ポビドンヨード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポビドンヨード
Povidone-iodine.svg
IUPAC命名法による物質名
識別
CAS番号
(MeSH)
25655-41-8
ATCコード D08AG02 (WHO) D09AA09 (WHO)D11AC06 (WHO)G01AX11 (WHO)R02AA15 (WHO)S01AX18 (WHO)QG51AD01 (WHO)
PubChem CID: 410087
化学的データ
化学式 (C6H9NO)n·xI

ポビドンヨード(英語povidone iodine)とは、1-ビニル-2-ピロリドンの重合物(ポリビニルピロリドン)とヨウ素の複合体であり、日本薬局方にも収載されている医薬品ヨウ素剤)である。本品自体は暗赤褐色の粉末で、わずかな匂いがある[1]。通常、10%程度の水溶液にし、外用消毒薬として用いる。液剤は黒褐色であり、ヨウ素の特異な匂いと味がする[2]

ポビドンヨードはWHO必須医薬品モデル・リストに掲載されている殺菌剤の一つである。

歴史[編集]

アメリカのShelanski H.A.らによって1956年に開発され、日本では明治製菓(現:Meiji Seika ファルマ(製造元)、販売元は明治)が1961年に殺菌消毒剤及びうがい薬として医薬品としての承認を得た[3]。「イソジン」の商品名で有名である。

なお、技術提携およびライセンス契約をしてきたムンディファーマドイツ語版との提携関係の終了に伴い、明治による「イソジン」ブランドでの販売は2016年3月31日をもって終了した。以後「イソジン」ブランドの製品は、ムンディファーマが販売を委託している塩野義製薬シオノギヘルスケアが販売する一方で、明治では同内容の製品を「明治うがい薬」として販売する[4]

1985年に明治による「イソジン」ブランドのマスコットキャラクターとして登場した「カバくん」は、2016年4月1日以後は「明治うがい薬」のマスコットキャラクターとなる[5]一方で、塩野義製薬も新たに「イソジン」ブランドのマスコットキャラクターを発表した。明治は2016年2月9日、ムンディファーマ・シオノギヘルスケアに対して「カバくん」に類似したキャラクターの使用中止を求めて、不正競争行為差止等の仮処分命令の申し立てを東京地方裁判所に行ない[6][7]、同月26日にはムンディファーマが明治に対して旧「イソジンうがい薬」と「明治うがい薬」のパッケージデザインが類似しており、消費者が(明治うがい薬が「イソジン」ブランドであると)誤認させる恐れがあるとして、不正競争行為差止の仮処分命令の申し立てを東京地方裁判所に行った[8][9]。同年3月24日、同年18日付にて両者和解により解決したと発表した[10][11][12]。同年7月6日、ムンディファーマは新たに「イソジン」ブランドのマスコットキャラクターとして、イヌをモチーフとした「イソくん」と「イソジンファミリー」を発表し、9月から使用するとした[13]

海外30カ国以上でムンディファーマは、ポビドンヨードを含む製品(イソジン製品)を「Betadine(ベタダイン)」ブランドで販売している。「ベタダイン」には、うがい薬、きず薬、殺菌・消毒剤と「イソジン」にはないフェミニンケア製品がある。

薬効[編集]

ポビドンヨードの殺菌効果は、遊離ヨウ素による。ヨウ素等のハロゲンは強力な殺菌作用を持つ(細菌の蛋白質合成を阻害する事によって殺菌力を発揮する)が、従来用いられてきたアルコール溶液(ヨードチンキヨーチンと呼ばれていた。)は人体への刺激が強いため、粘膜にも用いる消毒薬としては使いづらい。そのため、ポリビニルピロリドンとの錯化合物として合成された消毒薬がポビドンヨードである。うがい薬から外科手術時の消毒まで広範囲に使用される。

ポビドンヨードの殺菌作用はヨウ素の酸化作用によるため、塗布後30〜60秒の経過で最も殺菌力が強くなる。

日本では古くから用いられてきた消毒剤として一定の評価を得ており、特にその持続効果は他の消毒剤と比較して高い。そのため、手術前の皮膚消毒や術野の消毒といった分野で使用されることが多い。

通常、芽胞菌に対して有効性をもつ消毒剤は人体毒性も高いが、ポビドンヨードは人体毒性が低いにも関わらず、一部の芽胞菌に対しても有効性を発揮するため、院内感染に対して有効な消毒剤として注目されている。なお、ポビドンヨードは衣服等に着色すると落ちにくいため、色消し用の消毒剤としてハイポアルコール(チオ硫酸ナトリウムのエタノール溶液)が用いられる。

