったが、『激テレ』時代から東京で活動している文化人タレントをコメンテーターとして起用していて、関西色はやや薄められていた。だが、関西とその周辺地域のみで放送していた16時台はかなり関西色が強くなっていた。

中京テレビは同番組をフルネットで放映した上、東京支社の制作担当者を読売テレビの同番組に派遣して、月数回程度各レギュラーコーナーや特集で同局放送エリア内の東海3県に絡む場合、同局のアナウンサーが出演したり、一部コーナーや特集のVTRも制作するなど系列局の中では一番精力的に協力していた。

2008年からは新ドラマの出演者が番宣のためにこの番組に出演するようになる(主に14時台の全国ニュースの前だったが、2019年10月現在は、番組終盤に新ドラマの番宣している)。ただし、スケジュールの関係[注 12] で日本テレビのスタジオからの二元中継という形で出演となっている。2008年3月までは東京には芸能担当の駒井が出演、聞き手に回っていた(2008年3月28日まで日本テレビで放送されていなかったため、裏送りで出演する扱い)。3月25日は長谷川滋利が同スタジオから出演。当日生中継される2008年大リーグ開幕戦ボストン・レッドソックスオークランド・アスレチックスの見どころを解説した(裏送り扱い)。現在(2010年春 - )、東京から新ドラマ・特番出演者の番宣については主に『PON!』のスタジオもしくはマイスタなどから、政局関係のニュースで政治家が出演する場合は『news every.』のスタジオから、それ以外は日テレ社屋内の応接間のような場所[注 13] から中継を繋いで行われている。

2007年10月以降、関西エリア以外で起こった事件・事故を扱う場合、系列各局の協力の下、系列局記者やアナウンサーが取材し、リポートする形をとった。また海外や当時ネットしていなかった関東エリアで起こった事件を扱う場合日テレNEWS24やストレイトニュースなどのVTRを使っていたが、日本テレビのネット開始決定の影響もあり、本来ネットされていなかった日本テレビが積極的に中継協力をするようになっていた。2008年3月31日以降は地上波において完全全国ネット化したためか、それまでは1人だけだった外部の事件・事故リポーターの数が増加し、取材範囲も日本全国に拡大(速報や大規模災害の場合はこれまで通り系列各局の取材)、他局の情報番組同様の体制となった(外部起用の半分は当時間帯としての前番組『ザ・ワイド』からの再登用)。

14時台ネットセールス化[編集]

ドラバラZONE』を系列局で、唯一日本テレビからネット受けしていたテレビ信州で、2008年1月7日(月)から当番組のネットを開始し、『ザ・ワイド』をネットしていたNNS系列局で本番組をネットしていなかったのは日本テレビのみとなる。『ドラバラZONE』(13:55 - 15:50) と『くちコミ☆ジョニー!』 (15:55 - 16:53) の打ち切りにより、3月31日(月)より日本テレビでも当番組をネットすると報じられ、1月22日の読売テレビの会見で日本テレビでの放送が正式に発表された[注 14]。関東での放送時間は月 - 金曜日の13:55 - 14:55の1時間の飛び降り編成となった[1][注 15]。読売テレビ単独制作の午後の情報番組は『Beアップル2時!』以来15年ぶり。午前に2005年10月から2006年3月まで放送していた『なるトモ!』[注 16] 以来2年ぶりに読売テレビ単独制作の全国向け番組の逆ネットとなる[注 17]。日本テレビでは15 - 16時台は月 - 木曜日が『アナ☆パラ』を、金曜日が『ドラバラPUSH』をそれぞれ新設したが8月1日を以って終了。8月4日からは『ゴゴドラ』を放送することにした(ただし、15時台の第1部は8月中のみのつなぎ番組)。

その後の宮根は東京発の全国ネットのテレビ番組に、決して頻度は多くないもののゲスト出演するようになる。テレビ東京系全国ネット番組の出演歴は、在阪局制作を含めても現時点でない。宮根の古巣・朝日放送(現:朝日放送テレビ)が属するテレビ朝日系列についても『ワイド!スクランブル』が『おはよう朝日です』を取材した際に一度VTR出演した。

8月20日は日本テレビなど18局で初めて『ミヤネ屋』をフルネットした[注 18][注 19]

宮根曰く、「本番組が全国ネット化された事で大阪のおばちゃんに『天狗になったらアカンで』と言われてしまった」。同じく宮根は本番組におけるギャラは関西ローカル時代と全国ネット化後で変化がないことを明かしている[2]

ネットセールス化を期に、同時期から放送時間を拡大する系列局が西日本で相次いだ(後述)。そして、2008年9月1日からは日本テレビでも放送枠を13:55 - 15:50までに拡大した。

再度2時間番組へ移行[編集]

2008年9月29日からは、放送時間が約1時間短縮されて13:55 - 15:50の1時間55分となり、この時間帯の前番組『ザ・ワイド』と同じ放送時間となり、残りの1時間枠(かつての第3部)がローカルセールス・再放送枠[3]

貴乃花親方の当選が注目された日本相撲協会の理事選挙を中継した2010年2月1日に関西で16.0%(ビデオリサーチ調べ、関西地区・世帯)、関東で15.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)を記録し、最高記録となっている[4]

2010年3月22日 - 3月26日は全国ネット化2周年記念スペシャルとして地域限定(読売テレビ・中京テレビ・広島テレビのみ)で16:48までの3時間拡大放送を行った。また半年後にも拡大放送を行った。上記3局は日本テレビがネットしていなかった頃から全国ネット初期の頃も16時台の放送を行ったことがある。

2010年3月を以って宮根は同じく司会を務めてきた『おはよう朝日です』を降板し、平日は本番組に専念している。一方、4月より週末は東京へ赴きフジテレビ系列『Mr.サンデー』(フジテレビ・関西テレビ共同制作)[注 20] の司会を務める。

2010年3月29日より福井放送が、2010年7月5日より山梨放送が番組終了時刻の15:50までのフルネットを開始し、自社製作番組『めんたいワイド』を放送するため飛び降りていた福岡放送も『めんたいワイド』の放送時間の移動に伴い2011年4月4日以降[注 21] は正式にフルネットを開始することで、通常時に14時台での飛び降りを行う局はなくなった。

2010年7月14日に放送回数が1000回を突破。2011年10月3日放送分から編成上の音声がステレオに変更されたが、BGM・効果音含めてモノラル音源で放送されている現状は変わっていない。

2012年2月6日(月曜日)放送分からは、黄色と黒色を基調にしたスタジオセットを導入したり、不定期で放送していた海外取材企画を水・木曜日のレギュラーコーナー「世界電波ジャック」に昇格させたりするなどのリニューアルをおこなった(詳細は後述)。

2014年1月6日から2017年3月31日まではCSの日テレNEWS24[注 1] でも『ミヤネ屋ニュース』の番組名で14:54 - 15:10(後述)に部分同時ネットを行っていた。これにより、地上波で本番組を視聴出来ない地域であっても、一部時間帯のみではあるものの、視聴可能であった。

9月29日より、放送時間帯は変わらないものの、第1部・第2部の枠切りがなくなり、全編ネットワークセールス枠に移行した(ただしこれ以降も一部地上波局にて、不定期に14:55以降(ごくまれに全編)を臨時でネット返上することがある)。同年10月1日より字幕放送を開始。

2015年3月2日から3年ぶりにスタジオセット変更し、同時に林マオがアシスタントに就任。同年3月30日から番組開始以来使用されたオープニングCGが初めて一新された。

同年3月30日より関東地区では、本番組の真裏に新たに2局で生の情報番組『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』(CBC制作・TBSほか一部の同系列局でもネット受け[注 22])・『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ制作〈第1部[注 23] のみネットワークセールス枠〉)が開始されるも、関東地区においては、本番組は概ね8 - 10%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯。以下略)の視聴率を獲得しているのに対し、2つの新番組はいずれも2 - 3%の視聴率の獲得に留まり、2015年8月末の段階で民放では100週連続の時間帯首位を獲得するなど、好調を維持していた[5]

2016年5月の段階では、12・13・17日の順に本番組が6.3%・7.3%・10.2%、『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』が1.8%・2.4%・4.1%、『直撃LIVE グッディ!・第1部』が3.0%・4.2%・4.6%(17日の第2部は4.5%)の視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯。以下略)をそれぞれ記録している[6][7]。その後、本番組は6%程度になったの対し、『グッディ!・第1部』が5%程度を記録するようになった[8]

2017年10月4日放送分では、5.4%を記録した『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』に初めて同時間帯の視聴率1位を譲った(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)[9]。2017年12月6日には本番組は5.5%を記録したが、『グッディ!・第1部』が5.3%を獲得し、枠比較では『ミヤネ屋』が『グッディ!・第1部』に僅差で上回るも、『グッディ!・第1部』放送時間帯(13:45 - 14:50[注 24])において、フジテレビが『グッディ!』開始以来初の時間帯1位となった[10][注 25]。2018年5月23日には初めて全編通じて時間帯1位の座を『グッディ!』に譲った[11]

出演者[編集]

※は、前身の『激テレ★金曜日』から引き続いて出演している。 ☆は、玄関前トークに出演している。

司会[編集]

パネリスト[編集]

  • 原則、下記の各曜日レギュラーと不定期出演のコメンテーターから2 - 3人という構成。開始当初は毎日5 - 6人ほどいたが、全国ネット化以降徐々に減り2009年7月以降、現在の3 - 4人体制となっている。その当時の名残りとして2012年2月3日のセット変更直前までパネリスト席は6枠分残っており、そのうちの司会者席側の1枠 - 2・3枠までの2・3席にパネリストが着席していた。2月6日のセット変更により席は3人分に減らして現在に至る。
  • 岩田と春川については、2人共2007年9月では不定期での出演であったが、翌10月からは原則として2人のうちどちらか1人が出演し、2018年現在は曜日を固定して出演している。注目ニュースがある場合はどちらかが現地入りしてリポートすることがある。春川は米民主党大統領候補を決める指名獲得選挙でロサンゼルスに、岩田は秋田連続児童殺害事件の判決公判で秋田や光市母子殺害事件の差戻審の判決公判で、それぞれ広島に赴いている。2019年1月以降から岩田の出演は不定期での出演となる。

月曜日

火曜日

水曜日

金曜日

不定期出演

芸能担当[編集]

国会担当[編集]

  • 日本テレビ政治部記者が持ち回りで担当 - 国会記者会館内の日本テレビ特設スタジオや首相官邸前などから中継で出演。

コーナーレギュラー[編集]

  • 郡司恭子(日本テレビアナウンサー、2019年9月30日 - ) - 「NNNニュース」月曜・木曜の最新ニュース担当。
  • 笹崎里菜(日本テレビアナウンサー、2019年10月1日 - ) - 「NNNニュース」火曜・水曜の最新ニュース担当。
  • 杉野真実(日本テレビアナウンサー、2019年10月4日 - ) - 「NNNニュース」金曜の最新ニュース担当。
  • 林裕人 - 「愛のスパルタ料理塾」担当、VTRのみ。2009年5月までは「林繁和」名義で出演。

リポーター[編集]

  • 中山正敏(元「ザ・ワイド」リポーター) - 事件・事故関係の話題を伝えるリポーター。藤村リポーターの穴埋めで「NEWSアサ漬け」を担当することもあった。2010年8月および2011年6月には「猛暑リポーター」、2011年1月および2012年1・2月には「極寒リポーター」として、主に関東地方を取材している。藤村と2人体制になってからは、東海から東日本を担当する様になった。
  • 藤村幸司(元長崎国際テレビアナウンサー) - 安定した実力から「ニュース中継」「企画取材」などミヤネ屋リポーター陣の中で最も出演は多い。主に関西地区での取材を担当。2010年11月25日は宮根が第2部を『ベストヒット歌謡祭』のリハーサルのために早退したため、代役を務めた。2012年頃から、中山と同じ様に、「猛暑リポーター」、「極寒リポーター」の近畿から西日本の担当リポーターとして取材している。
  • 間宮久美子(元『ザ・ワイド』リポーター) - 「ニュース中継」「芸能ネタ」「企画取材」など幅広く担当。
  • 鹿内美沙(元中京テレビアナウンサー、2014年2月11日 - )[12]
  • 東ふき(2018年10月8日 - )

ミヤネ屋サポーターズ[編集]

全員読売テレビアナウンサー。

気象予報士[編集]

不定期出演[編集]

  • 棚瀬大輔(気象予報士、2011年7月15日 - ) - 平成23年台風第6号が日本に接近することを解説した。
  • 菅光義(気象予報士、ウェザーニューズ) - 蓬莱が休みの週1回から週2回出演している。蓬莱がかんさい情報ネットten!の生放送ロケで木曜日休みを取る事が多い為か、2014年2月までは木曜日の出演が多かった。
  • 丸田絵里子(気象予報士、2018年- ) - 蓬莱が休みの時に出演している。

過去の出演者[編集]

主なコーナー[編集]

帯企画[編集]

  • もうすぐミヤネ屋
    • 番組のオープニング前に放送されるコーナーで、2006年11月頃から開始。「きょうのミヤネ屋」の前に宮根と曜日レギュラーの内の1人がその日の新聞記事について読売テレビの玄関前でトークを繰り広げている。2007年9月までは『ザ・ワイド』、同年10月以降は『おもいッきりイイ!!テレビ』とステブレレスで接続し、1分間読売テレビの玄関前で新聞記事に関するトークを行っていた。ネット局大幅拡大以降は上記の局のみで行われている。一度、2008年2月いっぱいで終了し、翌月からは番組予告を15秒間放送していたが、3月24日から再開した。なお、3月31日は宮根が『おもいッきりイイ!!テレビ』に予告出演したたすめ、玄関前トークがスタジオトークになった。2011年10月3日からは、「もうすぐミヤネ屋」に改題された。
  • トップニュース&宮根はしゃべりたい! パネル屋
    • 開始当初はオープニングに「ニュース喜怒哀楽」と題し、その日のニュースを「喜怒哀楽」に置き換えて伝えていた。
    • また、最新情報を伝えるため、中継も交えるが、他局(キー局含む)の情報番組と違い、読売テレビの記者や(ネットされている地域で起きた場合は)系列局の記者・アナウンサーがリポートする。また、東京近辺で起こった事件・事故については主に中山正敏がリポートを担当する。
    • 特集コーナーではニュースの詳細を番組オリジナルの特大ボード、通称ミヤネ屋ボードTBS系列『みのもんたの朝ズバッ!』のまたぎボードの形式に近い)を使って解説することになっている。また、2008年4月9日からコーナー名が「宮根はしゃべりたい! パネル屋」と名付けられた。
  • ミヤネ屋NEWS[注 36]
    • 2011年3月28日から再びキャスターの交代によりリニューアルしたストレートニュースコーナー。日本テレビの報道フロアから久野静香または杉上佐智枝が隔週交代で伝える。全てのニュースを伝えた後にクロストークを行う形式に戻った。
    • これまでは14:50.50に放送されていたが福岡放送もフルネット化したことに伴い、14:54頃から放送される。[注 37]
    • 2014年1月6日から2017年3月31日迄の間は日テレNEWS24[注 1] でも『ミヤネ屋ニュース』としてこのコーナーのみをサイマル放送していた。
  • ミヤネ屋お天気
    • 当初このコーナーはなかったが、後に実施される様になる。関西ローカル時代では『Newsリアルタイム』に入る前に伝えていた。この時、金曜日と祝日時のみに小谷が登場して解説を行っていた。2007年9月24日に中京テレビでの事前放送では、中京テレビでも天気予報を流していたかは不明。
    • ネット局が大幅に増えた2007年10月 - 2008年3月までは、14時台は各局差し替え。(読売テレビでは森若が伝えた)15時台は画面の表示のみ。16時台はそれまで金曜日と祝日時のみに登場していた小谷が全曜日に登場する様になり、気象用語などのミニトークを行って天気を伝えていた。ただし、福岡放送では2008年3月まで、14:52で『めんたいワイド』を放送していたため、天気予報は非ネット。14時台の天気予報では、一部系列局では5秒程度、読売テレビのスタジオの映像を流した後、各地の天気予報に差し替えられていた。また、16時台の天気は後半で関西の天気も伝えていたため、ネット局ではCMもしくはローカルコーナーに差し替えていた。
    • 丸岡のニュースコーナーが設置された2008年4月 - 9月までは、14時台は飛び降りポイントにて全国の天気の画面表示を行うのみとなり、15時台には放送がなくなった。16時台の天気は従来通り。
    • 後に番組の最後のみ放送し、全国の天気予報のみとなった。このため福岡放送は2011年3月11日までは天気枠自体がなかった。2008年12月23日は、全国各地のクリスマスイルミネーションの映像をバックに、全都道府県の天気を表示した。天気予報の画面背景は同じ読売テレビの報道番組『ウェークアップ!ぷらす』と同じ。2011年8月8日から天気画面がリニューアルした。速報が入った場合やゲストトークを行う場合等、その日の構成によっては天気予報を全く行わない場合もある。また2012年10月頃からは気象予報士の蓬莱大介がほぼ毎日出演。2014年2月からは木曜日に限り、気象予報士の酒井千佳が担当するようになった。

曜日別コーナー(不定期)[編集]

月曜日[編集]

  • 井上公造の芸能裏マンデー
    • 井上と宮根が井上の楽屋で、井上が独自に仕入れてきた芸能界の「裏ネタ」を当事者に生電話でインタビューしながら伝える。また、先週1週間にスポーツ新聞が報じた芸能関係のニュースを、記事の長さ(平方cm)順にランキングしていく。5月25日からは、スタジオに座敷のセットを組み、コメンテーターも参加するようになった。2013年4月からは14時台で放送している。

水曜日[編集]

  • 愛のスパルタ料理塾(2008年8月以前も水曜日に放送。同年9月 - 2012年1月は火曜日、同年2月 - 6月は月曜日にそれぞれ放送されていた。2016年5月を最後に放送がなかったが、2017年3月から放送が再開する。)
    • 林裕人が家庭に出向き、主婦の作りたい料理を指導するコーナー。
  • オカネ屋(2016年2月より不定期放送)

木曜日[編集]

  • 高田タクシー観光(2008年5月1日 - 、不定期放送)
    • 高田純次が全国津々浦々をタクシーで「テキトーに」巡る、バラエティ色の強いロケ企画。
    • 画面左上に表示される見出しテロップには「適当三昧! 高田タクシー観光」と表記されており、「元祖テキトー男」と称される高田の“何も考えていないような”脱線した芸風を最大元に生かした内容である。突っ込みテロップと笑い声の挿入が多用されている。
    • 中京テレビの制作子会社であるCTV MID ENJINが制作を担当[16]。高田は長年に渡り中京テレビの番組に出演しており、出演中の『PS』もCTV MID ENJINの制作である。

金曜日[編集]

  • ミヤネ屋なるほどランキング(2012年1月までは木曜日に放送されていた)
    • 様々なアンケートを東京と大阪のおばさんの街頭インタビューを元にランキングを発表していく。主に芸能人系が多い。
  • 週刊ミヤネ芸能
    • 毎週、ひとつのテーマで芸能人のいろんな素顔に迫っていく。
  • ミヤネ屋・皇室ダイアリー
    • 皇室関係の最新行事を秘蔵映像を交えて紹介する(なお、皇室で重大行事が行われた場合は、曜日を関係なしに伝える)。
  • みんな大好きミヤスポ!(不定期放送)[注 38]

過去のコーナー[編集]

2006年7月 - 2007年9月[編集]

  • Newsリアルタイム(帯企画)
    • 16:53(金曜は17:00)から17:10頃まで差し替えて放送し、「東京からの最新ニュース」と紹介される。放送時間が縮小して17時台だけの放送となる場合と、18:16から阪神タイガース戦を放送する場合にはネットしないこともあった。2007年10月から一時期は放送時間変更で内包せず18:16まで独立番組としてフルネットしていた。
  • 夕刊 届きました!(帯企画)
    • 2007年1月15日から開始した。宮根がその日の新聞の夕刊(大阪本社版)各紙の記事をいくつか紹介し、宮根とパネラーがコメントする。10月1日から「夕焼けかわら版」になった。
  • サボテンの小言(月曜日)
    • 新語さんいらっしゃい!に代わる木村祐一進行のコーナー。報道番組のメインを張れる様な大事件ではないが、見過ごすには勿体ないと言うことで、小さな事件を集めて木村が独自の目線で読み解くもの。
  • 宮根&森のオッサンから始めましょ!(同上)
    • 「女性や若者達の間での社会現象を取り上げ、40代のオッサンからでもそのブームに乗っかろう」をテーマに、宮根と森が街中に飛び出して、体当たり取材を行うロケコーナー。
  • 見てトク、知ってトク、読んでトク…ミヤネ屋とく得読本(木曜日)
  • ミヤネ屋「怒りの金曜日」(金曜日)
    • 以前は「怒りの留守番電話」「怒りの水曜日」というコーナーだった。2007年10月3日からは再度水曜日に戻って「怒りの水曜日」として放送されている。
  • SAVVY厳選・バリュー☆ポイント(同上)
    • 情報誌『SAVVY』とミヤネ屋がコラボ。SAVVYお勧めのお得なスポットなどを紹介する。
  • アジアン☆エンタ(金曜日・不定期)
  • 激論・ザ・理不尽(金曜日)
    • 『激テレ』で好評だった討論企画を引き続き金曜日の企画として継続。

2007年10月以降[編集]