うがい薬として有名なイソジンガーグル以外にも、スクラブ剤(手指消毒剤)、ゲル化剤(塗布剤)、ゲルチューブ剤(塗布用)、水溶液剤、フィールド剤(アルコール製剤)、ポビドンヨード含浸綿製品、ソフトコンタクトの洗浄など、幅広く商品が展開されており、使用頻度の高さが窺える。

副作用[編集]

化合物としてのポビドンヨードと、その製品の副作用の評価は同一ではないが、ポビドンヨードの製品であるイソジンガーグル液7%(1ml中70mg含有、有効ヨウ素として7mg含有)の添付文書には次のように記載されている。

総症例1,166例中副作用発現は11例0.94%であり、その内容は

嘔気4例、口内刺激3例、その他不快感、口内のあれ、口腔粘膜糜爛、口腔内灼熱感各1例であった。(再評価結果)
  1. 重大な副作用
    • ショック、アナフィラキシー様症状(呼吸困難、不快感、浮腫、潮紅、蕁麻疹等)(0.1%未満)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には、直ちに使用を中止し、適切な処置を行うこと。
  2. その他の副作用
    0.1〜5%の場合
    口腔:口腔、咽頭の刺激感
    消化器:悪心等
    0.1%未満の場合
    過敏症:発疹等 注)
    口腔:口腔粘膜糜爛、口中の荒れ等
    その他:不快感
※注)(過敏症の場合)症状があらわれた場合には、使用を中止すること。

禁忌・一般的注意[編集]

添付文書によると、本剤又はヨウ素に対し過敏症の既往歴のある患者に対しては禁忌である。また、甲状腺機能に異常のある患者には慎重投与となっている。[血中ヨウ素の調節ができず甲状腺ホルモン関連物質に影響を与えるおそれがある。]

その他注意事項[編集]

  • ポビドンヨード液は、電気的な絶縁性を持つため、電気メスを使用する際は、対極板との間にポビドンヨード液が入らないよう注意をする必要がある。
  • 稀にではあるが、皮膚に使用した際に、色素沈着を起こすことがある。
  • 眼に使用する際は、希釈液を用いることが推奨されている。
  • 福島第一原子力発電所事故の際、市販品のポビドンヨード(イソジンなど)を服用することにより安定ヨウ素剤の代用として放射性ヨウ素による体内被曝を防止できるといった情報がインターネット等で流れたが、放射線医学総合研究所では、内服薬ではないため体に有害な物質が含まれている可能性があることや、ヨウ素含有量が少なく被曝防止の効果がないとして、飲まないよう呼びかけている[14]

脚注[編集]

  1. ^ 日本薬局方第15改正
  2. ^ テイカ製薬『医薬品インタビューフォーム ボンゴール消毒液10%(ポビドンヨード製剤)』2008年2月改訂
  3. ^ 明治公式ホームページ「明治うがい薬の歴史」
  4. ^ 明治、「イソジン」手放す シオノギヘルスケア・塩野義製薬が「イソジン」販売へ - ITmedia ねとらぼ・2015年12月9日
  5. ^ 伊沢友之「イソジン販売、明治から塩野義製薬へ カバくんは残留」、朝日新聞デジタル、2015年12月9日 21:12。
  6. ^ ムンディファーマ株式会社およびシオノギヘルスケア株式会社に対する不正競争行為差止等仮処分命令申立に関するお知らせ、2016年2月9日、株式会社明治。
  7. ^ イソジンの“カバ”巡り揉める、明治が類似キャラ中止求め仮処分申請。、Narinari.com、2016年2月10日 6:26。
  8. ^ 「カバ」パッケージめぐり明治を相手取り仮処分申請、朝日新聞デジタル、2016年2月27日 7:58。
  9. ^ 株式会社明治およびMeiji Seikaファルマ株式会社に対する 不正競争行為等差止仮処分命令申立に関するお知らせ、ムンディファーマ株式会社、2016年2月26日。
  10. ^ 仮処分命令申立に関するお知らせ、株式会社明治、2016年3月24日。
  11. ^ 「明治うがい薬」等の発売に関するお知らせ、株式会社明治、2016年3月24日。
  12. ^ 仮処分命令申立に関するお知らせ、ムンディファーマ株式会社、2016年3月24日。
  13. ^ 宮崎健「イソジンのキャラがカバから犬に ムンディファーマ」、朝日新聞デジタル、2016年7月7日 7:43。
  14. ^ ヨウ素を含む消毒剤などを飲んではいけません-インターネット等に流れている根拠のない情報に注意- (PDF) 平成23 年3 月14 日(月) 独立行政法人 放射線医学総合研究所

関連項目[編集]

外部リンク[編集]