  • きょうのミヤネ屋
    • ミヤネ屋本編開始、芸能・特集担当ナレーションの曜日担当者が担当する。[注 39] ここでのBGMも番組予告に準拠している。
  • 豊田順子の最新ニュース
    • 2010年3月29日 - 2011年3月25日までキャスターの交代によりリニューアルしたストレートニュースコーナー。14時台後半(14:50.50)に、日本テレビの報道フロアから同局アナウンサーの豊田順子(『NNNストレイトニュース』メインキャスター)が伝える。ニュースの後にはクロストークが行われる。
  • 丸岡いずみキャスターの最新ニュース
    • 日本テレビネット開始の2008年3月31日から始まったストレートニュースコーナー(『ザ・ワイド』から引き継いだものとされている)。14時台後半に、日本テレビの報道フロアから当時同局報道記者キャスター丸岡いずみが伝えていた。テロップは日本テレビ送出である。
    • 宮根が丸岡に対し、2008年4月の終わり頃にゴルフへ誘った事があり、約半年後の2008年10月11日のブログで丸岡と一緒にゴルフを行った事が実現していた事を報告している[17]
    • 2008年8月6日、宮根から「今日、お誕生日ですよね?」と話しかけられた丸岡が「はい」と答えると「誠司より、愛を込めて」と書かれたケーキをプレゼントされた。宮根は「公私混同です」と答えた。翌8月7日には、ケーキのお礼として丸岡から自らが書いた宮根の似顔絵とメッセージが書かれたボードを送っていた。『NNNストレイトニュース』のブログで、丸岡は「全ては今週の(『ミヤネ屋』)企画会議でスタッフは全てを“企み済み”だったのです。」と綴っている[18]
  • 「あの町この町家賃ハンター」(水曜日)(2011年8月24日開始 - 2012年1月18日終了)
    • 東京都内の主な駅頭(下北沢や阿佐ヶ谷等)で降りてきた人に声をかけ、借家に住んでいる人であれば、1ヶ月分の家賃を聞かせてもらい、さらにはお宅の中を見せてもらうというコーナー。出演は狩野英孝
  • 「プロテク~プロが教える実践テクニック~」(水曜日)
    • 日常生活の様々な問題をについて、その道のプロが実践しているテクニックを紹介しながら解決していくコーナー。出演は木佐彩子。2011年7月放送終了。
  • 柳沢慎吾の写メール刑事(デカ)(2010年3月24日 - )
柳沢慎吾が「写メール刑事」に扮し、送られてきた「写メール」を元に世の中の『謎』を捜索する。「鑑識係」役として読売テレビアナウンサーの吉田奈央が出演。
  • トラトラR(月曜日)
  • これから夫婦二人で(金曜日)
    • 火曜日に放送したこともある(例:2008年3月11日放送)
  • 東京通信 噂の現場(金曜日)
  • 奥様のガーデン・ガーデン(金曜日)
  • 思い出したら腹が立つニュース(金曜日)
  • タロー・美千代の昭和ぶらぶら(金曜日)
  • 今日のおとも(月 - 金曜日エンディング)
  • 高尾友行の芸能プレイバック(月曜日芸能コーナー)
  • 夕刊EXPRESS(火曜日芸能コーナー)
    • 気になる夕刊記事を解説する。
  • 宇都木節(水曜日芸能コーナー)
  • 芸能ノスタルジア(木曜日芸能コーナー)
    • ある年代の懐かしの芸能ニュースを振り返る。
  • 名店のまかない(火曜日)
    • 関西の料理店での昼食(まかない)はどのようなものを食べているのかを特集し、そのレシピも紹介するコーナー。
    • コーナー開始当初に、宮根がコーナー名を「まかないの名店」と誤って紹介してしまい、直後に「まかないの名店だったらその店、裏メニューばっかり出てくるのか!」と自分にツッコミを入れていた。
  • ワザあり生活!おちゃのこさいさい(月曜日)
    • 主婦の達人が披露する料理・洗濯・掃除など裏ワザを安めぐみが紹介するコーナー。このコーナーのみNECビッグローブ制作で、BIGLOBEストリーム で過去の放送を視聴できる。ナレーターは中尾良平
  • クイズ!今どき常識?非常識?(月曜日)
    • 常識を打ち破る新情報を紹介するコーナー。
  • ミヤネ屋国勢調査(火曜日)
  • 夢のお値段あなたの夢は何ですか?(水曜日に放送することも有)
    • 月曜日に放送することもあった。元々は金曜日に放送されていた。
  • 現役仕事人(水曜日)
    • 現役で仕事をする年寄りを紹介するコーナー。2007年12月4日にも火曜日であったがこのコーナーが放送されていた。
  • 怒りの水曜日(水曜日)
    • 日常の疑問・不満・怒りを追求するコーナー。
  • あの町小町(水曜日)
  • 和のこころ(水曜日)
  • さすらいのグルメハンター こ〜たりんが行く(木曜日)
  • こ〜たりんリポート大人の課外授業(木曜日)
  • からくり問答(木曜日)
  • 待つわ(金曜日)
    • 2008年2月21日開始。何年待ってでも取り寄せたい1品を紹介する。当初は木曜日に放送していたが、3月28日から金曜日に放送。
  • 徹底激論 金曜しゃべらせん会(金曜日)
    • 2008年3月28日開始。毎日のように流れているニュースの内容で、もう一つわからないことを徹底的に金曜日パネリスト・ゲストコメンテーターと徹底激論していく。3月21日までの2回は「ミヤネ屋ニュースバトルそこどうなってんの!?」として放送していた。
  • 週末の楽しみまる金おとも(金曜日)(まる金は○の中に金)
    • 2008年4月4日開始。2007年10月 - 2008年3月は毎日エンディングに「きょうのおとも」として放送していた。
  • ミヤネ屋芸能スナイパー
    • 前身の『激テレ』から続けられていたコーナー。通常、この時間帯のワイド番組の芸能コーナーは17時台後半に放送する事が多いが、番組では放送開始当初16時台後半に放送していたが、2006年9月4日頃から17時台前半(『Newsリアルタイム』の飛び降りた直後)の開始となった。また、2007年10月1日から第1部前半、後に第2部前半での開始となった。2008年9月の改編で終了した。
  • 芸能検索 ミヤネクリック!(月曜日)
  • 川田メモ(木曜日)
    • とっておきの芸能情報を紹介するコーナー。
  • 芸能人ペアdeビンゴ!→クイズ!なるほど・ザ・芸能界(木曜日)
    • 秋野暢子チームと宮根チームに分かれてのクイズ合戦。
  • WEEKLY芸能スナイパー(金曜日)
    • 1週間の芸能ニュースを街頭インタビューで関心の多かった順にランキング形式で紹介する。
  • ミヤネ屋グルメルパン(月曜日、旧:名店のまかない)
    • 有名店の料理の秘伝レシピを盗むという設定で教えてもらうコーナー(2008年8月までは、火曜日に放送されていた。金曜日に放送することもある)。川田裕美が担当。
  • ミヤネ屋 特選のんびり湯の旅(水曜日)
  • THE No.1(2008年5月22日開始、木曜日)
    • あらゆるジャンルのナンバー1を紹介。大抜卓人が担当(大抜は、出演週の芸能コーナーのナレーションを担当することもある)。
  • おいしさ発見・食材の旅(金曜日)
    • とびきり特選素材を求める。2008年2月12日開始。当初は火曜日に放送していた。
  • スポーツFRIDAY(金曜日)
    • 2008年4月4日開始。それまでの「トラトラR」に代わるスポーツコーナー。阪神タイガースのライバルチームを抱える地域をネットしていることを考慮してリニューアルした。4月4日に宮本和知川又米利川藤幸三の野球解説者3人と中京テレビアナウンサーの鶴木陽子が読売テレビのスタジオに生ゲスト出演し、野村謙二郎・広島テレビアナウンサーの長野正実広島市民球場から出演した。
    • ミヤネ屋斬り!7人のスポーツ侍(金曜日)
      • こちらは、上記の野球以外のスポーツを取り上げ、森ではなく尾山が担当する。
  • 社長コネクション(2012年2月28日開始、不定期)
    • 狩野英孝が起業に成功した社長元に訪問し、成功するまでの道のりを聞いたり、自宅を拝見する。2012年1月まで放送された「家賃ハンター」のパージョンアップコーナー。
  • マダムのためのエンタメ講座(火・水曜、2008年9月までは木・金曜日に放送されていた)
  • 世界電波ジャック(水~金)
    • 番組ディレクター・カメラマンの2人で世界の様々な国を訪問する企画。さらにアポ無しで地元テレビ局に赴き、ミヤネ屋の宣伝をしてもらう。レギュラー化される前は、アルゼンチン編、プータン編が行われた。2013年3月を最後に、コーナー消滅。
  • 別人マダム(木曜日)
  • アニマルニュース(木曜日)
  • プレゼンライブ ○○○屋(火~金曜日)
    • 各曜日のコメンテーターのうち1人が、専門家・経験者の立場から、1回1テーマで事件・ニュースや政財界・スポーツ界の裏事情を解説するコーナー。当コーナーのみ、コメンテーター自ら、川田のポジションでプレゼンター(進行役)を務める。
    • タイトルの○○○には、プレゼンターを担当するコメンテーターの氏名から3文字を取っている。基本パターンでは、当番組のタイトル(ミヤネ屋)と同じく、カタカナ3文字を入れる(例:岩本勉→「ツトム屋」、森本敏→「サトシ屋」)。氏名の音がこのパターンに馴染まない場合でも、氏名の一部または全部の漢字を入れたり(例:岸博幸→「岸博幸屋」)、渾名を無理矢理入れたり(例:森永卓郎→「モリ卓屋」)、一部にマークを使用したり(例:赤星憲広→「アカ★屋」)するなどの方法で3文字に収めている。
  • NEWSアサ漬け(最近はこのタイトルはついていないが、このコーナーではBGMがついている)
    • 2008年3月18日開始。わかりにくいニュースをわかりやすく伝える。日替わりで中山正敏・藤村幸司・読売テレビアナウンサーの脇浜紀子・植村なおみ(現在はほぼ読売テレビアナウンサー大田良平が担当)が担当する。
  • ミヤネ屋夕焼けかわら版→ミヤネ屋夕焼けかわら版プラス1→ミヤネ屋ヨミ斬リタイムズ→最新ニューススクラップ
    • 「夕刊 届きました!」(後述)の後継コーナー。前コーナーは宮根が担当していたが、このコーナーは読売テレビのアナウンサーが日替わりで担当している。時間も前コーナーと比べ長くなっている。通常は15時台だが、極稀に14時台の中盤に放送されることもある。
    • 2008年3月17日より内容が変更され、朝日新聞毎日新聞讀賣新聞産経新聞日刊ゲンダイ夕刊フジ大阪スポーツ[注 40] の各夕刊の1面をチェックする「夕刊一面チェック」をしてから各記事をチェックしていく。その後、「ミヤネ屋夕焼けかわら版プラス1」になり、同年9月29日より「ヨミ斬リタイムズ」を伝えていた(休止あり)。なお、2012年2月5日からのリニューアル以降は、「最新ニューススクラップ」とのタイトルで放送している。
  • エンド5秒(後に終了)
    • 2008年9月29日から追加された、エンドカードに相当する映像。出演者がスタジオから出て、廊下でその中の一人が「翌日(金曜日は「翌週月曜日」)の予告(目玉項目)」<10月10日までは「情報ライブミヤネ屋 また明日(金曜日は「また来週」)」>が書かれた看板を持ちながら歩くシーンを流す。(現在は、スタッフが持つ看板の横を抜けて歩くシーンに変わっている。)
    • 札幌テレビは『どさんこワイド』に、福岡放送は『めんたいワイド』にステブレレスで接続。

特別番組[編集]

  • 「ミヤネ屋」をよろしくねッ!NIGHT
    • 2006年7月16日1:15 - 4:15 (15日深夜、JST) にこの番組の宣伝を兼ねて放送した。ラジオブースに見立てたセットを使い収録された(読売テレビはテレビ放送専門の放送局であり、ラジオのスタジオを持っていない。)。宮根と森がメインを務め、途中から同年読売テレビに入社した虎谷・川田も参加した。関西テレビはこの日に『FNS27時間テレビ』を放送していた。
  • 明日オープンスペシャル
    • 番組スタートの前日に当たる2006年7月30日の13:05 - 13:30に放送された。パネリスト陣から秋野と松尾が出演し、脇浜が進行を務めた。
  • わくわく宝島開幕直前SP ミヤネ屋でウッキッキー
  • ミヤネ屋・公開生放送
    • 「わくわく宝島 OBPでウッキッキー!」期間中の2007年8月13日 - 17日に番組の後半(「Newsリアルタイム」終了後の17:10頃から)を「わくわく宝島」の会場である大阪ビジネスパーク (OBP) とギャラリーツイン21からの公開生放送とし、「芸能スナイパー」や日替わりコーナーの特別編などを放送した。
    • なお、公開生放送の時間帯(先述の「ミヤネ屋でウッキッキー」でも)に宮根と森若は「わくわく宝島」オリジナルのTシャツ姿で進行していた。
  • 10月スタートミヤネ屋(秘)映像ウラ側密着スペシャル
    • 2007年10月1日から新しくネットされる局向けに番組の見どころを紹介する番組(各ネット局にて25 - 30分の枠で放送)。主に開始直前の9月29日・30日に放送された。
  • 別冊ミヤネ屋・ルーヴル美術館の魅力
  • ミヤネ屋番外編 宮根誠司の沖縄で人気者になろうスペシャル
    • 読売テレビでは2009年7月17日15:50 - 16:48に放送、7月30日、31日の本編の中でも紹介。その他遅れネットではあるが全国で放送された[注 41]
    • 全国ネットになり宮根の知名度は増加したものの、日本テレビ系列のテレビ局がないため放送されていない沖縄県では知名度がないこともあり、7月3日の番組終了直前で退席し(その後は読売テレビアナウンサーの五十嵐竜馬が担当)、福岡での飛び入り出演した翌日に沖縄へ飛び、地元出身のお笑いコンビキャンキャンと共に知名度アップのためにイベントを開き、その告知で地元の沖縄テレビ(フジテレビ系列)の番組『ひーぷー☆ホップ』に飛び入り出演した。
    • 地元の沖縄テレビ(フジテレビ系列)では同年11月28日15:00 - 15:55に放送された。(制作協力には沖縄テレビと福岡放送)
    • その後、その沖縄テレビでも宮根司会の『Mr.サンデー』が放送開始となり正式に沖縄進出となった。

年末年始の特別版[編集]

2009年度 - 2012年度の年始初回放送(1月4日)は年始編成のため、全局第1部のみの放送となり、「新春スペシャル」として事前収録での放送となる。

2013年度は1月4日(土曜日)に「新春スペシャル」を前年度までに準じ、2014年度は12月29日(月曜日)に「年末スペシャル」を年末編成のため、いずれも通常回とは別枠で放送した。

2015年度以降、毎年1月4日に通常回とは別枠で「新春スペシャル」を放送した。

  • 2010年1月4日:ミヤネ屋・明石家新春怪物スペシャル!〜さんま・宮根が爆笑新年会!朝青龍・亀田興毅が乱入!!
  • 2011年1月4日:情報ライブミヤネ屋新春スペシャル アッコと宮根におまかせ
  • 2012年1月4日:情報ライブミヤネ屋新春スペシャル ミヤネvs爆笑問題 ミヤネジャポン
  • 2013年1月4日:情報ライブミヤネ屋 新春しゃべくりスペシャル
    • メインゲストにくりぃむしちゅー、スペシャルゲストに映画コメンテーターの有村昆・初代ミヤネ屋ニュースキャスターの丸岡いずみ夫妻、磯野貴理子を迎えた。また後輩芸人や、兄弟・友人がVTRでくりぃむしちゅーの横顔を暴露した。
  • 2014年1月4日(土曜日)14:50 - 15:50:新春ミヤネ屋 天才!志村&宮根のだいじょうぶだぁSP
  • 2014年12月29日(月曜日)11:55 - 12:55:情報ライブミヤネ屋 石田家大豪邸で大反省会スペシャル
  • 2016年1月4日(月曜日)13:50 - 14:50[注 42]ミヤネ屋新春SP梅沢富美男の大豪邸で大暴露祭り!ミヤトーク!
  • 2017年1月4日(水曜日)13:55 - 14:55:新春ミヤネ屋 スターの“お願い"叶えまっせSP
  • 2018年1月4日(木曜日)13:55 - 14:55:宮根誠司×マツコ・デラックス初共演 新春ミヤネ屋スペシャル
  • 2019年1月4日(金曜日)13:55 - 14:55:新春ミヤネ屋スペシャル

使用曲[編集]

オープニングテーマ曲[編集]

  • air (beatmania 6thMIXより) - DJ SIMON (2006年7月31日 - 2008年8月1日)
  • Believe - i-dep (2008年8月4日 - 2015年3月27日)
  • Pianophonic - PAX JAPONICA GROOVE (2015年3月30日 - 現在)

歴代エンディングテーマ曲[編集]

  • 泣かないで - kaede(2006年7月31日 - 9月29日)※PVが流された
  • 風になって - 森山直太朗(2006年10月2日 - 12月1日)※PVが流された
  • Isn't she lovely - スティーヴィー・ワンダー(2006年12月4日 - 2008年9月26日)※他のコーナーと同じBGM扱い
  • Coloveration〜the spirit of love〜 - 佐藤竹善(2008年9月29日 - 12月26日)
  • 群青の谷 - alan (2009年1月6日 - 4月3日)
  • Stand by U - 東方神起(2009年4月6日 - 5月15日)
  • Bad Day - Daniel Powter(2009年5月17日 - 6月26日)※他のコーナーと同じBGM扱い
  • LOST ANGELS - GACKT(2009年6月29日 - 10月2日)
  • LOVE FIGHTER 〜恋のバトル〜|Winter Bell - BREAKERZ(2009年10月6日 - 12月29日)
  • 幸の素 - ベッキー♪#(2010年1月6日 - 4月2日)
  • 最後の言葉 - ET-KING feat. h(=hiroko from mihimaru GT)(2010年4月5日 - 6月25日)
  • タカラモノ〜この声がなくなるまで〜 - ナオト・インティライミ(2010年6月28日 - 10月1日)
  • 空と海があるように - TUBE(2010年10月4日 - 12月28日)[注 43]
  • Simple is Best - 矢井田瞳(2011年1月6日 - 4月1日)
  • 流星 - 神田沙也加 (2011年4月4日 - 7月1日)
  • セレンディピティー - 渡辺美里 (2011年7月4日 - 9月30日)
  • World is beautiful Life is wonderful - 風味堂(2011年10月3日 - 12月29日)
  • 季節の足音 - 由紀さおり(2012年1月6日 - 3月30日)
  • THE CODE〜暗号〜 - 鈴木雅之(2012年4月2日 - 6月29日)
  • Release me - 一青窈(2012年7月2日 - 9月28日)
  • またね。 - AZU(2012年10月1日 - 12月28日)
  • 花はただ咲く - 坂本冬美 with M2(2013年1月7日 - 3月29日)
  • 願っているから - 曽根由希江(2013年4月1日 - 6月28日)
  • 素敵な未来 - アンダーグラフ(2013年7月1日 - 9月27日)
  • ありがとうおかげさん - 都はるみ(2014年1月6日 - 3月28日)
  • Bottle Rocket - GROWN KIDS(2014年7月1日 - 9月26日)
  • さくらびと - GLAY(2014年9月29日 - 12月26日)
  • UNSTOPPABLE - 5IGNAL(2015年1月5日 - 3月27日)
  • MEMORY ISLAND feat.CIMBA - 佐藤広大(2015年3月30日 - 6月30日)
  • キミノミカタ - TAK-Z(2015年7月1日 - 9月25日)
  • BYE BYE YESTERDAY - 宏美(2015年9月28日 - 12月28日)
  • エコーズ・イン・レイン - Enya(2016年1月6日 - 3月31日)
  • Without Your Love - 工藤静香(2016年4月1日 - 6月30日)
  • MY ONLY ONE feat. 宏実, YUTAKA - 佐藤広大(2016年7月1日 - 9月30日)
  • 12月のひまわり - Aqua Timez(2016年10月3日 - 12月29日)
  • Diamond Dust feat. EXILE SHOKICHI - 佐藤広大(2017年1月6日 - 3月31日)
  • 6月の青い空 - SING LIKE TALKING(2017年4月3日 - 6月30日)
  • Make me - F-BLOOD(2017年7月3日 - 9月29日)
  • seeds・・・ココロノアカリ - 世良公則(2017年10月2日 - 12月28日)
  • GREAT AMBITIOUS - BREAKERZ(2018年1月9日 - 3月30日)
  • 未来少女 - Aqua Timez(2018年4月2日 - 6月29日)
  • 今日もいい天気 feat. Roverベリーグッドマン)- 横浜流星(2018年7月2日 - 9月28日)
  • 約束の唄 - 佐藤広大(2018年10月1日 - 2019年3月29日)
  • 『Just keep on dreaming』 - Dream Shizuka[19](2019年4月1日 - 現在)

その他[編集]

  • CMが放送される直前には、浅倉大介の「primitive ark」(現在は廃止)、「T-cup swinging」(2曲ともにミニアルバムd・file -for tv programs-』収録)が流れていた。(ジングル)。なお、「T-cup swinging」はオリジナルとは異なり、曲の終盤15秒ぐらいをやや早回しにして流している。
  • 2015年3月30日からはジングルもオープニング同様PAX JAPONICA GROOVEのPianophonicになった。
  • 飛び降りポイントで流れる曲はpyramid「U & Moon in Park」である。

ネット局・放送時間[編集]

時刻表記は全て、日本標準時(JST) で表記する。

関西ローカル時代[編集]

ここまで読売テレビのみ放送。

放送期間 放送時間 備考
2006年7月31日 - 2006年9月1日 月 - 金
15:49 - 17:50
2006年9月4日 - 2007年9月28日 月 - 金
15:50 - 17:50
1分ずらされたが、「きょうのミヤネ屋」や「玄関前トーク」などを実施していたので、実質15:49のスタートは変わらなかった。

ローカルセールス→全国ネット時代[編集]

※日本テレビ・テレビ信州以外の局はいずれも『ザ・ワイド』終了に伴う後番組扱い。日本テレビ・テレビ信州は、『ドラバラZONE』打ち切りに伴う後番組扱い。

※2014年9月26日までは全局で第2部を放送していたが、ローカルセールス枠だったため、編成の都合で一部局では不定期に臨時非ネットとすることがあった(まれにネットワークセールス枠である第1部も臨時非ネットとすることがあった。)。同年9月29日以降も一部局では、不定期で14:55以降(極稀に全編)をネット返上することがある[20]

太字のネット局はクロスプログラム直後の「もうすぐミヤネ屋」もネット。

『情報ライブ ミヤネ屋』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 月曜 - 金曜 13:55 - 15:50 備考
近畿広域圏 読売テレビ
(ytv)
日本テレビ系列 同時
ネット
制作局
  • 本編終了後夕方のローカル報道ワイド番組『かんさい情報ネットten.』の告知が15秒間流れた後、ステブレCMを挟んで次番組へ接続している[注 44]
北海道 札幌テレビ
(STV)
  • 2007年10月1日からネット開始。
  • 2008年2月8日までは14:55飛び降り、編成上は15:48.30終了扱いステブレレスで夕方のローカル情報番組『どさんこワイド179』に接続。
青森県 青森放送
(RAB)
  • 2007年10月1日からネット開始。
岩手県 テレビ岩手
(TVI)
  • 2007年10月1日からネット開始。
  • 2月または3月に岩手県議会中継を放送する日(会期中の1日)はネット返上。
宮城県 ミヤギテレビ
(MMT)
  • 2007年10月1日からネット開始。
秋田県 秋田放送
(ABS)
  • 2007年10月1日からネット開始。
  • 親会社である秋田魁新報主催で毎年7月下旬開催の「全県少年野球大会」の決勝戦を放送する日はネット返上。
山形県 山形放送
(YBC)
  • 2007年10月1日からネット開始。
福島県 福島中央テレビ
(FCT)
  • 2007年10月1日からネット開始。
関東広域圏 日本テレビ
(NTV)
  • 2008年3月31日からネット開始。
  • 2008年8月29日までは第1部のみ放送、「もうすぐミヤネ屋」の前半15秒も放送。
  • 2011年3月21日にプロ野球オープン戦巨人×楽天」を東京ドームから放送するため放送休止になる予定だったが、東日本大震災発生に伴い試合中止となったことから、通常通りフルネットされた。
山梨県 山梨放送
(YBS)
  • 2007年10月9日からネット開始[注 6]
  • 2010年7月2日までは14:55飛び降り。
新潟県 テレビ新潟
(TeNY)
  • 2007年10月1日からネット開始。
長野県 テレビ信州
(TSB)
  • 2008年1月7日からネット開始。
静岡県 静岡第一テレビ
(SDT)
  • 2007年10月1日からネット開始。
富山県 北日本放送
(KNB)
  • 2007年10月1日からネット開始。
石川県 テレビ金沢
(KTK)
  • 2007年10月1日からネット開始。
福井県 福井放送
(FBC)
日本テレビ系列
テレビ朝日系列[注 45]
  • 2007年10月1日からネット開始。
  • 2010年3月26日までは14:55飛び降り。
中京広域圏 中京テレビ
(CTV)
日本テレビ系列
  • 2007年9月24日からネット開始[注 5]
  • かつては第3部もネット。中京テレビは先行ネットという形で1週間早く開始。月数回程度各レギュラーコーナーや特集で同局放送エリア内の東海3県に絡む場合、同局のアナウンサーが出演するなど積極的に制作協力している。
  • 2008年9月26日までは第3部も放送し、ローカル枠は『ミヤネ屋@ナゴヤ店』を放送。2008年9月29日から2009年3月27日まで放送後に『ミヤネ屋 中京テレビNEWS』を放送。
鳥取県島根県 日本海テレビ
(NKT)
  • 2007年10月1日からネット開始。
広島県 広島テレビ
(HTV)
  • 2007年10月1日からネット開始。
  • 2008年3月28日までは第2部・第3部のみ放送。
  • 2008年10月3日から2009年3月27日までは金曜のみ『るんるんcafe』放送のため14:55飛び降り。
山口県 山口放送
(KRY)
  • 2007年10月1日からネット開始。
徳島県 四国放送
(JRT)
香川県・岡山県 西日本放送
(RNC)
愛媛県 南海放送
(RNB)
  • 2007年10月1日からネット開始。
  • 「もうすぐミヤネ屋」の前半15秒も放送。
高知県 高知放送
(RKC)
  • 2007年10月1日からネット開始。
  • 2008年3月21日までは第1部のみネット。
  • 毎年8月10日 - 12日はよさこい祭り中継のため平日と重なった場合、10日・11日は全編、12日は14:55以降をそれぞれネット返上(荒天による開催中止の場合は通常通りフルネット)。
福岡県 福岡放送
(FBS)
  • 2007年10月9日からネット開始[注 7]
  • 2011年3月10日まで14:55で飛び降り、4月4日改編から正式にフルネットとなったが、東日本大震災による特別編成の影響で実質的には3月11日より臨時フルネットになった。
  • 編成上では15:48.30終了扱い、ステブレレスで『めんたいワイド』に接続。
  • 2018年10月8日は『Fun!BASEBALL!!ロッテソフトバンク」』戦中継放送のため、14:55以降をネット返上。
長崎県 長崎国際テレビ
(NIB)
  • 2007年10月1日からネット開始。
  • 毎年6月に開催される高校総体長崎県大会の開会式当日は中継番組放送のため、14:55以降を臨時にネット返上(雨天中止時は通常通りフルネット)。
熊本県 くまもと県民テレビ
(KKT)
  • 2007年10月1日からネット開始。
鹿児島県 鹿児島読売テレビ
(KYT)
  • 2007年10月1日からネット開始。
『情報ライブ ミヤネ屋』過去のネット局
放送対象地域 放送局 系列 ネット状況 備考
日本全域 日テレNEWS24 CSデジタル放送 「最新ニュース」のみネット
  • 2014年1月6日から2017年3月31日まで放送。開始当初より「東京からの最新ニュース」のみの部分を、「ミヤネ屋ニュース」としてネット、編成上は15:10までではあるが、実際にはニュースを全項目読み終わった15:02頃飛び降り。飛び降り後に「日テレNEWS24 WEATHER」および番宣CMを自局送出で放送。
  • 記者会見中継時や番組早終了時など、地上波での番組進行状況により、飛び乗り・飛び降りの時刻を前倒しすることがある。飛び乗りネット前に「BREAKING NEWS」が入った場合もしくは通常時のネット受け時間帯に予め自社制作番組を編成した日は臨時非ネットとする。正式ネット開始前の2011年3月14日には『報道特別番組』扱いで、本番組を含め日中の日本テレビ地上波の報道・情報番組を臨時サイマルネットした実績がある。
  • 過去にNOTTV NEWS携帯端末向けマルチメディア放送。チャンネル改編のため、終了済み)において、2014年1月6日 - 3月28日の間、「東京からの最新ニュース」のみの部分ネット。日テレNEWS24の24時間CS再送信ネットで放送。
  • これ以外にもBS日テレにおいて、2011年3月14日に本番組を有料CSチャンネル「日テレNEWS24」の再送信ネットにより、『報道特別番組』扱いで部分ネットした実績がある。

放送時間の変遷[編集]

期間 放送時間(日本時間
月曜 - 木曜 金曜
2006.07.31 2006.09.01 15:49 - 17:50(121分)
2006.09.04 2007.09.28 15:50 - 17:50(120分)
2007.10.01 2008.09.26 13:55 - 16:43(168分) 13:55 - 16:50(175分)
2008.09.29 現在 13:55 - 15:50(115分)

スタッフ[編集]

ここでは、制作協力、技術協力、美術協力と分けて記載しているが、番組内ではすべて「協力」で括られている。制作協力では、中京テレビはきちんとスタッフロールにクレジットされているが、日本テレビとNNN各局はクレジットを流されていなかった。2008年3月31日より、制作協力として日本テレビとNNN各局のクレジットが流れるようになった。しかしながら、中京テレビは依然「協力」の筆頭にクレジットされていたが、現在ではクレジットは消えている。5月5日の放送では、第2部飛び降り地域でもスタッフロールが流され、翌日の5月6日全国放送で初めてスタッフロールが流れ、9月15日、2009年7月20日、9月21日 - 9月23日、2010年2月19日、5月4日、5月5日、9月20日、9月23日も同様の事があった。2008年9月29日からは、全局がスタッフロールを見ることができるようになった。

放送時間・ネット局拡大前は、芸能スナイパーは宮根、曜日企画などは森若が生でナレーションをしていたが、2人の負担を軽減するため、2007年9月末からナレーターを設け、2008年9月からは、以下の3人の女性が担当している。2011年4月からは男性ナレーターも加わった(それまでは、上記のサポーターズがニュース関係のナレーションを担当していた)。

  • デスク:高畑彰範(火、以前は、火曜日ディレクター►木曜日►金曜日►木曜日ディレクター・デスク→水曜日デスク)
  • デスク/プロデューサー:岡崎亮(2019年6月3日 -、プロデューサー兼務、2018年6月21日 - 2019年5月31日まではデスク/ニュースデスク)、高井望(2017年10月30日 - 2018年5月末は月曜→2018年6月20日 - 水曜、2017年2月6日 - 8月11日・2019年6月3日 -、プロデューサー兼務)、宮前明雄(2019年11月11日 -、以前はデスクorニュースデスク►デスク/ディレクター)[日替わり]
  • デスク/ディレクター:山田将生(以前はディレクター►デスク►木曜日ディレクター►木曜日デスクorディレクター)、辰壮一朗(以前は火曜日►水曜日►金曜日ディレクター)
  • 芸能デスク:佐藤憲誠(毎日)、岡田京林(以前は芸能►月曜日ディレクター)、荒井千賀子(以前は月曜日►水曜日►火曜日ディレクター)、西川諒(以前は金曜日►木曜日►水曜日►金曜日ディレクター►芸能)、谷口仁美(以前は芸能)、倉元敦(倉元→以前は火曜日ディレクター►芸能)[日替わり]
  • ディレクター
    • 月曜日:渡辺暁(以前は月曜日ディレクター►曜日不定・週1担当)、山中広行(以前は芸能►月曜日►水曜日ディレクター►サブD兼務あり►金曜日ディレクター)、福田正俊(以前は木曜日►金曜日►水曜日►月曜日ディレクター►曜日不定・週1担当)、玉手佑弥(一時離脱►火曜日ディレクター►曜日不定・週1担当)、林永信(以前は木曜日►火曜日ディレクター)、宮瀬勝(以前は火曜日►水曜日►木曜日►金曜日►木曜日►金曜日ディレクター►火曜日ディレクター)、西山耕平、村瀬咲(村瀬→以前は月曜日►木曜日ディレクター►一時離脱►水曜日ディレクター)、内田陽子(以前は金曜日ディレクター)
    • 火曜日:米倉れい子、西村洋祐(以前は水曜日►火曜日►水曜日ディレクター►月曜日ディレクター)、花谷和典(以前は月曜日ディレクター►芸能►火曜芸能デスク)、藤本知津(以前は木曜日ディレクター)、潮和徳(以前は金曜日ディレクター)、上野巧郎(以前は木曜日►金曜日ディレクター)、岩田未来(以前は芸能兼ディレクター►一時離脱)、梅原朋子(以前はVTR►水曜日►木曜日►金曜日ディレクター►一時離脱)、西村知子
    • 水曜日:光武計幸(以前は月曜日ディレクター)、石田悠(以前は水曜日ディレクター►芸能兼ディレクター►火曜日ディレクター►芸能►水曜日►木曜日ディレクター)、角田浩基(以前は火曜日ディレクター)、安部広志、井上雄太(井上→以前は金曜日ディレクター)、汐田真規子(以前は月曜日ディレクター►不定期AD►月曜日ディレクター►週1AD)、鈴木秀俊(以前は水曜日►木曜日►水曜日ディレクター►一時離脱)、宇野浩平(以前は月曜日►火曜日►曜日不定・週1担当ディレクター)、谷口年男(一時離脱►復帰►木曜日ディレクター)
    • 木曜日:大井啓之(以前は木曜日►金曜日►水曜日ディレクター)、永田昇(以前は月曜日ディレクター►芸能►金曜日ディレクター)、平野祥央(以前は金曜日►火曜日►水曜日►ディレクター)、幸一樹(一時離脱►復帰)、石垣洋士(以前は月曜日►火曜日ディレクター►週1AD►曜日不定・週1担当D)、橋口淳史(以前はAD►一時離脱)、鈴木秀樹(以前は火・水曜日兼務ディレクター)、矢部大介(以前は木曜日►金曜日►火曜日►曜日不定・週1担当ディレクター)、古賀淳治(以前は水曜日►月曜日ディレクター)
    • 金曜日:森好聡(以前は金曜日►水曜日ディレクター)、北山和歌子(以前は火曜日►木曜日►金曜日►木曜日ディレクター)、坂本敦(以前はデスク兼ディレクター►木曜日►水曜日►火曜日ディレクター)、高田純一(一時離脱►復帰)、原雄一(以前は水曜日ディレクター►週1AD)、尾島正基(以前は月曜日ディレクター)、木村圭吾、古川剛史(古川→以前は水曜日►金曜日►木曜日►水曜日►曜日不定・週1担当ディレクター)、佐々木宏帆(佐々木→以前は火曜日ディレクター)
  • スタジオ監督:磯野靖夫(2015年10月19日 - 、以前は水曜日►毎曜日ディレクター)
  • サブD[注 46]:村上美幸(以前は毎曜日►月曜日以外►毎曜日ディレクター)[毎日]
  • TK:本行真由美、藤本三誉
  • AD[注 47]:鍋谷慎太郎、倉永朋実、片岡礼、篠原令蘭、小西純平、壹みのり[週1]、川島美幸[毎日]
  • ナレーター:藤田勇児(月曜日・水曜日/不定期・木曜日)、松尾明子(月曜日・金曜日)、鹿瀬ハジメ(火曜日・金曜日/不定期・木曜日、以前は金曜日)、中矢由紀(火曜日・水曜日)、安西なをみ(木曜日)
  • 構成、田辺大介(月 - 金、以前は火・水・金 → 木以外)、前田やまを(月 - 金、以前は、月 - 水→月 - 木→月 - 水)、村井聡之(木曜日)
  • TD:三村将之(以前はMIX/照明)、小野木晋、菊地健、小池一暢(小池→SWの回あり)、池見憲一(池見→以前はVE►一時離脱)、松尾昌己、野平浩二(野平→SW/CAMの回あり)
  • TD/SW:坂口裕一(以前はSW►一時離脱►CAM)
  • TD/VE:田口護
  • SW:井ノ口鉱三(以前は、CAM)、中西哲夫、當房尚子(當房→CAMの回あり)、石田和也(石田→CAMの回あり)
  • SW/CAM:横田浩一、金(長)澤佐知子、黒田賢治(黒田→以前はCAM►SW)、布柴憲二(以前はSW)、大塚正道(回によって異なる)
  • CAM:林倫理、松本学、金原良之、西川史人、岡大輔、大橋優、松岡裕樹、堀口聡一郎、木下靖浩、土肥俊之、南佳正、大島昌美、米山旭
  • MIX:木村冬樹、南谷良美、村井さおり、井上典子、杉岡学、藤本博樹、小川要輔、田中直橘、前川智章、脇阪真佳、後藤敬介、河喜多正悟
  • VE:山本可文、鈴木淳之、景川慶三、上田好一、亀井洸樹、胎中創、安部展弘、大滝(瀧)淳、辻義幸、今中萌那、竹本昌之、松下英男、田渕敬昌
  • LD:廣江貞雄、窪田和弘、奥嶋駿介、吉田勝(吉田→以前はTD►一時離脱)、浜野眞治[奥嶋以外→以前は照明]
  • 音効:副島圭祐、竹内健司、小林翔子
  • VTR:寺辻ちひろ、酒匂智美
  • テロップ:向井睦美、井上歩
  • 美術:箕田英二
  • 美術進行:能登谷奈津
  • 宣伝:藤生朋子
  • 編成:三田谷卓郎
  • 協力:ytv Nextry(2011年1月までは『映像企画』(制作部門)、サウンドエフェクトよみうりテレビ映像(技術部門)と表記)、AXON、教映社、ハートス、グリーンアート、高津商会、A.I.C、Idea Remix Club、adec、FFC(フリー・フォーム・カンパニー)(毎日)、エキスプレス(月・金、以前はエキスプレスCR名義で木・金)、国際通訳(基本月・火、他曜日あり)、東通(木)
  • 制作協力:日本テレビNNN各局
  • 校閲:道浦俊彦
  • プロデューサー:大田良平、高井望、岡﨑亮、宮前明雄(大田〜岡﨑→2019年6月3日 -、宮前→2019年11月11日 -、高井・岡﨑・宮前→デスク兼務)、藤井純(2016年7月1日 -)/萩原大(2018年6月18日 -、2016年7月1日 - 2018年6月15日は番組進行)
  • 総合演出:中田大介(2018年6月18日 -、以前はD►演出►火曜日デスク►一時離脱►火曜日デスク)
  • チーフプロデューサー:田中雅博(2018年6月18日 -、2017年6月5日 - 8月11日まではPのみ►2017年8月14日 - 2018年6月15日までは総合演出兼P)
  • 制作著作:読売テレビ(2012年1月7日からは開局55周年にちなみ、局名の横に55と付け加えた。)[注 48]

過去のスタッフ[編集]

  • ナレーター: 中嶋慶子(金曜日。一応は2008年3月までであるが、結婚のため同年1月11日を最後に自然降板。)、猪谷洋子(木曜日)、三嶋真路(火曜日・木曜日)、三浦隆志(読売テレビアナウンサー、世界電波ジャック)
  • 構成:明石褖郎(毎日)、二宮一泰、沢野緑、藤木汐見、上地茂晴、儀賀保秀、重村千恵、山下由香里、増山実、山口真弓、森田将義、河村竜一郎(河村→月、以前は月のみ►月・木)、吉村幹彦(木)、織田洋子(金)、八木晴彦(高田タクシー観光のみ)
  • ブレーン:伊東桂子(以前は構成)、寺前富雄
  • デスク:本田悟(以前はディレクター)、福田幸蔵(福田→月)
  • デスク/ニュースデスク:佐藤智也(2017年10月30日 - 2018年5月末、以前は水→月曜日デスク)
  • デスク/ディレクター:中埜勝之(以前は芸能兼務►ディレクター►一時離脱►木曜日ディレクター兼務►月曜デスク►デスク/ディレクター)
  • ニュース統括:小島康裕(以前はディレクター)
  • 芸能統括:藪永真由美
  • 芸能:関根喜光、飯田善子
  • FD:森岡拓郎(以前はVTR)
  • AD:川口友樹、増田智美、杉本奈緒、葛城弥子、山下彩貴[週1]
  • 技術:澤野茂
  • TD:村上和生、北條吉彦、南方裕之、前田義信、小椋敏宏、窪内誠(窪内→VEの回あり)、森下直樹、廣畑秀史、杉本麻也、藤井義行(藤井→SWの回あり)、松浦正和(松浦→照明の回あり)、前田義信
  • SW:森下直樹、北條吉彦、岡良雄(岡→CAMの回あり)、金永浩二(金永→以前は、CAM)、塚本新一、岩崎寛、藤井義行(藤井→TDの回あり)、野平浩二(野平→以前は、CAM►一時離脱、TD/CAMの回あり)
  • CAM:国部泰治、渡辺容代、中原達夫、一瀬貴子、星野高久、小塩友英、大中一、中山信治、坂口拓磨、石田和也(石田→SWの回あり)、池内美紀、宮川竜之介、廣谷美洋、青木岳史、米山旭、野口忠繁、岡良雄(岡→SWの回あり)、宮崎良昭、脇阪祐司、大矢晃平、竹島忠寛、加藤裕規、佐々木健太、石川和義、足立知亮、岡田英樹
  • MIX:山崎多佳彦、日下正孝、北村俊典、中山直人、山崎泰和、眞鍋鶴司、小泉大輔、松下英男、脇阪真佳、濱(浜)田浩平、四方武範、田口護(譲)(田口→VEの回あり)、鈴木直人、飯田一馬、三村将之(三村→照明の回あり)、小森一人、沖田一剛(沖田→一時離脱)
  • VE:高添優、南方裕之、奥山晃樹、大谷晃貴、十石英治、米田忠義、末松敬治、廣畑秀史、窪内誠(窪内→TDの回あり)、西村幸朗
  • 照明:松浦正和(松浦→TDの回あり)、三村将之(三村→MlXの回あり)
  • 音効:神田彩、鈴木宗寿、笹優子、圓谷真穂、住田知香、荒畑暢宏、村木綾、中谷誠、鏑木太郎
  • テロップ作成:宮川美鈴
  • テロップ:水野かなめ、佐埜優子、栗田奈々、中野依子、植田昭子
  • VTR:新羅亜希
  • CG:高畠彰
  • 美術:松井珠美、山本真平、尾前江美
  • 美術進行:並木悟志、橋本敦、高島伸治
  • スタッフ協力:ワイズビジョン、オフィスアドバンス、泉放送制作、クリーク・アンド・リバー社、ヴォックス(2008年6月まではオフィスケイワイズと表記)/ ビーワイルド、すきな、音稀衆(月)、ブリッジ(火・金)、オフィスりぷる、グルービン(水)、放送事業社、アッシュ
  • 技術協力:大阪共立、光学堂、EGG、aex
  • 宣伝:飯田將博、川合アンナ、松井信博、尼子大介、熊谷有里子、森井亜季
  • 編成:河中可志子、倉本健次、鈴木梓、中林裕登、田中麻美、安藤充、小島祥子
  • 番組ロゴ、キャラクター:仲里カズヒロ(studio-pool.com)
  • 校閲:木谷俊樹[2017年8月7日週のみ]
  • ディレクター:西野佳、立木庚子、宮河直子、古河雅彦、柴田郁子、浅野優子、日比野翔、前川道範、木村寛、河合希、川口智宏、吉澤順、石賀一啓、片平諭、竹本明香、竹原岳志、中西常之、佐々木修、沼澤誠、忽那英聡、浦嵜優、川口孝幸、木村直子、藤永真由美、岡山雅信、光岡麦、小峰潔貴、永見直樹、木村佳奈江、飯田隆之、志賀州洋、兼松俊之、東郷誠、寿木要、吉田麻理、佐伯圭右、橋本慈之、折原加奈、山本大輔、高橋幸寛、三井哲也、久米弘子、相崎忠昭、抜居剛、北村靖、丸本裕輝、久保田孝、藤原克哉、松谷彰大、繁俊宏、友廣信也、福田悦子、佐藤美妃、山本有人、古川裕基、岩瀬賢太郎、植村裕次朗、黒川博之、近藤直美、下山剛輝、長谷部奈美、小林恭子、川口与至彦、高須督修、喜多村大輔、藤澤幸輝、栗田一樹、祖父江賢太郎(CTV)、平田明久(CTV)、栗田美和(CTV)、西川和子、纐纈晋司、柳澤佐知、新谷晶二、塩田憲吾、平野孝雄、かわかみかつみ(川上克己)、伊藤圭司、前田洋、中村俊之、片岡進太郎、前田かなみ、田中優紀、水島慶人、富平高行、横山長生、森田雄司、坂口春奈、永濱嘉浩、小杉喜友、金城智博、薮本和可、飯田善子、谷河悠規、三宅直、久世恵太、山田芳治、竹田匡志、常石剛志、西谷公太、瀬良元信、大谷明日香、中野允嗣、久保ちはる、三浦宏仁、五十嵐優(五十嵐→以前は月曜日►火曜日)、板垣達也(板垣→以前は木曜日►金曜日)、政本裕人(政本→以前は一時離脱►月曜日►水曜日ディレクター)、山崎彰久(山崎→以前は火曜日►金曜日)、福岡力、谷英敏(谷→以前は金曜日►月曜日ディレクター)、勝田智之、笹川明人(笹川→以前は木曜日►水曜日ディレクター)、北田浩平(北田→以前は火曜日►水曜日ディレクター)、川崎雅貴、瀬野尾光則(瀬野尾→以前は広報)、大森賢司(大森→以前は木曜日►金曜日ディレクター)、神谷忠市郎、小原和洋、田中瑛人(田中→以前は金曜日►木曜日ディレクター)、岩崎智也、仲田勇希(仲田→以前は火曜日ディレクター)、佐藤翔平(以前は金曜日►月曜日ディレクター)、井口奈美(以前は水曜日►火曜日ディレクター)、酒井修平(以前は金曜日►木曜日ディレクター)、奥橋雅代(以前は水曜日►月曜日►金曜日ディレクター)、森谷優也(以前は水曜日►金曜日ディレクター)、内田愛麻(以前は金曜日►木曜日►月曜日ディレクター)、福岡竜起(以前は火曜日►月曜日►木曜日►曜日不定・週1担当ディレクター)、戸川藍子(旧姓三宅)(以前は金曜日►木曜日►火曜日ディレクター)、中西和路(以前は金曜日ディレクター)
  • 演出:野瀬慎一(以前はニュース統括)、深谷浩規(CTV、以前はチーフディレクター)、寺地幸一(CTV)、村地賢(CTV)、青木繁治(CTV)
  • チーフディレクター:高橋宏輔(以前はディレクター)、遠山哲司、亀井利之、新宅淳(新宅→2012年1月6日 - 7月4日、以前は、演出►総合演出)
  • 総合演出:山口剛正(2008年1月18日までは総監督)、若奉典(若→2017年2月6日 - 8月11日、以前は、ディレクター►ニュース統括►デスク►2015年7月1日 - 2017年2月3日まではプロデューサー)
  • プロデューサー:三輪宗滋、山本一宗、中島恭助(中島は、以前は演出)、下村裕明、高岡達之、清水紀陽士、相島良樹(相島は、以前はニュース統括)、沼田賢治(沼田は、以前は演出►2010年4月12日 - 7月9日までは統括デスク、以前は、演出)、岩尾安治(デスク►2011年7月11日 - 12月29日・2012年7月5日 - 12月28日までプロデューサー、2012年1月6日 - 7月4日までは、東京プロデューサー)、渡辺哲哉(以前は演出►2010年4月12日 - 7月9日までは統括デスク、以前は、演出)、小金澤ゆき(以前は、デスク►運行►2012年7月5日 - 2013年7月5日までプロデューサー)、大泉純子(2013年7月8日 - 2014年7月4日)、菱田雄介(2012年7月5日 - 9月28日、2015年1月19日 - 1月23日、7月1日 - 2016年1月29日までプロデューサー、以前は、デスク→2012年10月1日 - 2015年1月16日までは東京プロデューサー)、蒔田隆史(2015年1月19日 - 2016年6月30日、2012年10月1日 - 2015年1月16日までは東京プロデューサー)、小俵靖之(2015年1月19日 - 2017年2月3日、以前は、デスク►一時離脱)、山崎愛子(以前は演出►2014年7月7日 - 2017年6月2日、以前は金曜デスク兼務►旧姓藤田)、杉山亮(2017年2月6日 - 2018年6月7日、以前は金曜デスク兼務)、髙田紀明(2018年6月8日 - 2019年5月31日)、大坪正季(2018年6月18日 - 2019年5月31日、以前は木曜日D兼金曜日デスク►金曜日デスク兼務►2019年6月14日までは再び金曜日デスク)
  • プロデューサー兼演出:吉田幸平(2013年7月8日 - 2015年6月30日、以前は、ディレクター►デスク►演出►2012年7月5日 - 2013年7月5日まではプロデューサー)
  • チーフプロデューサー:綿谷登、若山睦、菱田義和、吉川真理(吉川→2010年7月2日 - 2012年7月4日、以前は、プロデューサー)、村上高明(2012年7月5日 - 2015年6月30日、以前は、プロデューサー►演出・プロデューサー)、松本和久(2017年2月6日 - 2018年6月15日、以前は、2006年8月 - チーフディレクター►演出兼チーフディレクター►2012年7月5日 - 2013年7月5日は総合演出►一時離脱も復帰►2013年7月8日 - 2015年6月30日までは総合演出兼プロデューサー►2015年7月1日 - 2017年2月3日までは総合演出兼務)
  • 統括プロデューサー:結城豊弘(2012年7月5日 - 2013年7月5日)[注 49]野村明大(2015年7月1日 - 2017年12月28日、2013年7月8日 - 2015年6月30日まではプロデューサー)[注 50]
  • 制作:山内隆行(以前はCP)、竹内伸治(2009年7月1日 - 12月29日、2010年7月2日 - 2011年7月1日までは制作、2010年1月6日 - 7月1日まではCP)、中村泰規(2011年7月4日 - 12月29日)

スポンサー[編集]

2008年3月31日より第1部はネットセールス枠となったが、翌日の同年4月1日からは全国共通のスポンサーがついている(読売テレビ送出でのスポンサー。前半・後半の2枠があるが、ネットセールス枠における途中入れ替えでのコメントはない)。なお、2014年9月26日までの第2部(以降)は、ローカルセールス枠となるため各局独自にスポンサーがついたり、局によっては、ノンスポンサーでPTとなっている(ローカルスポンサーがある場合は局によってコメント(ご覧のスポンサーの提供で…など)する局としない局に分かれていて、コメントのある局は日本テレビ等、コメントのない局は読売テレビ[21]・札幌テレビ・中京テレビ・静岡第一テレビ・福井放送・南海放送等がある。さらにはローカルスポンサーが付く曜日とPTの曜日が混在する局が札幌テレビ等にある)。

なお、2014年9月29日以降の旧第1部放送時間帯・旧第2部放送時間帯のスポンサーの状況にいずれも変化はない。

祝日など特別番組放送で「ミヤネ屋」の放送時間が短縮する場合は、ヘッドライン後からネットスポンサーのCMが放送されるなど、通常と異なるCM進行となる。

その他特記事項[編集]

関西ローカル時代[編集]

  • 第1回の放送では、宮根が東京日本テレビに出掛け、みのもんた(当時『午後は○○おもいッきりテレビ』司会者)と対談、第2回では草野仁(当時『ザ・ワイド』司会者)と対談した。宮根・みの・草野が共演する「マダムの午後はよみうりテレビ!」のキャッチフレーズの番宣用スポットCMも制作された。宮根はみののことを「顔が赤い」と後日談した。
  • 2006年11月頃からは『きょうのミヤネ屋』の前に宮根と曜日レギュラーの内の1人がその日の新聞記事について読売テレビの玄関前でトークを繰り広げている。これは全国ネット化されて以降も継続されている(放送されない地域が多い)。
  • 前身の『激テレ』では、SB枠(CM)なしで17:50からの『NNN Newsリアルタイム』を放送していたが、『ミヤネ屋』ではSB枠を挟んで『Newsリアルタイム』を放送していた。ただし、『NNN報道特別番組』で番組を一時中断した場合のみ、SB枠なしで『Newsリアルタイム』を放送。
  • 2007年6月29日と7月2日の放送は宮根の実父が他界し、葬式に出席するため欠席した。6月29日の番組冒頭で、森若が宮根より預かったコメントを読み、その中で「私(宮根)の父が他界致しました。私は長男ですので、最期をきちんと見送ってやりたい」とあった。この日の放送は玄関前からの新聞トークは休止し、「今日のミヤネ屋」のヘッドラインからスタート、また、29日は金曜日のため観客は入っているが、オープニングの拍手はなかった。また、同日の代理として同局アナウンサーの萩原章嘉が、翌週7月2日の代理として同じく同局アナウンサーで月曜レギュラーの森武史が進行し、同月3日から番組に復帰したが、翌週の9日から13日の1週間は宮根の夏休みにより、29日の代打を務めた萩原が担当した。
  • 2007年9月24日、中京広域圏中京テレビでは同年10月からのネット局大幅拡大に先駆けて一足早くネットし、普段宮根だけで行っているオープニングトークも宮根と森若2人で行った。
  • また同年9月28日に、「10月からよろしくお願いします」といったご挨拶という形で、札幌テレビどさんこワイド』やミヤギテレビOH!バンデス』、中京テレビ中京テレビNewsリアルタイム』、広島テレビテレビ宣言』、福岡放送めんたいワイド』の計5局5番組の夕方ワイド番組とそれぞれ生中継を結び、各局からの激励とともに、それぞれの放送地域の名物の食べ物を紹介した。

全国ネット化以降[編集]

  • CM前のジングルは、放送開始から2007年9月までは浅倉大介のアルバム「d・file-for tv programs-」に収録されているprimitive arkが、同年10月からは同アルバムのT-cup swingingがそれぞれ5秒程に編集され使用されている。
  • 新春スペシャル放送時および中京テレビ制作海の日特番放送時は全局第1部のみの放送となる。

2009年[編集]

  • 8月7日、女優の酒井法子覚せい剤使用の容疑で逮捕状が出された(後に逮捕)とのニュースを受け、第1部について、関西地区で14.1%、関東地区では番組ネット開始以来最高の15.3%の視聴率を記録した(ビデオリサーチ調べ)。

2011年[編集]

  • 3月3日、耳の日ということで本番組含め当日の日本テレビ系の全国ネットの生番組全てでリアルタイム字幕放送が実施された[22]
  • 3月11日、14時46分頃、生放送中に東北地方太平洋沖地震東日本大震災)が発生。番組では東京都庁からの中継で建物が揺れている事が中山正敏から報告された[注 51]。その後、CM明けの提供クレジット表示中に日本テレビ報道フロアと汐留情報カメラの映像が流れ、地震で激しく揺れている様子が生中継された。その後のCM明けに宮根がニュースキャスターの豊田に「豊田さんしゃべれますか?」と尋ねた直後、読売テレビのスタジオにも揺れが伝わり宮根は「大阪も揺れています」と伝えた(読売テレビ本社のある大阪市中央区では震度3を観測)。この震災発生の影響で、当時唯一の第1部のみのネット局であった福岡放送でもこの日は臨時フルネットとなったが、14時57分から『NNN緊急特番』に切り替わったため、本番組は同時刻をもって全局途中打ち切りとなった[23]

2012年[編集]

  • 1月6日は、番組冒頭で、宮根が自身に隠し子がいたという週刊誌の報道を認め、「新年早々、私事でお騒がせして申し訳ございません」と謝罪した[24]。なお、1月17日に行われた読売テレビ社長の新春記者会見では、「個人プライベートのことで、キャスターをやって頂くことには問題ない」として宮根の起用並びに本番組放送の継続を明言した。
  • 12月3日、笹子トンネル崩落事故に関する報道で、ゲスト出演したトンネル工学の専門家に対して宮根が取った態度が視聴者から批判された[25]

2013年[編集]

  • 3月11日は震災2周年当日であるが、通常通り放送するも、「震災2年『被災地のいま』― めぐる、刻む 午後2時46分 ―」[26] の副題付きで、東日本大震災関連の内容で放送した。
  • 9月16日は、前日『Mr.サンデー』(東京・フジテレビでの生放送)に出演していた宮根が、台風18号の影響で交通機関が乱れ番組開始時間に間に合わなかったため、冒頭8分間は川田が進行。ヘリコプターと中継を結んでいる途中の14:03に宮根が登場した。宮根は「Mr.サンデー」の生放送終了後、フジテレビから車で大阪を目指したが、三重県で足止めとなり、名古屋に戻って新幹線で大阪に到着した[27]

2014年[編集]

  • 3月11日は震災3周年当日であるが、通常通り放送するも、「震災3年『被災地のいま』― それでも前へ それでも明日へ ―」[28] の副題付きで、東日本大震災関連の内容で放送した。なお、この日は地上波のみの放送となった。
  • 4月28日 - 5月2日は、純金プレゼント第7弾として「純金の兜」を毎日1名ずつに。5,000円分の番組特製クオカードがプレゼントされる企画を実施[29]
  • 6月18日、宮根を悪用した詐欺未遂事件が発生。宮根本人がその被害者に生電話した[30]
  • 6月25日、事前にじゅんいちダビッドソンが「ワールドカップで日本がグループリーグで敗れたら改名する」と明言し、日本がグループリーグで敗れたため、スタジオに生出演。宮根の勧めで「無回転屋じゅんいち」に改名した。
  • 10月23日、不倫発覚の影響で前年5月から芸能活動を休止していた矢口真里がゲスト出演し、この日の視聴率は10.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)を記録[31]。なお、矢口が芸能活動休止前まで本番組の裏番組『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』(CBCテレビ制作、2015年3月27日までは制作局の名古屋地区でのみ放送)のレギュラーでありながら、本番組で復活したことに対し、芸能界の道義上の問題を問う声があった[32]

2015年[編集]

  • 2月12日の放送で2月27日をもって川田裕美がアシスタントを卒業、3月末で読売テレビを退社し、セント・フォース所属のフリーアナに転向することが発表された[33]。翌放送日の同年3月2日より林マオ(読売テレビアナウンサー)が新アシスタントに就任し、あわせて番組及び、スタジオセットが大幅にチェンジ[34]
  • 2月23日 - 2月27日、3月2日 - 3月6日は川田の卒業と林の新アシスタント就任を記念して「純金の川田」「純金のマオ」を毎日1名に。番組特製クオカード(5000円分)を5名にプレゼントする企画を実施。
  • 3月11日は震災4周年当日であるが、通常通り放送するも、東日本大震災関連の内容で福島中央テレビから全編生放送[35]。ただし、今回は前回同様地上波のみの放送ではあるが、前回までとは異なり、地上波ではミヤギテレビのみ自社制作の報道特番への差し替えのため、14:55以降のネットを返上する。
  • 8月14日は戦後70年企画として硫黄島から全編生中継を行ったが、この日に限り地上波のみの放送となる。
  • 9月4日、安倍晋三内閣総理大臣が生出演した[36]。これが国会で議会中の出演だったことから、他の議員から批判があった[37]

2016年[編集]

  • 8月26日は、高畑淳子の息子・高畑裕太の不祥事についての記者会見において、中山がした質問が「非常識」であると批判を受けた。読売テレビは他メディアの取材に対して「質問事項を考えた番組ディレクターが、席を外しており答えられません。(中山リポーターは)その場で質問を考えた可能性もありますが、ここにいません。ディレクターが戻ってきても、回答するかはこちらの判断であり、その義務はありません」と回答。上記の会見ですべての質問に答え続けた高畑と比べて、自らに都合の悪い質問からは逃げるような報道機関としての在り方が批判された[38]
  • 11月28日は、放送中にASKAが覚せい剤取締法違反(使用)で再逮捕されるとの一報が入り[39]、急きょ放送内容を変更してこのニュースを伝えた。この報道を逮捕前のASKAが見ており自身のブログで言及し、放送でも取り上げられた[40]。放送終了後には宮根とこの日スタジオ出演していた井上がASKAに対し電話インタビューを行った[41][42]。このインタビューは、翌日の『ミヤネ屋』をはじめ日テレ系各報道・情報番組にて放送された。ASKAは同日夜に逮捕される。なお、この日の放送中に井上がASKAが作成していた未発表音源を承諾無しに放送しており、電話インタビューで抗議したASKAに対しては「視聴者の理解のために必要だったから」と退けていたが、ASKAが釈放されたあとの12月23日の放送において宮根と井上が謝罪した[43]

2018年[編集]

2019年[編集]

  • 3月11日は、この日で東日本大震災の発生から8年となるのに当たり、番組最後に天気予報を伝えたほかは全編を震災関連の特集に充てた(15:00頃の「東京からの最新ニュース」もコーナー休止)。これまで震災当日は毎年被災地から全編生中継していたが、今回は通常通り大阪のスタジオから放送し、リポーターが現地からの中継を行った(2017年は土曜日、2018年は日曜日だったため3月11日当日としては3年ぶりの放送)。
  • 4月30日は、この日で終わりを迎えた平成時代を振り返る特集に番組の大部分を充てた。また、平成最後の日を迎えた各地の様子やこの日の放送後に皇居で行われた第125代天皇(現:上皇陛下)の『退位礼正殿の儀』へ向けた最新情報も、中継を交え随時伝えた。

脚注・出典[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c プロ野球シーズンオフはNOTTVでも同局の24時間CS再送信によってネット。
  2. ^ 2014年からはBS日テレまたはNHK BS1で放送するため、巨人戦のホームゲームが重なっても通常通り放送される。news every.と同じく、例え放送権があっても野球中継を組まないことが多くなっている。
  3. ^ 2005年4月に月曜日を『傑作劇場』からバラエティ番組の再放送の2本立てに変更している。
  4. ^ 2007年10月の時点で、『ザ・ワイド』ネット局中、『ミヤネ屋』のネットがなかったのは、日本テレビ (NTV) とテレビ信州 (TSB) の2局のみ。
  5. ^ a b 2007年10月1日からのネット拡大に先駆けて、お試し版という形で事前ネットした。2008年6月4日に、宮根の関東での知名度の調査を行った際、中京テレビのネット開始日は、この日からになっていた。
  6. ^ a b 10月1日 - 10月5日の13:55 - 15:50は、ドラマ「白い巨塔」を放送するため。
  7. ^ a b めんたいワイド』の12周年を記念した拡大版を5日連続で放送するため。
  8. ^ 2時ドキッ!』→『2時ワクッ!』→『F-CUBE』。
  9. ^ ワイドショー・プラスα』→『バラエティーワイド・こんな時α』→『入川保則のほっとワイド』→『ほっとワイド』→『ビバ・レディー』→『晴れ時々たかじん』→『べかこの自遊時間』。
  10. ^ 奥さん!2時です』→『スタジオ2時』→『ワイドYOU』→『きらめきワイド』→『レインボー』と続き、一時中断を挟みつつ『はーい!昼ナマ』まで続いた。
  11. ^ 『ザ・ワイド』時代は、東京発が硬派なジャーナリズムや芸能情報を主としたもの、大阪発は主婦向けの生活情報やゲストとのサロントークが番組構成の主軸であったが、本番組は硬派路線が主となっている。
  12. ^ ZIP!』→『スッキリ!!』(2011年3月25日までは前座番組『おもいッきりDON!』(後に『DON!』に改題)にも出演していた)、本番組を経て『news every.』の「カルチャー&スポーツ」コーナー)とハシゴして出演するため。
  13. ^ 中継先テロップ表示もマイスタや『news every.』のスタジオの時は「日本テレビ」となるが応接間のような場所では「日テレタワー」としか記されない。
  14. ^ ネット開始の理由として、それまで放送されていた月曜21時台の読売テレビ制作枠が極端な低視聴率に喘いでおり、同枠を読売テレビから返上させて自局でテコ入れしたいと同時に、自局制作でのテコ入れに失敗した平日午後の時間帯を補強をしたいという日本テレビとの思惑が一致したことも背景にあった(月曜21時台の読売テレビ制作枠を平日14時台に枠移動したもの)。
  15. ^ なお、左記出典の通り、日本テレビでは当初金曜日の放送が行われないと発表されていたが、他地域と同様に月 - 金曜日の放送となった。
  16. ^ 後に2006年4月3日から2009年3月27日まで『ラジかるッ』を放送していた。
  17. ^ 日本テレビでは本番組と『アナ☆パラ』・『ドラバラPUSH』の放送開始により、月 - 木曜日については約2年ぶりに午前4時(『Oha!4 NEWS LIVE』)から午後7時(『NNN Newsリアルタイム』)までの15時間連続で生放送となり(『キユーピー3分クッキング』などの一部ミニ番組を除く)、突発的な大事件・事故にも対応できるようになった。また、当初は関西ローカルで始まったテレビ番組が在京キー局でも放送される全国ネット番組に発展したのは、テレビ大阪きらきらアフロ』以来のことである(テレビ大阪は金曜深夜、テレビ東京と系列5局は月曜深夜に放送)
  18. ^ 日本テレビが『それいけ!アンパンマン』を2001年以降16:30 - 17:00に放送しているため。日本テレビではこの編成の影響で「金曜日の15:50からの時間」が確保できず、「第3部までをネット」はわずか1日しか実現(フルネットした日は水曜日だった)できなかった。
  19. ^ 内容としては、主に北京オリンピック関連の話題が中心(直前の『おもいッきりイイ!!テレビ』がオリンピック中継により僅か20分のみの放送となったことに絡むその代替要素も兼ねていると思える)。このため通常放送されているレギュラーコーナー等は大半が休止され、事実上は全国向け北京オリンピック特集とも言っても良い。また、当日までオリンピック中継による編成変更に対応しないとならなかった。
  20. ^ 『Mr.サンデー』は日本テレビ系列局が存在しないため本番組の放送がない佐賀県沖縄県でも同系列局のサガテレビ沖縄テレビ(後述する本番組の特別編「ミヤネ屋番外編 宮根誠司の沖縄で人気者になろうスペシャル」の取材協力・同県での放送をした経験がある)で放送されている。クロスネットの都合で本番組を放送していないテレビ大分テレビ宮崎では同じ理由で放送されない。
  21. ^ 東日本大震災の報道のため、実際には3月11日以降。
  22. ^ 番組そのものは2013年4月1日開始であるも、2015年3月27日までは東海地区ローカル。TBSでは2015年3月30日からネット受けを開始し、同年9月25日までは14:53までの、同年9月28日 - 2016年9月30日は15:51までの、同年10月3日以降は15:50までの、ぞれぞれ飛び降りネット。
  23. ^ 現在は13:45 - 14:50であるが、2015年度当時は13:55 - 14:55であった(第2部は現在14:50 - 15:50であるが、2015年度当時は14:55 - 15:50であった)。
  24. ^ 日本テレビでは『ヒルナンデス!』の末尾10分と本番組の冒頭55分に相当する。
  25. ^ 『グッディ!・第1部』が時間帯1位となったからと言って、『グッディ!・第1部』放送時間帯かつ本番組放送時間帯における本番組、もしくは『グッディ!・第1部』放送時間帯かつ『ヒルナンデス!』放送時間帯における『ヒルナンデス!』の視聴率のうち、両方とも『グッディ!・第1部』を下回ったとまでは断定できない。
  26. ^ 金曜日は『news every.』に出演していたが、2018年7月に降板。
  27. ^ 2019年7月8日、9月9日、9月16日は月曜日に出演。2019年6月26日は水曜日に出演。
  28. ^ 2019年4月30日、6月25日は火曜日に出演。2016年11月24日、2017年10月12日、2018年3月22日、2019年7月4日は木曜日に出演。2015年10月9日、2019年5月31日は金曜日に出演。また、月曜日はスッキリに出演。
  29. ^ 2018年3月27日は火曜日に出演。2019年9月19日は木曜日に出演。2017年10月13日は金曜日に出演。
  30. ^ 最初の週の出演は水曜日、2回目の出演は木曜日の順に出演。
  31. ^ 2019年7月3日は水曜日に出演。
  32. ^ 2019年4月2日、5月28日、6月11日、7月16日は火曜日に出演。
  33. ^ 木曜日は『ビビット』(TBS系列)、金曜日は『深層NEWS』に出演。
  34. ^ 2018年12月25日、2019年8月13日、9月3日は火曜日に出演。2018年5月2日、7月11日、10月31日、2019年5月22日は水曜日に出演。2016年3月3日、3月31日、2018年3月29日、8月16日、2019年3月28日は木曜日に出演。
  35. ^ 水曜日は、福岡県RKB毎日放送TBS系列)の『今日感テレビ』に出演。
  36. ^ ミヤネ屋公式HP上では『NNNニュース』と表記されている。
  37. ^ ただし、特別編成で飛び降りる局がある場合は第2部開始の14:55.00から放送される。
  38. ^ 2015年12月7日(月曜日)に放送された時もあり、必ずしも金曜日と限定されていないようである。
  39. ^ 時折、番組全体が政治・事件のニュースで占められる日もあり、その場合はニュース担当のナレーターが担当する。
  40. ^ 産経新聞の夕刊は大阪本社版のみ。大阪スポーツの記事は「東京スポーツ新聞社」と表記している。
  41. ^ 西日本放送でも9月4日16:00 - 17:00 南海放送でも放送された。普段本番組が放送されていないテレビ大分でも同年9月25日15:00 - 15:55で放送された。
  42. ^ 前座の『2016新春ヒルナンデス!』が通常より5分早終了となるため、開始時刻が通常放送に比べ、5分繰り上げられている。
  43. ^ 2010年12月10日には、TUBEのメンバーがスタジオ生出演。「ヨミ斬りタイムス」のセットを使った同曲のCD発売告知と、アコースティックバージョンの生演奏。それに『明日の天気』を担当した。
  44. ^ 日によっては、直後番組が『 - ten.』となる(主に毎週水曜日)。
  45. ^ テレビ朝日系列(サブ)とのクロスネット局であるが、ANNの一般番組供給部門には非加盟で、日本テレビ系列単独加盟時代から当枠は日本テレビ系列の番組を放送。
  46. ^ 2018年1月9日 -。
  47. ^ 2017年11月13日 -。
  48. ^ 2009年4月1日までは開局50周年にちなみ、局名に「50th」と付け加えていた。
  49. ^ 2012年7月5・6日放送分は、統括と表示。
  50. ^ 野村は不定期で「報道記者」としても出演する。
  51. ^ この時点で緊急地震速報が東北5県(宮城県・岩手県・福島県・秋田県・山形県)に発表されていたが、それ以外の地域は対象外だった為、宮根や中山が即座に対応する事は出来なかった。

出典[編集]

  1. ^ 「ミヤネ屋」東京進出!…“関西風味”をそのままで”. 2016年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年4月20日閲覧。 スポニチアネックスOSAKA 芸能 2013年4月20日閲覧。
  2. ^ 宮根誠司、収入4億説に「ミヤネ屋のギャラが…」,デイリースポーツ,2016年9月7日
  3. ^ なるみピンで司会!22日から陣内卒業週間”. 2008年9月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月17日閲覧。 2008年9月17日
  4. ^ ミヤネ2・1放送“貴効果”!?番組歴代最高16%”. 2010年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年2月3日閲覧。 スポニチアネックス 2010年2月3日付記事
  5. ^ 「ミヤネ屋」1人勝ちの裏 徹底した検証 デイリースポーツ 2015年8月29日閲覧。
  6. ^ 舛添都知事の疑惑会見、各局の中継視聴率軒並み上昇 日刊スポーツ 2016年5月16日発行、同日閲覧。
  7. ^ 清原被告の裁判視聴率は各局とも「舛添超え」アップ 日刊スポーツ 2016年5月18日発行、同日閲覧。
  8. ^ “「ミヤネ屋」視聴率降下で宮根誠司がテレビ東京・相内優香アナの引き抜きを画策か”. まいじつ. (2016年9月28日). http://myjitsu.jp/archives/10031 2016年9月30日閲覧。 
  9. ^ ゴゴスマ:「ミヤネ屋」「グッディ!」抜く 視聴率5.4%で初の同時間帯トップ,まんたんウェブ,2017年10月5日
  10. ^ フジ「グッディ!」第1部 相撲話題で視聴率初トップ,デイリースポーツ,2017年12月7日
  11. ^ フジ「グッディ」が日テレ「ミヤネ屋」に初勝利!1部2部の番組全体の視聴率5・6%,スポーツニッポン,2018年5月24日
  12. ^ 鹿内美沙オフィシャルブログ 2014年2月10日付「ミヤネ屋デビュー」 2014年2月11日閲覧
  13. ^ 「ミヤネ屋」看板娘 川田アナがフリー転身!東京拠点、女優業も!? Sponichi Annex 2015年2月13日閲覧。
  14. ^ “巨人 新国際部長に春川氏就任へ、スカウト活動とMLBとの連携強化”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2019年4月19日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/04/19/kiji/20190419s00001173146000c.html 2019年4月19日閲覧。 
  15. ^ 2018年9月に、日本テレビホールディングス経営戦略局グループ推進部に異動。
  16. ^ 株式会社CTV MID ENJIN - 主な制作番組”. 2015年6月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月26日閲覧。
  17. ^ 「宮根のブログ屋」 (2008年10月11日). “丸岡さん!”. 2009年3月31日閲覧。
  18. ^ 丸岡いずみキャスターの『ここだけの話…』 (2008年8月6日). “最高のバースデー!!”. 2014年7月7日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年12月9日閲覧。
  19. ^ 【Dream Shizuka】 新曲『Just keep on dreaming』が4月からの読売テレビ・日本テレビ系「情報ライブ ミヤネ屋」エンディングテーマに決定!!”. E.G.F.C. (2019年4月1日). 2019年5月28日閲覧。
  20. ^ 14:55に飛び降りる局が発生した日は、「日本テレビからの最新ニュース」の時間を通常より数分繰り下げる。
  21. ^ コメントはない場合、「ここからは」・「ここまでは」というテロップつきの提供クレジットとなる。
  22. ^ 日本テレビ|“耳の日”地デジ推進・字幕放送キャンペーン”. 2013年1月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年3月25日閲覧。
  23. ^ 総務省 緊急時放送への対応について(民間放送事業者) 2013年2月24日閲覧。
  24. ^ 宮根誠司アナ 週刊誌の隠し子報道認め謝罪「全て事実です」 - Sponichi Annex 2012年1月6日
  25. ^ “宮根誠司に視聴者が「黙っとけ!」 専門家の話さえぎり、しゃべりまくり”. J-CASTニュース. (2012年12月5日). http://www.j-cast.com/2012/12/05156898.html?p=all 2012年12月20日閲覧。 
  26. ^ 情報ライブミヤネ屋 番組公式 Web ページ トップ 2013年3月10日閲覧。
  27. ^ “宮根キャスター「ミヤネ屋」8分遅刻 台風影響で移動12時間以上”. オリジナルの2013年10月13日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131013204015/http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20130917-OHT1T00017.htm 2013年10月5日閲覧。 
  28. ^ 情報ライブミヤネ屋 番組公式 Web ページ トップ 2014年3月6日閲覧。
  29. ^ 「ミヤネ屋」純金プレゼント第7弾!「純金の兜」プレゼント”. 2014年4月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年4月21日閲覧。
  30. ^ 宮根に会える詐欺、被害者に本人が生取材 日刊スポーツ 2014年6月18日配信、6月22日閲覧。
  31. ^ 矢口出演『ミヤネ屋』平均視聴率10.0% 宮根&井上氏が休業中の“真相”を追及 ORICON STYLE 2014年10月24日閲覧、2016年5月24日閲覧。
  32. ^ 矢口真里『ミヤネ屋』復帰で“裏番組”『ゴゴスマ』番組関係者が激怒「もう彼女とは縁を切りたい」 日刊サイゾー 2014年10月23日閲覧、2016年5月24日閲覧
  33. ^ 「ミヤネ屋」看板娘 川田アナがフリー転身!東京拠点、女優業も!? Sponichi Annex 2015年2月14日閲覧。
  34. ^ 読売テレビ・川田裕美アナがフリーに転身 『ミヤネ屋』を今月末に卒業 ORICON STYLE 2015年2月14日閲覧。
  35. ^ 週間番組表(3月11日の欄参照) 読売テレビ 2015年3月10日閲覧。
  36. ^ “安倍首相、ミヤネ屋生出演 安保改正は「シビリアン・コントロールしっかり」”. スポーツ報知. (2015年9月4日). オリジナルの2016年8月21日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160821073359/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150904-OHT1T50117.html 2015年11月6日閲覧。 
  37. ^ 【安保法案】安倍首相、国会審議中の「ミヤネ屋」出演が波紋 ハフィントンポスト 2015年9月7日(2015年11月6日閲覧)
  38. ^ 高畑淳子さん会見で「息子の性癖」を問う。記者はどこまで聞くのか
  39. ^ ASKA容疑者を逮捕 またも覚醒剤使用の疑い サンケイスポーツ
  40. ^ ASKAまた覚せい剤 逮捕直前までブログで反論連発”. 2016年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年12月3日閲覧。 中日スポーツ 2016年11月29日発行、同年12月3日閲覧。
  41. ^ ASKA容疑者、妄想?「あり得ない」…宮根キャスターとの電話の主なやりとり スポーツ報知
  42. ^ 「この電話も盗聴されている」…「ミヤネ屋」が逮捕直前のASKA容疑者との全会話を公開 産経ニュース 2016年11月29日発行、同年12月3日閲覧。
  43. ^ 宮根誠司アナと井上公造氏 ASKAに謝罪 未発表音源を承諾無しに放送し デイリースポーツ
  44. ^ a b 宮根誠司 「ミヤネ屋」に35分遅刻 地震影響で 移動の車からリポートも”. デイリースポーツ (2018年6月18日). 2018年6月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

読売テレビ 平日13:55 - 15:50枠
前番組 番組名 次番組
ザ・ワイド
※13:55 - 15:49
【この期間は日本テレビとの共同制作】
情報ライブ ミヤネ屋
(2007年10月 - )
【この番組から読売テレビの単独制作】
-
読売テレビ 平日15:50 - 16:43枠
月曜:バラエティ番組再放送2本立て
火・水・木曜:サスペンス傑作劇場
金曜:激テレ★金曜日
※放送時間帯はすべて15:49 - 17:50
情報ライブ ミヤネ屋
(2006年7月 - 2008年9月)
ドラマ・バラエティ番組再放送
※15:50 - 16:53
読売テレビ 月曜 - 木曜16:43 - 16:53枠
月曜:バラエティ番組再放送2本立て
火・水・木曜:サスペンス傑作劇場
※放送時間帯はすべて15:49 - 17:50
情報ライブ ミヤネ屋
(2006年7月 - 2007年9月)
読売テレビ 金曜16:50 - 17:00枠
激テレ★金曜日
※15:49 - 17:50
情報ライブ ミヤネ屋
(2006年7月 - 2007年9月)
ビートップスでお買物
読売テレビ 平日16:50 - 17:50枠
月曜:バラエティ番組再放送2本立て
火・水・木曜:サスペンス傑作劇場
金曜:激テレ★金曜日
※放送時間帯はすべて15:49 - 17:50
情報ライブ ミヤネ屋
(2006年7月 - 2007年9月)
Newsリアルタイム
※16:53(金曜日は17:00) - 18:16
【本番組のコーナーから独立し、
18:16までフルネット】
日本テレビ 平日13:55 - 14:55枠
前番組 番組名 次番組
情報ライブ ミヤネ屋・第1部

情報ライブ ミヤネ屋
(2008年3月31日 - )
【この番組から読売テレビ制作】
-
日本テレビ 平日14:55 - 15:50枠
ゴゴドラ・第1部
※月 - 木曜日の第2部のみ継続
情報ライブ ミヤネ屋・第2部

情報ライブ ミヤネ屋
(2008年9月1日 - )
【この番組から読売テレビ制作】
-